« 桜庭一樹の『赤朽葉家の伝説』と『桜庭一樹読書日記』 | トップページ | 『日本奥地紀行』イザベラ・バード著 »

2011年2月 4日 (金)

航空公園のオオタカ

冬の所沢にある日本の航空発祥の地「航空公園」です。東京ドーム11個分の広さです。

常緑の楠や樫の木は深い緑をたたえている中、ユリノキ、ユーカリ、イチョウは丸裸でながら、もう春の準備をしています。
枯葉に嘴を入れて虫を探す小鳥たち、今年はシロハラとシメを双眼鏡でばっちり見ることが叶いました。
シロハラはツグミの仲間で、大きさが全く同じながら、胸の黒斑がなく灰色っぽく見えます。小鳥の写真は難しくて撮れません。

               池にはカモたちが元気に泳いでいます。

Photo

Photo_2

   すると池の小島に何やら襲われたと思しき鳥の羽が散乱していました。

Photo_3

そこから石垣の上に目をやると、鳥の後ろ姿が。花と鳥の我が師匠の友人がオオタカと教えてくださいました。

Photo_4
オオタカといえば森や里山で大空を悠々飛んで餌を狙っている姿です。
このオオタカは狩りのしやすい池のカモを捉えて、今食事を終えて休んでいるようです。周囲にも羽などが散らばっているのが見えます。
苦労しないで餌にありつける池に常駐?しているのでしょうか。要領がいいのか、堕落したオオタカでしょうか?

            梅とロウバイの一角に来るといい香りに包まれました。

Photo_5

Photo_6 Photo_7

Photo_8

|

« 桜庭一樹の『赤朽葉家の伝説』と『桜庭一樹読書日記』 | トップページ | 『日本奥地紀行』イザベラ・バード著 »

コメント

航空公園はでっかいですね。まさに自然動物園です。
動物たちものびのびと生きていて、写真を撮るのも楽しい事でしょう。

大鷹は迫力がありますね。
写真が上手にとれて生態が分かる気がします。

ロウバイの甘い香りが匂ってくるみたいで大変にダイナミックなブログです。
松本

投稿: 松本 | 2011年2月 4日 (金) 19:55

★松本さま

ロシアや北海道などの北から来た渡り鳥が来て、寒い冬をここで過ごしているのですね。必死に今日の糧を探している姿は感動です。

この日オオタカを見て、手段にかかわらず、自分の食料を得なければならない動物たちは本当に大変なのだと思った次第です。

写真にはピンぼけが多くて見苦しいのに、匂いまで感じてくださってありがとうございました。

投稿: tona | 2011年2月 4日 (金) 21:52

オオタカですか~
そんな身近で見られなんてすごいですぅ。
でも羽の散乱を目にすると生々しさが。。。
生きていく上での弱肉強食ですもんね。
手をよごさずして肉を口にする人間の方が、よっぽどえげつないかも。
うちの庭にも今年からシロハラとシメがやってくるようになりました。
それを身を低くして見つからないように2階のベランダからこっそり撮影するのが楽しくて♪

梅はこれから、ロウバイは今まさに見頃のようですね~
ロウバイの甘い香りが嗅ぎたくて、思わず画像に鼻を寄せちゃいました(笑)

投稿: ちょびママ | 2011年2月 5日 (土) 00:39

都市近郊でオオタカが見られるなんて素晴らしいです。
こちらでも探せばあると思いますが、足を使わない怠け者ではだめです。
バードウォッチングする友人には同行せず写真を送り鳥の名前を問い合わせたりしているだけですから・・・

蝋梅も梅も季節にマッチしていますね。
オオタカと早春の花は、足で得られた貴重な写真ですね。
我が家の蝋梅は一本だけで貧弱です。

投稿: matsubara | 2011年2月 5日 (土) 08:22

★ちょびママさま、おはようございます。

弱肉強食の世界は、かわそうなんて言ってられないのですよね。
ライオンなどの狩りも死に物狂いでやっていて、ライオンの味方になったりして。
私たち大方の人は動物園のライオンと同じで、大変な野生生活をしてないなど考えますと、このオオタカからちょっと教えてもらっちゃったこともあります。

おぉ!お庭にシロハラとシメがやって来るのですか。いいなあ!
ちょびママさんは、いつも小鳥を上手にプロ級に撮影されていますね。
ロウバイを鼻寄せてまで鑑賞していただき嬉しい。ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年2月 5日 (土) 08:23

