« 韓国の山へ(1)済州島ハルラ山 | トップページ | 夕顔の実 »

2010年7月30日 (金)

韓国の山へ(2)本島ソラク山

3日目はソウルのホテルからソラク山(雪岳山・1708m)登山口へ移動、午前11時から19時過ぎまで8時間かけて頂上に着きました。それ程にこの山は大きく外輪山まであるそうだ。
↓カラマツソウやチダケサシやバイケイソウ、シモツケなどに似た花が咲いている

Photo_9 Photo_10

Photo_11 Photo_12

Photo_13 Photo_14

                              ↓山小屋のところから頂上が見えてきた

Photo_15

                  ↓頂上          ↓写真を快く撮ってくれた韓国の青年

Photo_16 Photo_17

                                         ↓北朝鮮の山が見える   

Photo_19

                                                     ↓南の方面

Photo_20

                                              ↓頂上付近はお花畑

Photo_21

Hana1 Hana2

Hana3 Hana4

山小屋はアウシュビッツと同じような寝床で21時まで暖房が入り暑いくらい。枕なし、毛布2枚のみ、また水は一切なく、食事もなし。殆ど眠れませんでした。
同行のガイドさんが自ら運んだ材料でプルコギを作ってくださり、奥さん手製のキムチなどおかず4品も用意してくださった。朝食も同様用意してくださった。
また登りも下りもお菓子2種を、他にキュウリを下さり、その上、調子の悪くなった人のリュックまで担いでくださり、おまけにガイド料も遠慮されて、なんて親切な人よと、素晴らしい韓国の方に会ったことが今回の私の宝物となりました。

ソラク山は花崗岩の鋭い岩峰と優美な木々で、まるで山水画の世界にいるようです。同行の人によると中国の黄山のようだそうです。

Photo_22

Photo_23

Photo_24

Photo_25

途中、北朝鮮での演習の音が雷音のように響いてきたのが不気味でした。
こうして3日間で2つの山を制覇、歩いた距離は42km、24時間ぐらいかかったでしょうか。

ソウルに戻ってみると、10年前とはかなり変わって、高層ビルがニョキニョキと建ち、サラリーマンが忙しく行き交い、また南大門市場は更に拡大したような感じでその賑わいにびっくりです。
↓町中の奉恩寺の提灯の数は並でない。教育ママたちが子供の受験に合格するようにと捧げたものが多いそうで、世界に飛躍していく子供を育てる意欲に燃えた親が多いことを物語る。

Photo_26

Photo_27

↓朝鮮王朝の5つの宮殿のひとつ「景福宮」はチャングム達が活躍した舞台とのこと。
 衛兵の交代が行われていた。

Photo_28

                      ↓美しいガイド嬢はきれいな日本語で説明してくださった 

Photo_29

                                     ↓日本の五重塔とは感じが違う

Photo_30

|

« 韓国の山へ(1)済州島ハルラ山 | トップページ | 夕顔の実 »

コメント

いい旅行をされたみたいで羨ましい限りです。
本当に凄い行動力に、ただただ驚かされます。

韓国は近いのに何故か一度も行ったことがありません。
韓流ブームとも無縁です。

嵌まるととことんファンになるお国のようですが・・・
社用でお会いした人は沢山いますのに、我ながら不思議です。

山歩きも国内に飽き足らず海外へ、ですね。
ヒマラヤの高地トレッキング、スイスの山歩き、ロッキー山脈、
ニュージーランドの山々、・・・限りなく夢が膨らみますね。

今度はどこへ連れて行ってくださることか、楽しみです。

投稿: もみじ | 2010年7月31日 (土) 10:07

★もみじさま

帰ってきたらどっと疲れが出てしまいましたが、3日で2山登ったのですから、年相応だと思います。
韓国は時差もなく、沖縄より近くすぐ着いてしまいます。
私も「チャングムの誓い」しか観ていなくて、歴史も勉強したこともないのですよ。
本当に嵌る人の情熱は凄いですね。どんな魅力が詰まっているのでしょうね。

国外の山歩きはこれが最後です。登山される方はまずヒマラヤトレッキングに行きますね。私はあまりに登るのが遅かったです。年をとり過ぎました。
ヒマラヤの山々を目で見てみたいですが。
スイスとカナディアンロッキーとニュージーランドは観光で行きましたので十分です。
来週白馬に行きますので、お花をアップできればと思っています。宜しくね。ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年7月31日 (土) 10:34

ちょっと油断するとこれだからなあ^^!
ただただ恐れ入谷の、、です。
ソウルももうだいぶ前になってしまいました。今は暑いのかなあ。

投稿: 佐平次 | 2010年7月31日 (土) 12:27

おー ついに韓国の山に登られたときの記事が登場しましたね。
豊かな自然はさすがはお隣、日本の高山とあまり変わりませんね。
やはり6~7月頃の山の上はお花畑で。
泊まられた山小屋は、先だって日本で泊まられた、
こんなに整っていていいの?というくらい設備が整っていた山小屋とは
だいぶ違いますね。水もないのはきつかったと思います。
でもその分ガイドの方の親切が身に沁みて感じられたことでしょう。
ガイドの方はずいぶん色々なものを持っての登山恐れ入りますね。

私は韓国の山の様子はたぶんTVでも見ていないと思いますから、
貴重なものを見せていただきました。ありがとうございます。

投稿: ポージィ | 2010年7月31日 (土) 16:05

★佐平次さま、ありがとうございます。

済州島は蒸し蒸ししていました。
ソウルは日本が梅雨明けしたのに、まだ明けていなかったようで、そんなに暑くなかったです。日本に帰ったら猛暑日の連続で、半日ほど寝込んでしまいました。
かの地は、勿論梅雨明けしたでしょうが、日本みたいに暑くないそうですね。せいぜい32度くらいまでで、熱帯夜があまりないみたいで、いいですね。その代わり冬の寒さが厳しいとのこと、韓国の方がいいかしら。

投稿: tona | 2010年7月31日 (土) 16:25

★ポージィさま

もう半月経ってしまいました。
昔戦争時のことだと思いますが、韓国の山は禿山ばかりと聞きました。夫が終戦時までソウル南大門のあたりにいたようで受け売りですが。
でもあれから60年以上たったわけですから、緑豊かで、山々も木がびっしり生えていました。
水がないことの不便さが身にしみました。外にあるトイレから出ても手を洗えず、顔も洗えず、歯も磨けず、ウエットティッシュでしのぎました。
ガイドさんの荷物はかなり重かったでしょうね。スキーのインストラクターでもあってモンブランや日本のスキー場にもかなりの回数来ていて、英語が堪能です。単語だけ並べて会話する自分が情けなかったです。
地デジやBSでこの頃素晴らしい世界の映像を多く観ますが、私も韓国のをまだ観たことがありません。
こちらこそコメントありがとうございました。

投稿: tona | 2010年7月31日 (土) 16:41

私はハルラ山もソラク山も遠くから見ただけです。そこに登られたなんて,とても素敵です。

1番下の写真(五重搭)は国立民俗博物館ですが,景福宮の中に何故仏教的な建物なのか,とても不思議です。

投稿: gaki | 2010年8月 1日 (日) 10:45

★gakiさま、ありがとうございます。

ハルラ山は麓からの姿を見ることができませんでした。朝日新聞のbe版に載っていたことがあって、凄い山だとその時思いました。
ソラク山は麓からは1番高い大青峰は見えませんでしたが、外輪山まである大きな山並みを見ました。花あり、岩峰ありでとても魅了されました。
あとチリ山が有名だそうですが、もう元気が出ません。

五重塔ですが、確かに〇〇五重塔とは書いてなくて国立民族博物館となっていました。
不思議ですね。

投稿: tona | 2010年8月 1日 (日) 17:02

韓国の景色素晴らしいですね。
風土気候、生活習慣の違いは景色にも表れるのでしょうね。
山にしても町にしても、山野草などの違い。
良いですね~ tonaさん、その目で見て来られたのですね。
私もいつか行ってみたいです。

投稿: pochiko | 2010年8月 3日 (火) 23:16

★pochikoさま

御返事遅くなりましてすみません。

韓国の景色素晴らしいでしょう。
すぐお隣同士なのに生活習慣も随分違うようです。
食べ物も日本ではおなじみになりましたが、辛いのが多かったです。食堂みたいなところに数カ所入りましたが、辛くて食べられない青唐辛子のおつまみ風が必ずありました。
慣れると美味しく食べられるのでしょうね。

沖縄に行くより近いし、時差もないし違和感がなくて楽しいです。是非最初に訪ねてくださいませ。ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年8月 5日 (木) 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/49014035

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の山へ(2)本島ソラク山:

« 韓国の山へ(1)済州島ハルラ山 | トップページ | 夕顔の実 »