« 回文 | トップページ | 川海苔を味わってみたいが »

2011年4月13日 (水)

春の丘陵

東京駅そばの丸善の「松岡正剛コーナー」が凄い!
たくさんのジャンル別ごとに選ばれた本が向きもいろいろに並べられている。
凡そ今まで読んだこともないジャンルの「読んでみようかなあ」という気にさせるような本を、縦横に無造作にシックな本棚に納められている。
世の中にはこんなに畑違いでも面白そうな本があるのだ、と偉く感心して、でも1冊も買わないで帰ってきたのです。まだの方はぜひ覗いてみてください。

===============================

近くの丘陵もまさに桜が満開です。でも人が殆ど見えません。お花見の独占状態でした。
ソメイヨシノもヤマザクラもオオシマザクラもが競演です。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

                    ↓オオシマザクラの花

Photo_5
↓小さいころから原っぱが好き。ヒメオドリコソウを踏むのが可哀そうで歩けなかった。

Photo_6

          ↓ヒトリシズカ 年々減ってしまう。もう数年で絶滅かしら。

1

2

  ↓ニオイタチツボスミレ スミレ色が何とも美しく高貴。匂いませんでした。

Photo_7

↓ミツバツチグリ(バラ科キジムシロ属)の葉は3枚複葉。そっくりの花にキジムシロがあるが、こちらは花後に葉が大きく展開して、雉が休めるような広さになるというのである。来年まで覚えていないでしょう。

Photo_8

    ↓モミジイチゴ(バラ科キイチゴ属:別名黄苺)葉がモミジみたいです。

Photo_9
                     ↓白いボケの花

Photo_10

前回も書きましたが、ここを歩いた時に子供が挨拶してくれたのですが、今回もわざわざ自転車から降りて「こんにちは」の挨拶、そしてまた通りかかった子たちが声をかけてくれる。学校か家庭か両方で挨拶を教えているのでしょうか。徹底していて本当に感心です。

|

« 回文 | トップページ | 川海苔を味わってみたいが »

コメント

この丘陵、お近くなのですか。とても素敵な場所ですね。いいなぁ…
こんなところ歩きたいです。このところ公園歩きもできずに何週間も
経ってしまって、ちょっと飢餓感です。
丘あり水辺あり原っぱあり、桜も数種が咲き足元にも可愛い野の花が色々。
こんな場所をほぼ独占状態でお歩きになれたとは、気持ちよかったでしょうね。
自然に接して心豊かになられ、子供たちの気持ちのよい挨拶にさらに
豊かになられたのですね。

投稿: ポージィ | 2011年4月14日 (木) 09:15

自然がいっぱいで東京とは思えません。
ヒトリイズカまで見られるとはよろしいですね。

東京駅八重洲口の本のビルにはすべてが
揃っていてよく寄るのですが、上には
上があるのですね。
後は神保町の古書店まわりもよくします。

投稿: matsubara | 2011年4月14日 (木) 16:57

★ポージィさま

東京の埼玉県側に近い外れにある丘陵ですが、自然いっぱいです。
山沿いに咲く花まで咲いていたりしてなかなかいいところです。
本当に家にじっとしていてテレビのニュースばかりでは滅入ってしまいましたね。
お花はポージィさんもそうでしょうが、本当にそのときだけでもいやなことが忘れられます。花と友達になれてよかったと思っています。
コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2011年4月14日 (木) 19:53

★matsubaraさま

私の住んでいるところより北西のはずれで、トトロの森のところです。
保護されているのです。
ヒトリシズカはなかなか見られませんから嬉しかったです。

八重洲ブックセンターですね。以前よく行きました。丸善本店に入ったのは初めてですが、並べ方がまた一味違うように思えます。
神保町は学生時代以来御無沙汰です。
コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2011年4月14日 (木) 20:01

本当に、本当に文学が好きなんですね。伝わってきます。
ヒメオドリコソウ、ヒトリシズカと見た記憶もありません。
どんな花も優等生みたいに生き生きと咲いています。
macchanny

投稿: macchanny | 2011年4月14日 (木) 20:58

★macchannyさま

小さい頃から本が好きでしたが、この頃根がなくて情けない限りです。
また大きな字でないと読めないです。
食わず嫌いというか、自分がほんの一部の分野の本しか読んでないことに驚いたほどです。
ヒメオドリコソウはそちらでも今ごろたくさん咲いているでしょうね。
お忙しい中コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2011年4月15日 (金) 08:25

松岡の「千夜千冊」、凄いですね。
とても付き合いきれません。

投稿: 佐平次 | 2011年4月15日 (金) 11:19

★佐平次さま

本当に凄い方です!
あの書棚には一体何冊並んでいるのでしょうか。
千冊を味わうのに私なら10年かかって、ほぼ寿命になりそうです。
無駄な寄り道もあまりしていられそうもないです。
コメントをありがとうございました。

投稿: tona | 2011年4月15日 (金) 14:41

丘あり、池(?)あり、花畑ありでとても良いところのようです
弁当を食べて、読書して昼寝にはもってこいですね

投稿: OB神戸家 | 2011年4月15日 (金) 17:21

★OB神戸家さま、こんばんは。

池?の「?」思われたということはかなり眼がよいですね。アスファルトなんです。私は水と間違え、ずっとそう思っていました。た。
西欧人なら、きっともうこんな丘や原っぱで昼寝ですね。
ふふふ、神戸家さんもお昼寝いかがでしょう。
コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2011年4月15日 (金) 20:25

いい1日を過ごされましたね。
東北の方に申し訳ないけれど、我々は落ち込んでいては駄目ですよね。

例年なら満開を待てずに7部咲きくらいで楽しむ桜並木を、今年は
散り初めになってやっと歩いてきました。

ヒトリシズカが東京で見られるなんて・・・

モミジイチゴ、可愛い花ですね。これは是非お目にかからねば。

いつも珍しい、可愛いお花を沢山見せていただき感謝です。

投稿: もみじ | 2011年4月16日 (土) 10:31

★もみじさま

1ヶ月間本当に暗い気分でしたが、ちょっと歩くと少し元気が出ますね。
もみじさんも満開過ぎて桜を観賞されたのですね。
やはり春は桜から本番です。

ヒトリシズカはなかなか出会えませんが、モミジイチゴは丘陵に行くと見られます。
葉がモミジによく似ています。この花が実を結んでイチゴがなるのですね。
コメントをありがとうございました。

投稿: tona | 2011年4月16日 (土) 16:40

 こんにちは。
 美しい花々の写真に、心和ませていただきました。
 ソメイヨシノもいいですが、オオシマザクラの白と緑が混ざった色彩も、さわやかでいいですね。今年はあちこちで見かけて、特に心惹かれるものがありました。
 また、ボケやイチゴなど、植物園で見かけたような花が、野生の自然の中で力強く咲いているのを見られて、感動いたしました。

投稿: Nora | 2011年4月18日 (月) 14:42

★Noraさま、こんにちは。

Noraさんのお庭のような赤塚植物園の花を見させていただいています。
目まぐるしくたくさんの種類のお花が咲くのでびっくりです。
あれ以来遠くて行かれないのですが、まあ、Noraさんに見せていただいているのでありがたいです。

おしゃるようにオオシマザクラはあの白と緑が美しい桜ですね。
そしてヤマザクラは茶色の葉がいっしょでこの2本が並ぶとひなびた雰囲気さえ出ています。いいものです。
モミジイチゴですが今日高尾山では真っ盛りでタチツボスミレとの競演でした。
ありがとうございました。


投稿: tona | 2011年4月18日 (月) 16:47

こんな絶景のお花見スポットがあるのには驚きました。
来年には、忘れずにぜひ行ってみたいと思います。
子供たちの挨拶も素晴らしい。
4月10日のブログで紹介されている本、
面白そうですね。
歳のせいか、根気がなくなって、難しい本は
なかなか読めません。
紹介されていた本、面白そうなので、今日注文しました。

投稿: 茂彦 | 2011年4月19日 (火) 10:54

★茂彦さま

六道山、石畑公園あたりです。
埼玉県と東京都が入り組んでいる狭山丘陵ですね。
桜の季節は特にすばらしいところです。
今年は人がいなかったですよ。
お花見まで自粛したのですね。

そうですか。この本を注文されたのですね。
簡単ですぐ読み終わってしまいますが、お孫さん(もう皆さん大きかったのですね)も喜ばれるかしら。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年4月19日 (火) 13:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/51380064

この記事へのトラックバック一覧です: 春の丘陵:

« 回文 | トップページ | 川海苔を味わってみたいが »