堕落したオオタカ!
私も堕落した人間です^^。
散歩好きさんのブログにもオオタカが出てます。http://tyougen777.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-06ea.html

投稿: 佐平次 | 2011年2月 5日 (土) 08:33

★matsubaraさま

今までは「おおたかの森」というところで、空を見上げ、らしいのに出会っただけです。
バードウォッチングは植物を見ることよりずっと難しいですね。
私は殆ど見つかりませんで、同行の師にいつもいる場所を教えていただいてやっと見つかるのですよ。
昨年はアオジ、今年はこの2種、これだけでもとても嬉しかったです。

我が家のロウバイこそ貧弱で今年はたった2輪が今寂しげに咲いているだけです。
たくさんのロウバイの木から漂ってくる香りこそ、贅沢なものです。この香りの香水があったらいいなあと毎年思います。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年2月 5日 (土) 08:58

★佐平次さま

野生の動物から見れば、人間は堕落していますよね。
私もココ数年ますます堕落してしまいました。ときは立ち上がらなくてはいけない!と引き締まったりもしますが。

凄いオオタカを拝見しました。どうしてこんな場面が撮れるのでしょう。
散歩好きさんって兎に角凄いの一言です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年2月 5日 (土) 09:02

ご無沙汰しました。

本当に行動的で羨ましい限りです。
写真、お上手ですね。

見る目がしっかりされているから、我々にもストレートに伝わるの
だろうという気がします。

オオタカ、堕落したとは・・・
そう言い切られると可哀想な気がします。
我々人間よりはずっと自分の足で立っている存在だと思います。

今の日本、目を覆いたくなることばかりです。

投稿: もみじ | 2011年2月 5日 (土) 09:43

★もみじさま

お久しぶりです。
ヘタな写真なのにありがとうございます。

このオオタカを見て複雑な気持ちでした。
こうした動物を見ると人間こそ堕落しているのだと感じます。
ワイルドライフの番組で、動物たちの果敢な戦いや餌争奪を観て人間は本当に今、いろいろなもの失った上で生活しているのがわかります。一方飢えや凄く厳しい生活をしている人もたくさんですしね。

おっしゃるように次々と凄惨な事件が起きてどうなってしまったのだろうと悲しくなります。

投稿: tona | 2011年2月 5日 (土) 10:03

あ、ここは茂彦さんも時折行かれる公園ですね。

水鳥たちが水面に描く模様がとっても美しいです。
tonaさんたちが立ち止まったのに気づいて、何かもらえるカモ~
と期待して一直線に泳いできたって感じです(笑)
ここにはオオタカもいるのですか。狩りの後が見られたのですね。
うちのすぐ近くの畑にもまた鳩?の羽が散乱していましたから、
きっと何か猛禽類の食糧になったのでしょう。
ここに住むオオタカは堕落しているわけではなく、獲物が多く狩りがしやすい
場所をうまく縄張りにできたということでしょうね。

ソシンロウバイが群れ咲く一角、スポットライトが当たっている
みたいですね。良い香り…記憶がよみがえります。

投稿: ポージィ | 2011年2月 5日 (土) 14:06

★ポージィさま

そうです。茂彦さんのお庭みたいな公園です。
私も20分も電車に乗ると航空公園駅に到着して、大変近いです。

カモたち一目散に私たちを目がけてきました。誰かが餌付けしているらしいです。
井の頭公園は禁止されてから、誰も寄ってこなくなりました。自分で立派に池から餌をとれるカモに変わっていきましたね。それはオナガカモからキンクロハジロへです。
そちらにも猛禽がいますか。
動物には縄張りがあるのですね。この縄張り争いとメスを奪い合う争いはオスにとって実に大変、TVで観てても気の毒になったりしています。
動物はオスに生まれると大変だなあと。

ロウバイや梅が香は毎年の今の楽しみです。
ポージィさんも思い出してくださった!ありがとうございます。

投稿: tona | 2011年2月 5日 (土) 18:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/50775274

この記事へのトラックバック一覧です: 航空公園のオオタカ:

« 桜庭一樹の『赤朽葉家の伝説』と『桜庭一樹読書日記』 | トップページ | 『日本奥地紀行』イザベラ・バード著 »