« 小沢康甫著『暮らしの中の左右学』 | トップページ | ルバーブの花 »

2010年4月18日 (日)

休耕田にて

             休耕田へ出かけました。お花畑になっています

Photo

           ムラサキサギゴケ(ゴマノハグサ科サギゴケ属)でした

Photo_2

     白いサギゴケと小葉が5つのオヘビイチゴ(バラ科キジムシロ属)の花畑

Photo_4 

 サギゴケは白いサギを連想させます         オヘビイチゴ

Photo_5 Photo_6

春の野ではオヘビイチゴと似たような黄色い花を見かけます。
           ↓小葉が3つのミツバツチグリ(バラ科キジムシロ属)          Photo_7

↓ケキツネノボタン(キンポウゲ科キンポウゲ属)全体的に毛がざらざらしています

Photo_8

↓ウマノアシガタ(別名キンポウゲ キンポウゲ科キンポウゲ属)草丈のある花

Photo_9

                        菫・すみれ1
                ♪ 楽しや五月 草木は萌え
                 小川の岸に 菫匂う
                 優しき花を 愛でつ行けば
                 心もかろし そぞろ歩き

と「五月の歌」に歌われた菫 何とも言えない紫の美しい色に見とれます!

Photo_10

↓ニオイタチツボスミレ 濃い紫色の花弁と花の中心の白っぽい部分とのコントラストがはっきりしている。我が家のはどうも違うようだ。

Photo_11

           ↓ツボスミレ 白色の花の唇弁に紫色の筋がある

Photo_12
      ↓ノミノフスマ(ナデシコ科ハコベ属)ハコベの種類と花が似ている

Photo_13

                  チゴユリもう咲いています

Photo_14
↓ミツバアケビの若葉   ↓友人にミツバアケビとムベのお浸しをご馳走になりました。おかかまぶしで美味しかったです。

Photo_15 Photo_16

       ↓カエル               ↓金色のキノコ

Photo_17 Photo_18

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

車内で欧米系の男の方に、離れたところいたのに手招きで席を譲って頂きました。
この頃時々席を譲られるようになって、正直嬉しいです。せっかく座っておられるのを申し訳ないと思うのですが、高齢者に譲ろうとするその心が。自分は若い頃ちゃんとしただろうかと反省しながら。(知人には譲られるとそんな年ではないとむっとするなんて言う方もいますが)

|

« 小沢康甫著『暮らしの中の左右学』 | トップページ | ルバーブの花 »

コメント

こんな小さい野の花たち、いいですね。

チゴユリが見かけられる休耕田って、結構郊外なのでしょうか?
スミレは大好きな花だけれど、種類が多すぎて見分けられません。

私、まだ席を譲っているけど、他人から見たらおかしな風景に映ってないかと・・・
最近、歳を感じることが激増中です(笑)

投稿: もみじ | 2010年4月19日 (月) 09:01

ムベ、食べられると聞いてはいたのですが、未体験です。
前の家の垣根にあって母がいとしんでいました。

投稿: 佐平次 | 2010年4月19日 (月) 09:34

そうそう、お会いしたことがないので想像ですがtonaさんが席を譲られるって不公平じゃないかな。譲るほうかとお見受けしていました^^。

投稿: 佐平次 | 2010年4月19日 (月) 09:35

休耕田の生き物たちを観察されたのですね。
夏の丈の高い草たちが生えてくる前の、春の野草たちは
ほんと可愛いのがいっぱいですね。
私も先日、茅ヶ崎の公園でいろんな種類の野草たちが
混ざり合って咲き、緑の中に点々とカラフルな色が
散りばめられている様子を見てとても嬉しい気持ちになりました。

ノミノフスマもご覧になったのですね。好きなんです。
近所の歩道のわずかな隙間に生えているのですが、春になって
見かけると、あぁ今年も咲いてくれたと嬉しくなります。
tonaさんがご覧になったのはまだ咲き始めたばかりのようですが、
これがもう少し育つとふわーっとカスミソウのように柔らかく
広がってすてきなのです。

チゴユリは写真でしか見た事がないお花です。小さそうですね。
金色のキノコっていったい何でしょう。艶消し金色に見えます。
面白いですね。

色々楽しませていただきました(^^)

投稿: ポージィ | 2010年4月19日 (月) 11:14

★もみじさま、ありがとうございます。

お隣の埼玉県の休耕田です。あぜ道のかたわらは木があってその中にチゴユリが咲いていました。
スミレの種類が多くて、今日も見かけたスミレが何だかわからないというお粗末さです。

