« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

ど根性植物

ど根性植物の話題として、数年前道路の舗装脇やアスファルトの割れ目から出た「ど根性大根」が話題になりました。
最近では町田市の電柱を支えるワイヤを覆う黄色いプラスチック製の筒の中からムラサキツツジが枝を伸ばして咲き「ど根性ツツジ」と話題になっています。
「根性」とは大辞林によると[苦しさに耐えて成し遂げようとする強い精神力]とある。その根性を強めていう言葉に「根性骨」があるが「ど根性」と同じ意味合いと思います。

岩山ではど根性植物であの緑の山を作り上げています。
長野県上田市に隣接する青木村に1223mの子檀嶺岳(こまゆみだけ)があります。

Photo

全山かどうかわかりませんが、石で覆われていながら石を破って松などが根を張って立ち上がっています。
これらの松を「ど根性松」と呼びたい。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

石の上に芽生えたらしいヤマツツジなどは、上へ伸びずに横に這うような形で花を咲かせています。

Photo_5

東京近辺の山々、秩父の山など大気汚染の煽りであの山の色は黒ずんで汚いのだそうです。
それに比べてこの信州の山は汚染されていなくて山色が美しいのこと。
今までそういうことに気がつきませんでした。

Photo_6

           ↓初めてのジンヨウイチヤクソウ(イチヤクソウ科)

Photo_7

             ↓思わず手で返して中を覗いてしまいました

Photo_8

↓ツクバネウツギ(スイカズラ科)とオトコヨウゾメ(スイカズラ科)が山道に今盛りとたくさん咲いています
Photo_9

Photo_11

   ↓頂上には日本タンポポ(珍しい)とアマドコロ(ユリ科)が

Photo_12 Photo_13

             ↓麓にはキリの花があちこちに見られますPhoto_14

今日、山口県の瑠璃光寺の国宝五重塔がムササビに穴を開けられたということが報じられました。
山の麓の大法寺には国宝の三重塔があって、奈良興福寺の三重塔と同じく初重が大きいのが特徴だそうだ。全国には13の国宝三重塔があるが、私はこれが8つ目で、1333年に建てられたそのままという感じで装飾も殆どなく素朴な塔という印象です。

Photo_15

Photo_16

同じ境内にある榧の木は幹が5本に別れて30mの高さに聳え、樹齢450年の天然記念木だそうだ。

Photo_17

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月3日から15日までポーランドに旅行しますので帰りましたらまたよろしくお願いいたします。かの地は洪水でアウシュビッツも水に浸かってしまって一部見学が出来ないそうです。欧州も気候の変動による被害が多い。一方口蹄疫は数年前のイギリス以後、今は全然ないのです。

| | コメント (18) | トラックバック (1)

2010年5月28日 (金)

九十九谷森林公園の九輪草

長野県南部飯田市の隣に喬木村があります。
村の「花」がクリンソウということで村民皆で、九十九谷森林公園の湿地帯や小川にクリンソウを増やしていったのだそうです。
クリンソウはサクラソウ科で高さは40~80cm、葉の長さは20~40cmほどのへら形です。
一茶の句「九輪草 四五輪草で しまいけり」四五輪は4段から5段の段咲きのことで、仏塔の屋根の九輪に見立てて、この名前が付いた。

↓こんなクリンソウの花園がずっと(1km?くらいでしょうか)続いています。

Photo

Photo_2 Photo_3

Photo_4

                    木道もついています

Photo_5

                 白、黄色、ピンク4種が見られます

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10

Photo_11

Photo_12

↓通りかかったおじいさんが作った湿性植物の園は今が1番美しいとき

Photo_13

                 アヤメやカキツバタも美しい

Photo_14

Photo_15

喬木村の北の豊丘村にある泉龍院は三色藤が有名らしいが咲き終わっていたが、八重の藤が残っていました。
                   ↓立派な泉龍院の山門              
Photo_16

                     ↓八重の藤

Photo_17

豊丘村の西隣の高森村には不動の滝がある。この日5/24は大雨で滝は大瀑布と化していました。近づくとびしょ濡れです。
滝の高さ50m、幅10mです。

Photo_18

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

東京スカイツリー

今日の午後は雨の予報でしたが、どんよりと曇った午前中に建設中の東京スカイツリーをこの近所に住む友人の案内で見学してきました。
晴れていたらもっと綺麗だったのでしょうが、間近に見る建設現場の臨場感は十分伝わってきました。
想像以上に大きく、只今389mです。すぐ下から見上げると天辺は遥かかなたで、634mになったら頂上はどのように見えるのか想像できません。
雨は勿論、曇って居る日でも雲がかかって、上は見えない時があるそうだ。

                ↓業平橋駅を降りてすぐの橋から

1

Photo_2

↓2ヶ所で上まで物資を釣り上げている(1番右側にぶら下がっているもの)

2_2

3_2

4

↓そばで見るとツリーは捻れているのである。写真には上手くとれない。

5

↓川沿い(隅田川ではない)を歩いて行き、「西十間橋」の欄干から撮るとツリーが川に映る。タワーが高くなると全部映らなくなるそうだ。

6

↓さらに遠い「十間橋」からはツリーの上から、川に映るツリーまで全部見える。風があると漣が立って映らない。少し波だっている。

7

          ↓友人の家の前の通りからは正面に見える。いいなあ。

8

今日の見物人は男性の方が圧倒的に多かった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

コクサギの葉

お天気になると、もう初夏といった感じですが、春はお花を見にあちらに行ったりこちらに行ったりです。
1年経つとすっかり忘れているので、毎年のようににぎやかな花のオンパレードに初めて出会うように酔います。

今月の観察会で葉の出方の面白いのに出会いました。
その名も「コクサギ(小臭木)ミカン科」です。
この画像では途中1つ狂っていますが、枝の片側に2枚ずつ交互についています。
黄緑の光沢のある美しい葉ですが、名前の通り臭気があります。ダニの駆除薬として使われるとか。
同じくとても嫌な臭いの「クサギ(臭木)クマツヅラ科」とは無縁です。

Photo

↓先日葉だけ見たヒメザゼンソウ(サトイモ科)がもう咲いていました。ヒメだけあって3cm位の小さな花でした。
↓ギンラン(ラン科)はササバギンラン(葉が花より高い)より珍しいそうです。

Photo_2 Photo_3

↓マルバウツギ(ユキノシタ科)   ↓ヤブデマリ(スイカズラ科)
ウツギもいろいろあってさっぱりですが、アジサイ(ユキノシタ科)に似ているヤブデマリのような花もなかなか特定できません。

Photo_4 Photo_5

↓これも先日見たウグイスカグラ(スイカズラ科)に実が出来ていました。食べたら甘かったです。

Photo_6 Photo_7

↓オカタツナミソウ(シソ科)もう少しで咲きそうです。タツナミソウ同様好きになりました。

1 Photo_8

↓サイハイラン(ラン科)の蕾で咲くと武将が士卒の指揮に用いた采配そっくり。

1_2 Photo_9

↓フタリシズカ(センリョウ科)   
↓ミヤマシラスゲ(カヤツリグサ科)褐色の小穂が雄性、薄緑色の小穂が雌性

Photo_10 Photo_11

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

箱根でクラス会(2)ポーラ美術館・大涌谷

2日目はポーラ美術館の絵画やガラス工芸などを鑑賞後午後は大涌谷から芦ノ湖へ

<ポーラ美術館>
この美術館は8年前に開館し、周囲の環境との調和をかはって、殆どを地下に置いて設計されている画期的な美術館です。
展示室の照明は美術作品が最大限美しく鑑賞出来るように最新の光ファイバー照明だそうだ。
パンフレットにあるような有名な絵をやっと見ることが出来ました。前日の「美の巨人」で岡田三郎助の「あやめの衣」をやっていたのを家に帰ってから観ました。
ここで初めて日本画と洋画の油絵の違いについて知りました。
日本画には岩絵の具を膠(ニカワ)でといたのを使う。膠がキャンバスに絵の具をつける接着剤の働きをしていて、洋画の場合が油というわけ。この頃の絵は日本画といえども題材が洋画と同じなので観ていて区別がつきませんでした。

↓パンフレットと美術館内での昼食

Photo_24 Photo_25 Photo_26 Photo_28

                   ↓強羅から早雲山さんへ

Photo_29

                         大涌谷へ

Photo_37

<大涌谷・ベニバナヒメイワカガミ>

お花に詳しい友人にベニバナヒメイワカガミの咲いている所へ案内していただきました。
大涌谷で検索すると出てくるこの花はイワカガミと区別がつかないくらいそっくりです。
葉を見ると鋸歯が少なく、画像でもわかるように先が丸くなく、上から見ると亀甲模様のようでイワカガミと区別出来る。
ベニバナがつかないヒメイワカガミは白いそうだ。

Photo_30

Photo_31

Photo_32

                         芦ノ湖

Photo_33

Photo_34

| | コメント (10) | トラックバック (0)

