« フランスワイン街道を巡る(3)アルザス地方 | トップページ | フランスワイン街道を巡る(4)ブルゴーニュ地方 »

2010年11月 7日 (日)

百両の実と吉祥草の花

あと2回の旅行記をちょっとお休み。
万両や千両はどんどん発芽して花も咲かせるが、百両や十両は難しいということを以前話題にしたことがあるような気がします。
最も難しい百両は、実から容易に発芽しますが、一向に花も咲かず実も結ばなかったのですが、何と5年位たったでしょうか、やっと出来ました。花は諦めていたので見逃しました。
この株がまた来年花が咲くか気をつけなければ。又この実を蒔いてみましょう。

Photo

春頃いただいたキチジョウソウ(吉祥草・ユリ科)が咲きました。
あまり咲かないと言われるキチジョウソウは、植えてある家に吉事があるときに開花するという言い伝えは俗説で、まったくその通りだと思います。
偶然に縁起物の花が咲いたり、又実を結んで嬉しい。

2010_11040002

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山で一緒になった人に70代なのに骨密度が150という人がいて驚きました。
最新式の機械で体の各部位を全部測ったそうで、150は珍しいと言われたとのこと、20代の若者と同じ素晴らしい骨の持ち主です。
どんな食べ物を食べているのかなど聞いたところ、イワシやサンマ、サバなど青魚が好き、毎日豆腐を半丁、胡麻そして干し小エビ(高価)もよく食べるそうだ。
恐らく遺伝的にもいいのでしょうが、真夏以外は帽子もかぶらず、毎日よく歩くとも言ってました。そういえば、自分でも言ってましたがかなり日焼けして、その黒いのを気にする様子もなく、自然児のような人です。
毎日黒くなるのを嫌わず、太陽を浴び、運動することが骨の密度をアップするということの証明のような人。黒くなるのを嫌がってもやしのように日を避けているのをちょっぴり反省です。

|

« フランスワイン街道を巡る(3)アルザス地方 | トップページ | フランスワイン街道を巡る(4)ブルゴーニュ地方 »

コメント

期待していなかったり諦めたりしていたものが、思いがけなく咲いてくれた
ときの喜びは、期待通りに咲いてくれたとき以上に大きく感じられますね。
十両、たくさん実が生って…じっくりお待ちになった甲斐がありました。
吉祥草も良かったですね♪ 吉事の前触れとして咲いたのかもしれませんが、
この花が咲いてくれたこと自体が吉事とも言えそうですね。

70代にして骨密度150ですか。たいしたものですね~~
栄養をしっかり摂り、お日さまの光を浴びて運動もしっかりして、
という生活が効いているのでしょうね。お日さまの光を浴びることは
骨のために大切ですが、浴びすぎると今度は色々と問題も発生するので、
そこはほどほどに、運動は大いに真似しなくちゃいけない私です。

投稿: ポージィ | 2010年11月 8日 (月) 10:19

★ポージィさま ありがとうございます。

今年は異常気象で駄目になったお花がある一方、こんなことがあって全くおっしゃるように咲いた事自体が私にとって吉事ですね。
百両は葉が細長いうえに色も薄いから万両などと違っているので、可愛がっていました。

ポージィさんも運動の必要を感じていらっしゃるのですね。
日を浴びるのは、出ている手先だけでもいいそうですが、1日15分は必要とのことだそうで、今日は帽子をかぶらず往復30分浴びてきました。腰椎骨折でひどい目に遭いましたので、気をつけてはいるのですが、日光によるカルシウム形成だけは不足していました。でも真っ黒になるより不足の方がまだ良いという思いが大きくて、見栄っ張りなのです。

投稿: tona | 2010年11月 8日 (月) 14:55

万両、千両、百両、十両。一両はないのかな?
吉祥草に花が咲き、百両に実ができた。
きっといいことがありますよ。
残念ながら我が家には二つともなし。
いいことがあったらおすそ分けを!…

青魚に豆腐にゴマ。そして干しえび。
そして歩く。健康理想の生活ですね。
やってみたい。

投稿: 夢閑人 | 2010年11月 8日 (月) 15:55

★夢閑人さま

こちらにもコメント有難うございました。

一両もあります。アリドオシと言って、とげがあってアリをも突き刺すとかで付いた名前であるそうです。
羽黒山でたくさん見ました。
あと2ヶ月あるいはお正月過ぎにでも吉事があるかしら。

内臓が丈夫で元気でも転んだりして骨折したりすると、それだけで寝たきりやボケたりで、あるいはあっけなく命が亡くなったりした人を多く見かけます。
骨密度をせめて年齢並にしたいものです。

投稿: tona | 2010年11月 8日 (月) 21:30

骨密度ですか~、さあてどのくらいかなあ。案外スカスカだったりして。

投稿: 佐平次 | 2010年11月 9日 (火) 13:59

★佐平次さま

「ご安心ください」と言いたいところです。
男性はよほどひどい食事をしない限り、あまり骨密度が低い人はいないそうですよ!
ホルモンの関係と男性は日傘なんてささないですしね。
スカスカだったら絶対に転んだりしないように注意しなければなりませんね。

投稿: tona | 2010年11月 9日 (火) 18:48

骨密度が150とは70代の数値ではありませんよね。
うちの息子が普通よりも骨密度が高いって言われましたが
それを上回ってますもん。
すごいですね~~青魚に豆腐にゴマ。
そこに干し小海老ですか…そして良く歩く。
食べたものを運動によって完全消化して
血となり肉となり骨密度になるんでしょうね。
素晴らしいです!

投稿: pochiko | 2010年11月 9日 (火) 21:38

★pochikoさま、おはようございます。

骨密度検査の数値ですが、私の場合は3年前ですが、超音波法ですので、この人の最新式の機械で測ったのと数値が同じかどうかはわかりませんが、偏差値からみると20代の72%で、この人はそれが100%ということですね。
私は同年代にあるべき数値の92%なのに、この人はそれが150%と理解しました。凄いことです。
私は骨減少症だそうです。カルシウムチーズや手作りヨーグルトを食べていますが、これではだめで胡麻も小エビももっと食べようかと。
pochikoさんは骨密度が高そうですね。息子さんは立派です。男性は大体高いそうで、いいですね。
有難うございました。

投稿: tona | 2010年11月10日 (水) 08:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/49964536

この記事へのトラックバック一覧です: 百両の実と吉祥草の花:

« フランスワイン街道を巡る(3)アルザス地方 | トップページ | フランスワイン街道を巡る(4)ブルゴーニュ地方 »