« シャガール展とカポディモンテ美術館展 | トップページ | 地球に似た惑星発見 »

2010年9月29日 (水)

クロモジ酒

Photo

昨年クロモジ(和菓子などに使う高級楊枝の材料になる)の枝を頂戴して焼酎につけたクロモジ酒。
昨年6月に漬けたので秋には出来ていたのに、すっかり忘れて1年以上過ぎてしまいました。
すっかり琥珀色になって。
それが!素晴らしい香りで美味しいのです。この香り、味を口では説明出来ないのが残念です。
教えてくださったMさんに感謝です。毎年欲しいくらいですが、それは叶わぬことです。

Photo_2

27日(月)に日光中禅寺湖の戦場ヶ原側にある高山に登ったのですが、生憎の雨で山からは中禅寺湖も見えず、紅葉もまだ、咲いている花はゴマナだけ、ただ遠いところへ運動しに行ったようなものでした。まあ、こんなことは度々あるものです。気温は山頂は6℃、湖あたりは10℃ですが、歩いているとあまり寒さは感じませんでした。

                     ↓まわりは霞んで

Photo_3

                ↓下に降りてみると明るくなっていた

Photo_4

        ↓せめて竜頭の滝でもと・・・竜頭の滝が始まる前の流れ

Photo_5

         ↓竜頭の滝を下から眺める。210mも斜めに続いている。

Photo_6

|

« シャガール展とカポディモンテ美術館展 | トップページ | 地球に似た惑星発見 »

コメント

クロモジも一年過ぎて熟成したのでしょうね。
そんなに美味しいんですか^^

戦場ヶ原側にある高山の景色ステキですね。
ガスがかかって来たのは幻想的です。
滝は210メートルも続いてるなんてスゴイです!

投稿: pochiko | 2010年9月29日 (水) 23:43

★pochikoさま

クロモジ酒は本当に香りが良くて、私には美味しいです。大体梅酒も好きなのですが。

竜頭の滝は最初210m続く斜めの川かと思ってしまいました。「何処に滝があるの?」と聞いてしまいました。
川みたいに見えたのが実は滝だったのですね。上の方は見えませんでしたよ。

そうですね。ガスがかかった山もまんざらではないと考えればいいのですね。
有難うございました。

投稿: tona | 2010年9月30日 (木) 09:24

クロモジ酒、飲んでみたい!!
梅酒がお好きということはお砂糖も入っているのでしょうか?

遠方に出向いての雨は残念なものですが、自然が相手では如何ともし難いですね。

竜頭の滝、滝と聞かないと私にも急峻な川に見えます。

いつも珍しいものを見せてもらえて嬉しい。

投稿: もみじ | 2010年9月30日 (木) 09:54

雨でしたね… でも、tonaさんは「よくあること」と、少しもめげて
いらっしゃいませんね。気温の低さに想像してブルッときましたが、
歩いていらっしゃるとそれほどでもないのですか。山頂の6℃は、
南関東の真冬の寒い日の最高気温くらいですね。

勢いよく流れる渓流とおもいきや、滝だったのですね。
垂直の滝には昇り竜を感じますが、この竜頭の滝には、身をくねらせつつ
すごい勢いで山肌に沿ってすべるように迫り来る竜の姿を思い起こしました。

木の枝を浸けて作るお酒もあるんだとびっくりしましたが、考えてみれば、
味と香りよければ何を浸けてもOKですよね。
綺麗な琥珀色。果実酒の甘酸っぱい系とはちょっと違うのでしょうね。

投稿: ポージィ | 2010年9月30日 (木) 10:10

もう今日あたりは紅葉も始まっているかもしれないですね。
クロモジ酒、飲んでみたいものです。

投稿: 佐平次 | 2010年9月30日 (木) 11:55

★もみじさま

氷砂糖を少なめに入れてみました。
クロモジの枝が見つかりましたら是非漬けてください。入れなくても好きな方にはいいでしょうね。私は少し甘くないとだめですが。

今年は例年より雨に当たる確率が高いです。
アルプスだったら絶対に晴れないといった甲斐がありません。
私が1度目に行って晴れたアルプスの山を2度行っても大雨だった人に、もうきつくて登れないと言われました。
でも自然が相手、いつも晴れるとは限りませんよね。気持ちをすぐ切り替える訓練が少し出来ました。
この滝は変わっていますね。
有難うございました。

投稿: tona | 2010年9月30日 (木) 19:17

★ポージィさま

もう日光はかなり気温が低いのですね。
こちらの真冬の低めの気温です。
でも登っていると寒くないのですよ。私にはこの気温だとやっと汗をかかないで気持ちよい登山になります。下着の上に少し厚手のシャツブラース、合羽と3枚だけです。
ですから真夏に合羽を来て登ると熱中症になりそうです。
この滝壺近くが大きな岩で二分されていて、その様子が龍の頭に似ているのだそうです。
ポージィさんの表現のとおりですよ。

クロモジ酒もポージィさんのおっしゃるとおりです。果実酒の甘酸っぱさはなく、木の香りそのものです。
クロモジの枝を折ると香りますものね。
有難うございました。

投稿: tona | 2010年9月30日 (木) 19:35

★佐平次さま

この日、櫨だけ紅葉していました。
紅葉もそろそろでしょうね。
いろは坂が激混みになるのですよね。
そういえば、2車線で、しかも上下道路が違うのですね。久しぶりで違っているのに気が付きました。
クロモジ酒、お近くだったらご馳走したいです。
有難うございました。

投稿: tona | 2010年9月30日 (木) 19:41

竜頭の滝へは一度行きたい、行きたいと思いながら行けずに過ぎています

日光方面は混むので、紅葉を見計らって吹き割れの滝へ行きたいと思いますmaple

投稿: OB神戸家 | 2010年10月 3日 (日) 14:44

★OB神戸家さま

1週間後は紅葉狩りでいろは坂から中禅寺湖は混み合うのでしょうね。何だか見頃のころは永久に行けないような気がします。

吹割の滝は東洋のナイヤガラと言われていますね。本当にミニミニナイヤガラですが、水量が多いと見応えありです。
紅葉と滝、きっと素晴らしいでしょう。いかれたら見せてくださいね。

投稿: tona | 2010年10月 3日 (日) 15:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/49598822

この記事へのトラックバック一覧です: クロモジ酒:

« シャガール展とカポディモンテ美術館展 | トップページ | 地球に似た惑星発見 »