箱根でクラス会(1)ガラスの森美術館・湿生花園

クラス会の幹事として昨年下見した箱根へ15日、16日に行ってきました。
箱根は今、新緑が1番美しい時でした。バス路線の左右には、今年は山藤が見事な花を咲かせていました。
遠く山口県や兵庫県からも見えて15名中14名が参加、いろいろな人生行路を歩んでいる友人たちの生き方に感動し、自分の励みになる2日間でした。

Photo <ガラスの森美術館>
「レースとレースグラス展」のレースグラスやヴェネチアングラスの繊細さに驚く。

屋外にはカットされた16万個のクリスタルで出来た回廊などあちこちに見られる。

Photo_2

Photo_3

                  大涌谷の噴煙が見えました

Photo_4

<湿生花園>
仙石原の30000㎡の敷地に1700種類の湿地帯から高山までの花を咲かせていて、何度行っても飽きない所です。

Photo_5

            ヒマラヤの青いケシ(ケシ科)が今年も咲いていた

Photo_6

以下園内に咲いていた花の一部です。
↓ヤマシャクヤク(ボタン科) 花が開いて1~2日で花弁が落ちる短命な花で、「気品ある貴婦人」と形容する人もいる、上品な花である。秋になると青い実がなるそうだ。

Photo_7

                  ↓クリンソウ(サクラソウ科)

Photo_8

               ↓シコクカッコウソウ(サクラソウ科)

Photo_9

           ↓柳の木の上の方までカエルの卵が白く見えている

Photo_10

                   ↓イブキトラノオ(タデ科) 

Photo_11

                    ↓カキツバタ(アヤメ科)

Photo_13

                     ↓クロユリ(ユリ科)

Photo_14

                   ↓ミツガシワ(ミツガシワ科)

Photo_15

↓ゴヨウツツジ(ツツジ科)葉が5枚、内親王愛子さまのお印

Photo_16 Photo_17

                  ↓エゾウスユキソウ(キク科)

Photo_18

                  ↓エゾルリソウ(ムラサキ科)

Photo_19

                 ↓エゾハナシノブ(ハナシノブ科)

Photo_20

                   ↓ヒメシャガ(アヤメ科)

Photo_21

                  ↓ヒメシャクナゲ(ツツジ科)

Photo_22

               ↓ハクサンタイゲキ(トウダイグサ科)

Photo_23

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

小石川植物園へ

爽やかな5月のど真ん中です。
5/14遂にそら豆収穫です。専門家が笑ってしまいそうなそら豆で、わざわざブログに誇らしげに出すほどのものではありませんが、以前失敗しているので、嬉しかったです。大小合わせて26の豆を半分ずつ分けてあっという間にお腹の中。半年が数分で。甘くて美味しかった。あとはまだ小さいのが大きくなるか楽しみです。

Photo

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京文京区にある、春の小石川植物園に行ってみました。学生時代、学校から近かったので行って以来約50年ぶりです。
約5万坪ある東京大学付属植物園は、五代将軍綱吉の白山御殿の跡地に「小石川御薬園」として造られたのが前身。
↓は青木昆陽が吉宗に命じられて甘藷を試作した跡の記念碑。さつまいもに似た色の石を使っているのがいいですね。

Photo_2
↓園内の売店で売っていた「東京大学 植物園のど飴」(ゆず)(かりん)(銀杏)の3種類で構内で実ったのを原料にしている。銀杏に惹かれて買ったけれど銀杏飴は何の変哲もない味でした。ちょっとがっかり。

Photo_3 Photo_4

とても良い香りに惹かれ、そばに長居してしまった木3種
         ↓No.1はトベラ(トベラ科)こんなに良い香りだったとは!

Photo_5

      ↓その2はセイシカ(ツツジ科)ツツジの種類でこんな香りの花は珍しい

1 2_3 3

↓その3はカラタネオガタマ(モクレン科)、まだ蕾だけなのにとても素敵な香り

Photo_6

↓日本庭園が趣があってなかなか素晴らしい。赤い建物は旧東京医学校旧館だそうだ。

Photo_7 Photo_8

Photo_9 Photo_10

聞いたこともない樹木、薬草など多種類あり、丁度新緑の美しい植物園でした!今咲いているほんの一部の花々

         ↓池の畔のニワゼキショウ(アヤメ科)は背が高かった

Photo_11

                  ↓ナギイカダ(ユリ科)の実

Photo_12

              ↓キソケイ(モクセイ科)

Photo_14 2_4

       ↓休憩所                 ↓園内

Photo_15 Photo_16

         ↓コウモリカズラ(ツヅラフジ科)葉がコウモリの羽に似ている

Photo_18 

      ↓ヘビノボラズ(メギ科)刺が見えますか。刺で蛇が上れないのかな

Photo_19

           ↓シロアザミゲシ(ケシ科)花が草丈に比して大きい

Photo_21

                      ↓カマツカ(バラ科)

