« 六日町でイワウチワに感動 | トップページ | 小川糸著『食堂かたつむり』と『喋々喃々』 »

2010年4月28日 (水)

三春滝桜の娘と孫

4/26日、同好会で福島県会津地方の桜を見る予定だったのが、まだ満開でないと聞いて、急遽「中通り」の二本松市や郡山市の枝垂れ桜に変えました。3年前見た三春滝桜の娘と孫に会えました。
Photo ←三春滝桜  東北自動車道を走って3時間くらいで桃源郷の福島県に到着です。福島県の西を会津、真ん中を中通り、東を浜通りと3つに分けるのを知りました。
梅も桃も桜も一斉に咲き、レンギョウの黄色まで加わって、美しい山村風景です。
桜が多く、何処走っても桜の見えないところはないほどなのです。桜三昧、数年分の桜を見た感じです。

↓ 三春滝桜のといわれる「紅枝垂地蔵ザクラ」です。所在は郡山市。親の三春滝桜は樹齢1000年と言われ、娘も樹齢は約400年だそうで、徳川幕府が出来たときに生まれたのです。桜の下に「延命地蔵尊」の祠が見えます。

Photo_3

↓これが滝桜のの「合戦場のしだれ桜」で推定樹齢は150年と言われる。所在は二本松市。滝が落ちているような見事な紅の花です。実は2本です。
八幡太郎義家と安倍貞任・宗任との合戦場の地だそうだ。向きを変えて撮った。

Photo_4

Photo_6

Photo_7 ↓同じ二本松市の「山中の伊三郎ザクラ」はエドヒガン。風流人の伊三郎が日がな一日桜の根方で琵琶を弾き語っていたという桜。

Photo_8

↓また郡山市に戻ってこれも滝桜の子孫、推定樹齢350年の「上石の不動桜」は樹高16mで、桜のそばの不動明王を祀るお堂は、昔三春藩士の寺子屋だったそうだ。

Photo_9

↓同じく郡山市の「雪村桜」は画僧「雪村」が晩年を過ごした雪村庵の桜。庵の後ろの竹林と桜のコントラストが美しいので有名。滝桜より色が薄い薄紅枝垂桜。

Photo_10
↓二本松から安達太良山よりの「相応寺の枝垂桜」相応寺は奈良興福寺の徳一大師が開基したといわれる。
樹齢300年、樹高15mのウスベニシダレザクラ(薄紅枝垂桜)。

Photo_11

バスからの安達太良山は冠雪していて智恵子さんを思い出す。

  智恵子は遠くを見ながら言ふ。
  阿多多羅山の上に
  毎日出てゐる青い空が
  智恵子のほんとの空だといふ。
  あどけない空の話である。(智恵子抄より)

Photo_12

          ↓紅枝垂            ↓白いスミレ

Photo_13 Photo_14

                  ↓エゾエンゴサクか?
Photo_15

追記:滝桜のさくらんぼの実を鳥が啄み、種の芽が出て、半径10kmに根回り1m以上の子孫が420本あるといいます。

|

« 六日町でイワウチワに感動 | トップページ | 小川糸著『食堂かたつむり』と『喋々喃々』 »

コメント

いやはや!桜に酔いますね。
妖艶、ちょっと不吉な影も。

投稿: 佐平次 | 2010年4月29日 (木) 08:51

★佐平次さま

こんにちは。良いお天気ですが風が強すぎて外出出来ません。

桜酔い、その通りです。
福島県には滝のように流れる枝垂が、まだまだ寺だけでなく、畑みたいなところやあちこちにあり、桜県だと思ってしまいました。
これ以北の東北の春を知らないからです。
季節がずれているから何度でも桜を楽しめますね。
早速見ていただいてありがとうございました。

投稿: tona | 2010年4月29日 (木) 11:11

なんと桜づくしですね~
見事なしだれです
一度は、三春滝桜をと思っていますが、中々東北道の渋滞が嫌で行けません
子と孫桜を見せていただいたので今年もOKかなhappy01

投稿: OB神戸家 | 2010年4月30日 (金) 16:06

★OB神戸家さま

東京のこのあたりではこんな立派な枝垂桜は見られません。
種から子孫が発芽したらしく感激です。
東北道は月曜日は往復ともすいていましたよ。日曜日と段違いでした。
いつかご覧に慣れるといいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年4月30日 (金) 16:54

いやぁ、もうただただすごいしか言いようが無いっ!
三春滝桜は有名なので知ってたのですが、それ以外にもこんなに見事な名桜がたくさんあるんですねぇ
どれもすごく素敵。
1日で全て見てまわる事の出来るくらいの距離でしょうか?
雪村桜は背景や周りの風景も含め印象に残りそうですね。
半径10キロに子孫が420本。。。
生命に溢れてますね。
全てが素晴らしく感動的です。

投稿: ちょびママ | 2010年4月30日 (金) 16:56

★ちょびママさま

感動いただいて嬉しいです!ありがとうございます。
パンフレットにはまだたくさんの桜が載っています。
pochikoさんがいらっしゃる会津地方にもありますが、ことに三春滝桜のある中通りには枝垂桜の名勝が多いです。
滝桜の生命力が凄いですね。
東京朝7時出発、夕方6時に到着、往復6時間でその間5時間でこれら全部見られました。
雪村桜はバックの竹林と青空を入れて撮るのがお薦めとありまして、撮ったのに青空のない方をUPしてしまいました。

投稿: tona | 2010年4月30日 (金) 19:01

これだけ見事ですと,その下で宴したらバチが当たりそうです。
少し遠くか見るのがいいのですね。いいえ,私は写真だけでも充分です。

投稿: gaki | 2010年4月30日 (金) 22:55

★gakiさま、ありがとうございます。

そうですね。大きいので遠くから鑑賞するのがいいですね。
神の力を感ずるのか、桜の下に不動様やお地蔵様のような仏像が祀られ、あるいはさり気なく置かれています。このあたりの大木にはそんなことがありませんから。

投稿: tona | 2010年5月 1日 (土) 08:40

見事な桜の数々!!
娘や孫桜でも百年越えなのですね。

三春の滝桜はいつかは・・・と思っている桜です。
でも、関西からは遠いです。

娘や孫などの存在を知りませんでしたので、いい物を見せていただきました。

雪村桜も風情があっていいですね。

投稿: もみじ | 2010年5月 1日 (土) 08:43

★もみじさま、ありがとうございます。

三春滝桜の子孫も親に負けないほど立派に成長です。そう、二百年以上たっているのですものね。

本当に福島は関西から遠いです。
実現することを祈っています。

雪村桜は背後の竹林の緑とマッチして素晴らしい桜です。ちょっと珍しいですね。いつまでも心に残りそうです。

投稿: tona | 2010年5月 1日 (土) 09:37

こんにちは
おみごとなサクラですね
花がいっぱいついて重そうです
竹林をバックにしたサクラもひきだってきれいです
白いスミレもそっと咲いてるようです

投稿: たなちゃん | 2010年5月 1日 (土) 11:15

★たなちゃんさま

ご無沙汰しております。
いつもいつも本当によく歩かれますね。
とても真似できません。
一年間に一体どのくらい歩かれるのでしょう!

この桜見物も小型バスでぐるぐる回りました。
竹林バックのが私もとても見ごたえあって印象的でした。
白いスミレは私には珍しかったです。
コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2010年5月 1日 (土) 16:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/48208504

この記事へのトラックバック一覧です: 三春滝桜の娘と孫:

» 滝桜 [40秒で話題のニュースが読みたい]
Try the Horse by Riding: 2010/04/25 お花見ツーリング 次に内陸方向へ向かうため、常磐自動車道に乗り、途中SAで昼食(写真撮り忘れ)。 SAで売店の方から、「三春の滝桜」は大渋滞との情報があり、三春はあきらめることに。 いわきJCTから磐越道。 早めに降りて、次は「夏井の千本桜」。 ...(続きを読む) 日本三大桜! : mi-chanのニコット写真ブログ これは滝桜という枝垂れ桜です☆ あいにくの曇り空で、色が白っぽくなってしまいました^^; 沢山の支え木に枝を乗... [続きを読む]

受信: 2010年4月29日 (木) 15:06

« 六日町でイワウチワに感動 | トップページ | 小川糸著『食堂かたつむり』と『喋々喃々』 »