« キンコウカのお花畑 | トップページ | ジンバブエ・ボツワナ・南アフリカの旅(1) »

2011年7月20日 (水)

猫好きの「歌川国芳展」於太田記念美術館

Photo_2 歌川国芳は1797-1861に活躍した江戸後期を代表する浮世絵師で、今年は没後150年です。
破天荒なおかしみのある国芳の絵は人気が高くなって、ロンドンやニューヨークでも大規模な展覧会が催された。
もう終わってしまった前期の[武者絵・役者絵・妖怪画]は見ませんでしたが、後期は今月28日までで[戯画・美人画・洋風画]の構成で、私は戯画の前にくぎ付けとなりました。
先日の政治を痛烈に批判した「ドーミエとグランヴィル」展よろしく、国芳も時の幕府を戯画化してその閉塞状態を笑いに変えています。

アンチンボルトが野菜で人の顔を描いた絵は有名ですが、国芳もまた人で人の顔を描きました。
「みかけ八こ八ゐがとんだいゝ人だ」「人をばかにした人だ」「人かたまって人になる」など5点が実に面白い。「寄せ絵」という。アンチンボルトの絵を知っていたのでしょうか?

次は猫。猫数疋で「ふぐ」や「かつを」描いている。
「其まゝ地口猫飼好五十三疋」は「東海道五十三次」を猫でもじっている判じ絵だが、なかなか理解に苦しむ。Noraさんの『カンタータ日記・奥の院』にいくつか出ていまして猫の絵が可愛い。国芳の猫の絵は全部で12枚あり、美人画などにも猫がちらほら見えます。
猫の他にも雀、狐、金魚、狸など動物ものが多い。
「百色面相」とか「福禄寿のあたまのたわむれ」などもおかしい。
ブリューゲルの描く子どもは可愛くないけれども、国芳の描く子どもはとても可愛い。
美人画をたくさん見ていって、展示物の最後の方になって驚いたのが「東都三ツ股の図」の中にスカイツリーみたいのが描かれていることです。想像で描いたのか?実際にあったわけがないのに。

Photo_3 そういえば先日見た『北斎漫画』は、いろいろな画家が描いているあらゆる場面が出ているような絵画事典だ。全15編のうち5編しか見てないのですが、景色・花・鳥・その他動物・樹木・道具・武者絵・歌舞伎・中国歴史上人物・庶民のあらゆる場面の描写ととにかく見ていて面白いのです。
北斎たち江戸の画家は皆、机上において描くのでなく、畳にうつ伏せになって描いていたのですね。その姿勢で北斎は90年もよく疲れなかったこと。
北斎より130年以上も前に生まれているフェルメールの「絵画芸術」では画家は当たり前だけれども、椅子に座っている。
世界三大名画、ベラスケスの「ラス・メニーナス」では画家自身が立って描いている。
うつ伏せが1番辛そうな感じです。

      :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

7月22日から31日まで南アフリカへ行ってまいります。香港経由です。初めての一人参加でどうなりますやら。帰りましたらまたよろしくお願いいたします。

|

« キンコウカのお花畑 | トップページ | ジンバブエ・ボツワナ・南アフリカの旅(1) »

コメント

太田記念美術館は東京にいたとき
常設展を見ました。
こじんまりとして疲れないので
よかったです。

そういえば当時は腹ばいにならないと
大作は描けませんね。
イーゼルもないし・・・

それにしても今度は南アフリカとは・・・
尽きぬ興味を持ち、出かけられる
バイタリティに驚きます。
どうぞお気をつけておでかけ下さいませ。

北アフリカのチュニジアしか行っていません。

ご報告を楽しみにしています。

投稿: matsubara | 2011年7月21日 (木) 08:14

またまた!お気をつけて、楽しい旅を!

投稿: 佐平次 | 2011年7月21日 (木) 08:47

★matsubaraさま、おはようございます。

この美術館は小さいので、今回は2期に渡ったのですね。それほど作品数があって、全部で254点です。
ここに通いつめれば、江戸時代の浮世絵などの通になれそうです。
小石川にある礫川(こいしかわ)美術館も全く同様です。

私はアフリカはまだエジプトだけです。
チュニジアのカルタゴやローマ遺跡やモロッコのカサブランカやマラケシュなども見たいですが、なかなか果たせません。
ビクトリアの滝がこんな南にあるとは初めて知って行きたくなりました。誰にも一緒してもらえないので、1人参加です。
帰りましたらまた見てくださいませ。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年7月21日 (木) 08:52

★佐平次さま

今日は20℃で涼しいですね。
南アフリカは今は冬で朝は1℃の所もあるそうなんです。避暑になりますが、遠いです。
ありがとうございます。

投稿: tona | 2011年7月21日 (木) 08:55

 
知らない画家でしたが猫顔は何となく見覚えがあるような無いような…
ユーモアを交えた風刺画的なものはどこかふっと息抜きができますね。

そういえば、何かドラマで江戸時代の画家が床に向かって絵を描いている
姿を見たことがあります。たしかにしんどい格好ですね。
立ったり座ったりして描く絵も、大作となるとしょっちゅう
下がって離れては近づいてを繰り返さないと全体像が見えないでしょうね。
忙しいし運動量も増えそうです。

いよいよビクトリアの滝をご覧になる旅にご出発ですね。
よい旅となりますように。お気をつけて楽しんでいらしてください(^^)

投稿: ポージィ | 2011年7月21日 (木) 09:32

エエッ!、お一人参加で「南アフリカ旅行」ですか?
その勇気と行動力に拍手です。
私はアフリカ大陸は「エジプト」しか知りませんが・・・
あの地で眺めた世界一の大河「ナイル川」の源流の一つが「ビクトリア湖」と言われています。
帰国後のご紹介が楽しみです。

今日は寒いくらいのお天気で、体がビックリしていますが、南アフリカは今は冬ですか?
くれぐれもお体をお大事に、気をつけて行ってらっしゃ~い。

太田記念美術館にはまだ行った事がありませんが・・・
tonaさんの和洋を問わない絵画の造詣の深さに感服しておりますよ。

投稿: naoママ | 2011年7月21日 (木) 12:05

 リンクしていただき、ありがとうございます。
 旅行前でお忙しいと思いますが、とりあえずお礼まで。
 ドーミエやグランヴィル、アンチンボルトとの比較や、日本の画家の絵を描く姿勢など、好奇心にあふれていろいろ見てらっしゃるtonaさんならではの指摘でとても参考になります。

 それにしても、今度は南アフリカとは・・・・!
 くれぐれも体には気をつけて、元気にお帰りください。
 今回はまた、特別旅行記が楽しみです。

投稿: Nora | 2011年7月21日 (木) 16:25

うっかりしていましたので追伸です。
エジプトに行きましたのは9年前でした。
ここもアフリカ大陸の一部でした。
コメレスはよろしいです。

投稿: matsubara | 2011年7月21日 (木) 16:56

歌川国芳展という作家が今いたら面白いと思いました。

今の政治と政治家を戯画化すれば膠着した状況が変わっていくような気がします。
日本に大胆でウィットに富んだ風刺画が欲しいですね。

ビクトリア滝にも行かれますか。良くいった場所ですが湧きあがるしぶきにいつも虹が出ていて、直ぐ近くの村では太鼓の音に合わせての民族踊りを楽しみました。
野生動物の宝庫でもあります。

蚊には刺されないように!ご注意を。


投稿: macchanny | 2011年7月21日 (木) 19:48

★ポージィさま

猫のいろいろな姿態には笑えました。
怖い顔した猫もいますよ。
国芳がたくさん猫を飼い続け、可愛がり、位牌から過去帳まであったとか。その入れ込み具合からこんな表情豊かに猫を描けたのですね。
そうですね。畳に座って生活することは座った位置から立ち位置まで大きいから、戦後どんどん椅子生活、ベッド生活に変わっていったのですよね。
ですから絵を描く人はどんなにか大変だったことでしょうね。

パソコンがだめな私ですが、娘の電話でのアドバイスで24時間前のさっき、香港までなのですが、Webチェックインで通路側の座席が取れて喜んでいる所です。問題はその後なのです。14時間かかるのですが、通路側でなかったら、1人なのでちょっと大変なのです。
まあ、なるようになるですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年7月21日 (木) 19:50

★naoママさま

海外の1人参加は初めてです。今までは家族か友人と一緒でして、抜けている私は結構頼って事なきを得ていたのですが・・・。
アフリカなんて行こうと誰も言ってくれませんでした。それで勇気を奮い起したのです。
とても心配です。

ナイルの源流の1つのビクトリア湖には今回は行かないコースです。
でも同じビクトリア女王の名をとったビクトリアの滝に行きます。
この滝がこんな南にあるなんてこの旅行の地図で知りました。もっとアフリカ大陸の奥のど真ん中にあると思っていた私です。

今日は5月下旬の気温だったそうですが、南アフリカは今が真冬だそうで、衣類も冬中心に揃えました。

太田記念美術館は原宿の駅からすぐの所です。
帰りましたらまたよろしくね。ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年7月21日 (木) 20:05

★Noraさま

ハワイ方面と同じく夜出発で香港をこちらの真夜中に南アフリカに向けて出発なのです。
でも明日は昼過ぎに、つまり出発6時間前に家を出ます。中央線が危なっかしいからです。

リンクさせていただきありがとうございました。新しい記事の方がリンクに間に合わなかったのが残念です。Noraさんのおかげで駆け込みのようにしてですが、間に合って嬉しかったです。
帰りましたらまた読んでいただけるようによく見てきたいと思っています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年7月21日 (木) 20:17

★matsubaraさま

再訪ありがとうございます。
アフリカはまずエジプトでしょうか。
エジプトは中東的ですものね。
私は15年前でした。
今までどこが良かったかと問われると私はエジプトと答えるのです。
古代の遺跡が世界最大で圧倒されたからです。

投稿: tona | 2011年7月21日 (木) 20:22

★macchannyさま

本当にそうですね。
こんなスケールの大きな画家が今いたらどんなにか面白いことでしょう。
今の日本の政党のいがみ合いなんか、どのように描いて見せてくれるでしょうか。
こんなバカなことなんかしている場合でないと諭してくれるかもしれません。

滝見物の日の夜ダンスショーがあるのですが、macchannyさまがご覧になったのと同じでしょうかね。虹も見られるかもしれないのですね。
サファリツアーもあります。
蚊に刺されるとマラリアの心配があるのですね。いろいろ用意して気を付けます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年7月21日 (木) 20:32

ヨハネスブルグの現地警察の案内に「Running a red light is not illegal
if you're in reasonable fear of assault.」
(殺される危険があったら、赤信号は無視しても違法になりません)

と書かれてあると何かで読んだことがあります。
電通のFIFA関連に勤める友人が、去年何度も南アに行っていましたが
同僚が財布を盗まれたと。
どうか気をつけて行ってらして下さい。

投稿: zooey | 2011年7月22日 (金) 00:04

★zooeyさま、おはようございます。

アフリカ3大危険都市がヨハネスブルグとナイロビとラゴス(ナイジェリア)だそうですが、危険な所には降り立たないようです。自由時間は一切なしで食事も全部ついています。でもすれ違った人に財布をすられないように、かつてローマで緊張したようにします。1人参加するのでかなり緊張度はいつもより高いと思います。娘に盗難なども怖いけれども、怪我や病気も恐ろしいので注意するように言われました。
気をつけます。ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年7月22日 (金) 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/52261493

この記事へのトラックバック一覧です: 猫好きの「歌川国芳展」於太田記念美術館:

« キンコウカのお花畑 | トップページ | ジンバブエ・ボツワナ・南アフリカの旅(1) »