« 向井潤吉展と民家の雛飾り | トップページ | 再び民家について、世田谷区の民家園 »

2010年3月17日 (水)

小倉山・雪の中のザゼンソウ

塩山のお雛様を見る前に、今年初めての山・小倉山(954m)に登りました。大菩薩峠の近くです。

まだ雪が残っていて、初めてアイゼンなるものを付けました。新体験はいつでも嬉しいものです。
途中、木道の両脇にたくさんのザゼンソウが咲いていました。まだ雪の中のものもあって、岩穴で僧侶が座禅を組んでいます。
岩穴に当たるのは、仏炎苞で暗紫褐色だが、ピンク色や緑色っぽいのもあります。これが白だとミズバショウです。
この花もこんにゃくの花同様に悪臭があるそうだ。

        ↓小倉山               ↓小倉山山頂から 

Photo Photo_2

1

Photo_3 3

Photo_4 Photo_5

Photo_6 Photo_7

一気に春は進んでコブシ、ユキヤナギ、ヒュウガミズキが満開のところもあります。これは先週11日(木)のお鷹の道と公園の花です。
↓ヒメリュウキンカ(キンポウゲ科) 湿地帯のリュウキンカとは属が違う。姫がつくのに殆ど花の大きさが同じ。

1_2 Photo_8

        ↓ネコヤナギ             ↓アセビ

Photo_9 Photo_10

                 ↓お鷹の道

Photo_11

↓湧き水からの小川の中には名前を教えていただいた、セキショウ(石菖・サトイモ科)に花が咲いていました。

Photo_13

Photo_14 

|

« 向井潤吉展と民家の雛飾り | トップページ | 再び民家について、世田谷区の民家園 »

コメント

ご無沙汰しています。
アイゼンをつけての山登り、もうすっかり本格派ですね。
しかも毎回楽しそうで読ませて頂いてる私まで楽しくなります。
ザゼンソウは一度は見たい花の一つです。
ミズバショウはね、こちら四国でも見る事が出来るのですよ。
でもザゼンソウの存在は聞いた事なくて。。。
雪の中に咲いてるの、素敵ですね、いつか見たいなぁ。。。

投稿: ちょびママ | 2010年3月18日 (木) 00:05

★ちょびママさま

松山だけでなくご旅行先のいろいろな景色を堪能させていただいています。

ザゼンソウは四国も分布区域に入っているとかと思っていましたが、ないのですか。
ミズバショウは咲いているのですね!
みなきれいに真中に収まっているわけでなく、仏炎苞がねじれたりして中を覗けないないものなどいろいろあるのです。
いつか見られるといいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年3月18日 (木) 07:57

凄いですね、アイゼンだなんて。
八幡平を歩いた時のザゼンソウをおもいだしました。
一週一時間ほどのぶらぶら歩きでした^^。

投稿: 佐平次 | 2010年3月18日 (木) 09:15

アイゼン初体験をされたのですね。アイゼンを付けて踏みしめる
感触はいかがでしたか?

雪の中に咲くザゼンソウ、すてきですね。ザゼンソウは自ら発熱して
雪を融かすんでしたっけ…
これまで写真で見たものよりも仏炎苞が覆いかぶさるようになっていて、
僧侶が袈裟をしっかりまとって寒さを凌ぎ、背を丸めているように見えました。
ザゼンソウと同じサトイモ科でも、セキショウには仏炎苞がないんですね。

春の花がいっせいに咲き始めていますね。あれもこれも見たいけれど、
見られずに過ぎ去ってしまうものがたくさんありそうです。
いろいろ見せていただけて嬉しかったです。 

投稿: ポージィ | 2010年3月18日 (木) 10:27

tonaさん、こんにちは(^-^)
ご無沙汰していましたが…漸くHPの修復が完了して…一息つきましたヽ('-'*)~♪
集中力がなくなっていましたが…昨日今日で何とか(;-_-) =3 …(*^m^*)

そうですか…もう登山が始まっているのですね~♪
空気が良さそう~♪…思わず深呼吸したくなりましたヽ('-'*)~♪
いろんなお花に出会えて楽しみですね…これからはもっと楽しくなることでしょうね~♪
「ザゼンソウ」はまだ見たことがなくて…羨ましいです…(^^;

僅かの間にいろんな事経験されて…といつもの事ながら行動力に驚かされました(*^m^*)

投稿: orangepeko | 2010年3月18日 (木) 13:59

★佐平次さま

八幡平にはいかにもザゼンソウがありそうですね。
紅葉の頃でしたので巡り合えませんでしたが。紅葉は天下一品、素晴らしいです。
1時間はちょうど気持よい散歩になりましょうか。ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年3月18日 (木) 16:34

★ポージィさま

凍っていそうな雪の中はアイゼンのお陰で滑らないで気持ちよく歩けました。でももっと氷ばかりですと6枚歯以上のアイゼンで歩くのですって。未経験です。

樹と同じ、ザゼンソウの周りも自分の熱で雪が融けていますね。
仏炎苞の色がこんなにいろいろあるなんて驚きました。形もねじくれているのも多いです。
セキショウをここに住んで14年、初めて知ったのですが、サトイモ科ですって。お花のぶつぶつしたところは似ています。
あれから1週間、次から次へといろいろ咲き始めましたね。

ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年3月18日 (木) 16:49

★orangepekoさま、こんにちは。

HPの修復を全部ご自分でされて、さすがorangepekoさん凄いです。よかったですね!
目のことで1ヶ月半静養して、なまった体を動かし始めました。ごく低くてきつくない山です。
ザゼンソウというおまけが付いている山でした。
そうですね。これから山でも次から次へとお花に巡り合えるかと楽しみです。
ザゼンソウにいつかお目にかかれるといいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年3月18日 (木) 16:54

本格的な山登りですね。
雪の残る山道をあちこちに見かけられる山野草。
ザゼンソウをいつか見たいと思いながら、まだ見つけられずにいます。
山の景色に、かすかに雪が見えるようですが
すっかり春を感じさせる景色になっていますね。

投稿: pochiko | 2010年3月18日 (木) 23:14

★pochikoさま

低いこの山にも雪があって、融けつつありました。
ザゼンソウはpochikoさんの方の雪の山にもたくさんありそうですね。
いつか見つけられたら見せていただけますね。
そう、この周りの山はどこもうっすらと雪がかぶって、ああ、山も春を迎えつつあると感じました。頂上からはもう霞んでいる景色しか見られません。

投稿: tona | 2010年3月19日 (金) 07:47

アイゼンを装着しての山歩きとはすごいですね
神戸家は20代のころは、山歩きをしていましたが、今はサッパリです
くれぐれもお気をつけて下さい

投稿: OB神戸家 | 2010年3月19日 (金) 13:04

★OB神戸家さま

アイゼンを着装して転んだらどうしょうありませんね。重々気をつけます。
実は高い山の保険にも加入しています。
それだから安心と言うわけにもいきません。
年齢が若くないですものね。
ご忠告ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年3月19日 (金) 15:50

セキショウを初めて見ました。ニワゼキショウと余りにも違っているのにびっくりしました。

ザゼンソウはおもしろい花ですね。3年前,ザゼンソウの南限とされる滋賀県高島市で群落を見ました。この花の状態を肉穂花序ということもその時教わりました。

投稿: gaki | 2010年3月19日 (金) 16:50

★gakiさま

私もセキショウの名前を初めて知ってニワゼキショウと同じ仲間か?と、帰って調べたらニワゼキショウはアヤメ科で全然違うのですね。

ザゼンソウの南限は滋賀県なのですか!
肉穂花序も聞いたことがあるのに、すっかり忘れていて、ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年3月19日 (金) 18:37

復活されたのですね♪

ザゼンソウ、見てみたい花です。自然の中で。
水芭蕉も尾瀬で見てみたいです。

見たい、したい、行きたい物や所が一杯残されています。

一つ一つ心して達成したいものですが・・・
tonaさんはいいお手本ですね~~

投稿: もみじ | 2010年3月20日 (土) 15:28

★もみじさま

はい、やっと冬眠から出動です。
ザゼンソウは南限が滋賀県だそうです。
♪「夏の思い出」のはるかな尾瀬で思い出すミズバショウです。私ももう1度行ってみたいです。

これから先、限られた日々ですから、優先順位を決めないまでも願望を強く持つことで達成できるといいですね。強い意志が必要な場合がありますが。

投稿: tona | 2010年3月20日 (土) 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/47836282

この記事へのトラックバック一覧です: 小倉山・雪の中のザゼンソウ:

« 向井潤吉展と民家の雛飾り | トップページ | 再び民家について、世田谷区の民家園 »