まあ!席を譲られるのですか。偉い!
私はさらに上の80代の方が乗ってこられたときに譲ります。
それだけもみじさんはお元気なのですから、喜ばしいことだと思います。

投稿: tona | 2010年4月19日 (月) 20:11

★佐平次さま、ありがとうございます。

ムベをお母様が可愛がっておられたのですね。今白い花が咲き始めましたね。
友人が食べられるものは(実ですが)、葉も毒ではないと教えてくれました。
まさか葉が食べられるなんて思わなかったので、凄い体験になったのです。

新宿くらいまでならわざわざ座らなくても大丈夫ではありますが、外人さんに特別扱い的に譲られたときに、自分では若いつもりでも、高齢者に見えたのですね。
佐平次さん、私は行動的なのですが、残念ながらやはり年相応なのですよね。


投稿: tona | 2010年4月19日 (月) 20:20

★ポージィさま、ありがとうございます。

おっしゃるように、今はまだ這いずるような小さな花でいっぱいですね。
茅ヶ崎の公園にいらっしゃったのですか!
春の陽を浴びて咲いている様子が眼に浮かぶようです。
一見10枚の花びらに見えるハコベたち、小鳥の野菜として与えた頃はその美しさ、可愛らしさに気がつきませんでした。
小さいから余計可愛くなります。
なるほど、カスミソウのように広がって咲いたところは見ていませんので、また見られたらと思います。
金色のきのこはどなたかだか、食べられるなんて言ってました。一体何のきのこなのか、見当がつきません。
チゴユリはいつも俯いて咲いて、しかもひっそりとで目立たないです。平地に咲いていました。


投稿: tona | 2010年4月19日 (月) 20:36

田畑は土が肥えてるせいか、ちょっと放置するとすぐに草花で埋め尽くされますね。
農家の方にとっては頭痛の種で、そうじゃない者にとっては可愛いお花畑で(笑)
キツネノボタン、何故か分んないんですけど我が家の春りんどうの鉢の中で咲いてました。
今朝、開花したのを見てビックリ。
蕾の時はのん気に春りんどうが咲くぞ~って楽しみにしてたのに。。。
申し訳ないけどキツネノボタンには立ち退いてもらいましたが、春りんどうは期待できないかもです(涙)

席を譲られて素直に喜ばれるtonaさん、なんて素敵なご婦人だろうと思いました。

投稿: ちょびママ | 2010年4月20日 (火) 00:34

★ちょびママさま、ありがとうございます。

痩せた我が家の庭にはあんなに雑草も生えません。田畑は本当に肥えているのですね。
ここ数年休耕田のようですが、植生がどんどん変わっているようですよ。
強いものにどんどんとって変わられるのですね。
おぉ、キツネノボタンが咲いてしまった!
美しい春りんどうの中にですって!こちらでは、そのキツネノボタンって殆ど見られず、ケキツネノボタンばかりのようです。

座れた席も私より年上の方には、元気なときはどんどん譲らねばと思うこの頃です。気持ちの持ち方かしら。

投稿: tona | 2010年4月20日 (火) 08:23

休耕田にこれだけの植物が生えてるというのは、もう随分長いこと放置されてるのでしょうね。
一体何処から源は来るのでしょう。

サギゴケ、トキワハゼ、花は似てるけど違う。
サギゴケは横に広がる。
トキワハゼは縦に伸びる。
と思っていますが?

ヘビイチゴの類。これまた同じ黄色の花で区別がよくわからない。葉が違うらしいが。

スミレ。これも千差万別。同じく?

投稿: 夢閑人 | 2010年4月23日 (金) 10:22

★夢閑人さま、こんにちは。

休耕田も最初は湿気を好む花たちに占領され、だんだんひび割れた地に他の植物の種子が飛んできて、瞬く間に広がるようです。
毎年観察している先生のお話では、昨年と今年とではまた随分違っているのだそうです。秋まで多種類の花が次々と入れ替わるらしいです。
サギゴケとトキワハゼはそれで区別しますね。カキドオシは葉が全然違うのですぐわかりますね。
ヘビイチゴもいろいろありますし、ミツバツチグリに似た花ではキジムシロというのもあって、葉やその状態を調べないとわからないです。しかし来年になるとまた元の木阿弥です。
スミレこそ何年見てもわかりそうにありません。
こちらにもコメントいただきありがとうございました。

投稿: tona | 2010年4月23日 (金) 15:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/48121021

この記事へのトラックバック一覧です: 休耕田にて:

« 小沢康甫著『暮らしの中の左右学』 | トップページ | ルバーブの花 »