« ポーランド一周の旅(4) | トップページ | 北岳登山 »

2010年6月29日 (火)

ポーランド一周の旅(5)最終回

Photo_2 いつも後で消せるからと、自分でもバカみたいと思いながら撮ってしまう写真、今回は10日間で1314枚、いささかうんざりしました。

<9日目>ザコパネ→チェンストホーバ→ワルシャワ

[オゴロジェニェツ城]
カタカナでこのように書きますが、ポーランド語って実に発音の難しい国です。ドライバーさんに発音していただきましたが、全然聞き取れませんでした。
14世紀の要塞は今は廃墟

Photo_3

Photo_4 Photo_5

[ヤスナ・グラ僧院] 於チェンストホーバ 1382年建立。
年間400万人の巡礼者と観光客が訪れる。2大聖母のもう1つ「ブラック・マドンナ」が信仰の中心。頬に盗賊に付けられた傷が2本ある。
Photo_6

↓このシスターにご案内いただきました

Photo_7 Photo_8

<10日目>ワルシャワ見学
最終日は首都ワルシャワ見学です。ショパンの生家とワルシャワ旧市街徒歩観光 夕方ショパンピアノコンサートへ

ワルシャワ郊外のショパンの生家に向かいました。途中新しいマンションも出来ている中に、共産党時代の四角い住居もたくさん残っています。
          ↓新しいマンション        ↓旧共産党時代の住宅
Photo_9 Photo_10

1810年3月1日、ショパンはここで生まれ、今年は生誕200年祭で賑わっている。ここは現在博物館となっているが、ワルシャワにも今年3月にオープンしたばかりのハイテクが使われている博物館がある。
貴族の屋敷だったので、庭園の美しい所でした。

Photo_11 Photo_12

Photo_13 Photo_14

[ワルシャワ旧市街] 世界遺産
↓ワルシャワ蜂起記念碑 どの像からも市民の苦しみが伝わってくる

Photo_15 Photo_16

↓バルバカンという重厚な15世紀の砦も見事に復元された ↓キュリー夫人の生家 

Photo_17 Photo_18

  ↓広場     ↓ワルシャワのシンボル人魚姫にスズメが休んでいた

Photo_19 Photo_20

 ↓旧王宮 クラコフからここにダ・ヴィンチの「貂を抱く貴婦人」が来ているのである(クラクフの美術館は修理中)

Photo_21

↓大統領府 大統領は4月にカチン森記念行事に出席するべく機中の人になったが到着前に事故で亡くなった。大統領府前にはロウソクとお花が飾ってある。

Photo_22 Photo_23

↓慰霊に訪れた人々の様子、葬儀の様子がパネルに。大統領の双子の兄の姿も痛々しい。

Photo_24 Photo_25 Photo_27 Photo_28

↓所々のベンチの上のボタンを押すとショパンのピアノ曲が流れてくるのである

Photo_29

↓市内で1番大きいワジェンキ公園のショパン像 ↓公園のポフトロンジュフカ宮殿でマチエイ・ポリシェウスキ教授のショパンピアノコンサートを45分間、素晴らしい演奏を楽しみました。

Photo_30 Photo_31

外国では1番美味しかったポーランド料理の数々。私の苦手な外国の主菜ですが、この国のは工夫が凝らされていて感動です。キノコが多かったです。
↓ポークロール(中にキノコが詰まっている)↓ミートボール ライス添え

Photo_32 Photo_33

          ↓マスのグリル       ↓ロールキャベツ

Photo_34 Photo_35

      ↓キノコのコロッケ          ↓グーヤシュ

Photo_36 Photo_37

       ↓シシケバブ        ↓パンの器に入ったキノコスープ

Photo_38 Photo_39

   ↓キノコとチーズの肉巻きカツ         ↓魚料理

Photo_40 Photo_41

デザートが西欧では珍しく甘みを抑えていて、変化に富んでいて(旅行社の設定ですが)いつも完食でした。日本では1日に2度もケーキ類なんて食べられませんから。もう1つ、殆どサラダと実だくさんのスープがついていたことがポーランド料理のグレードの高さを実感させられました。
もう半月も経ってしまいました。自分だけが悦に入っているような紀行記録ですが、読んでいただき感謝します。

いよいよ高山の花を見る登山の季節到来で、今年は韓国の山も登ることになりました。登山を始めて3年目、でも体力は衰える一方です。目的が花なので、その花をまた見て頂けたら嬉しいです。

|

« ポーランド一周の旅(4) | トップページ | 北岳登山 »

