« ポーランド一周の旅(5)最終回 | トップページ | 中江克己著『大江戸<奇人変人>かわら版』 »

2010年7月 8日 (木)

北岳登山

日本第位2位の高峰北岳(標高3193m)に登って昨日帰ってきました。梅雨の最中ながら天気にも恵まれました。
1日目は下の方の山小屋(標高2200m)に700m程登っただけでした。
どこの山にもある↓ゴゼンタチバナやクルマバソウ、カラマツソウ、グンナイフウロ、エンゴサクなどが咲いていました。
Photo Photo_2

到着したその白根御池小屋は個室で水洗トイレ、天然水飲み放題、食事も美味しくこれが山小屋とは思えないものでした。
周辺に葉が異なるので区別できた↓ミヤマキンポウゲと

Photo_3

                              ↓キタダケキンポウゲが咲いていました。

Photo_4

                ↓小屋周辺

Photo_5 Photo_6

2日目北岳手前の小太郎山(標高2725m)へ登り、その後北岳登頂し、標高3000mの山小屋に宿泊。12時間近い行軍で実に長い1日でした。
途中雪解け後にすぐ咲くショウジョウバカマやニリンソウなどが咲いていて春に戻ったかのようです。雪渓も現れてまだ春になっていないかのようです。
                                               ↓サンカヨウ

Photo_7

                                             ↓ハクサンフウロ

Photo_8

                                                ↓ミネザクラ

Photo_9

いよいよ小太郎山分岐から小太郎山に向かいます。
                                       ↓途中見えた鳳凰三山

Photo_10

                                                  ↓振り返ると北岳Photo_11

                                       ↓前方には甲斐駒ケ岳

Photo_12

                                              ↓左手には仙丈岳
Photo_13

                                     ↓イワベンケイ

2 Photo_14

                                                ↓コケモモ

Photo_15

                                                ↓ハイマツの雄花

Photo_16

                                 ↓コイワカガミがあちこちの岩陰に

Photo_17

                ↓イワウメの美しいこと!

Photo_18 Photo_19

                                            ↓ミヤマツメクサ

Photo_20

                                    ↓チョウノスケソウ 葉が独特

Photo_21

                                              ↓チシマアマナ

Photo_22

                        ↓雷鳥に初めて出会えた.天気が崩れる前兆

Photo_23

                       ↓小太郎山頂上

Photo_32

長丁場の小太郎山だったけれども、美しいたくさんの高山植物に出会えたので疲れが吹き飛んだ。
午後2時も大分過ぎてからいよいよ北岳へ。ここで残念ながらガスってきて眺望がきかず。
                  ↓美しいお花畑が続く

Photo_24

                     ↓オヤマノエンドウ

Photo_25

                      ↓キタダケヨモギ

Photo_26

                      ↓ハクサンイチゲ

Photo_27

2_2

↓頂上に到着、バンザイ!もう1つ3192mという頂上もあったのでした(写真撮り忘れ)

Photo_31

さらに30分進むと日本に北岳しかない「キタダケソウ」の群生があるそうですが、時間切れで見ることが出来なかったのが残念。

3日目昨日は1500mを一気に下り無事家に4時半頃到着。今回は疲労困憊、10時間も寝てしまいました。

|

« ポーランド一周の旅(5)最終回 | トップページ | 中江克己著『大江戸<奇人変人>かわら版』 »

コメント

壮挙ですね。
小淵沢から仰ぎ見るだけの私です。

投稿: 佐平次 | 2010年7月 9日 (金) 08:18

★佐平次さま

早速にありがとうございました。
いつも中央高速から仰ぎ見ていました。
がその上に立ったのに、周りは霧か雲の中で小淵沢方面を見ること敵わずでした。
今度しみじみ下から仰ぎたいと思います。

投稿: tona | 2010年7月 9日 (金) 08:31

わぁ、すごい!こんなに高い山に登ってこられたのですね!!
無事登頂おめでとうございます。そしてお帰りなさい。
夏山はやっぱり美しいですね。高地にしか見られない花たちも
ちょうど花盛りでしょうか。覚えられませんが可愛らしく美しい花たち
たくさん楽しませていただいて嬉しかったです。
登山しながらの撮影と名前記憶は大変だったでしょうね。
春に近所の歩道の隙間などに生えているツメクサの仲間に、ハマツメクサというのが
あると知ったのは少し前のこと。そして今日はミヤマツメクサという仲間もいると
また新たに知ることができました。身近なツメクサは花も小さく目立たちませんが
ミヤマツメクサは可愛い花がよく分かりますね。

ライチョウにもお会いになれたのですね!可愛い♪完全に夏の羽毛。
7月だもの当たり前かな。短い夏を忙しく子育ての季節ですね。
ライチョウのお写真に天気が崩れる前兆と書かれていますが、
はたしてもやがかかって来ましたね。ライチョウを見かけることと天気は
何か繋がりがあるのですか?

