« 成田山 | トップページ | 江戸時代の人材派遣 »

2011年2月25日 (金)

静岡いちご

Photo

昨日休暇を取っていちご狩りに出かけた、娘たちのお土産です。
ここ10年娘夫婦は毎年いちご狩りに、この季節行っていますが、今年は静岡です。
写真撮ったら、まあ何ということか、いちごだけ逆さま、もう開けて食べ始めたので修正写真は撮れません。

この静岡いちごの名前はMiss Strawberry 「章姫」あきひめです。
久能山の石垣いちごを中学生の頃行って食べましたが、少々酸っぱかった覚えがあります。

章姫は昭和60年に[久能早生]と[女峰]から生まれ、平成4年に登録された。
一粒一粒が大きくて測ったら6cm(私の小指の長さ)、とても濃厚な味で甘かった。

「石垣いちご 手作りいちごジャム」がまたとても美味しい。
「田丸屋のわさび詰め合わせ」はご飯がすすむ。
「桜えびかるせん」桜えびのサクサク煎餅、本場の桜えびの味で美味しいだろうなあ。
「静岡あべ川もち」「ありあけ横浜ハーバー マロンケーキ」のお菓子たちも明日以降の楽しみです。

=============================

中国人は姿勢良く腰を使って歩く姿が美しく、日本人は背を丸め膝で歩くので格好が悪い
というようなことがどこかに書いてありました。
なるほど腰を使えば、姿勢も良くなり、歩く速度が早くなり1台前の電車にも間に合ってしまう。
でも内臓のどこかが悪くなったらこれも不可能になり、背や腰を曲げて歩きそうです。

|

« 成田山 | トップページ | 江戸時代の人材派遣 »

コメント

なんとたくさんのお土産でしょう!
暫くは静岡ムードですね。

投稿: 佐平次 | 2011年2月26日 (土) 09:39

お嬢さん、お出かけになるといつもたくさんのお土産を買ってきてくださいますね。
静岡らしいお土産の数々の中に、一つ横浜のお菓子が混じっているのも
道程が分かって楽しいですね。
 
イチゴ狩り、昔々1度だけ行ったことがありますが、詳しいことは
記憶からすっぽり抜け落ちてしまっています(^^;)
いまやイチゴはハウス栽培が普通になりましたね。形よく綺麗で美味しい。
でもちょっと気楽には食べられない果物。大好きなんですけれど。
子供の頃は、家の周りに広がる畑(母の実家のもの)の一部で
父がイチゴを何畝か作っていたことがあって、それが私の誕生日近辺が連日食べごろ。
毎日のようにざるを持って摘んできて食べていました。贅沢ですねえ。
とてもいい思い出になっています。いつの頃からか作らなくなってしまいましたが。

投稿: ポージィ | 2011年2月26日 (土) 10:15

★佐平次さま、ありがとうございます。

我が家のおやつは娘のプレゼントで暮から食いつないでいます。
若い(娘は若者ではないが)人は私の気がつかないいろいろなのを知っていて、映画や本やもろもろおんぶにだっこ状態です。

投稿: tona | 2011年2月26日 (土) 13:06

★ポージィさま、ありがとうございます。

昔は畑のを摘んで食べていましたね。
久能山のは石垣でしたね。
懐かしいなあと思うほど、今はビニールハウスです。
ポージィさんも小さい頃は大変贅沢ないちご生活を送っていらしたのですね。
何畝もお父様がですか。今はこんなことは夢のまた夢です。

私もこの頃いちごが高くて、貰い物だけという感じです。たまにケーキに載っている一粒を大事そうに食べたりして。ちょっと惨めったらしい話になってすみません。

投稿: tona | 2011年2月26日 (土) 13:15

tona様
美味しそうなイチゴですね。静岡の「章姫」という事ですか。初めて聞きました。
インドの友人が来た際に筑後市長浜の友人が素晴らしいイチゴを作っており、インドに出したいと言っていたのを思い出しました。

近々筑後市の友人宅にイチゴ視察に行く予定です。イチゴの存在感は大きいですね。その面で農業が元気良いですね。世界のお金持ちは安全で美味しければ金は気にしないようで良いビジネスになるのでしょう。

娘さんご夫婦にはその内機会があれば是非筑後市のイチゴも訪問されますようお勧めします。

さっき我家の娘が近くの西友で美味しそうなイチゴが出て、良い匂いが漂っていたと言っています。シーズンです。

投稿: macchanny | 2011年2月26日 (土) 14:36

★macchannyさま、ありがとうございます。

あらまあ、ご友人が筑後市でイチゴを作っていらっしゃるのですか。
そして近々視察にお出でになられるとは!
「あまおう」「とよのか」でしょうかね。
33年前から4年間北九州市にいました。
その時はいちごは露地物を美味しくいただいていました。巨峰が美味しい県でした。
私も今日西友でイチゴを見ましたが、とても高値でした。

中国の富裕層は日本のササニシキを買って食べているそうですが、インドも桁外れの富裕層も日本のイチゴは気に入るでしょうね。
果物では柿とイチゴが特に好きです。

投稿: tona | 2011年2月26日 (土) 16:34

静岡は東海地方の一部ですから
あまりおみやげは届きません。
というのはわさび漬けも安倍川餅も
簡単に手に入るからです。

でも娘さんのお気持ちは嬉しいですね。
私の娘はあまり気前よくなくて・・・

ロシアを懐かしみながらブログを拝見しました。


投稿: matsubara | 2011年2月26日 (土) 17:30

★matsubaraさま

静岡は東京からは遠くて(山梨県の方がすぐ隣なので近いです)、降り立つことは殆どありません。
群馬や栃木などは出かけるのに、本当に縁がなくて不思議なほどです。

ブログを始めてからのすぐの海外旅行が韓国で、遠いのはロシアが初めてですね。
そんな昔のから読んでいただいて、ありがとうございます。
matsubaraさまの海外旅行編、トルコやイタリア、ドイツ、フランスあたりまで読ませていただいていますが、これからロシアを拝見します。

投稿: tona | 2011年2月26日 (土) 19:20

おはようございます
イチゴ大好きな私にとって、朝1の目に嬉しい画像が飛び込んできました。
ずいぶん大きい美味しいイチゴなのですね。
静岡のイチゴは、関西のスーパーには出回らないのかしらと、「あきひめ」を恋しく思いました。
こちらは専ら「あすかルビー」です。

娘さんご夫婦の嬉しいお土産でしたね。

投稿: anikobe | 2011年2月27日 (日) 10:31

いちご、美味しいですね~
嫁いできた数年は畑でいちごを作ってたのでピークの頃は配っても食べ切れなくて連日ジャムばっかり作ってたので家中甘い香りプンプンで、しばらくいちごはいいわって感じで軽く胸焼け気味でした。
今思えば何と贅沢な事を、と。
いちごといえば今年、今治で「寒じめあまおとめ」という糖度15度のいちごを売ってました。
日本一甘いいちごだよってPRしてましたが1粒100円以上もするいちごには手も足も出ません。
畑で作ってた頃が懐かしいです。。。

投稿: ちょびママ | 2011年2月27日 (日) 13:59

★anikobeさま こんばんは。

大分春めいて参りましたね。
でも寒暖の差が激しいです。

昔の小粒のいちごの何倍あるでしょう。
この頃大きくなりましたね。
そちらのいちごの名前が「あすかルビー」とのこと、いかにも奈良らしい名前です。
きっとまた違った味なのでしょうね。
イチゴ → ビタミンC → 風邪引かない
と繋がるのです。たくさん食べたいところです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年2月27日 (日) 19:03

★ちょびママさま

家でさくらんぼを作っている知人がさくらんぼを見るのも嫌だと言っていましたが、ちょびママさんがおっしゃることも同じでわかります。
こんな美味しい果物、なかなか高くて買えないので余計美味しく感じるという私です。
「寒じめあまおとめ」とは!またネーミングが素晴らしい。寒じめなどとうたわれると、日本1甘くて美味しそうです。
1個100円なんて残念ですが、とても口に入りませんね。
また畑に植えたくなるでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年2月27日 (日) 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/50967891

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡いちご:

« 成田山 | トップページ | 江戸時代の人材派遣 »