« 白馬岳のお花畑 | トップページ | 相撲の八百長 »

2010年8月13日 (金)

夕顔を食す

Photo 1つ前の記事の夕顔の収穫が始まって、今日その1つを頂きました。
長さ63cm、重さ4.5kg、直径13cm
切り口には種が見えます。
冬瓜に似ているということで、煮てあんかけにしたところ、本当に冬瓜の味と同じでした。美味しい和風の味です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11日、丁度台風に合わせて伊吹山山頂にバスで登りました。ラッキーなことに晴れ、8月の伊吹山山頂は百花繚乱、一面の赤いシモツケソウ、黄色のメタカラコウの群生の中に、ワレモコウやツリガネニンジンがひっそりと咲いています。
イブキの名を冠する花にも出会えました。
イブキフウロ・・ハクサンフウロに似ているが、花びらが3つに割れていてそれはそれは美しい風情のフウロソウで感激。
イブキルリトラノオ・・クガイソウに似ているが、ラピスラズリから名が付いた瑠璃色が鮮やかで、オオルリやルリマツリやあるいはルリタテハなどを連想してしまう、美しい花です。
イブキコアザミ・・これはまだで、たった1輪だけ咲いていて嬉しかった。

せっかく感激してかなり美しく撮影できたのに、帰ってみたら、どうやらメモリーカードがイカれたらしく、何も写ってなくて少々がっかりです。何も命に別状があるわけでないからと自らを慰めています。

12日は台風が能登半島あたりを北上中、雨が降ったりやんだりの中、醒ヶ井の地蔵川の「バイカモ」の白い可愛い花を鑑賞、さらに彦根に移動して彦根城を見学しました。
天守閣は国宝だそうで、真夏の城見学で感動したのは、登るに連れ外からの風の涼しいこと、冬は寒いでしょうが、城の中の夏の生活は快適だったようです。
お昼に頂いた「鮎雑炊」の上品な味が忘れられません。

写真に頼っている私のブログは、写真がないとかなり間抜けな感じであります。

|

« 白馬岳のお花畑 | トップページ | 相撲の八百長 »

コメント

相変わらず猛烈に動いていらっしゃますね。
娘一家がパパの大津の実家で遊んでいます。
接近遭遇だったかもしれませんね^^。

投稿: 佐平次 | 2010年8月14日 (土) 10:25

★佐平次さま

いつも楽しいコメントありがとうございます。嬉しいです!
あのパパさんのご実家が大津ですか!
琵琶湖が望め、京都がすぐそこ、いいところですね。はあちゃんたち楽しんでいるでしょうね。
関ヶ原、彦根の街が少しわかりました。

投稿: tona | 2010年8月14日 (土) 18:34

写真が残っていない!!
ショック、推察できます。
残念でしたね。

伊吹、花の種類が多い、比較的足の便のいい所です。
私も夏前に一度だけ登った経験があります。

彦根城、大きくないけれどいいお城ですよね。
私は好きです。

投稿: もみじ | 2010年8月15日 (日) 09:25

★もみじさま

娘夫婦に調べてもらって。メモリーカードの使用方法がある理由でいけなかったことがわかりました。2度とこんなことが起こらないようにしなくては。
伊吹山は頂上付近までバスで行かれるのですね。美ヶ原や鉢伏山などと同じで、しかもお花が春から秋まで咲き続ける素晴らしい百名山なのですね。
もみじさんは登られたのですか。良かったでしょう。琵琶湖の竹生島が見えました。

彦根城は4つの天守が国宝の城の1つだそうで、風格のある素敵なお城でした。昨年の白鷺城も良かったですが、このお城も気に入りました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年8月15日 (日) 15:35

