« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

スメタナは絵も上手だった(チェコ1) 

Photo_10  12~28℃の湿度のない快適な気温のチェコの涼しい空気に浸ってきました。
ずっと雨続きで洪水もあったようですが、丁度晴れ間が戻った1週間でした。
日本の国土の5分の1に約1000万人、約60%が無信仰という珍しい国です。
ボヘミア王国もハプスブルグ家の支配を受け、1918年チェコスロバキア共和国になるも、ドイツからソ連の傘下となり、「プラハの春」もソ連軍に鎮圧され、やっとビロード革命を経てチェコとスロバキアに分かれたのでした。

チェコの大作曲家・スメタナといえば交響詩『わが祖国』の「モルダウ」を口ずさんでしまいますが、リトミシュルの生家で彼の絵画を見ました。
絵画と音楽の両方に秀でている芸術家や知人を知っていますが、違うと思われる芸術がどう繋がっているのか、天に二物を与えられた人の豊かな才能に驚嘆します。
細かい写真のような絵もありましたが、モラヴィアの風景を写生したものを撮ってみました。
Photo

Photo_2 Photo_3

スメタナの父親は宮殿(リトミシュル城)のビール醸造所の醸造技師だったので宮殿の前の建物で生まれました。

        ↓生家              ↓愛用のヴァイオリン

Photo_4 Photo_5

↓可愛いジンジャークッキーが名物のようですが、スメタナも食べたのでしょうか

Photo_6

ベートーベンと同じく耳が聴こえなくなってから名曲『わが祖国』をどんな思いで作曲したのでしょう。最晩年は脳障害により精神病院に収容され亡くなったそうです。
他に音楽家にはドヴォルザークが、ポスターで知られる画家のミュシャ(チェコ名ムハ)、作家にはカフカやカレル・チャペックを輩出しました。

フランスで成功を収めたミュシャは祖国に帰り、大作「スラブ叙事詩」や切手、紙幣、国章のデザインを無償でしたが、ナチスに逮捕尋問され、亡くなったのでした。
「美の巨人たち」でも放送された20点連作のスラブ民族の歴史を描いた「スラブ叙事詩」は、死後もずっと倉庫の中だったが、現在生まれ故郷の近くのモラスキー・クルムロフ城に展示され、見ることができました。小さめの最後の1枚も480×405cmという大きさで、ポスターとイメージが違う素晴らしいの一言です。
↓プラハ城内の聖ヴィート大聖堂の中のミュシャのステンドグラス「聖キリルと聖メトディウス」

Photo_7

Photo_8

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

相撲の八百長

Photo_2

1ヶ月もずっとブルーしか咲かなかった朝顔が、突然同じ茎に白にピンクがまじったのが2輪咲きました。
朝顔は特別な花、江戸時代の人々が大変愛でた、情熱を燃やした花だそうで自分に日本人(江戸人)を自覚させられる花。

『ヤバい経済学』スティーヴン・D・レヴィット&スティーヴン・J・ダブナー共著1996年
日本では社会学者としてユニークな上野千鶴子さんがいらっしゃいますが、これはアメリカのユニークな分析で知られる若手経済学者とその書き手の本です。
経済の本は殆ど読んだことがないけれども、これは実に変わった経済の本です。

この本の中で、日本の神聖な国技・相撲の八百長に関する記事があり、詳細に調べてある。
7勝7敗の力士が8勝6敗の力士に対する期待勝率は48.7なのに、実際の勝率は約8割だがこれだけでは、八百長の証拠にはならない。重要な一番だから必死に戦うに違いないのだが、わざと負ける場合があったとして、裏金をもらっているかもしれないし、二人の力士の間で何か取り決めがあるかもしれない。
データから実際計算してみると、前回7勝7敗だった力士は再戦ではたったの40%しか勝ってない。ある時は80%でその次は40%?いったいなんで?やはり1番理屈に合う説明は、力士達の間で取引が成立している、というものだ。
あやしいのは個別の力士の成績だけでなく、色々な相撲部屋の成績を集計してみると、やっぱり同じようなおかしな動きがわかるんだそうである。
その後、ある2人の力士が八百長・麻薬・賄賂・脱税、マフィアとの繋がりの告白をしたら、二人は同じ病院で相次いで亡くなった(殺された)。・・・あら、こんな事件があったのでしたっけ?
理事長が変わった現在、国技ではすべて許されないこれらの犯罪が2度と繰り返されないようにしてもらいたいものです。

第4章「犯罪者はみんなどこへ消えた?」でルーマニアの共産主義独裁者ニコラエ・チャウシェスクが1966年中絶を禁止したのだそうだ。
その結果出生率は2倍になった。結論をいえば、この政策で、この世代の子供を前の世代の子供と比べると、学校の成績も悪く、仕事で成功することも少なく、犯罪者になる可能性が高くなっていたというもの。
中絶は、女性が子供を持ちたくないときにする。
その理由は結婚してないかもしれないし、結婚がうまくいってないかもしれないし、貧乏でこどもを育てられないかもしれないし、自分の人生は不安定、不幸せだと思っているかもしれない。又、酒や麻薬をやるので子供の健康が心配かもしれないし、自分が若すぎることもある。どちらにしても元気ないい子を育てられる家庭環境を作れないと思っているかもしれない。望まない子を生むことで、子供を上記のような犯罪者にしてしまうことにつながるかもしれないというのだ。
日本でも最近育児放棄して二人の子供を死なせた母親が逮捕された。類似した子供への暴力で死なせる話も今年になってから何度も聞いている。望まれないで生まれてくる子供の悲劇はもう起きて欲しくない。

下旬は避暑に行ってまいります。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

夕顔を食す

Photo 1つ前の記事の夕顔の収穫が始まって、今日その1つを頂きました。
長さ63cm、重さ4.5kg、直径13cm
切り口には種が見えます。
冬瓜に似ているということで、煮てあんかけにしたところ、本当に冬瓜の味と同じでした。美味しい和風の味です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11日、丁度台風に合わせて伊吹山山頂にバスで登りました。ラッキーなことに晴れ、8月の伊吹山山頂は百花繚乱、一面の赤いシモツケソウ、黄色のメタカラコウの群生の中に、ワレモコウやツリガネニンジンがひっそりと咲いています。
イブキの名を冠する花にも出会えました。
イブキフウロ・・ハクサンフウロに似ているが、花びらが3つに割れていてそれはそれは美しい風情のフウロソウで感激。
イブキルリトラノオ・・クガイソウに似ているが、ラピスラズリから名が付いた瑠璃色が鮮やかで、オオルリやルリマツリやあるいはルリタテハなどを連想してしまう、美しい花です。
イブキコアザミ・・これはまだで、たった1輪だけ咲いていて嬉しかった。

せっかく感激してかなり美しく撮影できたのに、帰ってみたら、どうやらメモリーカードがイカれたらしく、何も写ってなくて少々がっかりです。何も命に別状があるわけでないからと自らを慰めています。

12日は台風が能登半島あたりを北上中、雨が降ったりやんだりの中、醒ヶ井の地蔵川の「バイカモ」の白い可愛い花を鑑賞、さらに彦根に移動して彦根城を見学しました。
天守閣は国宝だそうで、真夏の城見学で感動したのは、登るに連れ外からの風の涼しいこと、冬は寒いでしょうが、城の中の夏の生活は快適だったようです。
お昼に頂いた「鮎雑炊」の上品な味が忘れられません。

写真に頼っている私のブログは、写真がないとかなり間抜けな感じであります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

白馬岳のお花畑

日本有数の花の多いことで知られる北アルプスの白馬岳(2932m)のすぐ下は三国境で長野・新潟・富山にまたがっている。
白馬山荘からは富山湾と能登半島が見えていました。夜仰いだ満天の星の輝きにため息が出ます。
真夏というのにまだまだ雪渓が多く残っていて、そこここに花畑があって、苦しい思いで登ってきた甲斐がありました。

どこの登山道にも1つもゴミが落ちていないのに、登山者のマナー向上が伺われます。夏休みで子供も10人に満たないですが登って来て、いろいろなことを学んでいるのでしょう。
今回、靴がアルプス用でないことを指摘され、随分足を痛めていたことがわかりました。1昨年は爪が1箇所剥がれましたっけ。1年がかりで元に戻りましたが。
常に迂闊な人生を歩んでいる自分がちょっぴり情けなく感じた山行でした。
以下、山の景色とお花(新しい花を中心に)です。

           ↓白馬大池(標高2380m)蓮華温泉から登りました

Photo_2

       ↓ハクサンシャジン(キキョウ科)ではなくて[「ソバナ」のようです。?

Photo_3

                    ↓オオバミゾホオズキ(ゴマノハグサ科)Photo_4

                        ↓お花畑1

                 ↓ハクサンコザクラ(サクラソウ科)

Photo_6

                ↓コマクサ(ケシ科)・高山植物の女王

Photo_7

Photo_10

                   ↓白馬岳手前のお花畑

Photo_11

                   ↓ミヤマアズマギク(キク科)

Photo_12

                  ↓シロウマタンポポ(キク科)

Photo_13

                       ↓白馬岳

Photo_14

Photo_15

                ↓ミヤマダイモンジソウ(ユキノシタ科)

Photo_16

                 ↓タカネヤハズハハコ(キク科)

Photo_17

      ↓ウルップソウ(ウルップソウ科) 本州では八ヶ岳とここだけにしかない

Photo_19

                    ↓頂上

Photo_20 Photo_21

                 ↓チシマギキョウ(キキョウ科)

Photo_23

         ↓ミヤマムラサキ(ムラサキ科)ワスレナグサに似ている

Photo_25

                        ↓お花畑

Photo_26

Photo_27

                  ↓トウヤクリンドウ(リンドウ科)

Photo_29

                   ↓シロウマオウギ(マメ科)

Photo_30

                ↓ヨツバシオガマ(ゴマノハグサ科)

Photo_31

                  ↓ミネウスユキソウ(キク科)

Photo_34

                         ↓日没

Photo_35

高山植物の名前には「ミヤマ」「タカネ」「イワ」「ハクサン」「ヒメ」などが付く名前が多い。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

夕顔の実

明日は立秋というのにこの暑さがまだまだ続く予報にうんざりです。お見舞い申し上げます。

暑さの中、メダカが元気です。越冬したのはたった4尾、遂に絶滅するかと思ったら、何と子どもが100尾以上4箱に泳いでいます。親は2尾になってしまいました。

Photo

そして元気なのが先程3時に咲いた三時草(ハゼラン)。あちこち雑草として生えていますが、頂いたので植木鉢に植えました。

Photo_2

先日の夕顔に大きな実がたくさん出来ています。
干瓢用かと種をまいたところ、食用の長夕顔だったそうで、40cm位になったので採って食べたら未成熟で不味かったそうで、熟成させているとのこと。
それにしても長い!売りだされたら早速味わいたいのですが、どうなるでしょう。

Photo_3

Photo_4

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »