« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月29日 (木)

東トルコ旅行(1) ネムルート山

Photo  日本の面積の約2倍で人口は約7千万人のトルコ共和国は、ヨーロッパ側がたったの3%、97%はアナトリアと呼ばれるアジア側で、今回はその真ん中よりやや東側のウルファから旅が始まりました。
オスマントルコ以前もたくさんの国が興亡し複雑な歴史を持つのはどこも同じ。隣接する国は10カ国に及び、最初に回った東南地方はシリア、イラク、イランに接し、今も続いているクルド人の紛争で危険な地域でもあります。
イスラムが99%だが、お酒を飲む人もいるし、女性はスカーフをしなくてもよいのでトルコは緩やかです。

[見学1日目]

<ウルファ>
アブラハム(BC2000年頃の人)生誕の地と言われる。時の王の「新生児を殺す」という命令で母は7年間ここの洞窟に住んだ。巡礼の信者もたくさんお参りに来ていました。
塩野七海さんの『十字軍物語』が2巻まで出ましたが、ウルファが11世紀末には十字軍国家のエデッサ伯国の中心地だったとか。

                              ↓このジャーミィ(モスク)の中に洞窟がある

Photo_2

                                                 ↓モスクの回廊

Photo_3

                                                 ↓聖なる池

Photo_4

<ハラン遺跡> 8世紀のもの
シリアとの国境に近いハランは殆ど雨が降らず、夏は40度。聖書にも一時アブラハムが住んでいたと出ている。旧約聖書は抜粋を2回も読んだのに忘れています。

                                          ↓遺跡と物売る少女

Photo_5

↓ビーハイブ・ハウスと呼ばれる日干しレンガ造りのトンガリ屋根のハウスはもう今は住まなくなったという。イタリア、アルベロベッロのトゥルッリに似ている。

Photo_6

                                     ↓内部は全部つながっている

Photo_7

<ネムルート山>
標高2150mの山頂に世界遺産に登録された頭像が鎮座しています。TVで何回か観て、これを見たかったので行った東トルコです。
紀元前1世紀にこの地方を支配したコンマゲネ王国のアンティオコス1世の墳墓。岩のかけらが積もって円錐状の丘となって山頂自体が墳墓。
地震のため首が神像から転げ落ちたそうだ。

                            ↓車からネムルート山の頂上が見えてきた

Photo_8

                                                 ↓登山開始

Photo_9

                                              ↓山の周りの様子

Photo_10

             ↓肺がかなり悪い夫はロバで登ってきました

Photo_11

                    ↓東側テラスの様子

Photo_12

Photo_14 Photo_15 Photo_16

Photo_26 Photo_27 Photo_28

       ↓西側テラスの様子(雲の中に入った陽にわずかに照らされて)

Photo_21
Photo_22 Photo_23 Photo_24 Photo_25

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

富士山五合目 お中道・奥庭巡り

佐藤初女著『いのちの台所』にこんな言葉が出ていました。

佐藤初女「『面倒くさい』という言葉が嫌いなんですよ」
『地球交響曲 第二番』の龍村仁監督 「同感です。面倒くさいことが嫌だから、なんでも簡単にすませてしまうという発想が、地球を汚染し、破壊しているんですよ」
私個人をとっても、毎日のように面倒くさがって行動に出したりしていますが、こんなことの積み重ねが、無駄を招き、地球を壊し続けているのだと思い至った。
体に無理が来ない程度に面倒くさがらないようにしたいものです。

Wikipediaによれば、佐藤初女さんは
[岩木山の山麓に「森のイスキア」と称する悩みや問題を抱え込んだ人たちを受け入れ、痛みを分かち合う癒しの場を主宰。それ以前は弘前市内で自宅を開放して同様の活動をしており、こちらは「弘前イスキア」と呼ばれていた。素朴な素材の味をそのままに頂く食の見直しにより、からだから心の問題も改善していくことができると訴える]とあります。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:

9月12日(月)に快晴の富士山五合目に向かいました。
お中道と奥庭をボランティアガイドさんと一緒に歩いて勉強です。温暖化が富士山にも現れているのを見ました。
五合目は3,776mの半分の高さでなくて、半分より高い2,304mです。

↓五合目の駐車場に着くと南アルプスが全部見えました。1番右の2つのくぼみがある山の右端がこの間登った甲斐駒ヶ岳です。

Photo

           ↓南アルプスのさらに右には八ヶ岳が見えました。

Photo_2

       ↓目を反対側に転ずると、ここからは1,472mの高さの富士山です。

Photo_3
富士山の五合目をほぼ一周するお中道(駐車場より上側)は、千年も続く大沢崩れで中断しているとのこと、次回に見に行きたいと思います。あまりに長く崩れが続いていて、富士山が今にすっぽり割れないか懸念されています。
シラビソやトウヒといった針葉樹にダケカンバ、ハンノキ、シャクナゲそして美しい色のカラマツが混じる深い原生の森と荒涼とした砂礫が続いています。

                    ↓ハンノキの実

Photo_4

       ↓今の季節はオンタデの花とコケモモの実のオンパレードです

Photo_5

Photo_6

               ↓開けたところから本栖湖が見える

Photo_7

                    ↓河口湖大橋も見えた

Photo_8

↓旗型樹形が多く見られます。これは風上の枝が偏西風で、風下側にだけ枝を延ばした樹形。

Photo_9

Photo_10

↓小さな寄生火山 中腹や裾野に新たに出来た火山で、宝永山や大室山など大から小まで富士山には100個以上あるとのこと。

Photo_11

        ↓温暖化でどんどん六合目の方へ樹木が生えているそうだ

6

            ↓それも水の流れに沿って植物は生えていく

Photo_12

↓奥庭(駐車場より下側)でも木は風雪に高くなれず、ねじ曲がっている。でもでも、風雪に耐えてまだまだ生き続ける富士山の木たちです。独立峰は風あたりが厳しい。

Photo_13

Photo_14
☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*

9月18日から27日まで東トルコへ行ってまいりますのでブログは暫くお休みします。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

安達太良山は曇っていた

Photo_2

Photo_39月11日、下界は晴れているのに、安達太良山の頂上はガスっていました。右上にちょっと空が見えただけです。
本当は←のパンフレットの写真にあるような空です。
安達太良山(1700 m)は安達太良連峰の主峰で、日本百名山、万葉集に出てくる最北の山だそうです。田中澄江「花の百名山」の一座でもあります。

安達太良山の名(安達太郎伝説による)はその面白い名と同時に、何と言っても高村光太郎の「智恵子抄」であまりにも有名です。
東京の空をしみじみと眺める度に安達太良山の空を思い描くほどです。そんな空に憧れて行ったのですが。
   
『あどけない話』

智恵子は東京に空がないと言ふ、
ほんとの空が見たいと言ふ。
私は驚いて空を見る。
桜若葉の間に在るのは、
切つても切れない
むかしなじみのきれいな空だ。
どんよりけむる地平のぼかしは
うすもも色の朝のしめりだ。
智恵子は遠くを見ながら言ふ。
阿多多羅山の上に
毎日出てゐる青い空が
智恵子のほんとの空だといふ。
あどけない空の話である。

『樹下の二人』

あれが阿多多羅山、
あの光るのが阿武隈川。
     ・
     ・
     ・
あれが阿多多羅山、
あの光るのが阿武隈川。
ーーーーーーーーーーーーー
                ↓もう紅葉が始まっていました

Photo_4

   ↓ススキも秋の風情。登山道は緩やかで周りの景色や木々が美しい。

Photo_5

↓上の写真を拡大しますと、山の頂上の岩石が乳首のように盛り上がっているために乳首山とも呼ばれる。近づくとこんな岩山です。

Photo_6

                   ↓頂上の安達太郎神社

Photo_7

            ↓下山コースは下り始めると風景は一変します

Photo_8

↓左手、沼の平の火口が見えてきました。安達太良山は常時観測火山20の1つで、1900年の大爆発で死者72名を出し、1997年には硫化水素で4人亡くなっています。

Photo_9

↓リンドウ 智恵子の空が見られなかった代わりに、この美しいリンドウの青が至る所で目を和ませてくれました。

Photo_10

       ↓ガンコウラン(ガンコウラン科)の実。食べられ、ジャムにもなる。

Photo_11

   ↓ナナカマド(バラ科)の実    ↓オオカメノキ(スイカズラ科)の実

Photo_12 Photo_13

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

アイヌ語が起源の地名

Photo

先日の高ボッチがアイヌ語で(巨大な高原)という意味で何故こんな所でアイヌ語起源の名前があるのかと疑問に思いました。
実際には九州まで日本全国にアイヌ語の地名があるとのことです。
例えば有名な四国の四万十川はアイヌ語で「最も美しい川」の意味だそうだ。
柳田国男によればアイヌ語地名が全国に分布している事実から、「ある時代において我々の祖先とアイヌの祖先とが雑居していた」と推論している。
50年後、梅原猛や埴原和郎は日本・アイヌ同祖論(言語・民族)を説いている。
アイヌを原日本人とみると、アイヌ語と日本語のルーツは同じであるということが、言語学と自然人類学の学問研究の成果として裏付けられてきた今日である。
現代日本人は、縄文人が小進化したものであり、アイヌは縄文人と現代日本人と違う方向に小進化したが、縄文人即原日本人としての特色をもっともよく有している。
日本全国にアイヌ語地名が分布している根本的理由もこんな観点から解明されていくであろう。
以上松本成美著『アイヌ語地名と原日本人』からです。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○...。oо

Photo_2 「日本画どうぶつえん」展、山種美術館
9/9に夏休み企画という「日本画どうぶつえん」展を観てきました。
動物が絵に描かれたのは、古くは鳥獣戯画に、また普賢菩薩の象あるいは獅子、伝説上の麒麟や鳳凰、禅宗の龍虎図などで宗教や信仰に関係してきました。
本展覧会ではチラシにあるような動物の猫、犬、鹿、兎、猿、牛、馬、山羊、白熊。鳥類。鯉や鮎の魚類。蜻蛉や蝶や蛙などの昆虫・両生類。
竹内栖鳳、小林古径、奥村土牛、速水御舟、川合玉堂、上村松篁、福田平八郎などが日本画の手法で淡いタッチで、あるものは可愛く、あるものは眠たげ、あるものは怖い顔と動物と対峙しているのがとても楽しい。
大草原、あるいは動物園で癒される動物たちと違って、心は騒がないけれども、じっくり鑑賞していると画家と一緒になって動物を描いている気分になりました。

Photo_3

もう1つ「川瀬忍の青磁」をホテルオークラの向かいにある菊池寛美記念 智美術館で鑑賞。美術館も陶芸家も初めて。
中国で生まれた青磁を親子3代に渡って制作続けている川瀬氏の素晴らしいデザインと美しい色をたっぷりと鑑賞できました。

       ↓智美術館           ↓某歯医者の前の兎

Photo_5 Photo_11  

恵比寿の「マトリョーシカ」で久しぶりにロシア料理を。ボルシチ、ピロシキ、壺焼き、鳩麦入りサラダ、ロシア紅茶

Photo_7 Photo_8 Photo_10

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

カクレミノの花と実

8月半ばに実家にあるカクレミノ(ウコギ科カクレミノ属)の蕾の花を楽しみに待っていました。
その写真を再掲しまとすと、何と実と蕾が同時にありました。

Photo

調べもしないで勝手に白い花を、近所のカクレミで待っていましたが、一向に咲きません。
あっという間に実だらけになっていました。

Photo_2

昨日、1つだけ花が残っていました。何て小さな花。緑色で全然花として目立たなかったので、まだ蕾だと毎日見過ごしていたのでした。
両性花と雄花があるとのことだが、わからない。蕊が見えています。

Photo_3

関東以西の本州から台湾まで生育する常緑樹。
葉の形ですが、変異が大きく、若木では3~5裂し、ヤツデみたいのもありますが、成木ではこのように全縁の楕円形の葉となる。
この緑の果実は長さ1cmで、冬になると黒紫色に熟すとのこと。忘れないで見たいものです。
樹液中に漆と同じウルシオールがあるそうで、体質によってはかぶれるそうだ。

~~電気のない生活を目のあたりにして~~

アパートに住む初老の女性を暗くなってから帰った時に見ると、いつも電気が付いていないで、今の季節は蚊が蠢く外で8時ごろも座ってじっとしている。
寒い冬も玄関のドアを開けてそこが生活の場、食物を食べていたりする。その奥は足の踏み場もない様子で、襤褸などが玄関まで押し寄せているのです。
それはともかく、電気を打ち切られた生活は、冬は夜どんなに寒いかと電気毛布で寝ている自分と比較したり、夏は扇風機さえもなく暑い夜を耐えて過ごしているのだろうなと想像する。
テレビもラジオも新聞もなく、食べ物も冷蔵庫がなくどのような食生活か。脚が悪くて歩行困難で移動は自転車とつたい歩き。毎日が被災者と同じか、ある場合はそれ以下の生活で、ああ、まだ屋根の下で暮らせるだけいいのかとも思う。

曽野綾子の『貧困の光景』では主としてアフリカの貧困が語られるが、アフリカはもっともっと形容しがたい貧困だ。特に心の問題の方の貧困はもう手のつけようがないほどひどいものだ。シュヴァイツァーの時代に描かれた人々と独立を果たした今も何ら変わっていない。希望や未来はなく絶望という言葉しかない。そんなものを何も望んではいない彼らなのだ。
子供が多いという印象を受けるが、父親がいないというか誰かわからなく、女性は次々と妊娠し常にお腹が大きい状態のようだ。南アで聞いたように暦も時間も戸籍もない生活。中央アフリカの方はもっと凄く、働かないで金持ちの親戚にぶら下がる生活。それもこれも部族で成り立つ先祖の生活が壊れたときに生じた矛盾のようでもある。部族を解体しての新しい国家建設は無理ということ。マサイ族のように暮らしているのが幸せなのか。部族のことではアフガニスタンやイラクなど中東も同じかもしれない。
中には学問を修め優秀な人も出るが、皆アメリカなどの機関に勤め、故国には帰らないし、故国のために働かない。
兎に角、アフリカの貧困にただただ援助は、統括する人達の搾取になるばかりで、言われていた通りの現実のようです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

鹿の害ー高ボッチ高原・鉢伏山

8/29に植物観察会で長野県の高ボッチ高原(1665m)と鉢伏山(1928m)へ行ってきました。殆ど頂上まで車で行かれる。
昨年は霧と雨で全く見えなかったが、今年は曇り、ちょっと晴れ間が覗くといった天気でまずまずでした。

10年前にこの場所に来た人たち曰く、高原も山も一面のお花畑であったのだそうだ。
今は鹿にとっての毒草(ツクバトリカブトやマルバタケブキ)以外の花が、鹿によって食べ尽くされ、お花畑が消えていました。
最近の異常気象もあるでしょうが、3.4年前より鹿が異常に繁殖し、それは数千頭に及び、駆除が追いつかないと小屋の人が言っていました。
鹿の天敵がいないのでしょうね。
山から下りてきた猪、鹿、そして熊などが畑の作物を食い荒らし、人間と動物の共存の難しさが叫ばれて久しいですが、いろいろな要因で山野の花がどんどん絶滅して行く様は、実は大変な問題なのです。
動物だけでなく、人害も多いです。心ないハイカーや業者による盗掘です。
私たちの子孫はもう高原や山に行っても花があまり見られなくなりそうです。そんな事実を突き付けられた観察会でした。

<高ボッチ高原> ボッチとはアイヌ語で「巨大な高原」の意。何故北海道でないのにこの名が付いたのでしょう。
そんな中、花があっちに一輪、こっちに一輪と咲いていました。

                ↓高ボッチ高原(ススキがきれい)

Photo_2

Photo_3

↓鹿が食べないのでトリカブトだけはあちこち群生も見られた。これはツクバトリカブト(キンポウゲ科)

Photo_4

Photo_5

Photo_6

↓ツリガネニンジン(キキョウ科)お寺の釣鐘にそっくり。根が高麗人参に似ているそうだ。

Photo_7

                ↓高原の蝶・ベニシジミも見られた

Photo_8

↓イケマ(ガガイモ科)アイヌ語で「イ」は神、「ケマ」は足で神の足。オクラのような若い果実がぶら下がっていた。花はまだ見たことがない。
中を見たらふわふわの綿毛に包まれた種子が詰まっていた。アサギマダラの食草とのこと。

Photo_9

↓シラヤマギク(キク科)嫁菜に対して、これは婿菜とも呼び食べられるそう。

Photo_10

↓ナンバンハコベ(ナデシコ科)花はハコベの花を大きく伸ばしたようで、草姿が異国風なので南蛮と付いた。見るのは2度目です。

Photo_11

↓シシウド(セリ科)食用にならず、猪なら食うウド。これも鹿は食べてしまうのですね。

Photo_12

<鉢伏山> 高ボッチから6kmに位置する
見渡した所ではお花が見えません。鉢を伏せたような山がいくつか重なっていました。

Photo_13

Photo_14
       ↓諏訪湖も見えます。その向こうの富士山は見えませんでした。

Photo_15

                 ↓問題の鹿がこちらを見ている

Photo_16

↓マルバダケブキ(キク科)、これも鹿が食べないので群生している。葉が丸く蕗の葉に似ている。蕗に比べて標高の高い山岳に自生するので岳蕗(だけぶき)という。

Photo_17

Photo_18

                 ↓ハクサンフウロ(フウロソウ科)

Photo_19

↓ハナイカリ(リンドウ科) 初めて見た花。春先のメギ科のイカリソウに似ている。

Photo_20

                  ↓ウメバチソウ(ユキノシタ科)

Photo_21

                    ↓コウリンカ(キク科)

Photo_22

↓タチコゴメグサ(ゴマノハグサ科) 花は甲斐駒ケ岳でのミヤマコゴメグサと同じ

Photo_23

       ↓ウスユキソウ(キク科) 雪で覆われたような花弁のようなのが包

Photo_24

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »