« 両国界隈 | トップページ | フランスワイン街道を巡る(2)ロレーヌ地方 »

2010年10月30日 (土)

フランスワイン街道を巡る(1)シャンパーニュ地方

Photo_2  フランスの東部に位置するワイン街道でシャンパンやワインを飲んできました。
見学日は11日間でしたがお天気には恵まれず、朝は0℃の日もあったり最高気温は10℃前後で日本の真冬の寒さでした。どうやら急に寒くなってしまったようで、紅葉が日々進んでいました。

パリの東のシャンパーニュ地方のランスからロレーヌ地方、アルザス地方へ、そこからブルゴーニュ地方を南下し、ローヌ・アルプ地方のリヨンが終着地でした。美しい町や村で教会を見ながら、途中飽きてビールも飲んじゃいましたけれど、ワインを飲み続けた旅でした。

[シャンパーニュ地方のランスとエペルネー]

フランスはお洒落でセンス抜群の国で、人々の服装が派手ではないけれども洒落ています。小物やアクセサリーも上手く使っています。欧州の他国よりスマートで欧州でも長寿国であるのはワインのお陰とか。
ずっと運転してくださったドライバーさんも毎日服装が違っていて、なかなかにお洒落なのでした。

Photo_3

最初のランスのホテルのエントランスのにはアマリリスがこのように飾ってあって素晴らしい。

Photo_4

                 噴水のデザインも素晴らしい

Photo_5

パリで活躍した画家・藤田嗣治がランスの大聖堂で洗礼を受けた時、マム社の社長が藤田の後見人になった、そのマム社のシャンパンカーブ(地下貯蔵所)を見学し、シャンパンの辛口、甘口を試飲しました。
シャンパーニュ地方で作られる発泡性ワインのみ「シャンパン」と呼ぶ。ちなみにフランスではシャンパンと言わずシャンパーニュと呼ぶそうです。
フランスのワイン産地としては最も北に位置する。ワインを造ったあとブレンドし、酵母と糖分を加えて2次発酵し、出荷前に澱(おり)を噴射して取り除き、減った分を足してコルクで栓をして出荷する。

                        ↓カーブ

Photo_6

きめ細かい気泡を得るため↓のように手作業で瓶を回転しながら角度を変えていくそうで、値段が高いわけです。私などは結婚式にお呼ばれした時しか飲めません。この頃は全然呼ばれません。まあ、スパークリンワインでいいのですが。

Photo_7

↓マム社の前に建つフジタ礼拝堂 1965年、洗礼でレオナルドの名を授かった時は80歳で、感謝の気持ち込めて建立したそうで、内部には90日間で仕上げたフレスコ画が壁面を覆っていて、ラファエロなどのように、絵の中にフジタ自身を書き加えていて楽しくなりました。

Photo_8

フランスにはパリ、ルーアン、ストラスブール、ル・ピュイ、(シャルトル)、(アミアン)とこのランスのノートルダム大聖堂があります。( )は未見。
ノートルダムとはフランス語で「私たちの貴婦人」の意味で聖母マリアを指す。世界各地のフランス語圏にあります。

                  ↓ランスのノートルダム大聖堂

Photo_9

この大聖堂にはシャガールのステンドグラスがあり、いかにもシャガールらしいです。

Photo_10

Photo_11

ランス近郊のエペルネーはランスと並ぶシャンパン産業中心地で、フランスで最も裕福な町なのだそうだ。豪邸が並ぶ中、広い庭を有する市庁舎が可愛らしい。

Photo_12

|

« 両国界隈 | トップページ | フランスワイン街道を巡る(2)ロレーヌ地方 »

コメント

お帰りなさい。
しばらくはフランス旅行を楽しませていただきます。

投稿: gaki | 2010年10月30日 (土) 18:34

★gakiさま

まあ、嬉しいです。
今回は時差ボケがひどくて頭もかなりボケボケです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年10月30日 (土) 19:12

わぁぁぁ!! 今回はフランスですか。
それもワイン、シャンパンを辿る旅とは羨ましい!!

暫くブログの更新がなかったので、はて今回はいずこへ??と
思っていました。

今後の報告を楽しみにしています。

投稿: もみじ | 2010年10月31日 (日) 09:15

いいですねえ。フランスに行きたしと思えどそのあまりに遠し、というような詩がありましたね。
せめてここでフランスに行ったつもりに、、^^。

投稿: 佐平次 | 2010年10月31日 (日) 09:27

お帰りなさい。今回の旅はお天気や気温がイマイチだったとのことですが、
回られた地方はすてきなところですね。
ワインとシャンパンとともに巡る旅でもいらして、ポリフェノールをたくさん
摂っていらっしゃいましたね。
tonaさんはお酒にはお強い方ですか?私は1度だけワインの試飲会に
参加したことがありますが、ひとり真っ赤になっていて恥ずかしかったです。
ワインの味(白が特に)は好きなのに、これはワイナリー巡りなどは無理だ、
と残念に思ったものでした。

人々の身に付けるものはやはりお洒落ですか。皆さんお洒落が自分のものに
なっているのですね。建築物などもすてきですし、やはり芸術の国ですね。

今後の旅リポートも楽しみです♪♪
でもお疲れはしっかり癒して、日本もこのところ天候も気温も変化が
大きいですから、お風邪など引かれない様お気をつけください。

投稿: ポージィ | 2010年10月31日 (日) 10:35

★もみじさま

飲み疲れしていた人もいましたが、気をつけました。中には女性でも酒豪がいて驚いてしまいました。
ぶどう畑が素敵でした。後ほどUPしますのでまた見てくださいね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年10月31日 (日) 13:50

★佐平次さま

どこかで読んだような詩です。
与謝野晶子たちがシベリア鉄道で行ったときは何ヶ月もかかったのでしょうが、今は12時間の飛行でパリに到着、ありがたい事です。その12時間も拷問されているように長く感じる我侭者です。
行ったつもりになっていただいてありがとうございます。

投稿: tona | 2010年10月31日 (日) 13:56

★ポージィさま

ほんとほんと!ポリフェノール摂り過ぎです。
私は体質的にはアルコールOKですが、積極的に美味しく味わってこなかったので、グラスワイン1杯とビールコップ1杯が限度かもしれません。
私も赤より白が美味しいなあと今回は思いました。それに梅酒のような甘い果実酒のほうがいいのですから、お酒の飲める人の仲間に入らないかもしれません。
ポージィさんのように顔が赤くなっても好きで強い人がいますね。逆に赤くなって心臓もドキドキする人も多いです。

昨年フランス南から西を回ったときにはそれほどお洒落に目が行かなかったのですが(昨年のドライバーさんもお洒落でした)、今回は道行く人など色々気になりました。黒をよく着こなしています。
イタリアと違った芸術の国は日本もファンが多いらしいですね。

お陰さまで体の方は元気ですが、時差ぼけの頭がどうにもならないので、早く元に戻したいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年10月31日 (日) 14:14

今回はフランスのワイン街道巡りですか?
相変わらず精力的に活動されているようで、
感嘆しています。
ランスのホテルのエントランス見事ですし、
噴水のデザインも洗練されたものです。
ビール、ワイン、シャンペンも嗜まれたとか、
羨ましい限りです。
このあとの旅行記も楽しみに拝見させていただきます。

投稿: 茂彦 | 2010年11月 2日 (火) 18:58

★モコモコさま

お邪魔だなんてとんでもなく、嬉しかったです。コメント有難うございました。

この大仏を造った聖武天皇の曾祖父母天武・持統天皇時代、さらにそれ以前の推古天皇、聖徳太子などの時代も交流があったのかと思っていますが、、、そうですね、漢氏、秦氏のことを勉強したらいいですね。
天皇家は藤原鎌足の子の不比等の孫が聖武天皇ですからこの辺りから天皇家の混血が始まったのでしょうか。
竹細工文化がそうなんですか!
混血は優秀と聞きますが、日本人はそのお陰を得ているのですね。素晴らしいことです。
ただその後はそんなこともなく、長々とした鎖国時代を経て、頑張った明治維新後から今日至っていますが、あまりに太平で豊かになった時点で、今や日本沈没の危機に瀕しています。
また沈没した段階で果たして這い上がれるかはわかりませんね。

現に混血が多いアメリカには頭脳優秀な人が多いのもそうですよね。
しかしこの頃不思議に想うのはその反対のユダヤ民族の優秀性です。

昨年は南から西、真ん中少しと北を廻りましたが、印象がかなり違うような気がした今回の東フランスです。
ワイン巡りが主流でありながら、やはりキリスト教の文化、教会、修道院に圧倒されました。
Anatole Franceはノーベル賞作家ですね。小説は1つも読んでおりません。
本当に想像力の欠如する私も、知ることは楽しい。元気でなくては気力がも萎え、好奇心もなくなってだめですね。