おはようございます。今日から再開しました。

干瓢用ではない夕顔の実は、やっぱり冬瓜みたいだったのですね(^^)
予想ドンピシャ。あぁ~冬瓜汁(母から受け継いだ料理)食べたくなりました。

伊吹山へ登られたのですね。写真が残らなかったのは残念でしたが、
素適なお花畑の画は、tonaさんの心にしっかり刻みつけられましたね。
伊吹山は岐阜県のような気がしていましたが、所在地としては
滋賀県ということになるのでしょうか。愛知県出身なので山に疎い私でも
珍しく名前を知っている山で、ちょっと嬉しかったです。
伊吹山の上でtonaさんがお花を愛でていらっしゃる頃、私は上空を
飛んでいたかもしれません(^^)

投稿: ポージィ | 2010年8月16日 (月) 09:53

★ポージィさま

お帰りなさい。お忙しい休暇のようでしたね。
お母様から受け継いだ冬瓜汁は懐かしいでしょうね。この頃あまりたくさんは冬瓜もスーパーなどで見かけませんから。

うわぁー、ポージィさんがあの日空の上を飛んでいらっしゃったのですか!
伊吹山は岐阜県と滋賀県の県境のようですね。麓の関ヶ原からバスは登っていきますが、関ヶ原は岐阜県、恥ずかしいことに今回初めて知りました。何となく滋賀県のような気がしていました。
1377mとさほど高くないのに、冬はばっちり麓を雪で閉じ込めるほどの山なのですね。
イブキとつく花が10種類位あって、溜息が出るほど美しい頂上でした。登らなくてよくて、百名山であることが美ヶ原と同じです。
有難うございました。

投稿: tona | 2010年8月16日 (月) 10:28

伊吹山の影響で、伊吹おろしと言って、関ヶ原や名古屋に雪を降らせ、特に名古屋は、一方が海にもかかわらず冬寒く夏暑い、住みにくい土地になっているのではなかったでしょうか?

投稿: OB神戸家 | 2010年8月16日 (月) 10:42

★OB神戸家さま

いつも冬、雪で新幹線が止まったという話は伊吹山があるからと聞いていました。
そんなに高くないのに、そして周りが山脈で連なっていなのに不思議ですね。
これが名古屋まで影響しているのですか。
名古屋はヒートアイランド現象も凄いそうですね。でもそれを言ったら東京のビルを考えると凄いと思われますが、23区より私たち八王子に近い方がもっと高いのでこれも不思議です。

そうそう「MOW」もゲット出来ましたのでいただきました。これ又。おっしゃるように大変美味しゅうございました。病みつきになりそうです。有難うございました。

投稿: tona | 2010年8月16日 (月) 15:41

tonaさん、おはようございます(^-^)
食されましたか!…苦みが強いと、食中毒を起こすようなので心配していたのですが(^^;…良かったです~♪

お花の写真がダメだったとのこと…残念でしたね…(;-_-) =3
デジカメのお陰で…注意深く観察することがなくなりました…(^^;
それで良く失敗するのですが…その場で観察する習慣をつけなくては…と思うのですが…
いかんせん視力が良くなくて(>_<)…つい頼ってしまいますね(^^;

でもお花たちの記録はtonaさんの頭の中に~♪(^-^)V
たくさんのお花たちに出会われましたねヽ('-'*)~♪

投稿: orangepeko | 2010年8月21日 (土) 10:10

★orangepekoさま

お返事大変遅くなり申し訳ありません。
先程帰ってまいりました。

そのとおり、私の場合は写真に撮って安心している向きがあります。
全然観察してないのですね。
ひとつの落とし穴だと感じました。
頭の中に特にりルリトラノオとイブキフウロソウが残りました。
登らないでバスで頂上付近まで行かれるところはやはりいいです。疲れを感じないで観察できますから。

夕顔は苦味が何もなく、冬瓜のように食べられました。和風中華風が合うようです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年8月29日 (日) 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/49139287

この記事へのトラックバック一覧です: 夕顔を食す:

« 白馬岳のお花畑 | トップページ | 相撲の八百長 »