« セッコクとオオバアサガラ(6月4日植物観察会にて) | トップページ | スーザン・ドウォーキン著『地球最後の日のための種子』 »

2011年6月27日 (月)

トマト好きです

トマトの季節がやってきました。
かなりのトマト好きで、機内で勧められる飲み物はいつも「トマトジュース」と決まっています。
外国で分厚い肉料理に辟易する時、トマトを使ったスープやトマトソースのパスタでは俄然食欲が出ます(めったに出ないですが)。ブュッフェ形式の朝食では、1番最初にトマトコーナーに突進するほどです。
それと酢の物好きなので、ピクルスやニシンの酢漬け、ザワークラウトが出た時は飛び上がるほど喜びで一杯です。

Photo 従って自分で作るパスタはトマト缶で作るトマトソース系。カルボナーラは作りません。
そのトマト缶でバジルとオレガノが入っているアメリカ製のを娘が買ってきてくれました。
炒めたみじん切りの玉ねぎに、庭で取ったローリエとつぶしニンニクとこのトマト缶を入れて煮込み、白ワインを入れ、塩・胡椒したトマトソースはお店で食べるのと変わりない味に仕上がります。
最近は自家製ピザにもこれを使います。

暑くなったので冷やしうどん、ソーメン、冷麦、冷やし中華にトマトを載せたり、まだ揚げたことはないですが、煮たり、焼いたり、和えたりと夏中食べ続けます。
夢はトマトを作ることでしたが、失敗ばかりであきらめました。

|

« セッコクとオオバアサガラ(6月4日植物観察会にて) | トップページ | スーザン・ドウォーキン著『地球最後の日のための種子』 »

コメント

おはようございます。
 
 トマトってかわいい名前だね 上からよんでもトマト したからよんでもトマト
 トマトってなかなかおしゃれだね ちいさいときにはあおいふく おおきくなったらあかいふく
 
いきなり失礼しました。この童謡がパッとよみがえってきたものですから、つい。
私もトマトは大好きな野菜で毎日食べますが、tonaさんのトマト好きは
もっともっと上を行っていらっしゃる~(^^) 
ほとんど生かシチューの私に対して色んなお料理を工夫して食べられるのですね。
拝見していたら、さっき朝食に食べたばかりなのに、また食べたくなってきました。
煮込みにはトマト缶が重宝ですね。tonaさんの作られるトマトソースは本格的。
お店のものより上を行っているかもしれませんよ。
お店でパスタを食べるとき、私も本当はトマトソースを食べたいのですが、
実はニンニクが苦手なのです。食べているときはいいけれど、食べた後から24時間は
口の中から頭周辺にもやもやといつまでも残る香りが耐え難くて。
一度お店で、ニンニク抜きで作れるかと聞いたら作ってくれましたが、嫌な顔を
されました(^^;)
そんなわけでニンニク入り料理と生のネギ・玉ねぎはできるだけ避けているのですが、
この頃は入っているものの方が多いですね。
tonaさんのトマトソースも、私用はニンニク抜きでお願いします smile

投稿: ポージィ | 2011年6月28日 (火) 09:03

★ポージィさま、おはようございます。

早くからコメントをいただきありがとうございます。

わー!トマトの可愛い歌を紹介いただきました。私は聞いたことあるような、ないような。トマトそのものの歌ですね。
おぉ、ポージィさんもトマトがお好きですか。
さっき召し上がったのにもう食べても良い気分になられるなんてやはりかなりです。
トマトにも美味しい地の香りがするのがいいです。選ぶのも難しいですが、美味しいのに当たったらそこでずっと購入しても途中で変わったりして。本当は美味しいトマト農家と契約するのがいいのでしょう。

あら、ポージィさんはニンニクが苦手でいらしたのですか。確かに美味しいのに、口の中に残ると気にはなります。昔電車でいやに臭い人がいて、自分もそうなってはいけないと、金曜日まで食べることは出来ませんでした。韓国ではキムチばかりで、みんなが食べらえば怖くないという感じです。
ポージィさんにはニンニク抜きということを覚えておきますね。

投稿: tona | 2011年6月28日 (火) 09:53

おでんもいけるってご存知でしたか^^。

投稿: 佐平次 | 2011年6月28日 (火) 10:33

トマト好きなのですが、そこまでは・・・
とためらううちに半日が過ぎました。

トルコかギリシャが忘れましたが、
ホテルの朝食に焼きトマトが出ました。
美味しくて真似をしようとして忘れていました。
この機会に作ってみたいです。
但し、夫は無理かも・・・

菜園にはトマトが収穫間近です。
下手なので8月にはきゅうりとともに枯らしてしまいますが・・・
トマトは、畑で熟させたものが最高ですね。

投稿: matsubara | 2011年6月28日 (火) 11:17

私も同じ。トマトジュースは大好きです。
機内でもほとんどトマトジュースを頼みます。
ほとんど毎日そのまま食べてます。

プランターのトマトも卵台の青い実が生っています。
完熟もいいけど、もぎたての酢っぱ味がなんともいえない。

余談
トマト:Tomato
ローマ字式に読むと日本語どおり「トマト」
ですが、海外で「トマト」と発音するとわからないことが多い。
中には察して「オー、トミ-ト」…

「トミート」「ツミート」「トメイト」
いろんな発音があります。
ああややこしい。

投稿: 夢閑人 | 2011年6月28日 (火) 12:38

★佐平次さま

えっ、知りませんでした。
雨の降る涼しい日に作ってみましょう。
でもそんな日はもうあまりないかしら。
教えてくださってありがとうございました。

投稿: tona | 2011年6月28日 (火) 15:54

★matsubaraさま

この頃朝食に焼きトマトが出る所が増えましたね。欲張って生のと両方いただいています。
ご主人さまは苦手ですか。

う~ん、菜園にトマト栽培。いいですね!
近所でもそろそろ赤くなっている家があります。自家製が美味しいのですよね。
あの青臭いというか独特の新鮮な匂いと味は大変贅沢です。とても憧れちゃいます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年6月28日 (火) 16:00

★夢閑人さま

夢閑人さんもトマトジュース派ですか。
氷を入れてサービスする航空会社が多いですね。
プランターでトマトを作っていらっしゃるのですね。お野菜作りまで手慣れたものですね。
そうそうあのもぎたてのトマトの味はこたえられませんね。とても身体にいいような気がします。

Tomatoの発音ですが、私は「トメイトー」になってしまいます。
トマトが外来語ということさえ忘れていました。
ジャガイモとトマト、南米に感謝です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年6月28日 (火) 16:10

トマト、暑い国では欠かせない野菜ですね。
日本の夏を乗り切るには格好の野菜です。ぜひ皆さんに知って欲しいですね。

かってアフリカに2年滞在しましたが現地の人はトマトがないということは味付けの醤油がないのと同じ位大変なことです。

先ずフライパンに油を敷きその上にトマトを2~3個落とします。すべてはこれが味のベースです。肉を入れたり、マッシュルームを入れたりし、それをタレ(オカズ)にして主食のシマを食べます。インド人がカレーを食べるのと同じようにトマトを良く食べます。

さてインドでは良く行ったホテルでホットエンドサワ―(トマトスープに野菜や肉等が入ったもの)が絶品で、。その大を頼んでこれだけでビールも飲めたし、結構満足出来ました。暑い時に体が求める味です。

今年の夏も昨年同様に暑くなりそうです。その分だけトマト料理が流行りそうですね。
トマトが店頭から消えて手に入りにくくなるかもしれません。

投稿: macchanny | 2011年6月28日 (火) 18:05

★macchannyさま

また暑さが戻りました。
冷やしたトマトの美味しいこと。
乗鞍の方の高原で山から下りた御褒美にたくさんの冷やしたトマトが待っていました。

アフリカの食事のこと、クスクスしか知らないのですが、お料理の醤油のような役目のトマトのこと、初めて知りました。
お料理の仕方まで教えていただいてありがとうございます。

インドのホットエンドサワー、私もとても好きですね。まさしくスープの王様、食欲が出ますね。暑いときの食べ物ですね。
今年はどうやら暑そうです。
実はもう暑くてまいっています。差が激しくてついていけないということは、老化ですね。受け入れたいと思います。
お疲れのところをありがとうございました。

投稿: tona | 2011年6月28日 (火) 20:46

トマト、我が家ではようやく実が生り始めました。
真っ赤になって食べられるようになるのにはまだ期間が必要ですけど
脇芽を欠く時の、トマト特有の青臭さがまたたまらないです。
トマトジュースは買ってないんですよ。
うちで採れたトマトをジュースにして飲んでいます。
完熟しているので甘いんですよ^^
カレーとか炒めてみたりとか、いろんなふうに使って楽しんでます。
トマトが赤くなると医者要らずとか…ありましたよね^^

投稿: pochiko | 2011年6月28日 (火) 21:50

トマト、私も大好きです。
イギリスの朝食にも、焼いたトマトがよく出てきたように思います。
アメリカの古い映画に「フライド・グリーン・トマト」というのがありましたが
中々の名作だったと思います。

ちょっと変わった食べ方として
トマトを細かい角切りにして、砂糖と水を入れてよく冷やします。
あればコアントローなどの洋酒を加え、ミントの葉を飾ると、立派なデザートになります。
トマトに砂糖?とぎょっとされると思いますが
これが美味しいのです。

投稿: zooey | 2011年6月29日 (水) 08:02

ときどき行く焼鳥屋ではベーコン巻トマトが人気です。

投稿: 佐平次 | 2011年6月29日 (水) 10:35

★pochikoさま

私もあの青臭さがとても好きでこれぞトマトと小さい時の疎開先を思い出すのです。
本当に何でも畑から直通の野菜は美味しかった。
その完熟したトマトでジュースとは最高の贅沢ですね。これは本当に羨ましいです。
pochikoさんの健康の元かしら。
医者いらず、その通りだと思います。
トマトときゅうりを炒めたのもなかなか美味しいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年6月29日 (水) 14:36

★zooeyさま

トマト好きな方がたくさんいらして親近感を覚えます。
この頃フランスでも中欧、東欧での朝食に焼いたトマトがかなりのホテルでありました。10年前とは随分違ってきました。あるとうれしくなります。
ジェシカ・タンディを思い出す「フライド・グリーン・トマト」、懐かしい映画ですね。もう20年になりますか。

わー、美味しそうなデザートのレシピをご紹介くださってありがとうざいます。
コアントローがないので、ラム酒でもたらして。
暑いので早速いただきたと思います。

投稿: tona | 2011年6月29日 (水) 14:47

★佐平次さま

またまた暑くなってしまいました。

調べてみましたら作り方も載っていました。
佐平次さんから2つも教えていただきました。
これまた早速今晩作っていただきます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年6月29日 (水) 14:52

子供の頃に住んだ新潟や、佐渡で農家をやっている伯母の家で、井戸水で冷やした完熟トマトをたくさん食べたせいか?
東京に戻ってきて八百屋さんで買ったトマトが美味しくなくて、しばらくは敬遠していました。

結婚して10年住んだ三鷹もトマトの産地でしたが、農家が青いトマトを出荷しているのを見て、ますます手が出なくなったのも確かです。

横浜に居を構えてから畑を借りて20年、毎年夏にはトマトを栽培しています。
トマトの栽培は案外難しくて・・・
メキシコが原産と聞いていますので、梅雨時などの多量の水が病気の原因となります。
お隣の畑の方は大きなビニールの傘のようなもので雨除けをしているほどです。

今日真っ赤に熟れたトマトを初収穫しました。
やはり美味しいですが、最近はスーパーで買うトマトもそこそこ美味しくて、カンズメ類も充実していますね。
今日の我が家の夕食は、ホールトマトのカンズメとブロッコリーなどの野菜をタップリ入れたミネストローネと、初収穫のトマトの野菜サラダ、そしてシャケのバター焼きでしたよ。
ただ、私がパスタで一番好きな味は「ペペロンチーノ」・・・
ニンニク味が案外好きで、外で食べるときはガム持参です。


投稿: naoママ | 2011年6月29日 (水) 21:03

★naoママさま

私も疎開先で経験しましたが、井戸は冷たくて、トマトやスイカが美味しかったです。
あちこち生活の経験があるnaoママさんは新潟にも足跡を残されていたのですね。

まずいのは青いうちに採ったものなのですね。本当に美味しい、まずいがよくわかるトマトです。

おぉ、畑を30年もですか。凄いですね。
いろいろな種類のを作られていらっしゃるでしょう。
本当にミニトマトならなんとか出来ますが、トマトの難しいこと、すっかりあきらめました。
アンデスなど雨が数ミリなんていうところもあって、あれだけ乾燥した所が原産地とあれば、日本はトマトにとって厳しいですね。
傘をさしてあげているのを見たことがあります。
御苦労の甲斐あって、もう収穫しましたか。
ミネストローネにトマトサラダ、鮭のバター焼き、素晴らしい献立です。美味しかったでしょうね。
パスタの好みも大人のnaoママさんです。
コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2011年6月30日 (木) 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/52057992

この記事へのトラックバック一覧です: トマト好きです:

« セッコクとオオバアサガラ(6月4日植物観察会にて) | トップページ | スーザン・ドウォーキン著『地球最後の日のための種子』 »