« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

フランスワイン街道を巡る(1)シャンパーニュ地方

Photo_2  フランスの東部に位置するワイン街道でシャンパンやワインを飲んできました。
見学日は11日間でしたがお天気には恵まれず、朝は0℃の日もあったり最高気温は10℃前後で日本の真冬の寒さでした。どうやら急に寒くなってしまったようで、紅葉が日々進んでいました。

パリの東のシャンパーニュ地方のランスからロレーヌ地方、アルザス地方へ、そこからブルゴーニュ地方を南下し、ローヌ・アルプ地方のリヨンが終着地でした。美しい町や村で教会を見ながら、途中飽きてビールも飲んじゃいましたけれど、ワインを飲み続けた旅でした。

[シャンパーニュ地方のランスとエペルネー]

フランスはお洒落でセンス抜群の国で、人々の服装が派手ではないけれども洒落ています。小物やアクセサリーも上手く使っています。欧州の他国よりスマートで欧州でも長寿国であるのはワインのお陰とか。
ずっと運転してくださったドライバーさんも毎日服装が違っていて、なかなかにお洒落なのでした。

Photo_3

最初のランスのホテルのエントランスのにはアマリリスがこのように飾ってあって素晴らしい。

Photo_4

                 噴水のデザインも素晴らしい

Photo_5

パリで活躍した画家・藤田嗣治がランスの大聖堂で洗礼を受けた時、マム社の社長が藤田の後見人になった、そのマム社のシャンパンカーブ(地下貯蔵所)を見学し、シャンパンの辛口、甘口を試飲しました。
シャンパーニュ地方で作られる発泡性ワインのみ「シャンパン」と呼ぶ。ちなみにフランスではシャンパンと言わずシャンパーニュと呼ぶそうです。
フランスのワイン産地としては最も北に位置する。ワインを造ったあとブレンドし、酵母と糖分を加えて2次発酵し、出荷前に澱(おり)を噴射して取り除き、減った分を足してコルクで栓をして出荷する。

                        ↓カーブ

Photo_6

きめ細かい気泡を得るため↓のように手作業で瓶を回転しながら角度を変えていくそうで、値段が高いわけです。私などは結婚式にお呼ばれした時しか飲めません。この頃は全然呼ばれません。まあ、スパークリンワインでいいのですが。

Photo_7

↓マム社の前に建つフジタ礼拝堂 1965年、洗礼でレオナルドの名を授かった時は80歳で、感謝の気持ち込めて建立したそうで、内部には90日間で仕上げたフレスコ画が壁面を覆っていて、ラファエロなどのように、絵の中にフジタ自身を書き加えていて楽しくなりました。

Photo_8

フランスにはパリ、ルーアン、ストラスブール、ル・ピュイ、(シャルトル)、(アミアン)とこのランスのノートルダム大聖堂があります。( )は未見。
ノートルダムとはフランス語で「私たちの貴婦人」の意味で聖母マリアを指す。世界各地のフランス語圏にあります。

                  ↓ランスのノートルダム大聖堂

Photo_9

この大聖堂にはシャガールのステンドグラスがあり、いかにもシャガールらしいです。

Photo_10

Photo_11

ランス近郊のエペルネーはランスと並ぶシャンパン産業中心地で、フランスで最も裕福な町なのだそうだ。豪邸が並ぶ中、広い庭を有する市庁舎が可愛らしい。

Photo_12

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

両国界隈

両国駅の周りを一周して国技館奥の、「墨田展」が開かれている江戸東京博物館に入りました。
国技館と反対側に降り立つと曙などの手形が模られたモニュメント?があります。さすが相撲の街、ちゃんこ鍋屋も数多くあります。

Photo

両国橋が少し西に進んだ右手の隅田川にかかっていますが、そこにも土俵が再現されています。この両国橋こそ後で見た浮世絵にたくさん描かれている橋なのです。
元に戻ると通りの突き当たりが回向院です。

Photo_2

明暦大火の無縁仏や関東大震災に罹災者を埋葬しているだけでなく、犬や猫、鳥などのペットの供養寺として有名です。供養塔が沢山ある中、鼠小僧次郎吉の墓の名冊の下に墓らしきものがありました。あまりに小さいので立派なのが他の場所にあるのか?

