« トマト好きです | トップページ | 弘前城と岩木山(1)弘前城 »

2011年6月30日 (木)

スーザン・ドウォーキン著『地球最後の日のための種子』

北極圏に属するノルウェー最北のスヴァールバル諸島(ノルウェーの北端からかなりある)の凍土の地下に「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」(地球最後の日のための貯蔵庫)が2008年2月に開設された。
たまたまTVで観たら、雪と氷の山腹にマッチ箱の対角線で切ったような建物が突き出ている奇妙な外観だ。中もSFの世界のようで入室もエアロック機構の装甲ドアを4つ通らばければかなわない。
貯蔵庫内の各セクションはそれぞれ異なる鍵により施錠され、一つの鍵は一つのドアしか対応してなく、鍵の保管場所も3か所のみという。
貯蔵庫に種子を差し出す国はその素材が「ブラックボックス」に保管され、提供国以外は箱を開けられない。
かつての核戦争による全面破壊の恐怖にとどまらず、現在はテロリズムの脅威、小惑星の衝突の可能性、温暖化による異常気象の多発など、巨大な災厄が地球を襲ったとき、それはもしかして地球最後の日に、種子の保存はまた人類の生存を可能にしてくれるであろう。
この貯蔵庫の建設に土地だけでなく、900万ドルを拠出したノルウェー政府は、建物の所有者として、プロジェクト全体を総括している。国際問題の公正な担い手であるノルウェーは裕福である。またスヴァーバルは気温が低く、爆発の危険性が低く、放射能はほぼゼロでいろいろな安全性に問題ない。
この本ではここに至るまでの、世界を駆け巡り、あらゆる種子を集めた一人の科学者の生涯と活躍、環境保護、巨大企業、遺伝資源の保全、知的財産権の対立なども描かれている。
地球が滅亡するなんて、今は考えられないが、その可能性は否定できない。こうした準備が地球的規模でなされていることを知った1冊でした。

   ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

ウマノスズクサ(ウマノスズクサ科、ウマノスズクサ属)

昨日、所沢の丘に梅雨の晴れ間に、クロユリのような色の、全然目立たないウマノスズクサに会って来ました。
割って観察してみると、ラッパ形の長い筒の中には虫が滑り込みやすいように毛がぼさぼさに生えている。
たどり着いた花の基部は子房で雄しべが隠れているらしく見当たらない。

Photo

Photo_2

葉が馬面に似て、花後にできる実が馬につける鈴に似るから付けられた名前。
長く研究されている先生でさえ、この実をまだ見たことがないとのこと。

Photo_3

                       葉(馬面?)

Photo_4

              ネジバナ(ラン科ネジバナ属)が咲きだした

Photo_5 Photo_6

|

« トマト好きです | トップページ | 弘前城と岩木山(1)弘前城 »

コメント

こんにちは。
「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」のこと、初めて知りました。
そんな取り組みがされているのですね。そのために世界中を飛び回った人もいれば、
土地や施設を提供した国もある。個人的な欲に汲々としていない広く大きな視野を
持った人々がいるのですね。
地球滅亡のとき… あると思いますよぉ。少なくとも人類は。
そうなったときは鍵を開けるのは誰になるのかな。
この本を読まれたことが、昨日私の方に下さったコメントと繋がったのですね。

ウマノスズクサ 写真では見知っていますが会ったことのない植物です。
雌性先熟だそうで、tonaさんが中をご覧になった花はまだ雄花の働きを
し始める前の状態のものだったのかもしれませんね。雌性のときに中に入った
虫は雄性になるまで外に出られないとか。
実が生ることは珍しいとも書かれていますね。
なんだかの~んびりゆったり生きている植物のように感じられました。

投稿: ポージィ | 2011年7月 1日 (金) 10:35

★ポージィさま

これを読んで天明の飢饉の時に、人々は食べるものがなくなって飢え死に至った時も、種もみには手を付けずに来年のために残したという話を思い出しました。
当たり前といえばその通りですが、己だけが生きんがために種もみまで食べてしまう人も出るのではないかと思ってしまいます。
この話は地球規模で、壮大です。
種も何百万種類も保管されているのだと思われます。日本のもブラックボックスに保管されているのでしょうね。
種を採集し、それを収穫可能なようにして保管する仕事はかなりハードのようです。
人類滅亡のときに遭う人々がいるわけです。どんなでしょうか。少なくとも私は遭わないと思い込んでいます。
アフガニスタンのような国で内戦に次ぐ内戦でもまだ作物はとれているのですよね。

ウマノスズクサについてポージィさんから雌性先熟とかいろいろ教えていただきました。
ありがとうございます。
食虫植物と違って虫は溶かされないようですが、外に出られないで可哀そうです。
暗くて写真に撮りにくい、遠くからでは花が全然目立たない植物です。

投稿: tona | 2011年7月 1日 (金) 15:32

北極圏に種子貯蔵庫があるとは全然知りませんでした。
北欧がそんなに熱心であることも・・・

ウマノスズグサも初めて聞きました。

ネジバナは過去にupしたことはありますが、野生のものでした。鉢植えにもしていたのですが、枯らして以来、採取は止めました。
やはり野におけ蓮華草
ということで・・・

珍しい情報をありがとうございます。

投稿: matsubara | 2011年7月 2日 (土) 08:00

地球の基が出来て何億年?
幾多の変遷を繰り返し、生物が誕生しては滅び、そのたびに新しい種が生まれ進化を遂げてきた。
地球はまだ変遷を続けている。
やがて中心のマグマが冷えて、氷河期がまた訪れるかもしれない。
太陽がある限りないでしょうけど。

いまや世界は次第に人口は増え、食糧危機は
必ずやってくる。農地の買いあさりが始まっている。

地球滅亡。それがやってくるのか、こないのか?
来るとすればどんな状態にくるのか、知る余地もない。
それを考え、あらゆる種の保存のために種子を集めているのだろうが、そんな施設がノルウェーにあるなんてまったく知らなかった。

地球そのものがなくなれば、総てが無くなる。たとえ地球自体が残っても、人間がいなくなった後、誰がその鍵を開けるのだろう?
・・・と考えてしまう。

しかしいづれにしよ、多額の費用を投じ、種の保存を行っている事に敬服する。

「ウマノスズクサ」
珍しいものなのでしょうね。
もちろん初めて写真を見ました。
実物なんて、とてもお目にかかれる機会はないでしょう。花の形はチャルメラのよう。

自然界の中に生えてるわけでしょう?
「所沢の丘」何処?

投稿: 夢閑人 | 2011年7月 2日 (土) 11:49

今朝の朝日だったか、地中に埋めた放射性物質のゴミのことを忘れないように“教団”を作って言い伝えるという試みがあるそうです。
種を伝えるのと逆と言うか情けない話です。

投稿: 佐平次 | 2011年7月 3日 (日) 10:06

★matsubaraさま

コメントありがとうございました。お返事が遅くなってすみませんでした。出かけていました。

ノルウェーが考えていた以上に裕福とは驚きました。油田で豊かになったそうです。
これが管理出来て、安全な場所ということで考えもしなかった地に種が保存されている、これが永久にと願わずにはいられません。

以前いろいろな知らない方のブログで拝見もしていたウマノスズクサに出会えてことは凄く嬉しいことでした。次に見たときに思い出せなければ泣きたくなりますが。
matsubaraさまはネジバナはよく観察していらっしゃるのですね。ねじれているなんて奇妙です。

投稿: tona | 2011年7月 4日 (月) 19:09

★夢閑人さま

コメントいただきありがとうございます。出かけていまして遅くなり失礼しました。

地球が出来たのは想像もできない遠い昔なのですね。
SFの世界のような未来は来るのか、恐竜が活躍したような時代があったのか、いろいろ想像は膨らみますが、種の世界も実は変遷を繰り返してきたのですね。

戦争、政治、あるいは芸術と限られた所しか目がいかない私ですが、こんな大切なことも行われていたのですね。
地球の終わりは太陽系の異変しか考えられませんでしたが、人の手で滅ぼしてしまう可能性もある中、こうした地味な努力がされていることに感謝の念さえ覚えました。

狭山丘陵の一部、小手指駅から宮寺西行きのバスで堀之内?で降りた所中氷川神社から少し歩いた比良の丘辺りです。早稲田大学の蝶研究の畑がありました。だんだん少なくなってきたそうです。

投稿: tona | 2011年7月 4日 (月) 19:22

★佐平次さま

コメントありがとうございました。弘前に出かけていて遅くなりましてすみません。

まあ!そんなことがあるのですか。
教団が絶えないようにしなくてはなりませんね。本当に思いがけない話も出てくるんですね。

投稿: tona | 2011年7月 4日 (月) 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/52083400

この記事へのトラックバック一覧です: スーザン・ドウォーキン著『地球最後の日のための種子』:

« トマト好きです | トップページ | 弘前城と岩木山(1)弘前城 »