« 木蔦の葉の不思議 | トップページ | 『お箸の秘密』三田村有純著 »

2011年3月 6日 (日)

春を歌おう

♪春を歌おう♪ 小林純一作詞 中田喜直作曲

1.春を歌おう このやわらかい光のもとで
  花が木の芽が背伸びして
  待ち望んでいた春!春が来たんだ
  あなたの町でも歌ってる 歌ってる 私の町でも歌ってる 歌ってる
  春天来了(チュンティェンンライラ) ポミワッタ ヴェスナーナスターラ 春がきた 
   (中国語、朝鮮語、ロシア語の春が来たの意味)
  ああ ポミポミ 春がきたんだ
  ああ 春春 春が来たんだ

2.春を歌おう この暖かい風のなかで 
  重いセーター脱ぎ捨てて
  駆け出したくなる春!春が来たんだ
  あなたの町でも踊ってる 踊ってる 私の町でも踊ってる踊ってる
  春天来了 ポミワッタ ヴェスナーナスターラ 春が来た
  ああ 春天春天 春が来たんだ
  ああ 春春 春が来たんだ

春が来た喜びをこんなふうに歌詞と曲で歌い上げる楽しい曲を、暖かいこの日、歌ってきました。

今日はコーラスの、年に一度の発表会で歌ったのは12曲。
今年は中田喜直の童謡6曲と春夏秋冬の曲6曲でした。この「春を歌おう」の他「夏の思い出」「ちいさい秋見つけた」「雪の降る町を」「心の窓にともし火を」「ねむの花」と懐かしい曲ばかり。 
暗譜してなかった童謡は昨晩からの一夜漬けで、夫に[一夜浅漬け]と言われました。
兎も角終わって、私には春が来ました!

                        道端でも春!

Photo

         23区内はもう沈丁花が8分咲きで、とても良い香りが漂う

Photo_2

Photo_3

今日の会場の文化祭では南方のカンアオイ(寒葵)が展示されていました。2,3月に咲くのは沖縄から九州四国までで、4月にならないと本州を北上しないとのこと。
↓パンダ寒葵(中国四川省原産)パンダに似ている?パンダと同じ四川省原産とはPhoto_4

              ↓キウイ寒葵(中国原産)中がキウイの色

Photo_6

===================================

間宮林蔵と最初に樺太探検をした松田伝十郎は吉村昭氏が書いているところでは

強靭な精神力と頑健な肉体を持ち、
豪胆でありながら思慮深く
病にかからぬ工夫  

をした人です。何とも羨ましく頼もしい人が情報の少ない時代にもいたものです。

今なら差し詰め宇宙飛行士がこんな条件を揃えているのではないでしょうか。
若田光一さんが今度は13年末からISSに長期滞在して船長として指揮を執ることになりました。
語られた抱負が「日本人の和の心を大切にしチームをまとめていきたい。少なくとも1日3回の食事時間はみんな顔を合わせ、コミニュケーションを図る・・・」
草食系なんていう言葉なんて早く消えて、こんな逞しい人がどんどん出てほしい日本です。

|

« 木蔦の葉の不思議 | トップページ | 『お箸の秘密』三田村有純著 »

コメント

この歌を知らないので曲調とか分かりませんが、歌詞からだけでも春が来た喜びに体が勝手に踊りだしてしまうような、そんな楽しい躍動感みたいなのが伝わってきます。
12曲も歌われたtonaさん、お疲れ様でした。
会場で聴いてみたかったです。
わっ、そちらの方がお花の開花が早いような。。。
tonaさんの春の歌にいっぺんに咲いちゃったかな(笑)

投稿: ちょびママ | 2011年3月 7日 (月) 01:57

★ちょびママさま、ありがとうございます。

春と名が付く童謡・唱歌のたぐいは知っているだけでも17曲もありました。
この曲は歌詞もいいのですが、最初春なのに短調で、途中から長調になるのです。
もしかしてどこかでお聴きになっていらっしゃるかも。

あれっ、春春と浮かれていたら、先程の雨が、今外を見たら雪になってしまいました。びっくりです。
東京の田舎に住んでいるのですが、都心は外で何でも越冬できてしまうくらい暖かくて、その点羨ましいのです。


投稿: tona | 2011年3月 7日 (月) 08:37

挙げられた曲の内知らないのが唯一その曲でした。楽しそうな曲ですね。

投稿: 佐平次 | 2011年3月 7日 (月) 09:20

ほんとうに、もう、心から春の訪れを喜んで気持ちが浮き立つ感じが
よーくわかる歌ですね。もしかしたら聞いたことがあるかも??
コーラスの発表会でいらっしゃいましたか。一夜漬けでも一夜浅漬け?でも(笑)
気持ちよく歌えることがいちばん! 歌い終えられてtonaさんご自身にも
春が来た、と感じられたお気持ちよく分かります。
お天気は今日またもや冬に逆戻りですが~~

都心では沈丁花がもうこんなに咲いていましたか。うちの方ではどうかしら?
ご近所にないので春の香の便りが届きません。

投稿: ポージィ | 2011年3月 7日 (月) 10:14

私も↑のように、この中では一つだけ知りませんでした。
でも、中国語と韓国語だけは分かります。
少しかじりましたので・・・

もう花韮と沈丁花が咲いているとは早いですね。
こちらは今は雪は降っていないのですが・・・

寒あおいは珍しいですね。
写真でしか見たことがありません。

宇宙飛行士の勇気にいつも感心しますね。
私でしたら、ガガーリンも短命だったので
避けて通る道ですね。
能力もないのですが・・・

投稿: matsubara | 2011年3月 7日 (月) 10:19

マイブログへ起こし戴きありがとうございました。
tonaさんは世界中、あちこちお出かけのようですね。
そして歌も・・・

中田喜直作曲の♪春を歌おう♪は私の知らない歌ですが、こうして詩を拝見すると
春が来た歓びを精一杯現している歌ですね。
沈丁花の香りがどこからか漂い、山を歩けば「カンアオイ」にも出会えそうです。


ところが、昨日は「春風」が吹いていましたが今日は一転雪景色となりました。
春はなかなかスムースにやってきませんが、だからこそモクレンや桜が咲きだすと
感激が大きいのかも知れませんね。

叉時々寄せて戴きますが、今後とも宜しくお願い致します。

投稿: naoママ | 2011年3月 7日 (月) 13:28

★佐平次さま、ありがとうございます。

私も題名では知らなかったのがこの曲ですが、聞いたら知っていたのですよ。
佐平次さんもきっとかつてお聴きになったことでしょう。
これから毎年春になったら嬉しくて歌います。

投稿: tona | 2011年3月 7日 (月) 15:08

★ポージィさま、ありがとうございます。

ええ、そうですよ。曲を聞いたらああ、これだと思われるでしょう。
昨日はすっかり春の気分でしたが、今日は雪が午前中降っていました。
今回はやさしい歌でしたので、覚えたての歌詞もありましたが、楽しく歌えて、客席にどんな方がいらしているかなど観察する余裕ができました。
この日一区切りついたと思ったら、更に嬉しくなってしまって打ち上げの後、飛んで帰りました。

23区は氷が張ったのが1度くらいしかなかったらしいです。コエビソウだってアロエのようなサボテンなども皆外です。最低気温が高いのですね。
この沈丁花の咲き具合は2週間は早いのではないでしょうか。
梅の香りに酔っていたら、次は沈丁花、確実に春が。桜が待たれます。

投稿: tona | 2011年3月 7日 (月) 15:22

★matsubaraさま、ありがとうございます。

今日は午前中雪が降っていましたが、雨に変わって雪化粧が瞬く間に消えました。
一雨ごとに暖かい春へ向かうのですね。
韓国語をされたそうですが、私は昨年行ったのに、何もわかりませんでした。勉強しないのですから当たり前ですが、挨拶くらいは勉強するべきでした。そうしたら楽しいのにね。
日本に入ってきた中国産のカンアオイはこの2種類だけだそうです。
カンアオイは山でも見かけるようですが、このあたりではタマノカンアオイというう種類がやがて咲きます。そちらにもあるのでしょうね。

宇宙飛行士では向井、山崎両女性飛行士も後に夢をつないでくださったことでしょう。
体に負荷をかけるから寿命にも影響するのでしょうか?

投稿: tona | 2011年3月 7日 (月) 15:34

★naoママさま

さっそくご覧いただき、コメントありがとうございました。

エジプトは18集までUPされておいでですが、最初の方がまだですのでゆっくり拝見させていただきます。
今まででどこが1番?と問われますとエジプトと答えるほどです。
あの頃殆ど写真に撮っていませんでしたので、naoママさんの素晴らしい写真に目を奪われております。ハトシェプスト葬祭殿で、行った次の年でしたか、日本の添乗員さんが射殺されて痛ましかったことなども思い出しておりました。

今日は雪になってしまいましたね。春の淡雪はそれでもすぐ消えてしまいましたが。
春が待ち遠しく、来たときの喜びを表した素敵な詩です。
歌いながら木蓮、辛夷や桜が咲くのを待ちましょう。
今年もまた山が呼んでいます。カンアオイにあえたらいいと願っています。
どうぞこちこそ宜しくお願いいたします。

投稿: tona | 2011年3月 7日 (月) 15:54

tona様
「春を歌おう」は良い詩ですね。
家内が楽譜があればピアノで弾いてみたいと希望しています。
もし手に入りましたらと。
macchanny

投稿: macchanny | 2011年3月 9日 (水) 12:14

★macchannyさま

明日、出かけますが夫が楽譜をコピーしてくると言っております。
もし良かったらご住所を教えてください。
帰りましたらお送りします。

投稿: tona | 2011年3月 9日 (水) 19:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/51050067

この記事へのトラックバック一覧です: 春を歌おう:

« 木蔦の葉の不思議 | トップページ | 『お箸の秘密』三田村有純著 »