Photo_3

裏門から左に5分、赤穂浪士が討ち入った吉良邸の旧跡の本所松坂町公園を左折して、両国駅のガードをくぐり歩いて行くと、横綱町公園がある。ここには東京都慰霊堂や復興記念館があるがここはパスして、左その先の旧安田庭園へ。
旧安田庭園は元禄年間に丹後宮津の藩主が築造した回遊式庭園。この池は「潮入り式」で隅田川の水を引き、潮の干満を利用していたが、現在はポンプ式で人工的に行なっているとのこと。2枚目ドームは公会堂。

Photo_4

Photo_5

左に行くと静まり返った国技館、その奥の江戸東京博物館へ。1時間もあれば見られる簡単散策コースです。

Photo_7常設展の江戸時代の展示を見た後、「墨田展」へ。
ゴッホが模写した歌川広重の「名所江戸百景 大はしあたけの夕立」がありました。ゴッホは関係ない「吉原百景」などと横に書いているのですが。
濃淡2種の黒い雨の線と、対岸が斜めになっているのが印象的な1枚ですが、ゴッホが模写しなければ知らなかった1枚です。
葛飾北斎の「富嶽三十六景」、橋下から望む富士山の2枚も魅入られます。
圧巻は両国橋上で花火を鑑賞する人の群れを描いた数枚の絵です。こんなに乗ったら橋が落ちてしまうよというくらいに一寸の隙間もない顔!顔!顔!
[舟遊びの隅田川] [隅田川を眺める] {隅田川の風物詩] [近代への連続と非連続]と分けて隅田川を楽しみ尽くす展覧会です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

箒木蓬生著『国銅』
遠く天平の昔、奈良の大仏造営に従事した一人の仕丁の過酷な重労働の生活が描かれる。17歳から5年間銅山の苦役、その後の5年間が奈良大仏の造営で辛酸をなめる生活。その中にあって、一人の僧から仏陀の教えを聞き、文字を習い、薬草の知識を得て、これが他の仲間と随分違った精神世界を生きられた、感動の1冊です。
この奈良時代から渡来人の助けで文化が築けたことの再確認の書でもありました。
機織り、養蚕、鞍作り、弓作り、鎧作りの他、易博士、暦博士も渡来人(百済)から学んだ。書中の銅の精錬、巨大な大仏を造り上げることも百済人の指導者による。
帰化した百済人が日本人になって、今私達の血に入っているのだ。藤原鎌足もそうだという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

明日14から27日までの2週間、フランスに旅行します。コメント欄を閉じます。帰りましたらまたよろしくお願い致します。

| | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

乗鞍岳

日本百名山の乗鞍岳は岐阜県と長野県にまたがる、いくつかの山からなっていて、その主峰の剣ヶ峰(3026m)に夜行日帰りで行ってきました。
登山と言うにはおこがましく、2702mの畳平まで乗鞍スカイラインが出来たので、高尾山級の山登りです。誰でも登れる百名山ですね。
今はハイマツと枯れ草だけで、頂上付近は石だらけの山です。
頂上から俯瞰すればもう一面の美しい紅葉が見られました。

         ↓畳平駐車場(この間熊が出て大騒ぎになった所です)

Photo

              ↓少し上がると鶴のように見える鶴ヶ池が

Photo_2

                  ↓不消ヶ池も見えてきました

Photo_3

               ↓コロナ観測所のある摩利支天岳

Photo_4

                    ↓剣ヶ峰は1番奥です

Photo_5

            ↓頂上が見えてきました。鳥居が見えます

2

                       ↓剣ヶ峰頂上

Photo_6

                  ↓頂上から見える権現池

Photo_10               

             ↓スカイラインの辺りは紅葉しています

Photo_7

Photo_8

                     ↓ナナカマドの実

Photo_9

あいにく雲がかかってアルプス群が見えなかったのが残念でありました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

あゝ、びっくり!

昨日買い物に出かけて帰ってきて、財布から鍵を出そうと覗いたらない。何処でなくしたのか?
あらどうしよう。出かけた夫が帰るのは夕方。それまで買った生鮮食品などどうしよう。
何処で過ごそうと途方に暮れ、玄関を見たら、おぉ、びっくり、ドアに鍵がささったままありました。
1時間半の間無事だったわけです。誰も入った様子もなく、鍵も見つかって安堵しました。
出かける時にはいつものことながら、何か忘れたりして1度で出かける方が珍しく、出たり入ったりしているうちにさしたまま忘れてしまったのです。
おまけに歯医者に10時に予約していたのに、町中で気がついたのが11時半で、携帯まで忘れていったので、久しぶりに公衆電話からテレホンカードで予約取り直しをしたばかりでした。
午後2時45分の予約時間めがけて早めに出たのに健康保険証を忘れたので、慌てて戻り自転車で行ったのがまた良くなかった。医者の前に留めていた、治療の20分の間に何と警察の違法駐車の張り紙が巻いてあったのでした。
まあ、こういった次第で1日何ごともなく過ごせる日が滅多になくなりました。頭の中が一体どうなっちゃったのでしょう。きっとスカスカなのね。毎日がハラハラドキドキですが、心配したり、ストレスで癌になる可能性が高くなるとのことで、あまり気にしないようにしようと決心した次第です。

-----------------------------------------------------------------

Photo_2飛騨高山の奥に「宇津江四十八滝」があります。他に兵庫県の阿瀬四十八滝、赤目四十八滝などがありますが、いずれも48はなくて、宇津江では13だけです。伝説の「よそ八(四十八)」なる人物からきているようです。
3か月も前の6月28日に行ってきたのですが、驚いたのが入り口に展示されていた栗の木です。
1300年の命を終えて磨かれているのですが、直径3mでしかも複雑にねじれていて、お化けのような栗です。

Photo_3

Photo_4

                        特に珍しくもない滝の13のうちの4つ

Photo_5 2

3_2 Photo_6

                                       季節外れですがその時の花
                                                 ↓ササユリ

Photo_7

                                                  ↓コナスビ

Photo_9

                                                ↓ヒカゲノカズラ

Photo_10

                                                ↓ヤグルマソウ

Photo_11
                                         ↓中央高速道で見た川霧

Photo_12

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

地球に似た惑星発見

地球に環境が似た惑星発見のニュースです。
太陽系の中で、太陽からの距離が暑過ぎず、寒くなさ過ぎずの位置にある地球は、水と空気の存在が生物誕生に繋がった奇跡の星だと教えてもらったときは、すごい感動を覚えたものです。
この宇宙に果たしてこのような奇跡の地球のような惑星があるのかと思う日々でありました。
そしたらこの大発見です。胸が踊りました。400も見つかっている惑星は皆恒星までの距離が遠すぎたり、近すぎたりで地球と同じのが見つかっていなかったのですが、この発見された惑星に、もしかして我が地球と同じ人類(宇宙人)がいるかもしれないと想像するのも楽しい。
しかし、何と20光年の彼方だそうです。
光は秒速30万キロだから、1光年は10兆キロなので、この惑星は何と200兆キロと遠い。
時速2.5万キロのスペースシャトルで1光年は4万年かかるからこの惑星まで80万年、この遠くなるような年月でとてもこれでは交流なんかできません。

丁度、若田光一・朝日新聞取材班『宇宙で過ごした137日』(僕の「きぼう」滞在記)を読み終わったところです。
ISS(宇宙ステーション)は地上から400キロの高度で地球1周を約1時間半で回っている。
ISSは飛行士が生活するロシアの居住施設「ズベズダ」、米の実験棟「ディスティニー」欧州の「コロンバス」日本の「きぼう」から成り立ち、長期滞在のため時々無人の宇宙補給船で食料や水、日用品を運んでいる。
若田さんは日本人では最多の3回目、滞在も長期に及び、様々の宇宙実験の他に、この「きぼう」の最後の組み立てを行ったのでした。
また6人という宇宙滞在人数には水の問題があってこの時から尿の飲料水への再生実験が始まったのです。

昨年の政権交代や事業仕分け以来、税金がどのように使われるか興味が出てきて、無駄に怒ってばかりの日々です。このISS計画は当時のレーガン米大統領が表明し、日本にも参加を呼びかけた。一体どのくらいの予算なのか?数十億は下らないのでしょうね。
山崎直子さんまで7人を数える飛行士が宇宙に飛び立ったわけですが、飛行士の知力、気力、体力、忍耐力、そして精神力の強さは並大抵ではない。この若田さんの爽やかとも言える宇宙滞在記にこんな人が日本人にいるのだと誇らしい気持ちになれました。

頂いた観賞用ピーマン。朱色に写ってしまったが、実際はもっと赤い。ヘタ側から見ると花弁のよう、下側は布袋様の顔のよう見え、面白く鑑賞しています。
Photo

同じく頂いたドラゴンフルーツの赤ちゃん!まだ2cmくらいで双葉がついています。もう一人前にサボテン特有のヒゲが見えます。
満月時に月下美人のような花が咲き、生った果実は美味しそうです。果たして再来年くらいにそうなるのか、心配であり楽しみでもあります。成功しますように。
Photo_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »