« 安達太良山は曇っていた | トップページ | 東トルコ旅行(1) ネムルート山 »

2011年9月16日 (金)

富士山五合目 お中道・奥庭巡り

佐藤初女著『いのちの台所』にこんな言葉が出ていました。

佐藤初女「『面倒くさい』という言葉が嫌いなんですよ」
『地球交響曲 第二番』の龍村仁監督 「同感です。面倒くさいことが嫌だから、なんでも簡単にすませてしまうという発想が、地球を汚染し、破壊しているんですよ」
私個人をとっても、毎日のように面倒くさがって行動に出したりしていますが、こんなことの積み重ねが、無駄を招き、地球を壊し続けているのだと思い至った。
体に無理が来ない程度に面倒くさがらないようにしたいものです。

Wikipediaによれば、佐藤初女さんは
[岩木山の山麓に「森のイスキア」と称する悩みや問題を抱え込んだ人たちを受け入れ、痛みを分かち合う癒しの場を主宰。それ以前は弘前市内で自宅を開放して同様の活動をしており、こちらは「弘前イスキア」と呼ばれていた。素朴な素材の味をそのままに頂く食の見直しにより、からだから心の問題も改善していくことができると訴える]とあります。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:

9月12日(月)に快晴の富士山五合目に向かいました。
お中道と奥庭をボランティアガイドさんと一緒に歩いて勉強です。温暖化が富士山にも現れているのを見ました。
五合目は3,776mの半分の高さでなくて、半分より高い2,304mです。

↓五合目の駐車場に着くと南アルプスが全部見えました。1番右の2つのくぼみがある山の右端がこの間登った甲斐駒ヶ岳です。

Photo

           ↓南アルプスのさらに右には八ヶ岳が見えました。

Photo_2

       ↓目を反対側に転ずると、ここからは1,472mの高さの富士山です。

Photo_3
富士山の五合目をほぼ一周するお中道(駐車場より上側)は、千年も続く大沢崩れで中断しているとのこと、次回に見に行きたいと思います。あまりに長く崩れが続いていて、富士山が今にすっぽり割れないか懸念されています。
シラビソやトウヒといった針葉樹にダケカンバ、ハンノキ、シャクナゲそして美しい色のカラマツが混じる深い原生の森と荒涼とした砂礫が続いています。

                    ↓ハンノキの実

Photo_4

       ↓今の季節はオンタデの花とコケモモの実のオンパレードです

Photo_5

Photo_6

               ↓開けたところから本栖湖が見える

Photo_7

                    ↓河口湖大橋も見えた

Photo_8

↓旗型樹形が多く見られます。これは風上の枝が偏西風で、風下側にだけ枝を延ばした樹形。

Photo_9

Photo_10

↓小さな寄生火山 中腹や裾野に新たに出来た火山で、宝永山や大室山など大から小まで富士山には100個以上あるとのこと。

Photo_11

        ↓温暖化でどんどん六合目の方へ樹木が生えているそうだ

6

            ↓それも水の流れに沿って植物は生えていく

Photo_12

↓奥庭(駐車場より下側)でも木は風雪に高くなれず、ねじ曲がっている。でもでも、風雪に耐えてまだまだ生き続ける富士山の木たちです。独立峰は風あたりが厳しい。

Photo_13

Photo_14
☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*

9月18日から27日まで東トルコへ行ってまいりますのでブログは暫くお休みします。

|

« 安達太良山は曇っていた | トップページ | 東トルコ旅行(1) ネムルート山 »

コメント

いやはや、天狗ですねえ、まさに。
ご無事でお楽しみください。

投稿: 佐平次 | 2011年9月16日 (金) 10:23

思い切りめんどくさがり屋の私には耳に痛いお言葉です。
でも確かにそうですよね。何でもかんでも簡単に済まそうとすることが
環境破壊にも繋がるのですね。

富士山五合目の辺りをぐるりと巡る道を御中道というのですか。
富士山は車で5合目まで行ったことがあるのですが、
なんだかよく覚えていません。お天気欲景色がよかったはずなのに
それも記憶がおぼろです。
tonaさんも今回は素晴らしいお天気で見晴らしよく綺麗な景色も
お楽しみになれましたね。
温暖化は富士山の環境も少しずつ変えていっているのですね。
はたして人類はこれから変わって行けるでしょうか。

おっ 今度はトルコへいらっしゃるのですね。お気をつけていらしてください。
また楽しみにしています。
 

投稿: ポージィ | 2011年9月16日 (金) 11:16

★佐平次さま

ありがとうございます。
よく遊ぶねえなんて言われますが。
今度もクルド紛争などの国、気を付けて行ってまいります。

投稿: tona | 2011年9月16日 (金) 13:17

★ポージィさま

ポージィさんも面倒くさがり屋ですか。
わたしもすぐ「面倒くさいから~しよっと」が口癖。面倒臭がらない日がありません。
便利になってしまって動かなくなって体も疲れないから、これってよくないですね。
かなり反省しました。

今回はお天気が良くてアルプスが見られたのも1年ぶりです。
でも山はお昼になると曇ってきます。お中道の途中からどんどん曇ってきて頂上も見えなくなりました。なので、いつも山へは早起きするのですね。
私もポージィさん同様、以前に行ったことがあるのに、本当に何も覚えてなかったです。
いろいろなことが分かって楽しかったです。

東トルコは食べ物もいまいちらしく、シャワーさえ出ないところもあったりで、かなり今までと違っているようです。
気を付けないと調子を崩しかねないので、しっかり管理して行ってまいります。ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年9月16日 (金) 13:27

私も面倒くさがる性分ですのでよくないです。
今度は富士山ですか、またまた凄いです。
11月に47年ぶりに大学のワンゲル部同窓会が
あるのですが、47年も山に行っていないと
言うと笑われそうです。
みなさんそれぞれ活動されているのに・・・
いきなり登ると心臓マヒを起こしそうです。
植物も地上と違う様相ですのでこれも楽しめますね。
あんな形でしたことを思い出しました。
西穂高の・・・

投稿: matsubara | 2011年9月16日 (金) 14:45

★matsubaraさま

わー、凄い!大学時代ワンゲル部だったのですか。
かなり登られていますね。
西穂高ですか。穂高日本3位に行きたいですが難しそうですね。
そしてお花や地層にもお詳しいでしょう。
その頃培われた体力が、きっと今のお元気なmatsubaraさまなんですね。

ターシャ・テューダーは全然面倒くさがらなかった人だったと今、思い出しました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年9月16日 (金) 18:21

村上春樹が「雨天炎天」という本の中で、トルコ辺境紀行を書いています。
ただ彼の本の中では、とても雑に書かれた印象の本で
私はあまり好きではないのですが…
綺麗な旅行記ではない面白さはありました。
あんな酷いところにtonaさん、行かれるのですね。
どうぞお気をつけて。

投稿: zooey | 2011年9月17日 (土) 00:32

新幹線から見る富士山は本当に綺麗ですね。まさによそ行きの姿ですが近くで見るとまた感じが違うようですね。

富士山はどういうわけか、日本で就労中のインドネシア人に非常に人気がありました。

暑い時期は山は特に良いですね。
トルコにいかれますか。近くの青年がトルコで働きながら短期滞在していてすっかりトルコファンです。人情が厚くて親切、リピーターが多いようです。

良い思い出一杯で素晴らしい旅になることでしょう。
ご帰国を楽しみにしています。

投稿: macchanny | 2011年9月17日 (土) 08:23

★zooeyさま

村上春樹さんの本知りませんでした。
図書館にありますので読みたいです。
今読んでいるのが川上洋一の『クルド人 もうひとつの中東問題』です。2001年くらいまでですからその後の問題も知りたいです。危険地域には変わりないようですね。南ア同様ホテルから出られないようです。食物もインフラもいまいちのようです。
気を付けて行きます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年9月17日 (土) 08:33

★macchannyさま

富士登山を果たした人の話では5合目より上は殺風景な礫地を登っていくそうで、楽しいものではないそうですね。森林限界が普通の山より高いので長いからですね。
それでも外国の方(インドネシア人)が好きだそうで、嬉しいです。
暑い時の山は高山が涼しくていいです。
今の時期は5合目さえも、とても涼しかったです。

トルコは親日家が多くて、私もアナトリアの中央より西側を旅した時は、とても気持ちが良かったです。
この度は東側でクルド人が多いそうで、現状はどうなのでしょう。トルコの古い歴史の都市がいろいろ存在し、旧約聖書の世界まで遡るのです。
帰りましたらまたよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年9月17日 (土) 08:44

こんばんは
ご無沙汰しております。
ご旅行前のお忙しい時に、
訪ね頂きありがとうございました。

富士山5合目までは子供たちがまだ小さい時車で行きました。
でもtonaさんのような、深い観察や思考をするでもなく、ここまでこれたけどここからは登れないことだけは確認した当時でした。

昨年富士五湖を回りながらデジブックのアルバム作りをして、再び富士山への憧憬が増した私です。

どうかいい旅をお祈りしています。

投稿: anikobe | 2011年9月17日 (土) 20:42

この数日の快晴の日々、私は悶々としていましたが、tonaさんは「富士山」のお中道・奥庭巡り・・・
この素晴しい展望!行って大正解でしたね。

ここには主人と「カナディアンロッキー・トレッキングツァー」から帰って2ヵ月後の初秋、丁度今頃の季節に行きました。
「ロッキーに負けない景観!」と思いましたよ。
富士山はゴミ問題で世界自然遺産には登録されませんでしたが、今度は歴史遺産での登録を求めるそうですね。

南アフリカの次はトルコですか?
そのフットワークの良さに脱帽です。
お元気で楽しんできてください。

投稿: naoママ | 2011年9月17日 (土) 21:12

お元気で旅三昧のご様子何よりです。
70代万歳!ですね。
知人がもこもこだったので改めました。
悩みましたがもうこれで決めます。

ドイツでは親世代が移民してきたらしいトルコ人少年とクルド人少女が親しくしている姿に触れえました。

クルド初女性議員がクルド語禁止を破ったかどで投獄された記録は『レーナ・ザーラ』だったかしら。未読ですが気になっています。

ネットでも「東京財団」のレポートが読めました。周辺諸国との利害関係や日本の将来まで視野にいれた詳細な分析でお勧めです。

トルコに対して日本が平和解決をアレンジする立場に立てないものかと思います。

こうした紛争にテロ封じ込めという発想だけで強硬に対処し、文化・歴史遺産や民族の誇りを奪ったり破壊したりしては、人類の損失だと思います。

また、虐殺は起きてはならないことのはずですが起きている・・・。社会経済的に劣位にある側に、しかも国家の保護が期待できない立場の者に、国際社会の保護がなくては、野蛮がまかりとおってしまいます。

ツアー実施されるのですから安全地帯をゆけるのでしょうけれど、緊張しますね。個人的には旧約聖書の世界を巡るというコースに関心があります。お帰りの頃また拝見いたします。いってらっしゃいませ。

投稿: pino | 2011年9月17日 (土) 21:26

★anikobeさま

昨年のanikobeさんのような美しい富士山ではなかったですが、5合目の自然の成り立ちを学ぶことが出来ました。
anikobeさんのような富士山の冬の旅もしたくなりました。
あまりにいろんな姿があってやはり富士山は偉大な山と思いました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年9月18日 (日) 06:16

★naoママさま、ありがとうございます。

富士山は下から登って良し、途中まででも下から登ると、またいろいろ勉強が出来るそうですね。
またの機会にせっかくの日本の宝を眺めたく思います。
歴史遺産の富士山の目では見たことがありませんでした。
そんな目からもじっくり眺め、勉強することになりましょう。
ご示唆ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年9月18日 (日) 06:20

出発前にわざわざお返事ありがとうございました。

今自分で用あってあけて気づきましたが
アドレスの一部を書き間違えていました。
その書き直しだけにうかがいました。

ではよい旅を♪

投稿: pino | 2011年9月20日 (火) 17:22

tonaさんおかえりなさい。
そうそう、ご出発してすぐでしたか?
アンカラで死傷者発生テロがあったとか。
でもtonaさんは不死身のような気がして、心配の気持ちがわきませんでした^^;

私など、これから世界史をやり直さなくては、複雑な現代社会事情何もわかりません。

tonaさんが問題意識をもって海外旅行を頻繁にされておられるので、知的好奇心から調べてみたりしましたが、無意味かもしれません。

クルドの人々はいま埼玉県にたくさんお住まいだとか。

一般の人が国のあれこれに巻き込まれるのは気の毒な話です。優しい日本人と交流して少しでも穏やかな日々が送れることを祈るばかりです。

同時に故郷も落ち着いたら嬉しいことでしょうね。

黙って気楽にトルコの風景拝見だけいたします。お元気でまたおでかけください。

投稿: pino | 2011年9月28日 (水) 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/52742671

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山五合目 お中道・奥庭巡り:

« 安達太良山は曇っていた | トップページ | 東トルコ旅行(1) ネムルート山 »