« 大地震 | トップページ | ボランティア »

2011年3月18日 (金)

買いだめなど

あれから1週間が過ぎました。実は震度5の揺れを体験してないのです。
11日にまさか大地震が起こることなど知る由もなく、呑気に10日に倉敷、山陰に出かけました。11日3時頃バスで、誰かの携帯に大変なことが起きているとメールがありました。そこで皆連絡をとったのですが、殆どの人の携帯はその日通じませんでした。私もやっと夜半、娘と連絡が出来たら、何と帰れないで都心のビルで一夜を明かすとのこと、7階とかで余震でかなり揺れているが無事であることがわかって一安心でした。翌日は観光も一部打ち切って、飛行機も飛んで帰ってきたのでした。家ではかなり物が落ちていたようで、かなり怖かったであろうと思ったことでした。

前記事を書いてからも今日で4日目、次々と報道されて明らかになっていく惨状や、思いもよらぬニュースに一喜一憂します。
そんな中、増え続ける死者・行方不明者のことや原発事故による放射能被爆不安が重くのしかかってもきます。
原発に関するその構造や爆発の経過もろもろTVの解説で見てこんなだったのだと今までの無知、無関心を恥じたものです。
必死の放水にもかかわらず、事態はますます悪化しているような感じで、大丈夫という楽観論も外国大使館の大阪移転や外国人国外退去に急に尻すぼみで、情報が届く茶の間でもおののく始末です。

今日、お米も少なくなったので小麦粉を買いに出かけましたが、スーパーで入場制限していて店員が「入荷したばかりの米、トイレットペーパー、パン、牛乳は売り切れです」と叫んでいました。牛乳はあるけど、パックが東北で造られているのでないというわけ。
一体お米を買えた人は何時から待っていたのか、お米が入荷するかわからなのだから毎日待っていたのか、凄いことです。
店内では納豆もなくなり、また店員が「バナナやモヤシはお一人一つでお願いします」と叫んだらどっとそこへ人が押しかけカゴに入れていました。なんか煽られてなくなるという恐怖観念に捕らわれる心境になるのですね。

今朝の朝日川柳に
 [ にっくきは 投資家 買いだめ サギにデマ ] う~ん上手い!

で、お米なのですが、娘からのメールで、婿さんが某地下食品売り場で米2kgを買ったからあげますというので、慌てて夫が同じ店へ駆けつけたところありました。その後すぐなくなったようですが。
婿さんはお米を抱えてそのまま仕事に行ってくれたのですね。感謝です。とりあえず計6kgのお米で、今日の蒸しパン作りを明日に延期です。

電気が使えないということで昨日は2冊も本が読めたのでいいこともありです。働いている人、ごめんなさい。

|

« 大地震 | トップページ | ボランティア »

コメント

実は私もその日は京都御所の見学をしていて地震を知りませんでした。
京都駅の新幹線下り案内時刻が3時半とあり、びっくり。4時過ぎに行ったのに・・・
駅員が急いで新快速に乗って下さいというのでそのまま在来線で帰宅しました。

倉敷では分からないでしょうね。大阪は少し揺れたそうですが・・・
京都も揺れたはずですが、屋外では・・・

こちらでも単一電池が切れていたり影響はありますが、停電はありません。
しかし、いつ東海地震が発生するか分かりませんので、先日の静岡地震は恐怖でした。
今もおどおどしています。

投稿: matsubara | 2011年3月19日 (土) 12:41

★matsubaraさま

大地震のときは鳥取砂漠を過ぎた浦富海岸でした。
matsubaraさまは京都でしたか。私と割合と近いところに居らっしゃったのですね。
動いている電車に乗ることが出来て良かったです。
地震が静岡まで行ったのには驚きました。
昨日当たりから余震があまり感じられなくなってきましたが、この一週間、日本はどうなるのかと暗い気持ちでした。
あとは原発がどうなるか未知な部分が多くて心配です。
もうこれ以上東海地震なんて起こらないでくださいと、神様にお願いしたりですね。

投稿: tona | 2011年3月19日 (土) 14:18

買いだめには困ってしまいますね。
テレビでは会津に品物がないという事が報道された様ですね。
ガソリンにしても行列で並ぶものだから
あっちこっち交通渋滞が起きているようです。
デマに踊らされ、あっちこっちとスタンドまわり。
それでなけなしのガソリンを使い切っている車が多数あるようです。
でも数日前から比べると、少しずつですが入れられるようになっているみたいで
週明けになったら、随分良くなるのではないかと思うんですよ。

投稿: pochiko | 2011年3月20日 (日) 01:11

東京の緊迫感・大変さが伝わってきます。想像以上です。奈良の田舎町ではそのようなことはなく通常に近い状態です。
災害は忘れたころにやってくる、の言葉がありますが日頃から非常用に最低限必要なものの準備を怠らないことを痛感し、早速忘れていた水や非常食等を手当てした次第です。

投稿: macchanny | 2011年3月20日 (日) 08:08

★pochikoさま

本当にお疲れさまでした。
ご家族が無事であったことが何よりでした。

車のガソリンを求めて何千里、それでガソリンがなくなってしまうなんてとても皮肉な話です。車がないと大変な地域の人に次はガソリンを回して欲しいですね。
昨日当たりから急激な救援の輪が作動したようで少しテレビを見ながらほっとしています。
週明けにはいろいろな物資もそちらに届くでしょうね。

投稿: tona | 2011年3月20日 (日) 08:50

★macchannyさま

東海地震について子供の小学生の頃騒がれまして、その時緊急用として色々用意し、防災頭巾まで用意しました。
あれからだんだん忘れてしまって、用意したものも引越しで捨ててしまったらしくありません。
おまけに平和の中にドップリですっかり防災について頭から抜けてしまいました。
この度反省させられました。
私もmacchannyさま同様、今は乾パンなどもないですが、あり次第揃えようと思いました。
お気遣いありがとうございました。

投稿: tona | 2011年3月20日 (日) 08:57

地震時は山陰を旅されていたのですね。
無事にお帰りになれて何よりです。
携帯が通じず、ご家族の安否が取れないのが一番不安でしたでしょう。
我が家のお嫁ちゃんは実家のお母様と「ツィッター」で連絡しあっていたようで、私も「やりましょう」と声をかけられました。
60歳をすぎてもまだまだ覚える事はたくさんありますね。

買占めの光景は凄まじかったですね。
小麦粉を買われたところは私と同じです(笑い)
戦後の物不足の時代に育っていますから、粗食には耐える自信がありますね。
我が家近くの計画停電が行われない地域のスーパーは大分落着きました。

ブックマークをありがとうございます。
私も貼らせて戴きます。

投稿: naoママ | 2011年3月20日 (日) 09:35

政府や行政に信頼がないから買い占めざるをえない人もいるのでしょうね。

投稿: 佐平次 | 2011年3月20日 (日) 12:56

★naoママさま

娘のビルが風でも揺れるというおんぼろビルと聞いていたので、倒壊の恐れがあるかと心配になりました。心配というのはついつい、悪い方へ悪い方へといくものなのですね。

「ツィッター」ですか。難しいというか手ほどきを受けないと。私も一応8ヶ月前につぶやいたのですが、広げることも出来ず、またフェイスブックも名前と写真まで入れてしまったのですが、ちっとも使ってないと本部からメールが来てしまいました。
ちょっと無理そうです。

小麦粉ではまず蒸しパンとすいとんとインディアンパン(ドーナツみたいのです)を作ろうと思っています。
でもそろそろお米が手に入るようになるかもしれませんね。不作の年とは違うわけですから。
このままいけば大丈夫のようですね。
ただ停電は原発が駄目になったので、火力水力が復活しないと4月いっぱいあるのでしょう。早稲田大学の授業は5月からとか。まだまだ関東も正常になるまでかかりますね。
ブックマークありがとうございます!

投稿: tona | 2011年3月20日 (日) 15:36

★佐平次さま

そうなんですよね。
でも今回は被災地のあまりの惨状に、まだまだ足りていると、工夫次第でどうにでもなると、私は控えました。

佐平次さんは本が読めて読めて・・でしょう?

投稿: tona | 2011年3月20日 (日) 15:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/51154315

この記事へのトラックバック一覧です: 買いだめなど:

« 大地震 | トップページ | ボランティア »