« 温泉の湯を飲む・チェコの城(チェコ5) | トップページ | 浅間のブルーベリー→浅間葡萄 »

2010年9月 9日 (木)

街角・食べ物など(チェコ6)

                ↓チェコ人の心の故郷のモルダウ川

Photo_21

↓車窓から 田舎は冬の暖房は薪らしく、どの家にももうストックが軒下などに積まれていた。山があまりないのにどこで調達するのか知りたかった。Photo_22 Photo_23

Photo_25 畑には麦(もう刈入れが終わったよう)、ホップ、じゃがいも、向日葵、さとう大根、とうもろこしが見られました。
チェコビールは有名で美味しい。モラヴィア地方の白ワインもなかなかです。
食事にはポーランド同様スープがかなり出て、栄養的にも良く、食欲の元で美味しく頂きました。
↑他の国で見かけないクネドリーキという蒸しパン(じゃがいもや小麦粉で出来ている)をソースにつけて食べるが、何か懐かしい味で、子供の頃のおやつを思い出します。

↓街角で

Photo_26 Photo_27

Photo_28 Photo_29

Photo_33  7日間で12の世界遺産のうち10を巡る、ゆったりとまわったチェコでした。
戦災に遭わなかったので古い建物も焼失以外はしっかり残っていて、古くはロマネスク、ゴシックから始まって近代のアールヌーボーまで首都プラハ市街地は荘重な建物で埋め尽くされています。1つ1つ見て歩いていると何ヶ月もかかるでしょう。ヴェネチアに次いで世界で2番目に観光客が多く来るというのもわかるような気がします。

また同行の一人参加の高齢者の話を付け加えて終わりにします。
その情熱、頑張りには頭が下がりました。私も高齢者なのに帰宅して暑さで目を回しているのが情けなく、青二才のようにも思えるほどでした。
大正10年生まれの89歳の女性。
骨粗鬆で体をほぼ直角に曲げて歩きます。153cmあった身長が137cmに縮んでしまったそうです。
以前胃がんで全摘出して胃がなく、おまけに歯槽膿漏で総入れ歯で下顎が溶けてなくなったそうで、36kgしか体重がないのです。きゅうりさえも噛めないのに、道中ちゃんと食べられるものだけ食べていました。
手と脚には骨折したため金属が入っているというのです。今回から杖を使うようになったそうです。ご主人が亡くなった75才から世界各国漫遊が始まり、アフリカまで行ったとか。
小さくなった体に合わせて、自分でジーパンとベストのお揃いや新しいパンツやシャツブラース、リバーシブルの帽子、ポケットを数箇所上手く配したデイバッグなどすべて自分で仕立てています。力がないから手荷物など軽くする工夫が随所にされていて感心しました。
息子さんの同居願いを断って一人暮らし、例えば鍋4つに食器も小さな戸棚に収まるように極端に減らし、平屋で何でもすぐ手が届く収納を心がけ、遺族年金だけでシンプルに暮らしているのだとか。
まだポーランドに行ってないから次はそこを目指すなんて言ってました。成田から焼津に向かって元気に帰って行きました。

以上またまた長くなってしまいましたが、見ていただきありがとうございました。

|

« 温泉の湯を飲む・チェコの城(チェコ5) | トップページ | 浅間のブルーベリー→浅間葡萄 »

コメント

チェコという国を殆ど知らなかったな・・・
これが、tonaさんのレポートを見せていただいた感想です。

行ってみたくなりました。

歴史的な建造物が多く、綺麗な風土で、ただ、ぼんやりと歩いても
楽しそうです。

私が舌を巻くtonaさんの行動力なのに、そのtonaさんがお手本にしたいと
思われる年配者に毎回出会われるというのも何か不思議ですね。

今年は封印した海外旅行ですが、来年はまたどこかに出かけたいです。

投稿: もみじ | 2010年9月10日 (金) 10:40

 
こんにちは。チェコ旅紀行の4~6を一気にアップなさいましたね。
私も一気に拝見しました(笑)

スグラフィット装飾というの、初めて知りました。面白いですね。
子供の頃、画用紙に色々な色のクレヨンを塗った上に黒のクレヨンで
塗りつぶし、釘など細いもので黒のクレヨンを引っかいて取ることによって
下の色を出し絵を描いていく、というのを習いましたが、それを思い出しました。
ほんと、離れて見ると立体的に見えますね!近寄ったみると平面と分かります。
この一画一画にしても、赤い屋根の家々にしても、揃えるところは揃えて
統一感があるのだけれど、その実ちゃんとそれぞれに個性もある、というのが
良いですね。ヨーロッパはそういう町が結構多いですね。

飲む温泉の様子は私もTVで見た事がありましたが、そんなに塩辛いとは
ちょっとびっくりですね。体に良いと言われても、そう辛くては塩分摂り過ぎに
なって血圧が上がりそうです…

お城の数々も素晴らしいですね。美しくて溜息が出ます。いまでも貴族の方が
住んでいるのでしょうか。だとしたら維持が大変そうですね。

チェコは冬相当寒そうですが、暖房は薪でなんですね。薪の暖炉は雰囲気が
あって憧れますが、熱効率はあまりよくなさそう。薪にする木は、ほんと、
どのように調達しているのでしょうね。

今回の旅でもパワフルなお年寄りにお会いになったのですね!
毎回そういう方が参加されていることに驚きます。創意工夫しながら
情熱などを失わず元気に暮らしている高齢の方のことを伺うと、背中をバン!と
叩かれるような気がします。

