« あゝ、びっくり! | トップページ | 両国界隈 »

2010年10月10日 (日)

乗鞍岳

日本百名山の乗鞍岳は岐阜県と長野県にまたがる、いくつかの山からなっていて、その主峰の剣ヶ峰(3026m)に夜行日帰りで行ってきました。
登山と言うにはおこがましく、2702mの畳平まで乗鞍スカイラインが出来たので、高尾山級の山登りです。誰でも登れる百名山ですね。
今はハイマツと枯れ草だけで、頂上付近は石だらけの山です。
頂上から俯瞰すればもう一面の美しい紅葉が見られました。

         ↓畳平駐車場(この間熊が出て大騒ぎになった所です)

Photo

              ↓少し上がると鶴のように見える鶴ヶ池が

Photo_2

                  ↓不消ヶ池も見えてきました

Photo_3

               ↓コロナ観測所のある摩利支天岳

Photo_4

                    ↓剣ヶ峰は1番奥です

Photo_5

            ↓頂上が見えてきました。鳥居が見えます

2

                       ↓剣ヶ峰頂上

Photo_6

                  ↓頂上から見える権現池

Photo_10               

             ↓スカイラインの辺りは紅葉しています

Photo_7

Photo_8

                     ↓ナナカマドの実

Photo_9

あいにく雲がかかってアルプス群が見えなかったのが残念でありました。

|

« あゝ、びっくり! | トップページ | 両国界隈 »

コメント

神出鬼没はいよいよ佳境に入りましたね。
鍋平と言うのもその近くになかったですか?
眞鍋という私の先輩が若い頃観光ルートを開発したときに彼の名前を取ってつけた、おそらくガセネタでしょうが、懐かしい場所です。

投稿: 佐平次 | 2010年10月11日 (月) 08:35

★佐平次さま、おはようございます。

鍋平高原は聞いたことがありますよ。
奥飛騨の新穂高ロープウエイの中間点にあるそうです。乗鞍から先へ進んだ上高地に近い方ですって。
眞鍋さんの築かれたところなのでしょうね。
今調べたら植物園もあるそうで訪ねてみたいです!

投稿: tona | 2010年10月11日 (月) 08:57

乗鞍高原?には昔々、ペンションに泊まりに行ったことがあります。
どの山の裾だったのか位置も名前も覚えてはいませんが、
不毛の地を思わせるような石ころだらけの山と厳しい環境を
髣髴とさせる文字通り這いつくばるように生えていた這松が
印象に残っています。そして見上げた夜空の手が届きそうなほど
近く感じられた満天の星と。
車で行ける所までで全然歩いてはいないのでかなり下のほうでしょうね。
そのもっと上のほうからの眺めを、今日tonaさんに見せていただきました。
もうこんなに紅葉が進んで。3枚目4枚目の真っ青な秋空が目に沁みるようです。
美しく雄大な景色を楽しませていただきました。ありがとうございます。

投稿: ポージィ | 2010年10月11日 (月) 09:45

乗鞍は、松本赴任中に木曽~乗鞍~野麦峠~R158号線~新島々~松本と山間部をドライブしたことがあります
このコースは、一回きりで懲りてしまいましたhappy01

投稿: OB神戸家 | 2010年10月11日 (月) 15:59

★ポージィさま

こちらこそ感想をお寄せいただいてありがとうございました。
夏はお花畑であったと思われる場所も枯れ草だけが目立ち、そこここに這松が。写真に見える緑の群落が全部這松です。
夜はさぞかし星空が美しいことでしょうね。それをご覧になっていつまでも思い出に残っているのですね。コロナ観測所(今は観測してないそうですが)もあるくらいですから、空気もきれいで、秋の青空も素敵だし、星空も観測に適しているのだと思いました。
今日お昼のニュースで乗鞍が紅葉真っ盛りと映像が出てきて、タイムリーだったのだと嬉しくなりました。今年は遅れ気味だそうですね。
また三千メートル近くなるととても厳しい気候なのだということが、植生の状態などからわかりました。

投稿: tona | 2010年10月11日 (月) 18:48

★OB神戸家さま

松本に赴任していらしたことがおありなのですね。
松本はアルプスが眺められ、冬は厳しいのでしょうけれどもいいところですね。

木曽から乗鞍はまだ経験ないと思いますが、乗鞍から降りると、今は安房トンネルが出来て楽々松本側に出られるようになりましたね。
1回で懲りてしまわれたルート、本当に大変そうですねw(゚o゚)w

投稿: tona | 2010年10月11日 (月) 18:58

乗鞍岳に初めて登ったのは長男2年長女保育園の時でした。
駐車場において、そこから家族4人で登り始めたのですが、途中でガスって来たものですから、怖がり家の私は「ここで待ってるからお父さんと3人で行ってきて」と言って岩場に座って待ちました。

子供たちはよく頂上まで行ったものだと、思いますがアルバムには夫が撮った写真がセピア色になって貼っています。

そんなことを思い出させていただけた乗鞍岳です。

投稿: anikobe | 2010年10月11日 (月) 20:50

★anikobeさま、こんばんは。

乗鞍にご家族で登られたのですね。
登られた保育園のお嬢さんが、今どこまでも歩いて行かれる方ですね。
anikobeさんは残念ながら待っておられたのですか。
私は一人参加ですから、頂上で一人だけの記念写真が残りました。
やはりご家族の記念写真は思い出になって良いです。
今こんな高い山には休日にご家族で登っているのは見たことがりません。貴重ですね。
有難うございました。

投稿: tona | 2010年10月11日 (月) 21:22

はじめまして、
つきみそうのmatsubaraです。
この度はコメントありがとうございます。

岐阜と長野の乗鞍へようこそ。
東京から日帰りとはとてもハードで驚きました。
この岐阜からでも日帰りはしたことがないのに・・・
タフですね。

投稿: matsubara | 2010年11月23日 (火) 13:37

★matsubaraさま

岐阜県は亡き姑の実家がありまして親近感があります。
短歌も語学もできませんが、格調高い御ブログを楽しみに拝見しております。

バスの夜行は初めてです。若くないので辛いと思いましたが、思い切って参加しました。案の定、なかなか眠ることが出来ませんでしたが、とうとう乗鞍岳の頂上(かなり高い駐車場まで行きましたので、楽でした)に登ることが出来ました。
岐阜県といえば8月には伊吹山に登るために、関ヶ原に泊まりました。
コメントいただき有難うございました。


投稿: tona | 2010年11月23日 (火) 14:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/49702152

この記事へのトラックバック一覧です: 乗鞍岳:

« あゝ、びっくり! | トップページ | 両国界隈 »