« 映画『アイガー北壁』 シネマート新宿にて | トップページ | 箱根でクラス会(1)ガラスの森美術館・湿生花園 »

2010年5月17日 (月)

小石川植物園へ

爽やかな5月のど真ん中です。
5/14遂にそら豆収穫です。専門家が笑ってしまいそうなそら豆で、わざわざブログに誇らしげに出すほどのものではありませんが、以前失敗しているので、嬉しかったです。大小合わせて26の豆を半分ずつ分けてあっという間にお腹の中。半年が数分で。甘くて美味しかった。あとはまだ小さいのが大きくなるか楽しみです。

Photo

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京文京区にある、春の小石川植物園に行ってみました。学生時代、学校から近かったので行って以来約50年ぶりです。
約5万坪ある東京大学付属植物園は、五代将軍綱吉の白山御殿の跡地に「小石川御薬園」として造られたのが前身。
↓は青木昆陽が吉宗に命じられて甘藷を試作した跡の記念碑。さつまいもに似た色の石を使っているのがいいですね。

Photo_2
↓園内の売店で売っていた「東京大学 植物園のど飴」(ゆず)(かりん)(銀杏)の3種類で構内で実ったのを原料にしている。銀杏に惹かれて買ったけれど銀杏飴は何の変哲もない味でした。ちょっとがっかり。

Photo_3 Photo_4

とても良い香りに惹かれ、そばに長居してしまった木3種
         ↓No.1はトベラ(トベラ科)こんなに良い香りだったとは!

Photo_5

      ↓その2はセイシカ(ツツジ科)ツツジの種類でこんな香りの花は珍しい

1 2_3 3

↓その3はカラタネオガタマ(モクレン科)、まだ蕾だけなのにとても素敵な香り

Photo_6

↓日本庭園が趣があってなかなか素晴らしい。赤い建物は旧東京医学校旧館だそうだ。

Photo_7 Photo_8

Photo_9 Photo_10

聞いたこともない樹木、薬草など多種類あり、丁度新緑の美しい植物園でした!今咲いているほんの一部の花々

         ↓池の畔のニワゼキショウ(アヤメ科)は背が高かった

Photo_11

                  ↓ナギイカダ(ユリ科)の実

Photo_12

              ↓キソケイ(モクセイ科)

Photo_14 2_4

       ↓休憩所                 ↓園内

Photo_15 Photo_16

         ↓コウモリカズラ(ツヅラフジ科)葉がコウモリの羽に似ている

Photo_18 

      ↓ヘビノボラズ(メギ科)刺が見えますか。刺で蛇が上れないのかな

Photo_19

           ↓シロアザミゲシ(ケシ科)花が草丈に比して大きい

Photo_21

                      ↓カマツカ(バラ科)

Photo_22

                  ↓シナサルナシ(マタタビ科)

Photo_23

        ↓シマサルナシ(マタタビ科) シナサルナシと名前がそっくり

Photo_24

          ↓ドクウツギ(ドクウツギ科) 花の蕾のようだ、実は毒

Photo_25

                  ↓サンショウバラ(バラ科)

Photo_26

                   ↓サクラバラ(バラ科)

Photo_27

                    ↓キンロバイ(バラ科)

Photo_29

                   ↓ギョリュウ(ギョリュウ科)

Photo_31 

                  ↓ハクウンボク(エゴノキ科)

Photo_32

                 ↓クサタチバナ(ガガイモ科)

Photo_33

|

« 映画『アイガー北壁』 シネマート新宿にて | トップページ | 箱根でクラス会(1)ガラスの森美術館・湿生花園 »

コメント

空豆、美味しいですよね。
2度ほど作ったことあるけど、すぐ虫がついて結構大変でした。
半年が数分でお腹の中に。。。確かに(笑)
でも自分で作った野菜は格別ですよね。

シナサルナシとシマサルナシ。
どこが違うの?って何度も読み返してやっと分った始末。
段々鈍くなりつつある今日この頃です(汗)
日本庭園、緑の色がキレイですね~

投稿: ちょびママ | 2010年5月17日 (月) 17:54

★ちょびママさま、ありがとうございます。

空豆に付く虫は黒くてびっしりとですね。
収穫寸前にびっしりで慌てました。喰われる前に採って良かったんです。
こんな美味しいなら他の野菜も作りたいですが、やはり虫やもろもろ難しくて無理です。

ハハハッ、私も2種のサルナシの間を行き来して違いが分かりました。全くいやになります。
今はどこも緑がきれいで、目が洗われるようだと先人は表現しましたが、白内障の始まりの目もそのように感じました。

投稿: tona | 2010年5月17日 (月) 21:50

小石川もしばらく行ってないなあ。
あまり造りこんでいないのがいいですね。
雑草が生えていたり。

投稿: 佐平次 | 2010年5月18日 (火) 09:11

空豆は大好きだけれど高い気がして手がなかなか・・・
その昔、嫌というほど食卓に上っていた記憶が消せません。

小石川植物園、適度に自然でいい所のようですね。
一緒に散策して見物させていただける感覚がありがたいです。

投稿: もみじ | 2010年5月18日 (火) 09:30

ソラマメ、おめでとうございます!!採れたて新鮮でぷっくり、ですね。
お店で売られているのより莢の色が濃く見えます。太陽の恵みがたっぷり
凝縮されているって感じです。数分でお腹の中でも、味わいは格別ですね。

小石川植物園の新緑がまぶしく輝いていますね。
色んな植物の色んな花たちが咲き競っていて楽しい季節。
トベラはそんなにいい香りですか。嗅いだことないのでいつか嗅いでみたいです。
ツツジの種類にセイシカというのがあるんですね。これも知らないです。
コウモリカズラはほんと、コウモリを連想させる葉の形ですね。
ハクウンボクももう咲き始めていましたか。気温の低い日が多かったこの春、
ともすると感覚がカレンダーについていけないのですが、
もう5月も半ばなのですものね。

投稿: ポージィ | 2010年5月18日 (火) 10:44

やっと五月晴れの陽気が訪れてきました。
そら豆、26個。貴重な自作品でしたね。
さぞおいしかったことでしょう。
「分け合ってさらに深まる二人の絆」なんて…

小石川植物園。義兄の墓が白山下の交差点の近くのお寺にあるので、墓参りのついでに行ってみようと思いながら(歩いて5分くらい)時期的にどうかなあと思いつつ行っていません。
今頃は新緑の季節でいいね。
東大の付属植物園ですから、珍しい植物が多いですね。
今度是非行って見ます。

投稿: 夢閑人 | 2010年5月18日 (火) 12:22

★佐平次さま、ありがとうございます。

確かに人はあまりいなくて、静かでいいですね。
そうそう、雑草がたくさん生えて虫が飛び回っていました。
聞いたこともない樹木が多いのに驚きました。

投稿: tona | 2010年5月18日 (火) 15:46

★もみじさま、ありがとうございます。

空豆は昔おっしゃるように随分食べましたが、今は高いですねえ。なかなか買えませんよ。
この植物園は広いし、他のと違った趣です。自然が残っている感じですね。
近くだったら月1回は出かけたいところです。

投稿: tona | 2010年5月18日 (火) 15:50

★ポージィさま、ありがとうございます。

お陰さまで収穫出来て、天にも上る気分です。半分の3本しか発芽しませんでしたが、花だけはたくさん咲いたので期待はしていたのです。
無農薬ですから、収穫した後に見たら虫が茎にびっしりついていました。

この植物園は樹木だらけですが、日本庭園に来たらぱっと広がって明るく、緑が美しかったです。
今1番お花が多いときでしょうか。たくさんカメラに収めてしまいました。
初めてというのも多いです。薬草もたくさん栽培されています。前身がそうですからね。

トベラ、意外でしたね!是非お目にかかったら、感想をお聞かせくださいね。
今年は雑草はそれなりに早いのもあるらしいですが、樹木の花もいつもより遅れているようですね。人間同様、植物も振り回されているでしょうね。今年は藤が勢いがいいそうで、こういう年は昔なら穀物など不作になったそうです。

投稿: tona | 2010年5月18日 (火) 16:05

★夢閑人さま、ありがとうございます。

今日は暑かったですが、日陰は涼しくてやはり5月はまだ気持ちがいいです。
空豆美味しかったです!
歌まで作ってくださって嬉しいです。

ご親戚のお墓があるのでしたら、気持ちの良い植物園に是非とお勧めします。
都会の中のオアシスですね。
思ったより広かったです。
名札がきちんとついているので、一応納得しながら歩けます。
木には今まで聞いたこともないのがたくさんありましたよ。

投稿: tona | 2010年5月18日 (火) 16:11

恥ずかしながら,今年になって,この歳になって私はソラマメが美味しいことに気づきました。
うらやましい限りです。

投稿: gaki | 2010年5月18日 (火) 17:59

★gakiさま、ありがとうございます。

新しい美味しい味を発見されて、これからの年月、新たな楽しみが増えたわけで素晴らしいですね。
種を植え込めば収穫まですることがないのですよ。収穫の頃になると虫に注意すればいいだけですので簡単です。プランターで作りました。

投稿: tona | 2010年5月18日 (火) 19:16

東京は、結構あちこちに静かなところがありますね
喧騒と静寂のギャップ、神戸家は好きですねhappy01

投稿: OB神戸家 | 2010年5月19日 (水) 09:33

★OB神戸家さま、ありがとうございます。

都会の喧騒もなかなかですね。
ここ植物園はあまりにも静かです。
そうですか。ギャップがお好きとのこと、いかにも神戸家さんらしいと思います。

投稿: tona | 2010年5月19日 (水) 18:34

 こんばんは。
 小石川植物園、新緑とたくさんの種類の花々でいっぱいですね。
 写真を見ているだけで、さわやかな香りが、感じられるようです。

 わたしは、この植物園の、「洋館(旧東京医学校本館)のある日本庭園」の景色が、大好きなのですが、前回訪れた時は修復工事中で、仮囲いがかかっていて、がっかりでした。
 すっかり美しくよみがえった写真を拝見させていただき、とてもうれしいです。

 ところで、先週末、また赤塚植物園に行ってみましたが、前に記事を書いた時にはまだ蕾だったエゴノキが満開でした。
 こちらの記事の最後の方にでているハクウンボクの花とそっくりの花で、とてもきれいでした。同じエゴノキ科のようですが、種類はやはり異なるんでしょうね。
 ほんとうにいろいろな植物があるものです。

 ちなみに、カジノキの花は、あいかわらず、まったく確認できませんでした。 

投稿: Nora | 2010年5月20日 (木) 01:22

★Noraさま、おはようございます。

小石川植物園は実に多くの樹木や薬草などがあってびっくりでしたが、何より香りに満ちていました。
日本庭園に入るとぱっと開けて新緑も美しく、京都のお寺の庭園に迷い込んだような気がしました。
あんな小さな建物の中で医学生が勉強していたのですね。

ハクウンボクとエゴノキは同じエゴノキ科で、花がとても似ていますね。
ハクウンボクの方は花が密集して一塊のようですし、葉が丸いみたいですね。

カジノキを観察していただいてありがとうございます。お花はどうなってしまったのでしょうね。あの蕾みたいのはどうなっていくのでしょう。今のところ変化がないのですね。
その後どうなるか楽しみです。

投稿: tona | 2010年5月20日 (木) 08:36

前にソラマメの花を載せていらしたのが、もうちゃんと実になって食卓にのぼったのですね。
小石川植物園の花、tonaさんはとても丁寧に名前を書いてくださるのにはいつも敬服します。
カラタネオガタマは、牡丹の時に行く金剛寺で蕾のうちから甘い香を牡丹園に漂わせるので、印象に残っていますが、そちらでは今から咲くのですね。
トベラの所まで拝見して、家のはまだ咲いていないのか、今確かめに行きましたら、蕾がたくさんついています。
香のある花の開花を待ちます。
いろんな花木のご紹介ありがとうございました。

投稿: anikobe | 2010年5月20日 (木) 18:37

★anikobeさま

今年はめでたく空豆ができました。
いつもへたなので嬉しかったです。

カラタネオガタマ、やはり蕾でも良い香りでしたか!こちらの方が遅いようですね。
奈良と時々時期が違って面白く比較出来ます。
まあ、トベラがあるのですか。いいですね。
なんだかドキドキして、もし匂わなかったらどうしようなんて思ってしまいました。
でも友人と何度も嗅いでいたので間違いないと思います。
こちらこそ、いろいろなご感想をありがとうございました。

投稿: tona | 2010年5月20日 (木) 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/48383202

この記事へのトラックバック一覧です: 小石川植物園へ:

« 映画『アイガー北壁』 シネマート新宿にて | トップページ | 箱根でクラス会(1)ガラスの森美術館・湿生花園 »