« ハンガリー一周(4) ―完― | トップページ | 算額と『天地明察』 »

2011年5月31日 (火)

ドーミエとグランヴィル展 ~戯画と挿絵の黄金時代~

Photo

アイリスあるいはハナショウブの花弁の黄色い部分がこんなに盛り上がっているに初めて気が付きました。アヤメにはなかったです。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*

Photo_8 Photo_9 ルイ16世とマリー・アントワネットが18世紀末に処刑され、ナポレオンも失脚後ルイ18世→ルイ・フィリップ→第2共和制→皇帝ナポレオン3世→1958年の第5共和制まで革命の連続で、疲れて国がよくぞダウンしなかったと感心するばかりです。

ドーミエとグランヴィルはそのルイ・フィリップ王の治世(1830~1848)の王とその閣僚を題材にユーモアと痛烈な批判をともなう風刺画を日刊の風刺新聞や週刊誌などに発表した。
ルイ・フィリップは太っていて、大きな飛び出たお腹が強調され、ある人は極端に痩せていたり、鼻がとがっていたり、しゃくれていたりで人物の特徴をうまく誇張して捉えて可笑しい。ただ風刺の的となる歴史的背景や内容がわからないので、滑稽なタッチから想像しているのですが。市民から絶大なる人気を博したのも頷ける。実に細かく確かなデッサン力は驚くばかりです。

さすがに1835年には言論弾圧法で中断される。その後
ドーミエは都市の社会風俗、したたかに生きる中産階級や労働者、平凡な庶民の姿を描いた。彼の彫刻も人物の特徴を捉えて面白い。

グランヴィルは、風刺画の時も用いていた動物や植物を擬人化して挿絵を描き(後のピーター・ラビットやム―ミンなどを思い起こす)、更に鉱物や器物など無機質なものまで擬人化してしまうのです。
例えば「釣り好きの頭の中」とか「人間から野獣への変身」などよくまあこんなにいろいろなことを考えたものと、おかしく、また楽しい作品群でした。菅さんの頭の中などを思わず想像してしまいました。

殆どリトグラフですが、木口木版もありました。
三鷹市美術ギャラリーはかなりたくさんの作品を集めたものです。( 5/29で終わってしまいました)

|

« ハンガリー一周(4) ―完― | トップページ | 算額と『天地明察』 »

コメント

菅さんの頭の中は空洞でしょう。
権力と人気を感じる磁性が頭骨に内在してる。

投稿: 佐平次 | 2011年6月 1日 (水) 09:27

ジャーマンアイリスにこんな突起を見た覚えがありますが、他の似た花たちの
どれにあってどれに無いか意識したことがありませんでした。
いわれてみればアヤメにはありませんね。

面白い展示会をご覧になったのですね。デフォルメされた人物像などは、
ついくすりと笑ってしまうものが多いですね。
デフォルメは、対象をよくよく観察していないとできない技だなぁと思います。
社会や政治を風刺した絵は、いつの世どこの国でも、民衆の溜飲下げるのに
一役買っていたのでしょうね。
菅さんの頭の中はどんなかわかりませんが、批判しているだけの
他の政治家諸氏の頭の中がすばらしいとも思えません。

投稿: ポージィ | 2011年6月 1日 (水) 10:04

あやめとかきつばたそれに花菖蒲の見分け方にこんな突起のことも言われていたように思いましたが、季節が過ぎると忘れてしまいます。
生け花の活け方も違うように習いました。
葉の組み方ですが・・・

ドーミエは個性的な画家ですが、もう一人のグランヴィルについては全然知りませんでした。

菅さんは大臣になる前と今とあまりにも豹変し驚くばかりですね。野党の時の勢いは消沈し借りてきた猫みたいですね。
むにゃむにゃ何を言ってるのか一貫性も主張もありません。
選んだ国民にも責任があります。
私は選ばなかったのですが・・・

投稿: matsubara | 2011年6月 1日 (水) 10:24

★佐平次さま

人の頭の中をとやかく言えない私なんですが(私は空洞化が激しいです)、菅さんが、あまりにじれったくなって思ってしまいました。
権力はわかりますが、人気があると思っているのか、とにかく不思議な構造みたいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年6月 1日 (水) 16:06

★ポージィさま

アヤメ、カキツバタはなくて、おそらくイチハツもないでしょうか。
なんか歯ブラシのようですね!

デフォルメ出来るということはその芸術的技術と頭もよくなくては描けないですね。
今はこれが統制された国は少なくなりましたけれども、当時のフランスで最初は何ら咎を受けなかったので傑作が残ったのですね。彼らは投獄されながら、なお違った形で描き続けたことは凄いことでした。

ホント、他の政治家諸氏の頭の中もかなり権力などうごめいて、片隅にちょっと震災のことが占めているといった状態でしょうか。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年6月 1日 (水) 16:19

★matsubaraさま

やはりアヤメ、カキツバタと花菖蒲の比較するときに、この突起も1つの焦点になるのですね。
生け花でも活け方が違うなんて面白いです。

グランヴィルについては私も全然知りませんでした。ドーミエより変化に富んでいて面白く、なぜ知られていないか不思議になるほどです。

菅さん、本当に一貫性も主張もない、おっしゃる通りです。
こんな災害の時に何を言っているのかわからないほど、元気のないぼそぼその話し方は与謝野さんともども情けないです。オバマ大統領を見習ってほしいです。
実行不可能なマニュアルに乗って選んだ国民に責任ありですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年6月 1日 (水) 16:29

tona様
今日不信任決議案が否決されました。
国民の60%は政権へ不信任でした。
しかし、民主党現政権は続く事になりました。菅さんへの信任ではなく取敢えず政治家が一丸となって震災対応をして欲しいという意志の表れでしょう。菅さんは総理としての器ではなく政治的には訓練も努力もしていません。単なる政府を批判し続けた極左の闘士だけの事です。
いつも問題が起これば数人の側近と話し色々と決めてきたわけです。

しかし権力は手離さない。権力亡者になっている。
もっとバランスのある人が総理になって欲しい。信頼できる優秀なブレーンを持っている人が必要です。
クリントン国務長官は活躍していますね。日本を助けてくれていますね。
この国難、そんな人でてきませんかね。
1年以上続く政治家がでてきて欲しい。
政治の話でごめんなさい!

投稿: macchanny | 2011年6月 2日 (木) 20:20

★macchannyさま

コメントありがとうございます。
国民の願いとは裏腹に菅さんの「震災対応メドが付いた段階で辞任」の発言で不信任決議案が否決されました。
今度は何時菅さんがやめるかに焦点が変わってきました。
菅さんの前身をおっしゃったように考えますと、まさにそれだけで総理の器ではなかったのですね。選んだ民主党の党員にも責任があります。
ずっと一年も持たない総理、諸外国も呆れています。ちゃんとした総理はいないものでしょうか。そんなに人材不足の日本になってしまったのでしょうか。
ますます大変な局面に日本は立たされていることはありますが。
「良きリーダーよ現れよ」切なる願いは被災地の人はさらにそう思うでしょう。こんなときにこんな国会を嘆いてる人が被災地には多かったですね。

投稿: tona | 2011年6月 2日 (木) 20:47

tonaさん、おはようございます(^-^)…ご無沙汰いたしましたm(_ _)m
相変わらず精力的に行動なさっておられて…その体力が羨ましいです(^^;

皆さま感じられることは同じようですねぇ…(;-_-) =3
政治の世界は…すべての事案を政局にしか考えられないようです…
医療・福祉で充分失望していますので…
震災のことだけ良くしてくれるとは、もはや考えられません…
良くしてくれるとは考えないで…個々人が自覚を持って生きていくしかなさそうです…
もはやこの国にはリーダーは存在しないのでしょう…
為政者がつまらない権力闘争で国を滅ぼすのは、今も昔も変わりないようです…

あり得ない事ですが…解散して…国民が誰も選挙に行かない!という現象が起きれば…
状況は変わるのでしょうか(・・?)…票の重みが虚しいです…

投稿: orangepeko | 2011年6月 3日 (金) 05:39

★orangepekoさま

うわー!orangepekoさん、おはようございます。
パソコンの制限時間を考え、遠慮しておりました。
でもでもありがとうございました。
お疲れなんかが1番弱いところに出るといいます。orengepekoさんも思いがけない災難でした。じっくりとなお養生されますように。
今の日本のリーダーをドーミエとグランヴィルが描いたらどんな風刺画が出来たでしょう。めちゃめちゃ悲惨な姿かしら。
医療と福祉についてはこれから御厄介になる身分としては、伺っただけでも情けなくなります。
夫が後期高齢者になったら、保険料が凄く上がりました。年金にかなり食いこんで驚くほどの値段です。それなのに、orengepekoさんが悲哀を感じるほどの現実なんですね。
昨晩から首相の辞任の時期でまたぞろ醜い争いが始まりました。こんな時に情けないです。
どうぞお大事になさってくださいね。

投稿: tona | 2011年6月 3日 (金) 08:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/51819234

この記事へのトラックバック一覧です: ドーミエとグランヴィル展 ~戯画と挿絵の黄金時代~:

« ハンガリー一周(4) ―完― | トップページ | 算額と『天地明察』 »