投稿: ポージィ | 2010年7月 9日 (金) 09:34

★ポージィさま

早速にコメントありがとうございました。
1番の富士山は6合目から花がないので登ろうと思いませんが、北岳は2位なのにお花の美しい山でも有名ということで、心が踊りました。
この後8月に向かっても次々と違う花が咲くそうですが、もうここはこれが最後ですから今の花を楽しんできました。1番の目的の花「キタダケソウ」は残念ながらダメでしたが、登頂できたことが大きな喜びでした。
6人のパーティーながら乱してはいけないので、写真撮影はする時はおことわりしたり、撮影したあとは少々遅れるので急いで登ったりと余裕が無いと出来ない行為ですね。
でも頭だけでなく記録に残してあとで楽しむために少々無理しました。
3年目で以前見た花は検討をつけましたし、同行によく知っていた人もいたので大助かりでした。昨日本やサイトと首っ引きでほぼ正確に名前が確定しました。
北岳固有のが2つほど見られてラッキーでした。
ハマツメクサはまだ未見ですが、ツメクサの美しさに思わず溜息が出たイワツメクサでした。

ライチョウの子供も歩いていました。写真には撮れなかったけれども。
人目に触れないように霧や雲が湧いてくる時を選んで出てくるらしいと聞きました。
以前アルペンルートに行ったときは黒部あたりだけで、あとは全部霧に覆われて一寸先も見えない状態で、ライチョウさえも見られませんでした。あそこはもう1度挑戦しなくては。
昨日は筋肉痛で階段がまともに降りられませんでしたが、今日は少しマシ。
明後日日曜から6日間韓国の山に登りに行きますので、ちょっと不安になりましたが何とかなりそうです。

投稿: tona | 2010年7月 9日 (金) 10:06

すごいですね、日本第位2位の高峰北岳へ登られて来たのですか。
鳳凰三山 北岳 甲斐駒ケ岳…など
見渡せば山ばかり…爽快な気分と寂寥感と混じり合ったような気持ちでしょうか。
本当に凄いため息です。

たくさんの山野草も、見た事もないような花がたくさんあって
高い所じゃないと見られない野草は貴重ですね。

投稿: pochiko | 2010年7月 9日 (金) 23:04

3千メートル級の山に登られるなんて凄い!!
高山植物が本当に綺麗ですね。
ひと時、疲れを忘れることでしょう。

高山のお花畑、もう見る機会はなさそうで淋しいです。

でも、tonaさんのお蔭で行かないと見ることが出来ないものを見せていただき幸せです。

投稿: もみじ | 2010年7月10日 (土) 05:50

★pochikoさま、ありがとうございます。

高度には平気な体質のようで、登ることが出来ました。ゆっくり登れば、この年でも達成できるのですね。
そう、鳳凰三山、北岳、甲斐駒は中央高速から眺められるのですが、今度通ったらきっと分かると思います。それも楽しみです。
つくづく思いますが、実際に行って初めて色々なことが分かるものですね。それまで何度読んでも観ても中途半端なものです。

過酷な気象のもとに咲く高山植物はどれも目をみはるような美しさです。今後絶えることなくいつまでも咲いて欲しいと思いました。

投稿: tona | 2010年7月10日 (土) 08:37

★もみじさま、ありがとうございます。

こんな高い山はお花がなかったら登るのが辛いです。ただ100名山など踏破するという目的だけとなります。
でもお花があると元気が出て登れます。偉大な力ですね。
高山植物、簡単に殆ど登らないで見られるのが、木曽の千畳敷カールと白馬の栂池や八方尾根です。バスツアーもたくさん出ていますのでお勧めです。昨年8月に行きましたがお花満載でした。

投稿: tona | 2010年7月10日 (土) 08:42

こんな夏山の写真を見るとワクワクします。
昔の山男の血がたぎります。
ああまた登ってみたいが、この年ではもうアルプスは自信がない。

なんと言っても雄大な眺めと、高山植物の可憐な花との出会い、頂上を征服した時の達成感は未だに忘れられない。

北岳あたりは高山植物の宝庫。
ハイマツの雄花は始めて見ました。

この前淡路島に行く時、富士山の真上を飛んだ時、南アルプスの雪の残る山々がきれいに見えていました。
ガスっていなければ富士山も見えたでしょうに。

白根御池小屋は新しくなったのですね。
サイトで見ました。
山小屋の水洗トイレとは初めて聞きました。

投稿: 夢閑人 | 2010年7月10日 (土) 15:15

★夢閑人さま

山男の夢閑人さんでしたね!
私なんて、アルプスは北アルプスの鹿島槍ヶ岳が最初で今回が2度目です。
7月といえども山頂付近から雪渓が続いているのですね。
機内から南アルプスが見えたのですか!それも雪かぶって、きれいだったでしょうね。
小太郎山登山中はまだ晴れていたので周囲が見られてラッキーでした。
北岳は花の種類が多いですね。鹿島槍の時と季節が1ヶ月違うのでまた異なる花を見られました。北岳特有の花も数種類あります。
ハイマツの花の色はきれいですね。今頃なのですね。
富士山とキタダケソウが見られず残念です。
白根御池小屋は新しくなったのですよね。
キノコのお料理が美味しくて家で真似しようと思うのですが同じ味が出そうにありません。
いろいろと感動してしまいました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年7月10日 (土) 19:59

山は良いですね
苦労の後のすがすがしさは堪りません
ほほをなでる風邪があれば言う事なし
下界は実質昨日から梅雨明けです
今日は、覚悟の一日となりそうですねcoldsweats02

投稿: OB神戸家 | 2010年7月16日 (金) 08:26

★OB神戸家さま

梅雨が明けてしまいましたね。
登山していると大汗が出てまるで梅雨のようですが、稜線に出て、涼しい風を受けると生き返ります。
山男のOB神戸家さんにもいろいろな思い出がおありのことでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年7月17日 (土) 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/48830240

この記事へのトラックバック一覧です: 北岳登山:

« ポーランド一周の旅(5)最終回 | トップページ | 中江克己著『大江戸<奇人変人>かわら版』 »