« 熈代勝覧 | トップページ | 京都1:[銀閣寺] [北野天満宮] [仁和寺] の紅葉 »

2010年11月24日 (水)

箱根・金時山の金太郎ちゃん

11月14日(日)に金時山(猪鼻山:1213m)に登ってきました。

↓ 頂上にいた1歳4ヶ月の、菱形の腹掛け「金太郎」を掛けた金太郎ちゃん。お父さんの背中に担がれてきたけれど。
腹掛けには「健康祈願」と書いてある。親御さんの願いでしょう。

Photo

↓曇っていたのに富士山が目の前に大きく立ちはだかる。大きくて裾野の全部が収まらないくらいです。静岡県側は雪がまだなく、北側の雪が雲と同一化してしまっています。

Photo_2

                ↓仙石原の向こうに芦ノ湖が見える

Photo_3

                      ↓大涌谷も見える

Photo_4

                 ↓あたりの山もすっかり紅葉して

Photo_5

        ↓登山道はリンドウがいっぱい咲いていた

Photo_12 Photo_13   

  作詞=石原和三郎   作曲=田村 虎蔵

    1 まさかりかついで  金太郎(きんたろう)
                   くまにまたがり  お馬(うま)のけいこ
       はいし どうどう はいどうどう
                     はいし どうどう はいどうどう
    2 足柄山(あしがらやま)の  山おくで
                   けだもの集(あつ)めて  相撲(すもう)のけいこ
       はっけ よいよい のこった
                     はっけ よいよい のこった

童謡で知られる金太郎が遊んだ山として有名です。
金太郎は長じて源頼光に仕え、名を坂田金時と改め活躍したという。

         ↓麓の金太郎が祀られている公時神社(金時神社ではない)

Photo_8

↓金時宿り石 岩は真っ二つに割れており、伝説ではこの洞窟で金太郎が母親と一緒に暮らしたと言われる。登山者が岩に支え棒をたくさん置いている。

Photo_9

                    ↓麓のススキがきれい

Photo_10

                   ↓麓のモミジも最高

Photo_11

宮ノ下あたりの紅葉も素晴らしくバスの窓からうっとり眺めました。
帰りは大渋滞に巻き込まれ、40分くらいのところが2時間もかかりすっかり暗くなってしまいました。

|

« 熈代勝覧 | トップページ | 京都1:[銀閣寺] [北野天満宮] [仁和寺] の紅葉 »

コメント

tonaさんは金時山の天狗さん、ここと思えばまたあちら、あ、あれは牛若丸でしたっけ^^。

投稿: 佐平次 | 2010年11月25日 (木) 09:11

金太郎の腹掛けをしてもらった男の子、丈夫で元気な子に育つといいですね。
もしかしたらこの山のどこかで子供時代の金太郎が本当に熊と相撲をとったり
他の動物たちと戯れたりしていたかも、同じように紅葉を楽しんだかも、
と思ったら、山道を歩きながら不思議な気持ちになりそうです。

それにしても、こんなにも昔の人で実像は必ずしもはっきりしている
わけではないのに、各地に伝説が残っていて
親しまれているというのは
すごいことですね。

近くにいながらちっとも見た事がない箱根の紅葉や金時山からの素適な景色、
楽しませていただきました。
箱根の道路はいつも混んでいますが、紅葉シーズンとあって尚更
だったのですね。30分が2時間とは…山登り以上にそちらで
お疲れになってしまったかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2010年11月25日 (木) 09:55

富士山の冠雪がまだ少し少ないですね
もう少し下まで雪があると、もっと綺麗ですよね~fuji

ところで、金時の腹巻をする行事をTVで見ましたね
どこかも、謂われも我が脳には残っていませんが・・・・weep

投稿: OB神戸家 | 2010年11月25日 (木) 13:35

★佐平次さま

牛若丸にこの歌詞のように翻弄されるのが弁慶ですね。
私は天狗と弁慶と間違えたりします。
今度の日曜日に鞍馬に行き、牛若丸と天狗の出会った場所に行ってきます。五条の橋の上が弁慶なんですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年11月25日 (木) 19:01

★ポージィさま

この可愛い男の子、とても歩きたがったいました。元気な子です。この後も元気で育ってくれるといいです。
足柄山からここらあたりまで、伝説のように遊んだでしょうと思ったりするとおっしゃるように楽しくなってきます。
頂上にはマサカリが置いてありました。
京都に金時さんがいたわけですが、力持ちとしても活躍したようで、箱根のこんな山とつながっているのですから面白いです。

私も東京の小学校時と神奈川県人だった頃からかなり箱根に行っておりますが、実は秋の紅葉時は初めてです。
龍王峡よりずっときれいでした。
行きもかなり時間がかかったのですが、帰りは10m進んでは停まるということで、本が大分読めました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年11月25日 (木) 19:11

★OB神戸家さま

我が家から見える富士山の雪が随分増えたと見ていたのですが、近くの横から見るとまだまだですね。
静岡の海岸から見ると全然雪がないようです。コメントにいただいた富士山のように早くなるといいなあ。

金時の腹掛けをする行事があるのですね。全然知りませんでした。TVでもやっていたなんて。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年11月25日 (木) 19:18

こんばんは。
金太郎ちゃん可愛いですね~
いかにも男の子って感じで。
昔 子供が小さい時分に腹掛けを掛けてあげた事がありましたよ。
さすがに金太郎のではなかったですけどね。
金太郎親子が暮らしたと言われる岩。
屋根代わりなんでしょうか。
斜めに今にも倒れそうで怖いですね。
支え棒があんなにたくさんあるのも面白いです^^

投稿: pochiko | 2010年11月25日 (木) 21:40

★pochikoさま

pochikoさんの孫太郎君もこんなだったのでしょうね。いかにも男の子という感じです。
pochikoさんは腹掛けを掛けてあげたのですか!昔懐かしい子供の姿、可愛かったでしょうね。
宿り石はかなり大きく怖いくらいせり出していて、この下で暮らしたなんて、いかにも伝説らしいです。支え棒がユーモラスでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年11月26日 (金) 08:37

ロープウェイから何時も眺めていた金時山。
逆から見るとこんな感じなんですね。

♪まさかりかついで 金太郎♪
大きな声で歌ってたっけ。チビガキの頃。
そういえば夏の日、裸に金太郎の腹巻してた
写真の記憶がある。

箱根の紅葉も見事ですね。

投稿: 夢閑人 | 2010年11月29日 (月) 11:17

★夢閑人さま

ロープウェイから金時山が見えるのですね。
私は今年も乗っているのに、どれが金時山なのか気がつかなかったです。
芦ノ湖や仙石原、大涌谷がこのように見えて大パノラマなのです。曇っていたのが残念でした。
鹿児島で金太郎さんの歌を歌っていらしたと思うと何だかおかしくなってしまいました。
どこでも皆歌っていたというあたり前のことなのにね。
夢閑人さんも金太郎の腹掛けをされていたのですか!貴重な写真が見つかるといいですが。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年11月29日 (月) 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/50122228

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根・金時山の金太郎ちゃん:

« 熈代勝覧 | トップページ | 京都1:[銀閣寺] [北野天満宮] [仁和寺] の紅葉 »