コメント

うわ~~1314枚ですか。たくさん撮られましたね。
でもどんどん撮らずにいられないお気持ちはよーく分かります。
デジカメならではですね。整理が大変でいらしたでしょう。お疲れ様でした。
でも、おかげさまでこうしていながらにしてポーランドという国の
各地の雰囲気を見せていただくことができて幸せです。

風景や建物も多彩で変化に富んでいますが、お食事メニューも多彩で
これなら飽きることなく楽しめますね。どれもみな美味しそうです。

素晴らしい芸術家や科学者を生み出した国、そして様々な苦難を味わってきた国、
そういう中で人々の心は人のことを考えられる思いやり深いものに
なっているのではないかしら、ふとそんな気がしましたが、tonaさんの
お感じではいかがでしたか?

登山の季節到来ですか。韓国の山にも登られるとは。また拝見するのが楽しみです。


投稿: ポージィ | 2010年6月29日 (火) 11:51

★ポージィさま

いつも撮りすぎて反省しています。
大体その日のうちに変なのは消せばいいのですが、最初のうちだけです。
そのうち、何でもズボラになる一方です。
デジカメが出来る前は36枚どりを3本くらいで済ませていました。でも写真屋さんでお金が随分かかりました。その分高いメモリーをたくさん買ったり、カメラの買い替えも頻繁だったり、でもアルバムに貼らなくて済んだり、ブログに出せたり、一長一短を楽しみます。

本当に食事はよかったです。胃腸の調子もすこぶる良かったのは食事のお陰です。

歴史が悲惨であっただけに、過去の事を忘れないように記念としてたくさん残しています。ポージィさんのおっしゃるとおりです。子供たちは母国語の他に英語が必修でフランス語など履修していますが、ドイツ語とロシア語を学ぶ人は低くなっているそうです。出稼ぎで豊かになって帰ってきて綺麗な家を建てているそうです。EU内でしっかりとやっていこうという意欲が感じられ、また旅行者にも全体的温かかったです。
読んでいただいて幸せに感じていただけて、私は感動しました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年6月29日 (火) 16:41

ポーランド紀行,楽しく拝見させていただきました。

1日平均130枚の撮影にも驚かされますが,それらにコメントが付けられることにより大きな驚きです。
私なぞ,ほんの少ししか撮らないのに,後から見て,「はてこれはどこだったけ」となることがしょっちゅうです。そのつど,メモを取られているのでしょうか。

ポーランドにはちょっとした思い入れがある私ですが,私まで旅行した気分に浸ることができました。
ありがとうございました。

投稿: gaki | 2010年6月29日 (火) 18:33

★gakiさま

私もあとから見てどこだかさっぱりわからなくなるのですよ。
実はユーラシア旅行社は添乗員さんが毎日、何処に行ったか、凡その時間とともに書いてくださるのです。それにイヤホンガイド付きですので、聞きながら自分の見たいところ、撮りたいところへ行けるのも印象深くさせれくれています。メモを取るのはほんの2,3日であとは面倒になったりして、、、本当に情けない私です。
賢い旅行をしたいものです。
ていねいにお読みいただいて、こちらこそありがとうございました。

投稿: tona | 2010年6月29日 (火) 19:09

ポーランドの旅、未読分を今拝見しました。
興味を持った国への旅をされただけあって、とても丁寧な画像のUPですね。
良くこんなに整理されたものだと、楽しませていただいた後、すっかり感心してしまいました。

長い旅の日々には、「今日」という日をしっかり記録としてカメラに収めるtonaさんのお気持ちよく分かります。
そのお陰で、未知のあちこちを追体験させていただけるのです。

ありがとうございました。

投稿: anikobe | 2010年6月29日 (火) 22:41

ポーランド一周の旅、たくさんの写真を見せていただきました。
撮った写真1314枚、その一枚一枚に思い出がある事でしょう。
選ぶのに時間がかかったでしょうね。
食べ物や気候と、とても過ごしやすそうに思いました。
建物の歴史的構造物、かと思えば公園や人物と
まるでtonaさんにご一緒して見て来た様な気さえします。

