« ゴーヤバナナジュース | トップページ | シャガール展とカポディモンテ美術館展 »

2010年9月23日 (木)

アケボノソウ(曙草)

群馬県沼田の辺りにある初秋の玉原(タンバラ)高原、その湿原を10日以上も前に尋ねました。友人二人に案内と運転をしていただきました。

Photo_12
お目当ては「アケボノソウ」です。まだ見たことなくて、友人にお願いしてあったのです。
それは湿原とは違う場所で目立たない姿で、ほんの数株ひっそりと咲いていました。
「曙」とは「夜明け」のことで、まだ星が瞬いている時間帯。5つの花びらの先端にある紫黒色の点々を夜明けの星に見立てて付けた名だそうだ。
この細かい点の中央よりに近い部分に緑色の班が2つ並んでいるが、これを地上の山に見立て、その上の空の星と見立てたとのことで、実に味わい深い花です。

 
               ↓アケボノソウ(リンドウ科センブリ属)

1

Photo

9月ころから野山を彩る夏の名残から初秋の花達、昨年と同じように撮って楽しみました。来年もきっと同じ所で見ても名前を忘れているに決まっています。

↓ウメバチソウ(ユキノシタ科ウメバチソウ属)家紋の梅鉢紋に似ているので付いた名前

Photo_2

↓ハンゴンソウ(反魂草:キク科キオン属)死線をさまよっていた者が、この薬で助かって、魂を戻らせた草なので付いた名

Photo_3

                  ↓キオン(キク科キオン属)

Photo_4

                 ↓ノコンギク(キク科シオン属)

Photo_5

↓ゴマナ(キク科シオン属)胡麻の葉と似ているので「胡麻」とつけ、食用になるので「菜」

Photo_6

           ↓サラシナショウマ(キンポウゲ科サラシナショウマ属)

Photo_7
                ↓トリカブト(キンポウゲ科トリカブト属)

Photo_8

       ↓タムラソウ(キク科タムラソウ属) アザミと間違えたりします

Photo_9

               ↓ムラサキナギナタダケ 初めてです

Photo_10

                ↓ウワミズザクラ(バラ科)の実

Photo_11

|

« ゴーヤバナナジュース | トップページ | シャガール展とカポディモンテ美術館展 »

コメント

秋の気配が濃厚ですね。
東京も一挙に寒くなりました。山の上はどうなんだろう。

投稿: 佐平次 | 2010年9月23日 (木) 20:12

★佐平次さま

早速に有難うございます。

高原は秋です。
そして東京はお彼岸中日に猛暑から劇的に秋に(気象情報で言ってました)。
秋は空の雲で分かりますが、キク科の花でいっぱいになるのですね。
山の上といえば、来週月曜日(27日)に日光の方の山に行きますので様子をお知らせしますね。

投稿: tona | 2010年9月23日 (木) 20:24

★モコモコさま、おはようございます。

アケボノソウは全然目立たないのですが、近づいて眺めると実に味わい深いのです。
次々と忘れていく花々ですが、これは忘れないでしょう。
植物の命名もこのように美しく付けられるのもあれば、とても気の毒なのもたくさんあって、かえって撫でたくなるものです。

モコモコさんは絵本も詳しいのですね。
トルコ語「ジェムレ」知りませんでした。パムッカレがありますが、~レってトルコ語の響きですね。
韓国語の曙・夜明けが日本語からは想像もつかない諺を生み出しているのが面白いです。
日本語もオクスフォードディクショナリーに載ったとか、新語も掲載されたことは世界がごく近くなったということです。これも興味あることです。
趣味と仕事が一緒ならとてもいいですが、別は息抜きできるような。
言葉のプロのお話ドキッとしました。そうなんでしょうね。何げなく読んでいる新聞ですが、言葉の宝石に輝いているんですね。

アントシアニンが効くといいです。私もブルーベリーを随分長く食べ続けたのですが、大きな原因が逆さまつげだったので効き目が無かったわけです。食べるのをやめました。眼球運動はしなかったです。

今頃の山は次第に花もなくなって寂しいものです。お天気の中の眺望と運動が目的ですかね。
涼しくなって元気になれそうですね。

言葉・・・辞書を(私の場合は国語)見ていると楽しいものです。図書館に引きこもってひたすら国語辞典を見続けていた子を思い出しました。新字源なども面白かったです。この頃漢文も毎朝やっている「新漢詩紀行」を観るだけで辞書も引かず状態です。すべてこんな調子が勉強していた時と違うわけですね。せめて植物の勉強(とても勉強とは言えない)だけでも少し続けたいものです。
又、折があったら教えてくださいね。
コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2010年9月24日 (金) 08:28

9月半ばにいらっしゃいましたか。玉原高原はすっかり秋の景色だったのですね。

アケボノソウ アケボノソウ と。なんか覚えがある名前だなぁ、と思ったら
ご訪問先のブログで何回か拝見したことのある花でした。素適な花姿に感動した
にもかかわらずこれで、まったくもって忘れっぽくていけません。
名前の由来は初めて知りました。情感豊かな方が素適な名前を付けてくれましたね。

サラシナショウマだけは会った事がありますが、他は会ったことのないもの
ばかりです。トリカブトも美しいですね。猛毒があると思ってみると、
なにやら妖しげな美しさにも思えてきます。
ムラサキナギナタダケというのは、まるで珊瑚のようですね。きのこなのですね?

