« 韓国の山へ(2)本島ソラク山 | トップページ | 白馬岳のお花畑 »

2010年8月 6日 (金)

夕顔の実

明日は立秋というのにこの暑さがまだまだ続く予報にうんざりです。お見舞い申し上げます。

暑さの中、メダカが元気です。越冬したのはたった4尾、遂に絶滅するかと思ったら、何と子どもが100尾以上4箱に泳いでいます。親は2尾になってしまいました。

Photo

そして元気なのが先程3時に咲いた三時草(ハゼラン)。あちこち雑草として生えていますが、頂いたので植木鉢に植えました。

Photo_2

先日の夕顔に大きな実がたくさん出来ています。
干瓢用かと種をまいたところ、食用の長夕顔だったそうで、40cm位になったので採って食べたら未成熟で不味かったそうで、熟成させているとのこと。
それにしても長い!売りだされたら早速味わいたいのですが、どうなるでしょう。

Photo_3

Photo_4

|

« 韓国の山へ(2)本島ソラク山 | トップページ | 白馬岳のお花畑 »

コメント

暑くともメダカや草花の成長を喜ぶ気持ちがあれば楽しいですね。
素敵な消夏法です。

投稿: 佐平次 | 2010年8月 7日 (土) 09:55

★佐平次さま

素敵な消夏法とおっしゃっていただいて、目が覚める思いです。有難うございました。
佐平次さんのプラス思考を見習いたいです。

投稿: tona | 2010年8月 7日 (土) 13:52

メダカですか!!!

凄いですね~~
越冬させて子供を生ませて・・・

何をするのも要領よく完璧にされるのでしょうね。
私は家族と自分の食欲を満たすのに明け暮れています。

とても見習えそうにありません。

投稿: もみじ | 2010年8月 7日 (土) 14:56

★もみじさま、有難うございます。

メダカは飼うのは簡単ですよ。
外で越冬させます。氷が張っても餌を与えないまま越冬します。春になって餌を与えると、藻にいっぱい卵を産み付け、その藻を別の水に移すと子どもがいっぱい孵ります。親と一緒にすると食べてしまうらしいです。
夏はすぐ水が緑色になってしまうので、水を変えるのが面倒なのですが。
人間の食事は1日3食大変ですよね!

投稿: tona | 2010年8月 7日 (土) 16:38

おはようございます(^-^)…すっかりご無沙汰してしまいましたm(_ _)m
昨日は立秋…前夜の激しい雷雨で、心持ち暑さがピークを越えたような(・・?)
蝉の騒がしい聲もやや衰えています…

>メダカは飼うのは簡単ですよ…
Σ(゚口゚;!…わが家は何度購入してもダメなんです…(^^;
相性が悪いのかしらね(*^m^*)…卵も孵化させたことがないんです・゚・(ノД`)・゚・
ず~っと昔ですが夜店の金魚が7年くらい生きていたこともあったのですが(^^;

「ハゼラン」は零れ種で毎年楽しめますね~♪

>売りだされたら早速味わいたいのですが…
販売されているのもは大丈夫なのでしょうか(・・?)
「ナガユウガオ」の実は要注意!だそうですよ…
苦みを感じたら食さないでくださいね…

「カンピョウ」の実は昔、栃木で見ましたが…その頃は花は知りませんでした(^^;

投稿: orangepeko | 2010年8月 8日 (日) 09:22

韓国旅行では、登山されて、高山に咲く花たちを、丹念に画像に納められ、お元気だなぁと、その気力の素晴らしさにも感心させられました。

めだかを孵化させたのですね。
先日、風鈴寺のおふさ観音で、ご住職が、餌遣りをしたのを偶然みかけました。
親子のめだかが一緒にいたのです。
ある程度大きくなったら心配ないのでしょうね。

いつも自然とふれあい、それを慈しんでいらっしゃるtonaさんの生き方は本当に素敵ですね。
ありがとうございました。

投稿: anikobe | 2010年8月 8日 (日) 09:47

★orangepekoさん、こんにちは。

雷雨だったのですか。雨が降らないので、ちょっぴり羨ましいです。
こちらはそのため野菜がかわいそうな状態で、この畑の若主人も嘆いていました。

我が家で動物を増やせたのは十姉妹とこのメダカくらい。金魚は二日と生きませんでした。難しいです。相性があるのでしょうね。

ハゼラン来年も出るでしょうか。お花を近づいて見ると可愛いですね。

長夕顔は食用だそうですが、要注意なのですか。苦かったら食べない、美味しくもありませんしね。
干瓢の方は実が丸いそうでくるくる剥いていくのですね。私は花も実も初めてで毎日楽しく眺めています。
有難うございました。

投稿: tona | 2010年8月 8日 (日) 13:22

★anikobeさま

韓国は時差がなくて、近いので観光だけでなく、二山に登ることができました。
日頃の階段上りが功を奏したのだと、辛い日があっても上っています。
山に咲く花は殆ど日本と同じでした。
ただ済州島の平地は、何故か春から秋の花まで一緒に咲いているのが面白かったです。

赤ちゃんのメダカはとても小さいですから、細かい網でもくぐり抜けてしまいます。そんな小さなうちは食べられてしまうらしいですが、大きくなれば一緒にしても大丈夫です。
小さいのに目だけはちゃんと光っています。
こちらこそ有難うございました。

投稿: tona | 2010年8月 8日 (日) 13:32

メダカ増えたのですね。
我が家にメダカ、一向に増えるようすはありません。
食欲はあって、お腹なんてメダカか?ってくらいなんですけどね~
入れておいたホテイアオイの花だけが寂しそうです。

夕顔も作られていたのですか。
我が家でも以前一度だけ作りましたが
食べ切れずにあちこちにお裾分けしたものでした。
先日スーパーで三分の一くらいにカットされたのを見つけて炒めて食べました。
いろんな調理法はあるようですけど、うちはこの炒めたのが好きなんですよ^^
味はシンプルにしょう油味です。

投稿: pochiko | 2010年8月 9日 (月) 23:54

★pochikoさま

今、ホテイアオイの花があちこちで咲いていますね。pochiko家のもきれいでしょう。
我が家はメダカは増えてしょうがないけれども、めったにホテイアオイは咲きません。下手ですね。

夕顔は先日の記事の前の畑のです。農家の方自身も初めてで、てっきり干瓢用と思ったら、出来た実が食用の長夕顔だったというわけ。
pochikoさんは今年、もう食されたのですね。
私も手に入ったら、炒めて醤油味にしてみたい。
農家の方にアッタクしてみなくては。

投稿: tona | 2010年8月10日 (火) 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/49075153

この記事へのトラックバック一覧です: 夕顔の実:

« 韓国の山へ(2)本島ソラク山 | トップページ | 白馬岳のお花畑 »