« 小川糸著『食堂かたつむり』と『喋々喃々』 | トップページ | ブナ(フジブナ)の木 »

2010年5月 5日 (水)

東京大仏

板橋区の高島平に座位の大仏で日本で3番目に大きいという大仏を連休前に見に行ってきました。
        途中に竹の子公園があって、誰も掘らない竹の子があります。
Photo

                 空き地にはオドリコソウの群生が
Photo_3

やがて見えた乗蓮寺と右手に大仏

Photo_5 Photo_6

乗蓮寺は室町初期の創建といわれる板橋宿きっての名刹。境内には、天保の飢饉の犠牲者を弔う供養塔もある。
この大仏は昭和52年に完成したもので、8.2mの高さで東京では1番高い。
1番は奈良大仏は14.98m、2番は鎌倉大仏は11.3m
奈良大仏より約7mも低いのでかなり小さくはあります。
立っている大仏では牛久大仏が120mで大きさが想像できません。

Photo_7

                名刹だけあって庭園も素晴らしい

Photo_8

                 お地蔵さま
Photo_9 Photo_10

お寺の奥に都立赤塚植物園があります。きれいに整備され、名札が付いていてとても親切です。しかも無料でした。
アマドコロやヤマブキソウやツクバネウツギなどが咲き、牡丹も見頃です。

Photo_11

               ハクサンボク(スイカズラ科)は初めてです

Photo_12

↓カジノキ(クワ科)の樹肌が面白いです。これは紙の原料だそうで、その花を見るのが夢です。

Photo_13

京都などでいろいろな垣根を見るのを楽しみしていますが、ここには日本庭園の成り立ちのようなところがあって、全国の石なども陳列されています。
垣根も2種類ありました。植物園でいろいろ勉強して歩くのも楽しいものです。
        ↓蓑垣                 ↓鉄砲垣

Photo_14 Photo_15

|

« 小川糸著『食堂かたつむり』と『喋々喃々』 | トップページ | ブナ(フジブナ)の木 »

コメント

板橋と豊島区の境に住んでいたのに知りませんでした。
あのあたり探すともっといろいろあったんだろうな。

投稿: 佐平次 | 2010年5月 6日 (木) 07:47

★佐平次さま、おはようございます。

あら、あちら方面にも住んでいらっしゃったのですか。
板橋宿などがあったようです。
板橋区は日大病院お見舞いに大昔行ったきりで久しぶりです。
有名な高島平団地はどんなかと思ったら、西・新高島平は高層でなくてお屋敷団地でした。それに殆ど人影がない所で板橋区は人口密度が低いかと思ったほどです。でも杉並区と同じくらいの53万人なのですね。

投稿: tona | 2010年5月 6日 (木) 08:11

こんにちは。ご無沙汰しました。

tonaさんのお宅のモッコウバラが素晴らしいですね。
思わず足を止めて見とれる方も大勢いらしたのではないでしょうか。
足元でも次々と可愛らしい花が咲いて、しかもお天気よく暖かかった
連休中はお庭に出られる楽しみも倍増でいらしたでしょうね。

東京大仏、以前TVでちらと見た事があるのですが、地名やお寺の名前は
何も覚えていませんでした。
室町初期から続く歴史あるお寺、乗蓮寺にあるのですね。
お庭が見応えありそうですね。

投稿: ポージィ | 2010年5月 6日 (木) 10:22

★ポージィさま、こんにちは。

お元気でいらっしゃいましたか。

モッコウバラは一体いくつ花があるのか、風が強くなって散り始めましたのでお掃除に追われそうです。
今の時期は雑然とした庭でも眺めるのが楽しみです。緑の色が何とも言えません。

東京大仏がテレビでも紹介されたのですね。
大仏を比較しますと、1m違っても横幅や体積、重さが随分違うものです。大きさも2乗、3乗という感じです。
あいにくの雨でしたが、植物園も緑が美しくてその方がよかったです。有難うございました。


投稿: tona | 2010年5月 6日 (木) 11:40

筍のこのサイズは、もはや固いでしょうね

高島平は、新興地のイメージが強いのですが、完全に思い違いでした
名刹らしく、しっとりとした雰囲気ですねnew

投稿: OB神戸家 | 2010年5月 6日 (木) 13:21

★OB神戸家さま、こんにちは。

竹の子は1日で、ぼんやりしていると大きくなってしまいますね。
今、竹の子も高く、中国産が殆どですから、思わず勿体無いと思ってしまいます。かといってそんなには食べられませんが。

高島平のどこかに高層のマンションがあるのでしょうか。
少なくともここへ行くルートには見当たりませんで、庭の広い家が続いていました。
緑いっぱいでいいところでした。

投稿: tona | 2010年5月 6日 (木) 15:48

緑が美しい季節ですね。

日本で3番目の大仏様、私もテレビで見た記憶があります。

遷都1300年の奈良に行かねばと思いつつ、日伸ばししています。
ゴールデンウィークが終わったのでそろそろ。

お地蔵様の足元の小さい紅白のお地蔵様は何かの願掛けなのでしょうか??
余り見かけないような気がします。

投稿: もみじ | 2010年5月 7日 (金) 09:28

★もみじさま、こんにちは。

雨でしたが、緑がより美しいと感じました。
この大仏をテレビでご覧になられたのですね。
あの大きな大仏様も遷都1300年ですから、同じような年なのですね。この東京大仏とは比べものにならないくらい年月を経ているのですね。
今年は混み合っているのでしょう。そろそろ出動ですね。

私もお地蔵さまの足元の小さな地蔵の意味を探るべくきょろきょろしたのですが説明が見つかりませんでした。願かけられた人のでしょうかしらね。

投稿: tona | 2010年5月 7日 (金) 13:29

 こんにちは。
 このあたりは自転車でよく行くところですが、大仏も植物園も、小さかったでしょう。(笑)
 だけど、新緑の雨の大仏の写真、美しいです。
 tonaさんの記事で拝見すると、普段見慣れた大仏や植物園がとても新鮮に見えます。
 実際、植物園には何度行ったかわからないくらいなのに、何となく垣根や石があるな、とは思ってましたが、展示がされているものだとは、まったく知りませんでした。
 カジノキも見逃していました。
 次に行った時には場所を確認して、花が咲いたら記事にしようと思います。

 高島平方面からいらしたのでしたら、途中にニリンソウの大群生地がありますが、ご覧になりましたか?
 先日、初めて行ったのですが、想像していたよりも、すごかったです。
(もう終わっていたかも)

投稿: Nora | 2010年5月 8日 (土) 16:08

★Noraさま

植物園は思った以上に大きかったですよ。
いつもNoraさんのブログで拝見している赤塚植物園にやっと行くことが出来ました。
木にも名札が全部付いているので参考になりましたが、すべて忘れてしまいました。
「カジノキ」のお花が咲いたら写真に撮って是非見せてくださいませ。
東京大仏も見ることが出来て大満足です。

西高島平で降りて歩いて行きました。
静かな緑豊かな通りを通り、不動の滝(これは水道から出る水くらいしかありませんでした)を通り過ぎやっとたどり着きました。
ずっと雨が降っていましたが、かえって緑が美しいですね。
帰りは竹の子公園の前を過ぎ、新高島平に出るつもりが道に迷って、東上線の駅に出てしまいました。よく歩きましたね。
残念ながら二輪草の群生地は見逃しました。
いいところなのでまた行く機会があったらと思いました。

投稿: tona | 2010年5月 8日 (土) 16:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/48279157

この記事へのトラックバック一覧です: 東京大仏:

« 小川糸著『食堂かたつむり』と『喋々喃々』 | トップページ | ブナ(フジブナ)の木 »