見どころ満載で素晴らしい旅の様子、楽しく拝見しました。ありがとうございました。
今度もお天気に恵まれて良かったですね。

投稿: ポージィ | 2010年9月10日 (金) 11:14

前に行ったときはプラハでおしまい、せっかくのチャンスなのにもったいないことをしたとつくづく感じましたよ。
亡母も大正10年、生きていたらもう一度韓国に連れて行ってあげたかったです。

投稿: 佐平次 | 2010年9月10日 (金) 12:15

★もみじさま

私も「プラハの春」のイメージと音楽・文学・絵画の一部しか知りませんでした。
東欧では1番民主化が進んでいたので、今はとても明るい感じの国です。
いろいろ遭った国ではありますが、ハプスブルグに支配され、影響を受け、かなり遺産が豊かです。
ゴミが散らかってなくてとてもきれいです。

いつも私より年上の方が元気なのに驚きます。満身創痍と言ってもよい、この方が、まるで不死身のように見聞する姿には圧倒されました。決して健康そのものではないのに、歯が痛くて食べられないとかなど一切口に出さないところが凄いです。
来年お出かけになれますように。ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年9月10日 (金) 15:25

★ポージィさま

帰ってきて10日以上も過ぎてしまいました。強烈な印象もだんだん彼方に消えていきます。それで慌ててまとめました。
いろいろ感想をお聞かせいただいてありがとうございました。

スグラフィット装飾、そうそう、ポージィさんが習われたのと同じですよ。これをずらっと並べると立体的になることを知りました。前に立ったり、後ずさりしたり確かめるのも楽しかったです。
本当にそうですね。屋根の色、建物の高さ、様式などを揃えて、しかし建物の色や彫刻、飾りは様々、ごちゃごちゃした感じはありません。凄いことです。

TVで観ていたときに、皆さん美味しそうに飲まれているように見えました。私も温かいだろうとは思いましたが、まさか塩分があるとは!飲んだら食事の方で塩分を控えなければね。でもこの体験は忘れないです。

お城の維持は大変でしょうね。チェコの場合は殆ど国の管理になっています。それにしてもそれぞれ個性があって美しいお城です。

チェコは9月は朝晩もう10℃以下で冬はさぞかし寒いと思われます。地方はインフラがまだ進んでいないのかと薪を見て驚きました。山は1つも見えませんで、ポーランド国境の方しかないようで、殆ど平野か丘陵地帯です。不思議ですね。

私もこのお年寄りには背を叩かれた思いです。食べ物が噛めない、思うように歩けないなど不自由だらけなのに、1つも愚痴を言わないで、自分は幸運な人間とはっきり言い切っているのです。一人というのが凄いです。

お蔭様でお天気には恵まれました。こちらこそ感謝しております。

投稿: tona | 2010年9月10日 (金) 15:50

★佐平次さま

13年前に東欧4ヵ国巡りでプラハとチェスキー・クルムロフだけ行きましたが、プラハのカレル橋だけしか覚えていませんでした。その橋も全然イメージが違っていて、私は13年前何しに行ったのかと、つくづく呆れてしまいました。
今回はブログに書いて、感想を頂いたりでずっと覚えていると思います。
ありがとうございました。
佐平次さんのお母さんもこの方と同い年なんですか。
私も何故もっといろいろ連れて行ってあげなかったかと、後悔ばかりです。

投稿: tona | 2010年9月10日 (金) 15:59

★モコモコさま、おはようございます。

私は未だもって井の中の蛙、それでいてよくここまで図々しく生きてきたなあと呆れはします。私も視野狭窄に陥らないようにしたいものです。
眼といえば、先日空の鷹を双眼鏡で覗いたら、何と十数羽の鷹が目に入ってきました。これぞ飛蚊症というらしいです。数ヶ月前からよく黒いものが飛んでいるのですよね。友人もそうだそうで、これも加齢でしょうか。

旅行記読んでいただいてありがとうございました。今日午後浅間山と近辺の山に登りに出かけます。
モコモコさんもお元気でご活躍くださいね。

投稿: tona | 2010年9月13日 (月) 08:33

tonaさんの様に優雅な365日連休をするのが夢ですが中々儘なりません
只のサラリーマンOBにとって、度々の旅行はとっても無理ですね
羨ましい限りです
お気をつけてお楽しみくださいhappy01

投稿: OB神戸家 | 2010年9月14日 (火) 09:37

★OB神戸家さま

お勤め中はあまり遊ぶこともなく、日本も行ってないところがたくさんあります。元気なうちにちょっと遠いところからなんて思っていますが、もうかなりきつくなってきました。
今はボケないように必死です。こればかりはどうなるかわかりませんがね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年9月15日 (水) 20:09

★モコモコさま

再びコメントを有難うございました。
モコモコさんはいつ就寝されていらっしゃるのでしょうか、2:27を見て驚いてしまいました。

チェコのレジュメ!ですか。
興味あります。お時間のある時によろしくお願い致します。

やっと涼しくなって秋ですね。雨の恵みもありました。体がほっとします。
山へ行って、また素敵な人生を送っている方に出会いました。

投稿: tona | 2010年9月16日 (木) 08:58

★モコモコさま、こんばんは。

今日1日雨で涼しかったですね。
そうでしたか。
介護された経験もおありで、きっと強くなられたでしょう。
就寝に関する限り、短時間にきちんと取られてメリハリがありますね。
目が覚めていてもだらだらとしている私はその時間を有効に使えば、どれだけ本が読めるかなんて思ってしまいました。こうして人生が流れていくのも、それだけの凡庸な私の能力なんですね。
でもはっとさせられました。
有難うございました。

投稿: tona | 2010年9月16日 (木) 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/49397962

この記事へのトラックバック一覧です: 街角・食べ物など(チェコ6):

« 温泉の湯を飲む・チェコの城(チェコ5) | トップページ | 浅間のブルーベリー→浅間葡萄 »