« 箱根でクラス会(1)ガラスの森美術館・湿生花園 | トップページ | コクサギの葉 »

2010年5月20日 (木)

箱根でクラス会(2)ポーラ美術館・大涌谷

2日目はポーラ美術館の絵画やガラス工芸などを鑑賞後午後は大涌谷から芦ノ湖へ

<ポーラ美術館>
この美術館は8年前に開館し、周囲の環境との調和をかはって、殆どを地下に置いて設計されている画期的な美術館です。
展示室の照明は美術作品が最大限美しく鑑賞出来るように最新の光ファイバー照明だそうだ。
パンフレットにあるような有名な絵をやっと見ることが出来ました。前日の「美の巨人」で岡田三郎助の「あやめの衣」をやっていたのを家に帰ってから観ました。
ここで初めて日本画と洋画の油絵の違いについて知りました。
日本画には岩絵の具を膠(ニカワ)でといたのを使う。膠がキャンバスに絵の具をつける接着剤の働きをしていて、洋画の場合が油というわけ。この頃の絵は日本画といえども題材が洋画と同じなので観ていて区別がつきませんでした。

↓パンフレットと美術館内での昼食

Photo_24 Photo_25 Photo_26 Photo_28

                   ↓強羅から早雲山さんへ

Photo_29

                         大涌谷へ

Photo_37

<大涌谷・ベニバナヒメイワカガミ>

お花に詳しい友人にベニバナヒメイワカガミの咲いている所へ案内していただきました。
大涌谷で検索すると出てくるこの花はイワカガミと区別がつかないくらいそっくりです。
葉を見ると鋸歯が少なく、画像でもわかるように先が丸くなく、上から見ると亀甲模様のようでイワカガミと区別出来る。
ベニバナがつかないヒメイワカガミは白いそうだ。

Photo_30

Photo_31

Photo_32

                         芦ノ湖

Photo_33

Photo_34

|

« 箱根でクラス会(1)ガラスの森美術館・湿生花園 | トップページ | コクサギの葉 »

コメント

幹事さん、お疲れさまでした。
きっと皆さん大喜びでしたでしょう。

投稿: 佐平次 | 2010年5月21日 (金) 09:48

どちらもお天気にも恵まれ、気持ちよくあちこち回られましたね。
遠くからいらした方もきっと満足なさったでしょう。

ポーラ美術館やラリック美術館も魅力的で行きたいなぁと思ったのですが、
宿泊費がちょっとたくさんかかったので今回は諦めました。
20年位前に行った箱根彫刻の森も含め、またいつか行きたいと思っています。

投稿: ポージィ | 2010年5月21日 (金) 11:20

★佐平次さま

卒業以来お互いに初めて会ったなどという人もいて、景色よりも美味しいご飯よりも夜中までの歓談が1番でした。
ここまで年がきますと、自身だけでなく家族の思わぬ事態に遭遇することも多々あります。自分がそうなったときの参考にもなってなかなか有意義でした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年5月21日 (金) 13:17

★ポージィさま

遠くから来た方も最後まで付き合って、夕方6時頃の新幹線で、山口市の家には夜中に着いたのでしょうね。
お天気は良くても、箱根は目まぐるしくお天気が変わるのですね。写真を撮ろうとすると雲がかかったりもやったりで富士山は見えませんでした。
私もラリックや彫刻の森美術館もまた出かけたいです。
宿泊費が安く済んだので、食事の方にお金をかけました。とはいえ、箱根はとても高いですね。
小学校4年生の1学期間、箱根高原学園で生活したことも思い出した2日間でした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年5月21日 (金) 13:27

「アイガー北壁」、「小石川植物園」、「箱根でクラス会」など拝見しました。
同じようにクラス会を開催しても、女性の場合は、こんなにも充実した
クラス会が持てるのですね。
女性の方が、男性よりもはるかに人生を楽しく生きる術を心得ている、
そんな風に思ってしまいます。なんでこんなにも違ってしまうのかな?
クラス会、同期生会、OB会などなど、いろいろ
幹事を務めるわりには、どうも工夫が足りない、そのように反省しきりです。
ブログ拝見していろいろ教えられること多かったです。

投稿: 茂彦 | 2010年5月22日 (土) 22:01

クラス会の幹事さんお疲れさまでした。

美術館や素晴らしい景色と、参加者の皆様も喜ばれた事と思います。
楽しいクラス会だった様子がうかがわれます。

ベニバナヒメイワカガミ初めて見ましたが
可愛いピンクですが、あまり類を見ないような形ですね。
イワカガミでさえ名前を知っているくらいで、こんなピンクのもあるとは
山野草…奥が深いです。

芦ノ湖もすっかり初夏の風情ですね。

投稿: pochiko | 2010年5月22日 (土) 23:27

★茂彦さま

もしかして女性は欲張りなのかもしれません。
いかに費用が安く、時間内に有意義に過ごすかの一点張りのような気もします。
男性と違って飲んで楽しむのが少ないでしょうか。
茂彦さんはいろいろ幹事をそつなくこなされて、しかも大変だと言うことを何もにおわせないところが凄いです。
私はああ、これで6,7年番が回ってこないと喜んでいる始末です。
それにしてもパソコン教室に通って基礎を学ばないと文章や決算をうまく配信も出来ません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年5月23日 (日) 08:36

★pochikoさま

クラス会というと見学の合間の友人同士のおしゃべりが楽しみです。よくまあ、こんなにしゃべることがあると感心しています。

ベニバナヒメイワカガミは私も初めてです。箱根のこの一帯に群生しているらしいのですが、そんなことさえも知りませんでした。
地熱が湧くようなところが好きな山野草なのでしょうか。不思議でした。
葉も色々な色ですね。葉の形が違うらしいです。こうして毎年新しい花を見られるほど、花で溢れる日本なのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年5月23日 (日) 08:44

今年は花の咲く頃雪の降った箱根ですが、
初夏、新緑の箱根はまたいいですね。

クラス会でお友達とも再会でき、温泉においしい食事。沢山の花も観賞でき、箱根の大自然を満喫された2日間でしたね。
今回は幹事としてお疲れさまでした。

ヒマラヤの青いケシ。何か吸い込まれそうな色ですね。
どこかで見たことがあると思ったら、思い出しました。NHKのテレビで見ました。

ベニバナイワカガミ。イワカガミと花はそっくりですね。
ぱっと見て、あ、イワカガミだと思いました。葉が違うのですね。
湿生園も今頃がいいのかな?

箱根は美術館を初め見るところが多く、四季を通じて自然も豊富で、何度行っても飽きない、いいところです。

投稿: 夢閑人 | 2010年5月24日 (月) 14:34

★夢閑人さま

標高が高いところは素晴らしい新緑です。
秋の紅葉のように新緑もいろいろな色があって、本当に美しいなあと感動しました。
おっしゃるように久しぶりに出てきた友人の近況は驚いたり感心したりで良かったし、温泉と食事と美術鑑賞と花・・・言うこと無しです。
ヒマラヤの青いケシは東大和市駅の東京都薬用植物園に昨年でしたが、今頃咲いていました。

ベニバナヒメイワカガミはイワカガミとそっくりですね。葉が違うと教えられましたので今度イワカガミの葉をよく見ようと思います。
箱根は小さい頃から何回行ったでしょうか。
これからもまだまだ行きそうです。
コメント有難うございました。

投稿: tona | 2010年5月24日 (月) 20:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/48411425

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根でクラス会(2)ポーラ美術館・大涌谷:

« 箱根でクラス会(1)ガラスの森美術館・湿生花園 | トップページ | コクサギの葉 »