来週は日光へお出かけとのこと。素適な出会いがあるといいですね。
 

投稿: ポージィ | 2010年9月24日 (金) 09:33

★ポージィさま

私は初めてと思う花が、実は昨年見ていて、ブログにもちゃんと出ていたりで、いかに忘れっぽいか驚いてしまいます。この目で実際にしっかり見たつもりなんですが、、。
ポージィさんもそんなことがたまにおありになるそうで、安心したりしてます。

その妖しげな美しさを見せてくれるトリカブトの猛毒は、ミステリーに出てきますね。他にもたくさん猛毒の植物はあるのに、何故トリカブトかは、1番強いのでしょうか。
花を見ていると微塵も毒を感じさせないですが。
ムラサキナギナタダケは本当にナギナタというより珊瑚そっくりですね。食べられるそうです。

奥日光の「高山」登山なのです。
ここはシャクナゲの季節は激込みらしいです。
有難うございました。

投稿: tona | 2010年9月24日 (金) 16:23

★モコモコさま

今書いたのが全部どこかに飛んでいってしまいました(涙)。
おぼろげに思い出しながら。。。

モコモコさんには圧倒されました。
見ないで打つのですね。私なんかブラインドタッチも出来ないのですから、呆れることでしょう。

「ジェムレ・・」の絵本の表紙、お陰さまで見ることが出来ました。
また、「メディエイゴ」をご紹介いただき有難うございました。難しい!こんな私を相手にされるので申し訳ない気持ちです。

エーデルワイスは歌も好きです。すると「サウンド・オヴ・ミュージック」が思い出されます。実際にロケの場所に数ヶ所行きました。
ニュージランドの固有のエーデルワイスは見ることが出来ましたが、スイスは2度行きましたが見られませんでした。アルプスの孤高の花ですね。日本のアルプスにも似たようなのがありました。
スミレにはいろいろありますが、スミレそのものを今年はたっぷり見ることが出来まして、感動しました。すみれ色というのは深く素敵な色でした。
次々と素敵な大好きな花が出てきます。浮気をしているよな感じになります。美しいものは心に滋養を与えてくれます。ありがたいですね。

岩波文庫の「中国詩人選集」を以前全部見てとても良かったですが、中公新書「漢詩百首」は選び抜かれた漢詩を愉しめていいでしょうね。

またまたいろいろ教えていただきありがたかったです。またよろしくね。

投稿: tona | 2010年9月24日 (金) 16:56

★モコモコさま

あら、ブラインドタッチって言わないのですか。私って本当にいろいろ遅れていて、時々骨董品みたいです。ですから色々な時、所で恥ずかしい思いをしています。でも懲りないで顔出したり、ブログ書いたりで困った人ではあります。

モコモコさんの100倍の海外旅行ですって。まだ40回にもなっていません。国もやっと40ヶ国です。
これから行っても50まではいかないでしょう。

イタリアのパルマに行きましたが、パルマとパルムの僧院のパルムは同じ所のことで良かったのですね。パルマの菫の色からparmeですか。そういえば、「パルムの僧院」は読むのが大変でした。
サフランボルって素敵な名前です。夫は今年行きました。「サフランいっぱい」という意味だったのですね。
新しいことを外国の地名で知るのも楽しいですね。有難うございました。

投稿: tona | 2010年9月27日 (月) 22:11

★モコモコさま

吉祥寺駅前の武蔵野公会堂ですね。
なかなかハイレベルの講演内容ですね。
こんな講演は久しぶりなのですが、半ば以後出かけるのです。残念です。
新渡戸稲造の著作、筑摩書房日本文学全集にあったように思います。
この全集だけは度重なる引越しのたびにも持ち歩きました。捨てるかどうか迷っていましたが、今し暫く持っていようと思います。古いので字が小さいのですよね。
吉祥寺近辺の情報は流れてこないのでよろしく又お願いいたします。

投稿: tona | 2010年9月28日 (火) 09:09

 アケボノソウ、
 これはまた珍しい花ですね。
 何か理由があるんでしょうけれど、なんでこんな模様になったのか、
 ほんとに植物は不思議です。
 これは、高山植物というわけではなさそうですね。

 ムラサキナギナタダケも、海の中のサンゴか何かみたいでおもしろいですね。
 でも、これはいかにも食べられなさそうです。 

  

投稿: Nora | 2010年10月 5日 (火) 13:30

★Noraさま

そうですね。アケボノソウは高山ではない、山野の沢沿いや湿った草原に咲くようです。
本当にお花も不思議な形や模様を持ったのがあって、見る楽しみは尽きないですね。

ムラサキナギナタダケって、おっしゃるようにまるっきり珊瑚です。
こんな色していても食べられるそうですよ。
とはいえ何だか食べる気にはなりませんね。
こちらにもコメント有難うございました。

投稿: tona | 2010年10月 5日 (火) 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/49538324

この記事へのトラックバック一覧です: アケボノソウ(曙草):

« ゴーヤバナナジュース | トップページ | シャガール展とカポディモンテ美術館展 »