Photo_22

                  ↓シナサルナシ(マタタビ科)

Photo_23

        ↓シマサルナシ(マタタビ科) シナサルナシと名前がそっくり

Photo_24

          ↓ドクウツギ(ドクウツギ科) 花の蕾のようだ、実は毒

Photo_25

                  ↓サンショウバラ(バラ科)

Photo_26

                   ↓サクラバラ(バラ科)

Photo_27

                    ↓キンロバイ(バラ科)

Photo_29

                   ↓ギョリュウ(ギョリュウ科)

Photo_31 

                  ↓ハクウンボク(エゴノキ科)

Photo_32

                 ↓クサタチバナ(ガガイモ科)

Photo_33

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

映画『アイガー北壁』 シネマート新宿にて

スイスのベルナーアルプス地域のベルナーオーバーラント三山のひとつアイガーはユングフラウ、メンヒと並ぶ名峰だ。
その北壁はグランドジョラスのウォーカー側稜、マッターホルン北壁とともに世界三大北壁に数えられる。
1930年頃までヨーロッパの高峰は殆ど制覇されたがアイガー北壁だけ残っていた。
これは1936年に実際に起きた悲劇の映画化だ。ベルリン・オリンピック開幕直前の夏、ナチス政府が国家の優位性を世界に誇示するため、アイガー北壁に初登頂した人にオリンピック金メダルの授与を約束していた。
ドイツの2青年、オーストリアの2青年の4名で順調に高度を上げたが、メンバーの落石による負傷と天候の悪化で退却途中で命を断つ。
90度の極寒の絶壁、世にも恐ろしい天候は想像を絶する壮絶な世界だ。状況は殆ど人間の限界を超えている。そのロケは大変なものだったらしい。屋内撮影も北壁と同じ超低温の冷凍庫内でされた。トニーの元恋人の姿も痛ましく胸を打つ。
もう70年以上も前の簡素な装備での登山は今とは随分違って厳しかったに違いない。
何でこんな危険な大変な山に登ろうとするのか?
トニー・クルツ役のベンノ・フェルマンの言葉にその答えの1つがあるように思われる。
「彼らが名声を欲しがっていたのは理解できる。彼らの生活は貧しかった。偉大な存在になりたい、尊敬されたい、と願うのは誰にでもあることだ。彼らは夢を実現させ、不可能を可能にしたかったんだと思う」

↓スイス旅行でアイガー北壁の前のホテルに宿泊したとき、ホテルのベランダから仰いだアイガー北壁

Photo

                  ↓位置を少しずらして眺めた

Photo_2

        ↓ユングフラウヨッホへ向かう途中の電車から。右はメンヒ

Photo_3

↓電車終点ユングフラウヨッホ(ユングフラウとメンヒの鞍部の展望地点で電車駅としてはヨーロッパ最高地点3454m)から目の前のメンヒ(僧侶の意味)

Photo_4

↓ユングフラウヨッホからのユングフラウ(若い乙女)Photo_5

              ↓ユングフラウヨッホからのアイガー

Photo_6

                       アレッチ氷河

Photo_7

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

ブナ(フジブナ)の木

小学校低学年の女の子と幼稚園の男の子を連れたお母さんが、子どもたちに「膝を折り曲げたあのみっともない格好の歩き方は、よくないのよ。だめなのよ」言っていました。で前方を見ると若い女性がへっぴり腰で、言われてみると美しくない歩き方です。これが膝を曲げている歩き方なんだと妙に感心した私です。
このお母さんはこうやって子供を教育しているのでした。そのお母さんは確かに美しい後ろ姿でした。欧米人は姿勢が良くて歩き方が美しいがそんな感じです。凄いお母さんだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

春の新しい芽が出る間際まで、冬中枯葉を付けている木としてヤマコウバシ、カシワがあります。
ところがもう1種類あるのに気がつきました。例の93歳で元気に盆栽や庭の手入れをされている方の庭です。ついでに元気の秘訣を聞いたら、毎朝納豆に自家製の紫蘇の葉の乾燥粉末とすり胡麻を入れたのを食べているとのこと。健康診断で70歳の身体と言われているとか。何も病気を持っていません。
↓4月24日、もうヤマコウバシもカシワも葉が落ちていましたが、この木にはまだ付いています。

