« ドングリの発芽 | トップページ | 桜庭一樹の『赤朽葉家の伝説』と『桜庭一樹読書日記』 »

2011年1月29日 (土)

暑がりの寒がり

暑がりは寒がりと言いますが、私もその一人で、夏と冬にはぶつぶつとうるさいので、近くにいる人は大変迷惑のはずです。
で、どちらが辛いかは天秤にかけたら夏に傾くかもしれません。暑さのため体力、気力がなくなるのが恐ろしい。36℃を超えると冷房の中でだらしなく倒れています。
知人に母娘して暑くなればなるほど元気になって食欲増進し、冬は全く元気がなくなるという。團伊玖磨も夏を嬉しがっていましたっけ。

TVで「世界で1番暑い国、ジブチ」をレポーター氏が体験していました。
前年の「世界で1番寒い国、ロシアの町」で体験したのが-53℃、今回のジブチでは54℃でその差101℃を体験した結果、寒い方がまだましだったそうです。
ジブチの人は冷房もなく、45℃でもラマダーンの時は日中食べ物だけでなく、飲み物も飲まず、でも熱中症にならない。ラクダでキャラバン組んで、50℃の砂漠を午前と夜進むその忍耐強さ。留守番の女性達が水場で泥水を、巻いているストールで濾して、30kgの水を30分掛けて毎日背中に担いで運ぶ。男が塩湖で集めた塩を、キャラバンの交易で小麦粉と交換して、焼いたパンと家畜のミルクが食料です。
こんな生活でも、神が与えてくれた大地に感謝で幸せであると言うのですから、アラーの神は偉大でこの人々も神さまかと思ってしまいます。
暑さの中での1ヶ月ものラマダーンで耐えたあとの幸せ感は筆舌に尽くし難く、忍耐強さが養えるとか。アルカイダとかいろいろイスラムの人々のあの強さが妙に納得できた話でした。

昨年の収穫の中から種を作って、今年も少ないながらそら豆が伸びてきました。
連日の氷が張る寒さの中で朝になると萎れてる日があります。昨年は最初は死んでしまったのかと慌てました。
午後になると次第に起き上がって元気になります。濡れ縁上で霜を避けています。

Photo Photo_2

==============================

古い話ですが、暮に新宿交響楽団(アマチュア)の定期演奏会に行ってきました。
100人近くからなる大編成の楽団です。今回は
バッハ:シャコンヌ『無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番』よりと
マーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』「花の章」付きでした。
『巨人』はご存知のように打楽器がものすごいので、特に最後の方は釘付けです。
10代の学生から70代までの幅広い年代で、自主自立的な運営を行っているそうで、年2回の定期演奏の他、早稲田大隈講堂でも開催したこともあるそうです。
立派な力強い演奏を、申し訳ないことに無料で聴かせていただいています。CDでは味わえない生演奏に酔いしれました。
ここ2年は相棒の娘が忙しくて、歌劇も音楽会も行かなくなっていましたが、無料あるいは1000円くらいの演奏会に一人で行って楽しんでいます。

|

« ドングリの発芽 | トップページ | 桜庭一樹の『赤朽葉家の伝説』と『桜庭一樹読書日記』 »

コメント

寒さ、暑さをどちらが耐えられるかといいますと、寒さのほうかもしれないなぁとおもいますが、このところの連日の寒さと乾燥した空気には、体の方が参ってしまいそうです。
外に出てどんどん体を動かしていると寒さを忘れるのですが、喉を痛めたらしく咳が出て、運動もままならないから、「この寒さ、もうええ加減にして!」と独りぶつぶつ、友人にメールの今日でした。

投稿: anikobe | 2011年1月29日 (土) 22:40

私も暑い方がダメですぅ!
30度を超えると死んだように動けなくなります。
デブは暑さに弱いもんなって夫に笑われるほど。
寒いと動くのが億劫になるだけですが、暑さにやられるとバテて動けなくなりますよね。
いやぁ、それにしてもジブチの人たちはすごいっ!
中学生の頃、ソフトボール部だったんですが、夏の炎天下の中の練習中、どんなに喉が渇いても水飲んじゃダメだったんですよね~
その当時はそれが当たり前だったように思います。
今じゃ考えられないけど。
だから練習中にぶっ倒れる子がいたの思い出しました。
そのたびに「気合が足りん!根性や~!」って先生が叫んでましたが。。。
そんな辛い思いをしたはずなのに私、忍耐強さは養われませんでした(汗)
空豆、頑張ってますね。
うちの庭の花たちも可愛そうな姿になってます。
春になって鉢の整理したら、かなりの数が減ってそうです。

投稿: ちょびママ | 2011年1月30日 (日) 00:16

★anikobeさま

やはり寒さのほうが耐えられますか。でも冷え切ってしまうと辛いですね。
第3の寒波襲来で今日明日は日中気温が6,7℃ということ、その後は12,3℃とのこと、このまま春に向かうのでしょうか。
私たち日本人は乾燥に弱いそうで、インフルエンザもそれとともに流行です。
喉痛と咳は怖いです。
anikobeさんも気をつけてお大事になさってくださいね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年1月30日 (日) 08:39

★ちょびママさま

夏バテって聞きますが、冬バテって聞きませんよね。
「寒いのは動くのが億劫」、ちょびママさんの仰るとおりです。家事も滞って暖かくなった時点でまとめてです。
でもあの夏の暑さはやはり辛い。このまま温暖化が進んで3度くらい平均気温が上がっていくなんて聞くと、私はもう生きていられないなんて叫んでいたのですが、その頃はもう命が消えているので、叫ばなくてよかったのです。
それにジブチの人々の話を見聞して凄い!とは思ったものの、その時になればチョビママさん同様となります。
ソフトボール部であの灼熱の運動場で活躍されていたのですか!
それでも忍耐強さは養われなかったというのは、大いに頷けます。人間って殆どそうなんでしょう。環境そのものが全然違うジブチの人は生まれた時から違うのですね。

我が家の鉢はブログを始めた5年前より3分の1以下に減って、寂しくなりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年1月30日 (日) 08:53

中学生の時、冬と夏、どちらが嫌い、という話題で、殆どの人が寒さが嫌いでした。
子供はそうでしょうね。夏休みは楽しいし、長いし・・・

でも大人の今は逆ですね。冬の外出は着込めばいいけど夏は耐えられませんものね。

ソラマメがお家でもこんなに育っているとは珍しいですね。畠でも余り見ません。

バッハ:シャコンヌ『無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番』よりと
マーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』を聴かれてよかったですね。バッハのその曲はよく演奏されますが、マーラーは何年も聴いていません。久しぶりに曲を思い出しました。

投稿: matsubara | 2011年1月30日 (日) 10:02

今年の東京は暖かいと思うのですがいかがですか。
先日、いや、寒いという人と議論になりました^^。
感じ方であって科学的データナシの議論ですから他愛がないのです^^。

投稿: 佐平次 | 2011年1月30日 (日) 10:10

★matsubaraさま

中学生の時、そうだったのですか。
なるほど、私も暑かったことは暑かったですが、苦しいとは思いませんでしたね。
むしろ暖房も満足になくて、着るものも今のような素材もなくて寒くて、崩れた霜焼けを持て余していました。
年令と共に強調して感じられるようになりました。

プランター育ちのソラマメは1回で食べてしまうほどしか収穫できません。花が美しいのでそれも楽しみです。

私は演奏会ではマーラーは初めてでして楽器を多用する壮大な曲に魅了されました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年1月30日 (日) 16:38

★佐平次さま

まあ、佐平次さんは今年は暖かいと感じられましたか!
私は何時もより寒い日があるように感じました。
昨年12月後半から氷が張らない日が2日しかなくて、どうやら都心部とここ武蔵野地方は気温が3度以上は違うようです。
もっと寒かったのが井の頭に住んでいた時で、池が全面氷結して鴨が困っていました。
そちらではアロエなども外で元気ですのに、こちらではだめになります。
そんなで行動も鈍るほどの日が例年より多いです。ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年1月30日 (日) 16:47

「暑がり」「寒がり」は別物と思っていますが、そうでもないですか?
我が家では、私が寒がりで、妻が暑がりですから、部屋の温度に関しては、
衝突ばかりしています。
暑い砂漠に住む人たち、逆に極寒の地に住む人、
自分で選んで住んでいるわけでもないでしょうから、
諦めて慣れるしかないのでしょうね。
そう意味では、我々が暑いだの、寒いだの言っているのは、
彼等から見れば贅沢なことかもしれないなどと
思ってしまいます。

投稿: 茂彦 | 2011年1月30日 (日) 19:32

★茂彦さま

今朝は冷え込みましたね。ここは-4℃でした。
ほとんどの方が茂彦さんご夫妻と同じだと思います。
両季節に大騒ぎだなんて困ったものです。
おっしゃるように、極限に住んでいる人から見ればとても贅沢なことですね。
他にも最も空気が薄い所、最も湿気が高い、あるいは低くて乾燥している所などを体験した人もいました。さすれば日本がいかに恵まれているか、ありがたく思うのですね。
贅沢をなるべく言わないようにしたいものです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年1月31日 (月) 08:39

今朝はこの冬いちばんの冷え込みではなかったでしょうか?
エアコンのリモコンに表示された外気温が-5度でした。
植物たちも凍ってくったりですね。でも昼ごろになると元通り生き返って
いるのですから、その強さにはただただ脱帽です。

暑さ寒さは、これまでの人生では「暑いほうがマシ」のタイプです。
最近はだんだん暑さにも弱くなりつつある気がしますが。
でも、きっと40℃を超えるような気温になったら動けないと思います。
54℃なんて世界では生き続けられそうにないです。
-53℃はもちろんのこと。
現地の方々の多くは、生まれたときからその環境なので体が適応している
ということもあるのでしょうね。
以前TVで見たのですが、北欧の国の方はマイナスの気温の屋外においた
ベビーカーで赤ちゃんをお昼寝させるとか。
生後何ヶ月かまでの間に寒さを体験すると寒さに強い人になるんだと
言っていました。私は生まれた場所は山形ですが、5月生まれだったので
全然寒さに強くはならなかったのかと、妙に納得しながら見たのを覚えています。

投稿: ポージィ | 2011年1月31日 (月) 10:13

★ポージィさま

今朝は本当に冷え込みました。氷も厚氷でまだ融けません。如雨露の中の水も凍り、外の水道も凍ってしまいました。-4℃と天気予報で言ってましたが、そちらも-5℃でしたか!

わぁ、ポージィさんは寒いほうに弱いのですね。温暖化する一方なのでそのほうがいいでしょうか。

エスキモー(イヌイットなど)は-10℃位になるともう暖かく感じるそうですね。彼らはもっと低いほうが気分が良いとか本で読みました。
零下の中で赤ちゃんをお昼寝というのも、大丈夫なのですね。
皆どこの人もその土地の気候に適応していって、遺伝子に組み込まれていっているのでしょうか。

私は6月生まれなので、暑いさなかに汗疹を作りながら乳児にとして頑張った割には暑さに弱いとは情けないです。
素直なポージィさんです。
面白いお話をありがとうございました。

投稿: tona | 2011年1月31日 (月) 15:33

寒い日が続きます。頬が痛くなる位です。これ以上はないと思いますが、とにかく昨年暑かっただけにその反動かなと思ったりしています。

しかし、インド・デリーはまさに炎天下54度の世界でした。ゴルフをすると吹く風が火花のようでした。

じっとしているのが一番良いのでしょうが、停電が頻繁にあって大変でした。

その面で日本の四季は有難いなとつくづく思います。

本日「しあわせはこえていく力に宿る」という言葉を聞きました。元気が一番ですね!
macchanny

投稿: macchanny | 2011年1月31日 (月) 18:22

★macchannyさま

本当に寒いを超えると痛いですね。
そちらもやはり冷え込んだことでしょう。

まあ、デリーで54℃を体験されたのですね。凄い!そしてゴルフもされたのですね。
もう想像もできません。
その上停電ですか。もう考えられません。
まるで地獄のようです。
こんな体験をされれば、日本の夏もさほど苦しまれないでしょうね。日本は有難いです。

「しあわせはこえていく力に宿る」
大変心に響く言葉をいただきました。ノートしました。元気なことだけでも幸せです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年1月31日 (月) 20:16

我が家の夫は暑がらない寒がらない?
なんでしょう、季節に順応しちゃうんでしょうか。
私はどちらかと言えば暑いのは嫌ですね。
かと言って、寒いのは良いのかと言えば
特に我慢強い方でもなく、寒いのも嫌です^^;

そら豆も大きくなりましたね。
サヤエンドウやスナップエンドウなんかも
しっかり雪の下でも、春には元気に育ってくれますね。
かなり冬には強いようです。
こちらでも秋蒔きして、一冬雪の下で過ごすのですよ。

投稿: pochiko | 2011年1月31日 (月) 23:56

★pochikoさま、ありがとうございます。

世の中にはご主人様のような方がいらっしゃるんですね。
順応性と我慢強いのかしら。
羨ましいですね。
そちらの寒さでは私は逃げ出したくなります。

サヤエンドウ、スナップエンドウが今は雪の下ですか!!
それなのに春になるとちゃんと立つのですね。スゴイです。強いのですね。
家のソラマメ過保護になります。。
そうそう、今年初めて霜に当たった大根葉がとても軟らかく食べられることを知りました。

投稿: tona | 2011年2月 1日 (火) 08:01

 100人近くのアマチュア・オケですか。
 すごいですね。
 マーラーはもちろんですが、シャコンヌのオーケストラ版というのも迫力ありそうです。
 「巨人」が花の章付というのにも、チャレンジ精神が感じられます。

 超一流の演奏家のコンサートもいいですが、この頃は、わたしも、このような手造りの演奏に、より大きな魅力を感じるようになってきました。

PS、
わたしは、できれば「常春の国」か「常秋の国」に住みたいです。 

投稿: Nora | 2011年2月 1日 (火) 16:56

★Noraさま

はい、すごい迫力でした。
昨年はマーラーの生誕150年に当たるそうですね。今年は没後100年です。
「花の章」をマーラーは最後まで望まないで削除もされたのですね。
第2楽章が花の章でした。マーラーの個人的な恋愛沙汰の悩み事が影響していたとは。

大学のもたくさんあるようです。Noraさんんもこのような楽団に魅力を感じるようになられたとか、意を強くします。
次は毘沙門天管弦楽団(調布)とアンサンブル・コンソルテ(杉並公会堂)を聴きに行きます。

投稿: tona | 2011年2月 1日 (火) 19:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/50718255

この記事へのトラックバック一覧です: 暑がりの寒がり:

« ドングリの発芽 | トップページ | 桜庭一樹の『赤朽葉家の伝説』と『桜庭一樹読書日記』 »