« 南米3:リマからナスカへ | トップページ | 謹賀新年 »

2010年12月30日 (木)

高森明勅著『歴代天皇事典』

初代・神武天皇から今上天皇まで125代にわたる天皇の生涯と事績を紹介していて面白い。

元首の地位が世襲(血筋によって代々受け継がれる)される場合を君主と呼ぶ。天皇陛下は日本の君主である。

驚いたことに日本は世界最古の、世界最大の君主国なのだ。
以下巻末解説によれば、実在が確かな最初の天皇は第10代崇神天皇からと言われるが、6世紀初頭に即位された第26代継体天皇から現在の天皇陛下までは連綿として血筋がつながっている。
千数百年におよぶ君主の血統。日本の皇室は現存する世界の王室の中で最古の君主の家柄になる。伝統あるヨーロッパの王室でも、イギリスやデンマークなど、どんなに遡っても日本の平安時代後期だそうだ。

世界最大というのはどういうことか。現在世界には29の君主国があって、ヨーロッパに10ヶ国、アフリカに3ヶ国、アラブに7ヶ国、オセアニア2ヶ国だ。
その人口について、百万以下が9ヶ国、一千万以下が9ヶ国加わり、五千万以下が8ヶ国追加され、6千万前後が2ヶ国(タイ王国とイギリス)。日本はタイとイギリスを足したより多く世界最大規模の君主国ということになる。

日本皇室は求心力や統合力、それに持続力と安定性においても、世界の中で群を抜いて優れているのである。
皇室の長い歴史の中で、「暴君」という存在が25代の武烈天皇以外に殆ど見当たらないというのである。武家による政権が長期にわたっても天皇の地位はついに否定されることがなかった。

色々な天皇がおられたが、本を書かれた天皇、多芸多才、詩歌・管絃・武芸に堪能、学問に秀でた方、野外活動がお好きだった方、権謀述数に長け野望に燃えた天皇など様々である。
「後」の付いた天皇「後三条(強い政治力・高潔な人柄・深い学識)」「後白河(日本国第一の大天狗)」「後鳥羽(多芸多才)」「後醍醐(強烈な意志力と抜群の行動力)」「後水尾(対幕府関係・学問芸術)」の活躍が目立つ。
個人的には推古天皇から聖武天皇あたりの時代がロマンを掻き立てられ好きです。
女帝は推古天皇(33代)から後桜町天皇(117代)まで8人10代。明治以降は皇室典範の制定で内親王の即位が認められなくなったことは残念だ。
歴代では、10代、20代で崩御された天皇も少なくなく、外戚や幕府の傀儡的な天皇もとても痛ましい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
春過ぎてから12月の初めまで咲いていた近所のダールベルグ・デージー(キク科)
生命力が強く、きれいな花だけれど、ここにしか見たことがありません。

Photo

Photo_2

早かった1年もあと1日になりました。今年も1年間ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。来るべき年も刺激と友情をよろしく願い致します。tona

|

« 南米3:リマからナスカへ | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

今回の旅行で天孫降臨と言われる高千穂にも行きましたのでこの記事には大変興味があります。
今の両陛下も歴史ある皇室の一員として、また国民のために祈りの行事がとても多いと聞いています。

継体天皇のころの時代は後継者争いで大変でしたが、今は嘘のように平穏無事であるのがよろしいですね。

よいお年をお迎え下さい。

投稿: matsubara | 2010年12月31日 (金) 08:16

★matsubaraさま

高千穂の地を踏んでいらしたのですね。
私はこちらに帰る前に行こうと計画していたのが頓挫して残念な思いをしました。あれから30年、何時かは行きたいと思い続けています。

皇室は日本の存続と発展のために、その役割を果たされるべく大きな重荷を背負い、様々な犠牲を払われているそうですね。
天皇という揺るぎない権威が存在することによって、我々の暮らしに平和が持たされてるとのこと、皇室の存在をこのように見ることが出来た1冊でした。
matsubaraさまもどうぞ良いお年をお迎えください。ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年12月31日 (金) 08:47

細々と生きた天皇が多かったのではないでしょうか。
明治になってから天皇の位置づけが変わったような気がします。
今年も世界と日本を股にかけて素晴らしいご活躍でしたね。
来年もよろしく、いい年をお迎えください。

投稿: 佐平次 | 2010年12月31日 (金) 14:21

★佐平次さま

明治天皇は幼いときは女の子のようだったそうですが、王政復古で天皇が国の最高権威であることを徹底し、各地に行幸して存在を印象づけたので、旅行するとよく行幸の地にめぐり合います。そして1世1元制になったのですね。

佐平次さんにはいろいろ勇気づけられ、お世話になりましてありがとうございました。
来年もまた宜しくお願いいたします。
では素晴らしい良き年をお迎えください。

投稿: tona | 2010年12月31日 (金) 17:01

よきにつけ悪しきにつけ、天皇の存在を大きく感じていたのは
戦争中でした。
日本が世界最古、世界最大の君主国ということで驚いています。
身近なようで遠い存在。
私の郷里「大山町」の実家からすぐ近いところに
「後醍醐天皇御腰掛岩」というのがあります。
小学校の頃の歴史の時間に出て来たのは
3人の忠臣の話でした。
(楠木正成、新田義貞、名和長年)
後醍醐天皇が流されていた隠岐の島から本土に戻って来た時、
名和長年が海岸で迎えたのだそうです。
船から降りて、石に腰かけて休んだとか。
すぐそばに名和神社というのがあります。
少年の頃は、無邪気なもので、名和長年のような
忠臣が我が郷里にいたということで、誇らしく思ったものです。
(郷里の話なので、ついつい余計なこと書いてしまいました。ゴメンなさい)
コメントが遅れ、正月を迎えてしまいました。
今年もなにとぞよろしくお願い致します。

投稿: 茂彦 | 2011年1月 1日 (土) 21:44

★茂彦さま

鳥取、島根の方は後醍醐天皇が流された隠岐の島に近いのですよね。
隠岐の島の旅行を計画していたのですが頓挫してそのままです。
名和神社って聞いたことがあるのです。
名和長年に関係があったのですね。
それも茂彦さんの故郷の方だったとは。
「後醍醐天皇御腰掛岩」もご実家からお近くとはね!
歴代天皇の中でも後醍醐天皇は群を抜いていた凄い天皇です。知らない人はいないでしょう。あの時代だからこそ本領を発揮することが出来たとさえ思ってしまいました。
歴史に登場する大人物と対話が出来るような環境でしたね。

いつもまごまごして更新がままならない私です。
コメントありがとうございました。
また今年もよろしくお願い致します。

投稿: tona | 2011年1月 1日 (土) 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/50440554

この記事へのトラックバック一覧です: 高森明勅著『歴代天皇事典』:

« 南米3:リマからナスカへ | トップページ | 謹賀新年 »