いつか、行ける日が来る事を夢みて、素晴らしい旅行記をありがとうございました。

投稿: pochiko | 2010年6月30日 (水) 00:24

★anikobeさま

いささか撮りすぎて、辟易しました。デジカメのお陰で、昔100枚程度でしたのが10倍以上もパシャパシャ撮っているのですから我乍ら呆れています。

冬は半年厳しいそうです。北海道よりもっと北ですからそうなのでしょうね。零下10度の日も多いと聞きました。その分夏の紫外線一杯でも晴れた空のもとに全員が出てきてしまう気持ちがわかるような気がしました。
道にもゴミもなく、とても清潔なきれいな国でした。
こちらこそ、丁寧に呼んでいただき、感想までありがとうございました。

投稿: tona | 2010年6月30日 (水) 08:53

★pochikoさま

pochikoさんのようにきれいに撮れないのが心残りですが、それでも枚数だけは多かったですね。そうです。どれがいいか迷ってしまってすっと選べませんでした。

食べ物は手が込んでいましたが、味も工夫されています。サラダのドレッシングも日本にはないようで、日本人に合うようなものです。コロッケさえ手間がかかるので日常茶飯事なかなか作りませんが、それを上回る手をかけて旅人にご馳走してくださるポーランドの飲食業の人には脱帽です。

工場のあるところでさえ、日本よリずっときれいです。電線はこの国は地中に埋まってないのですが、人口が少ないから電柱も少なくて目立たないのですね。旧市街などには見えませんでした。家の中もきれいですが、周りまできれいなのですから、ただただ感心しました。
こちらこそ読んでいただいてありがとうございました。

投稿: tona | 2010年6月30日 (水) 09:03

旅先でそこに住む人の日常に触れその人生の一大事に行き合わせるのも楽しいですね。
そういう一齣があるから観光も深みが増してくるのでしょう。
楽しい旅を元気に終えて立派な感想記事をまとめられて良かったですね。
ありがとう。

投稿: 佐平次 | 2010年6月30日 (水) 11:39

ポーランド旅行記じっくりと拝見させていただきました。

ポーランドは隣国によって度々侵略され、国が消滅したこともあった。
第二次大戦では、ナチスドイツとソ連の侵略を受け、再び国土を分割された。
歴史に翻弄された国。民主国家として確立されてからまだ日は浅い。

それだけに数々の異文化の交錯する国とも言えるような気がします。
限りなく続く平原、美しい風景。
偉大なる音楽芸術家ショパンの生まれた国。
色々な歴史、風景を鑑賞させていただきました。

中でも印象に残ったのは
「アウシュヴィッツ」と「ビルケナウ」
強制収容所の記事でした。
「アウシュヴィッツ収容所」のことについては、ある程度のことは知っていましたが、
こんなに惨いひどい事実があったとは知りませんでした。
今更ながらナチスドイツの「人でなし」非人道的な行いに腹が立ちます。
これが世界遺産になるのも何か皮肉な気がします。
忘れたい反面、何時までも忘れてはならない歴史事実、教訓として残したいためなんでしょう。

海外の料理色々あれど、ポーランド料理、見るからにメニュー豊富で、さぞかしおいしかったことでしょう。
旅の楽しみの一つはやはり食事ですからね。
満足されたことでしょう。
異国の歴史、風景を楽しまさしていただきました。
有難うございました。

投稿: 夢閑人 | 2010年6月30日 (水) 12:02

★佐平次さま

本当にそのとおりですね。
住む人の極々日常といえば、民家訪問は室内拝見、台所まで見学できて、忙し人でも楽しく美しい部屋で生活されているのがわかりました。
体が大きいだけではないでしょうが、バイタリティーを感じます。
朝や夕方の出勤時には観光客でなく地元の人が見られますが、意欲的と見受けました。
いつもコメントをお寄せいただき、こちらこそありがとうございました。

投稿: tona | 2010年6月30日 (水) 14:43

★夢閑人さま

長くなってしまったのですが、読んでいただいてありがとうございました。
また感想をお聞かせいただき感謝しております。
行くにあたってさっとポーランドの歴史を読んでみました。3分割されたり、国がなくなってしまったり苦難の道を歩んだ国なのですね。ワルシャワ蜂起の話も、ナチによって大勢が虐殺されたことも、カチンの森でソ連の犠牲になったことも悲しい話です。

お料理でもロシア風であったり、フランス、あるいはトルコ風であったりと変化に富んでいますし、建物もハンザ同盟そのものであったり、木造建築が秀でていたりで、とても美しかったです。
首都ワルシャワはショパン一色、特に今年は生誕200年で、ハイテクの博物館が出来たり、教会ではショパンのピアノコンサートが開かれ、意外と教会が音響が優れていることを知りました。