時差ぼけはかなりひどく辛いです。もう行くのをよせばいいのに、また忘れた頃性懲りも無く出かけてしまうのですね。

投稿: tona | 2010年11月 2日 (火) 19:56

★茂彦さま

今回は酒飲み旅行でありました。
しかし洗練されたフランス文化にもパリ以外のところでも存分に味わいました。
センスは殆ど国民性と言っていいほど素晴らしいです。情熱も凄いのでしょうね。
その歴史の深さも実感いたしました。
写真が多くなってしまいますが、またご覧いただければ嬉しいです。
有難うございました。

投稿: tona | 2010年11月 2日 (火) 20:01

★モコモコさま、おはようございます。

いろいろ示唆に満ちたコメント有難うございました。

私が以前北九州市に家族の転勤で行っていたときに「福岡県の歴史」をカルチャセンターに学びに行ってました。その時の友人からまたいろいろ学んで素晴らしい北九州時代だったのですが、その時紹介された本に金達寿著『日本の中の朝鮮文化』12巻があって内容に驚きました。またこの方が渡来人と言う言葉を使ったのですね。
久しぶりに30代のあの頃を思い出しました。
1年早く私の辿った道を旅行されているのですね。
またまた教会建築に圧倒されました。ロマネスクがこちらには多かったですね。
事前にロマネスクについて読んでいったのですが、現地に着いてみると何も甦って来ませんでした。もう1度やり直しです。

今観ている「龍馬伝」にも隠れキリシタンが出てくるのですね。長崎も龍馬の活躍した地、もっとうわ手のグラバーや外国人が蠢いていました。脚色とはいえ、やはり龍馬は考え方や人が偉大だったのだと思えてきました。

ユダヤ人がなぜあのような運命を辿ったのかは良きにつけ、悪しきに付け興味が尽きません。塩野七生さんの「ローマ人の物語」の中にユダヤが出てきてその頃から特殊なのですね。チェコやポーランドでのゲットーを観ていたとき、悲しみさえ覚えました。旧約聖書もハチャメチャながらユダヤの先祖の辿った道でもあり、また現代の科学、文学、芸術などに優秀な頭脳が貢献しているのも驚きです。
梅干ですか。この間1つだけなめました。
さっそくいただくことにします。


投稿: tona | 2010年11月 3日 (水) 09:18

★モコモコさま

ちょっとだけ。
ロマネスクのついてお話し下さって学ぶことがありました。
独、米、韓などで勉強されていらっしゃるので示唆に富むコメントは私を奮い立たせてくださいます。

咳がひどいそうで心配しております。
家でもそんなことがあって、医者の薬だけで治らないと、漢方の飲み薬や粉薬まで飲んだりします。
どうぞお大事になさってくださいませ。
お忙しいのに申し訳ありません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年11月 4日 (木) 20:10

tonaさん、こんにちは(^-^)
先日から何度かお写真だけ拝見して雰囲気を楽しませていただいておりました…
たくさんのお写真を有り難うございます…

本当にお洒落な運転手さんで~♪ 日本の運転手さんの紺の制服は味気ないです(^^;
ホテルのエントランスもお花のお出迎えで、シンプルながらお洒落で贅沢な生け方ですね~♪

たくさんのワインを楽しまれたのですね~♪
…私は何故かワインは苦手で…(>_<)
スパークリングワインしか飲めません(^^;…すぐに潰れてしまいますね(^O^)

「パンパスグラス」の使い方も日本とは違いますね…
周りとの関連がないのに…独特の雰囲気を作っています~♪

遅ればせながら(いつものことか(^^;)…ボチボチ楽しませていただきますm(_ _)m

投稿: orangepeko | 2010年11月 9日 (火) 14:34

★orangepekoさま、こんばんは。

あっ、パソコンをご覧になって大丈夫ですか?
こちらこそ御覧頂いてありがとうございます!

そう言えば日本の運転手さん、制服ですね。欧州ではそんなことないですね。フランスは2回目ですが、特にお洒落です。イギリスはきちんとネクタイ締めていかにも紳士の国といった感じです。
アマリリスに圧倒されましたが、その装飾方法が意表をつきますね。

私は梅酒の次がワインです。毎日飲んでいたらどんどん強くなりそうです。家では特別なときしか飲まないのでその心配はないですが。

「パンパスグラス」は数箇所で見かけました。本当にフランスは庭のデザインまでも素敵なのですね。
ご無理なさらないでくださいね。有難うございました。

投稿: tona | 2010年11月 9日 (火) 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/49886492

この記事へのトラックバック一覧です: フランスワイン街道を巡る(1)シャンパーニュ地方:

« 両国界隈 | トップページ | フランスワイン街道を巡る(2)ロレーヌ地方 »