« 欠伸連発(病的?) | トップページ | 猫好きの「歌川国芳展」於太田記念美術館 »

2011年7月17日 (日)

キンコウカのお花畑

昨日群馬県沼田の玉原湿原に行きました。標高1186mで日射しは強いのに渡る風の涼しいこと、朝晩はもっと涼しいでしょう。あぁ、高原に家があったらなあ。

夏の菜の花畑と言える、キンコウカの群生に出会えました。
キンコウカ(ユリ科キンコウカ属)は標高の高い湿原の木道から離れた場所に咲く。今年は状態が良いそうで今が最高とのこと。湿原一帯を覆っていた。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

ラッキーなことに林野保存監視員の方と話が出来、後に付いていろいろ教えていただけましたので、今ごろの高原の湿地の花で涼んでください。。

食虫植物・モウセンゴケ(モウセンゴケ科モウセンゴケ属)の花をご存知ですか?
小さな5弁の白い花が20cm以上も伸びた茎の先に咲いていました!

Photo_7

↓モウセンゴケの捕虫葉で粘液を分泌して小さな昆虫を捕まえる(今までこの葉が花だと思っていました)

Photo_8

   ↓小さくて白いのでこのカメラではボケてしまいましたがこんな花です

Photo_9

↓珍しいランの絶滅危惧種のカキラン(ラン科カキラン属)萼片が緑がかった褐色、側花弁が橙黄色、唇弁の内側が紅紫色の斑点。

Photo_10

                ↓ミズチドリ(ラン科ツレサギソウ属)

1

Photo_11

         ↓オゼダイゲキ(トウダイグサ科)花が殆ど終わりかけ

1_2

  ↓オゼダイゲキの実が出来つつあった。サイトの写真と少し違う気もします。

Photo_12

                        ↓トンボ

Photo_13

森林に入ると
↓ツルアリドウシ(アカネ科ツルアリドウシ属)花が2つセットで咲くが果実は1個しかできない

Photo_14

2

↓ツルアリドウシの昨年の実 果実の頭を見ると花の跡である穴が2つある。2つの果が合一している。

Photo_15

       ↓カラスシキミ(ジンチョウゲ科でジンチョウゲの仲間)の実

Photo_16

↓アリドウシラン(ラン科アリドウシラン属) 可愛いランだが、ウィンナの端を切りこんで湯がいたときのタコウィンナに似ていると思ってしまった。

Photo_17

↓ウメガサソウ(イチヤクソウ科ウメガサソウ属)梅の花に似、俯いて笠のように咲いている。

Photo_18

               ↓マルバフユイチゴ(バラ科キイチゴ属)

Photo_19

そして湿原への途中の道には
             ↓オニルリソウ(ムラサキ科オオルリソウ属)

Photo_20

        ↓エゾアジサイ(ユキノシタ科アジサイ属)

1_3 Photo_21

               ↓クロヅル(ニシキギ科クロヅル属)

Photo_22

|

« 欠伸連発(病的?) | トップページ | 猫好きの「歌川国芳展」於太田記念美術館 »

コメント

おはようございます。
わぁ~ 高原はまだこんなにも華やかに美しくお花畑が広がっているのですね。
爽やかな風が吹き渡っていくのが感じられます。

玉原湿原といえば…まだ若かりし頃、スキーに行ったことがあるんですよ。
玉原湿原スキー場といったと思います。さらさらのパウダースノーで、
緩やかにうねうねと下った林間コースというのが、へたっぴでボーゲンしか
できなかった私でもとても気持ちよく楽しめたのが良い思い出になっています。

あの白一色だったのと同じような場所が、夏にはこんな姿を見せてくれるのですね。
キンコウカというのは名前も姿もまったく知りませんでしたし、
他にも会ったことのない知らなかったものがたくさん。
素適な雰囲気を楽しませていただきました。

下界へ降りていらしたら、前以上に暑さと湿気が耐えがたく感じられた
のではないでしょうか~

投稿: ポージィ | 2011年7月18日 (月) 09:06

素晴らしい「キンコウカ」の大群落ですね。
このお花を見ると、尾瀬の「アヤメ平」を思い出します。
あそこに咲くお花はアヤメではなく、アヤメの葉にソックリなキンコウカですね。
一時期姿を消しましたが、関係者の皆さまの努力により10数年前には復活しました。

もう一つは、北アルプスの薬師岳に登る登山道、有峰湖が綺麗に望めるところに
群落がありました。
黄色いお花は特に青空に映えますが、霧の中でも存在感を示します。

玉原湿原には他にもオゼダイゲキやカキラン」、オニルリソウなど、珍しいお花が
たくさん見られるのですね。
私も久しぶりに尾瀬に行ってみたくなりました。

投稿: naoママ | 2011年7月18日 (月) 10:03

この中の植物で解るのは、モウセンゴケだけです。自然の中では見たことがありません。植物園でしか・・・

毎日暑くてやりきれませんが、贅沢な旅行で羨ましく存じます。別世界ですね。

学生時代、尾瀬に行った時、沼田駅で下車したと思います。
近くにも素晴らしい高原があるのですね。
東京にいた時は、桧枝岐村に車を置いて尾瀬に行きました。

投稿: matsubara | 2011年7月18日 (月) 12:00

★ポージィさま、こんにちは。

やっと雲に覆われた空で、風も強くなりましたのは台風のせいですね。来るのは歓迎でないですが、雨をもたらしてくれそうなので、大きな災害にならないことを祈りつつ台風を待っています。

玉原高原のスキー場は夏はラベンダーの畑になっていますね。1度見に行ったことがありますが、この湿原と隣り合っているようです。ここでスキーをされたのですか。
素敵な青春の思い出の地ですね。ここはとても雪が深いそうですね。
スキーがまだ出来たら気持ち良いでしょうが、転ぶと骨折の憂き目に遭うので、随分前から断念しました。私はもっとへたですから。
私もキンコウカとエゾアジサイ以外は知らない花ばかりで、日本の山にはまだまだ知らない花がどれだけあるでしょうか。
それでも固有種がどんどん絶滅していくと、あちらこちらで聞いて悲しくなります。
盗掘する人が後を絶たないそうです。
その面の教育が必要です。
この日は下界は、ことの他暑かったと夫が申しておりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年7月18日 (月) 15:30

★naoママさま

尾瀬にもキンコウカが咲くと聞きましたが、アヤメ平なのですね。素敵でしょうね。
尾瀬とは近いのでお花も同じような種類のが咲くようです。
キンコウカの葉を今回認識しました。
私はいつも花ばかりに目がいって、観察ができていません。

北アルプスの薬師岳は登ったことがありませんが(2座しか登っていないのです)、思いがけない所にあるのですね。きれいでしょうね。
黄色の花が霧の中でも存在感があるとのこと、貴重な情報です。霧でも楽しめますね。

尾瀬は1度しか行ったことがなく、今度は山と対で楽しみに行きたいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年7月18日 (月) 15:40

★matsubaraさま

1000mで6℃低くなるそうですが、木陰に入ると本当に涼しいですね。日向でも渡ってくる風が気持ち良かったです。
友人の運転で家は朝5時に出ました。
湿原にはすでに到着している人も多く、子どもたちも大勢観察に訪れていました。

尾瀬と言えば、昔は夜行バスで行きまして、質素な山小屋に質素な食事としか覚えていません。
今度はちゃんと自然を満喫するように尾瀬に向かいたいです。
桧枝岐村自体もいろいろある所で、薪能まで楽しめるそうですね。
本当に東京にお住まいだったときは大活躍でいらっしゃいましたね。お元気なmatsubaraさまです。見習いたいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年7月18日 (月) 15:49

ギターサークルの合宿で、毎年8月の末に、朝日ロッジ(今はもうありません)に泊まり、湿原もよく散策しました。

時期が違えば咲く花も違います。
キンコウカ。
こんな花があったのですね。
やはり今頃が沢山見られるようです。
ラベンダーはまだ咲いていましたか。

高原の風はやはり爽やか。
こんなところに住みたい。
誰もそう思いますね。

トンボ。
もう初秋を感じます。


投稿: 夢閑人 | 2011年7月19日 (火) 16:50

高い標高に一面に咲くキンコウカは涼しさを運んできますね。。。
こんなに沢山のきれいな花に囲まれると欠伸も飛んでいくのではないでしょうか。

奈良は今台風の影響が出てきて強い雨が降ったりやんだりです。

それでは良い旅を。平安をお祈りしています。

投稿: macchanny | 2011年7月19日 (火) 18:48

★夢閑人さま、こんばんは。

サークルの合宿で玉原高原がお馴染みだったとは。涼しくて練習も進んだのでしょうね。
朝晩のお散歩はさぞ気持ち良かったでしょう。
1週間すると咲く花ががらっと変わるそうですね。キンコウカはこの日辺りが最高だったそうです。
監視員の方は毎週いらっしゃいと言っていました。なかなかそうはいきませんが。

隣のラベンダーの所には行きませんでしたが、バスや車がいっぱいで、丁度見ごろだったようです。
うだるようなこちらの暑さで、夏、高原で暮らせたらなあと今年ほど感じたことはありません。
ここはトンボが住める環境でもあるのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年7月19日 (火) 19:09

★macchannyさま、こんばんは。

台風は四国に上陸するようですから、お近くで今晩大変でしょうね。
雨量が多くてがけ崩れなど起こらないといいですが、すでに増水したりで被害が多く出ているようですね。お気をつけてください。

涼しいと元気が出るものです。
そして花に癒されてさらに元気をもらってきました。

はい、ありがとうございます。気を付けて行ってまいります。

投稿: tona | 2011年7月19日 (火) 19:15

ブログを拝見すると、この暑さにもめげず
西へ東へと活動されている様子で、本当に
驚くやら、感心するやらです。

欠伸連発のお話には一寸びっくりしました。
欠伸のメカニズムは解明されていないのですね。
法廷で欠伸をして、不謹慎だとして罰金を科せられたという話が
ありました。(アメリカの話)
人間だけでなく動物などもあくびするとか、
不思議な話です。大したことなければいいですね。

投稿: 茂彦 | 2011年7月19日 (火) 20:01

★茂彦さま

今年はもう6月の下旬から暑くなりました。
台風がやってきて雨になってやっと27℃という気温になりました。

何故欠伸が連発か自分なりに解明しなければなりません。
やっぱり疲れなのでしょうね。
身体があちこち痛んだりしますから。(内臓ではないのですが)
年齢なのですから受け入れていくようにします。何時までも若い気分でも身体がついていかないのです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年7月19日 (火) 20:51

しばらく過ごしやすい日々が続きましたね
今朝は、地震に目を覚ましてしまいました

沼田に湿原がるのですね
名前からして在ってしかるべしと思っていましたが・・・・

沼田からのコースは違いますが、吹き割れの滝へは行かれた事ありますか
神戸家はこの滝がお好みです

投稿: OB神戸家 | 2011年7月25日 (月) 11:24

★OB神戸家さま

昨晩夜中に帰ってまいりました。
コメントいただいていながらお返事が遅くなり失礼しました。ありがとうございました。

また梅雨がもどったような涼しい気候ですね。福島は今度は豪雨だそうで踏んだり蹴ったりでお気の毒です。

玉原高原には湿原もあってよい所ですね。もう4回も行きました。
私も滝好きで吹き割れの滝へ行ったことがあります。東洋のナイアガラと呼ばれていますね。形が面白いです。夏はひんやりする滝のそばに行きたいです。

投稿: tona | 2011年8月 1日 (月) 08:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/52233628

この記事へのトラックバック一覧です: キンコウカのお花畑:

« 欠伸連発(病的?) | トップページ | 猫好きの「歌川国芳展」於太田記念美術館 »