« 沖縄土産 | トップページ | 春うらら »

2010年4月 5日 (月)

東京山椒魚の卵嚢

葉山の森戸海岸で打ち上げられていたワカメを拾ってきました。
湯に入れると十数秒で美しい緑色になって食べられます。
根のすぐ上の部分のメカブは面白い螺旋様体で、ミキサーで細かくしました。
新鮮で美味しかったです。

                  ↓ワカメ 右上がメカブ

Photo
                   ↓すり潰したメカブ

Photo_2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3月晦日の植物観察会は丘陵の源流探検でした。
小さな川を何回もまたいで、今頃咲いている花たちに会ってきました。
水溜りに東京山椒魚の卵嚢がありました。孵った姿を見たいものです。

Photo_3

午後になって花が開くカントウミヤマカタバミ(カタバミ科)の群生が圧巻、花も清楚な白です。

1

Photo_4

Photo_5

ヒメザゼンソウは6月になるとザゼンソウより小さな花を咲かせるそうで、この狭山丘陵しかないそうです。
Photo_6

              ↓この丘陵にはウグイスカグラが沢山ある

Photo_7

                ↓ヤマルリソウもひっそり咲いている

Photo_8

            前にも載せた馴染みのスミレたちです。
            ↓タカオスミレ・・葉の表が暗褐色で葉裏が緑です

Photo_9

↓アオイスミレ・・最初に咲くスミレで花がよじれ、葉がフタバアオイに似ている

Photo_10

              ↓ナガバノスミレサイシン・・葉が少し長い

Photo_11

                ↓フモトスミレ・・葉裏が紫色

Photo_12

            また来年になると、きっとすっかり忘れています。

|

« 沖縄土産 | トップページ | 春うらら »

コメント

狭山丘陵の源流探検!ずいぶん歩くのでしょうね。好い天気でよかった。

投稿: 佐平次 | 2010年4月 6日 (火) 09:52

山椒魚の卵嚢良く見つけましたね
ハイキングで草花を撮っていると時間を忘れるものです
場合によってははぐれたりします
と、思うのはドジな神戸家だけでしょうかhappy01

投稿: OB神戸家 | 2010年4月 6日 (火) 11:04

 
採れたて新鮮なわかめをお食べになったのですね。
お店で買ったものしか食べたことがありませんが、
やはり新鮮なものは味が違いますか。

3/31には植物観察会に。色々楽しい出会いがおありになりましたね。
サンショウウオの卵はこんな形をしているのですか。初めて見ました。
カタツムリみたいなこの嚢の中にいくつもの卵が入っているのでしょうか。
あ、トウキョウサンショウウオ、と頭に東京がつくのですね。
同様にミヤマカタバミも頭にカントウがついているのですね。
カントウミヤマカタバミの群生美しいですね。こんなの見てみたいです。
スミレも色々な種類があって…。昨年色々見せていただいたもの、
ひとつも覚えていませんでした(^^;)

投稿: ポージィ | 2010年4月 6日 (火) 14:19

★佐平次さま、ありがとうございます。

友人が入会してこの日初めて参加しましたが、家に帰っったらくたびれ果てて外食にも行く元気がなく、ご主人が先に帰って夕飯を作ってくれたそうです。それだけ源流あたりは沢渡りをするところです。山に比較したら楽勝なのですが。
お天気が良いと3倍くらい楽しめます。

投稿: tona | 2010年4月 6日 (火) 19:16

★OB神戸家さま、ありがとうございます。

観察会では先生は植物だけでなく、蝶や鳥やこうしたものも詳しいので、珍しいものをいろいろ見られて楽しいです。
確かに写真を撮っているとそうなりそうです。慌てるので写真がぶれていること方が多いですよ。そして1番後から駆け足で、忙しい私です。

投稿: tona | 2010年4月 6日 (火) 19:23

★ポージィさま、ありがとうございます。

ワカメ美味しいような気がします。磯の香りがいっぱいなのです。

東京山椒魚の卵嚢あたりには、小さなオタマジャクシが泳いでいました。
この卵嚢面白い形です。とぐろを巻いているようでカタツムリのようですね。ぶつぶつがたくさんあります。全部孵っても生き残るのは僅かなのでしょう。
カントウミヤマカタバミには魅せられました。きっとポージィさんもそうだと思います。
スミレなのですが、先生に「tonaさん覚えていますか、名前を言ってみましょう」と質問されても全然答えられない私でした。
来年春になっったらブログで復習です。

投稿: tona | 2010年4月 6日 (火) 19:32

カントウミヤマカタバミ、初めて目にしました。
可愛い魅力的な花ですね。

スミレは大好きですが名前はさっぱり・・・
沢山の種類があるのですよね。

いい案内人がおられてtonaさんの山歩きは充実、羨ましい限りです。

投稿: もみじ | 2010年4月 7日 (水) 10:33

★もみじさま、ありがとうございます。

カントウミヤマカタバミは何とも言えない可愛らしさで、俯いて咲いています。カタバミの葉は独特ですね。

スミレは花も葉も結構似ていて、その場に行くとわからなくなります。いくらなんでも4,5年繰り返せばきっとわかるようになると
期待しています。
観察会は先生、山はリーダー付きですので、本当にありがたいですよ。

投稿: tona | 2010年4月 7日 (水) 15:36

 こんにちは。
 わたしだったら、完全に見過ごしてしまうような、小さな草花の写真、たっぷりと堪能させていただきました。
 でも、このような小さな花は、ほんとに区別しにくいですね。先生は、よく、すぐに名前がわかるものですね。
 図鑑など、見ないでわかるのでしょうか。

 サンショウウオの卵、ちょっと太いけど、カエルの卵にそっくりですね。
 すると、すぐそばにいたオタマジャクシというのは、カエルの子どもなのでしょうか。

PS、葉山のワカメ、おいしそう。

投稿: Nora | 2010年4月 7日 (水) 16:54

★Noraさま、こんばんは。

先生はもちろん図鑑なしで、どんな花でもご存知です。
1つの花でも種類が多くてその見分け方も詳しく説明してくださいます。
花だけでなく、木もすべてご存知、虫や鳥もです。絶滅危惧種の調査などもしておられます。
デジイチで素晴らしい花の写真を撮られて、時々いただきますよ。

オタマジャクシはガマガエルの子かもしれません。すごく特徴ある卵が反対側に見えました。
私は今、山の花だけでなく、雑草が面白いです。
ワカメは酢醤油で食べましたら美味しかったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年4月 7日 (水) 20:51

こんばんは。
tonaさんに良い事を聞きました。
メカブ好きなんですよ^^
メカブはミキサーにかけると良いのですか。
こちらでメカブが丸ごと売られていましたが
細かく切るのが面倒で手を出しかねていました。
今度買ってきてミキサー処理したいと思います。
ありがとうございました~happy02

投稿: pochiko | 2010年4月 7日 (水) 23:50

★pochikoさま、おはようございます。

メカブのような海藻は体にとてもいいですね。
えっ、メカブまるごと売っているのですか!
私は海岸でメカブ2つ、そしてメカブのついたワカメ2本も拾ってきたので計4つのメカブを刻むのは無理、思いついたのがミキサーでした。
コリコリ感は包丁刻みよりないですが、食べやすいし、消化も良いはずです。
早速実行されるpochikoさんでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年4月 8日 (木) 08:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/48009343

この記事へのトラックバック一覧です: 東京山椒魚の卵嚢:

« 沖縄土産 | トップページ | 春うらら »