風景は大半は平野でしたが、雑草も伸び放題というわけでなく、森や林や、平原、畑とそれなりに変化に富んでいて美しかったです。ブルドーザーで掘り返された場所なんて殆どなかったです。立て看板もありましたが、控えめです。

両強制収容所内で行われたことはもう2度とあってはならない過ちを、人々の記憶から消えないようにこうして残して世界中の人に見てもらっているのですね。日本人が比較的少ない(年間7000人)そうです。
それにしても悲惨そのもの、あのトイレの丸い穴が忘れられません。

南部で感じたのですが、カトリック信者の信仰心は子供までとても篤いようです。

投稿: tona | 2010年6月30日 (水) 15:08

こんにちは、はじめてコメントさしあげます。プロフにメアドが無いのでコメント欄に失礼します。私のアドレスを書きました、ご連絡いただければ自己紹介詳細はメールでいたします、当方欧州旅行好きの女性です。

ポーランド紀行、偶然拝見して楽しませていただきました、ありがとうございました。

実は現在日本に滞在中のポーランド人の友人がおりまして、先日の我が家ステイ中一緒に拝見、彼が気に入った写真を一、二枚でよいので入手希望、とのことなのですが。幼少期にドイツに移住したため懐かしいらしいです。

お写真ロックされておられませんが、個人ブログなので念のため確認にあがりました、コメント欄もしくはメールでお返事いただければ幸いです。

投稿: モコモコ | 2010年7月 1日 (木) 18:22

素敵なポーランド旅行記ももう終わりですか?
体力が続くのでしたらこの倍の旅行記を読みたいものだと・・・
勝手な希望です。

デジカメになって私も写真を撮りすぎます。
でも、1日100枚以上とは凄いです。

手が込んでいるのに胃もたれしそうにない様子が伝わるお料理。
ポーランド料理って何の知識もなかったのでとても楽しく拝見しました。

次や山のお花ですか?
それも楽しみです。

投稿: もみじ | 2010年7月 3日 (土) 11:57

★モコモコさま、初めまして。

コメントありがとうございました。
お返事遅くなってすみませんでした。

今、メールにてお返事差し上げましたは届きましたでしょうか?
念のため、こちらにも。
ポーランのご友人が気に入られた写真をどうぞと申し上げてください。
現在はドイツとのこと、ポーランドは懐かしいでしょうね。
私も欧州好きで、出かけたところは殆ど欧州です。またお話をお聞かせいただければ嬉しいです。

投稿: tona | 2010年7月 3日 (土) 22:01

★もみじさま

先程山から帰ってきました。
お花を見ることができて満足でした。
またUPしますのでよろしくね。

お返事遅くなって申し訳ありません。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
長々としつこく書いてすまないと思っていました。でも喜んで読んでいただけて嬉しかったです。
いつも写真撮りすぎてあとで困っています。
でも撮るのをやめられません。
ポーランドのお料理手が込んでいるでしょう!自分では全然しませんものね。心を感じるお料理でした。

投稿: tona | 2010年7月 3日 (土) 22:07

ポーランド一周の旅(1)~(5)最終回まで、拝見いたしました。
写真1300枚以上というのもびっくりですが、
内容も濃く、素晴らしい旅行記ですね。
あらためて、tonaさんのエネルギッシュな行動力に感動です。
これ1冊の本にまとめられてもいいくらいの内容ですね。
tonaさんのおかげで、いながらにして海外旅行が出来ます。有難うございました。

投稿: 茂彦 | 2010年7月18日 (日) 17:04

★茂彦さま

ご丁寧に全部読んでいただき、感想をありがとうございました。
実質10日間で一周では殆ど表面だけをかすっただけの旅行ですが、広い地球ですからそれだけでもありがたい事ですね。
悲惨な歴史を持つ国なのに、とてもきれいで傷跡が表面上は何もない、病んでいる面も見えない国です。
日本は沈没の危機に瀕している言われますが、雑雑とした繁華街の様子がかえってこのことを象徴しているように思われました。
とはいえ、住んでみないとわからないことでしょうね。
こちらこそありがとうございました。

投稿: tona | 2010年7月18日 (日) 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/48748375

この記事へのトラックバック一覧です: ポーランド一周の旅(5)最終回:

« ポーランド一周の旅(4) | トップページ | 北岳登山 »