424

424_2

↓1昨日はまだ2,3枚枯れ葉が付いていましたが、今日5月8日はすっかり新芽と入れ替わっていました。
ブナ、それもフジブナの種類だそうです。

58

↓もう1本同じフジブナが近所にありました。↓その葉です。

Photo Photo_2

        ↓Pさんにいただいた亜麻の種からこんな花が咲きました。

Photo_3

↓美しい淡いブルーの花は、朝日がさすと開き始める ↓曇ると閉じ始める1日花 儚い命の花です。昨年は数えるほどでしたが、1昨年は20本位から1ヶ月の間に351の花を付けました。

Photo_4 3

数本あるバラの今年1番最初に咲いたカーディナル。最初は1番大きくて、香りも強いです。
Photo_5

           やっとクレマチスらしくなった2本

Photo_6 Photo_7

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

東京大仏

板橋区の高島平に座位の大仏で日本で3番目に大きいという大仏を連休前に見に行ってきました。
        途中に竹の子公園があって、誰も掘らない竹の子があります。
Photo

                 空き地にはオドリコソウの群生が
Photo_3

やがて見えた乗蓮寺と右手に大仏

Photo_5 Photo_6

乗蓮寺は室町初期の創建といわれる板橋宿きっての名刹。境内には、天保の飢饉の犠牲者を弔う供養塔もある。
この大仏は昭和52年に完成したもので、8.2mの高さで東京では1番高い。
1番は奈良大仏は14.98m、2番は鎌倉大仏は11.3m
奈良大仏より約7mも低いのでかなり小さくはあります。
立っている大仏では牛久大仏が120mで大きさが想像できません。

Photo_7

                名刹だけあって庭園も素晴らしい

Photo_8

                 お地蔵さま
Photo_9 Photo_10

お寺の奥に都立赤塚植物園があります。きれいに整備され、名札が付いていてとても親切です。しかも無料でした。
アマドコロやヤマブキソウやツクバネウツギなどが咲き、牡丹も見頃です。

Photo_11

               ハクサンボク(スイカズラ科)は初めてです

Photo_12

↓カジノキ(クワ科)の樹肌が面白いです。これは紙の原料だそうで、その花を見るのが夢です。

Photo_13

京都などでいろいろな垣根を見るのを楽しみしていますが、ここには日本庭園の成り立ちのようなところがあって、全国の石なども陳列されています。
垣根も2種類ありました。植物園でいろいろ勉強して歩くのも楽しいものです。
        ↓蓑垣                 ↓鉄砲垣

Photo_14 Photo_15

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

小川糸著『食堂かたつむり』と『喋々喃々』

どちらも20代女性が一人で店を切り盛りする物語。そしてどちらもその母が奔放な人生を歩んで女性たちはしっかり育ててもらっていない。
なのに、母の教育を受けなくても、前者は料理の道を歩み食堂を、後者は東京谷中でアンティークきもの店を営む。
きもの店の女性は1年中殆ど着物姿で過ごし、正月から暮れまで折りに触れ季節の行事をなぞり、金魚を飼い、花を活け、料理の腕もかなりのもの。食堂の女性の料理はこれまた玄人の料理人で、二人の女性から作り出される料理の美味しそうなこと、次々楽しみに読み進んでしまったほど。
物語も不思議な魅力をたたえ、珍しく一気読み。女性向きの小説なのでしょうね。
『食堂かたつむり』では、長く生きてきたのに、自分の食べ物に関する発想の貧弱さを見せつけられます。
『喋々喃々』を読むと、だんだん古来の習慣を省略し、丁寧な暮らし方をしなくなっていくことを反省させられる、あるいは谷中や根岸、千駄木、浅草あたりをまた歩きたくなる気持ちにさせてくれます。

木曜から始まった大型連休は毎日お天気に恵まれ、暖かく気持ちよいです。買い物以外は出かけず、草取りなどの庭仕事をちょっぴりしています。
モッコウバラが満開で横に7m、奥行2m、高さ3m以上の大きさに成長です。

Photo

                               ↓白と紫のタツナミソウも花を付けました

Photo_2

                                      ↓スズランも咲き始めました

Photo_3

↓3年前から突然庭に水仙のような葉が出てきて今年初めて咲いた花、これは一体何でしょう?球根のようで、鳥ではなさそうで不思議です。Oさんにシラー・ヒスパニアと教えていただきました。Photo_4

↓前の畑のブロッコリーの花、初めてまじまじと見ました。菜の花より色が薄い。

Photo_5

                   ↓近所のツツジがきれい

Photo_7  Photo_8

                     ↓卯の花も満開

Photo_9

           ↓近所の社の狛犬の顔がちょっと怖いけれど可愛い

Photo_16 Photo_18 
   

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »