« 「ヴェネツィア展」於江戸東京博物館 | トップページ | アルプスの画家・セガンティーニ展 -光と山ー »

2011年11月23日 (水)

トッポギ

食欲の秋です。夏瘦せしてしまった体重が少し増えました。前から血液サラサラに良いと言われる赤ワインを毎晩飲むことにしたのもこの秋です。
韓国には3回行きましたが、トッポギの料理を見かけませんでした。
日本では、何でも「冬のソナタ」の中で名前が出てきてから有名になったそうです。
トッポギ(トッポッキ)は棒状の韓国の餅(トック)をコチュジャンや砂糖を使って甘辛く炒めたもの。トックはもちもちしているがうるち米が主原料の餅です。形が棒状でユニーク。
娘がトッポギを買ってきてくれ、レシピ(トッポギの肉みそかけ)もついでに持って来てくれたので作りました。何故か吉田類のタレ付きで砂糖を使わないで出来ました。美味しかったです。訂正:吉田類ではなくて、吉田潤喜(在日コリアン2世で、渡米し、ヨシダソースで成功した事業家)でした。
餅の食べ方が日本と全然違って炒めたり、炒めた物を載せたりで面白い食べ方です。
レシピを調べてみるとさらにいろいろな食べ方がいっぱい見つかりました。

Photo Photo_2

娘が山梨県で、味噌付きのほうとうを買ってきてくれました。
味噌も美味しいのでしょうね。以前は自分でほうとうを打ち、鍋を作りましたが、かぼちゃが違和感ありの鍋でした。
ところが今回は味噌がよいのか、またかぼちゃの他に里芋、豚肉、きのこ、白菜、豆腐、ねぎなどを入れたのですが、かぼちゃが実にほうとう鍋を美味しくしていて感激の鍋でした。今日のお昼は御飯を入れたおじやにして体が温められました。

果物の酸っぱいのが苦手なのにおかずの酢の物やお寿司大好き人間です。
大好きな柿にこれまた好きな赤蕪漬け、スモークサーモン、大根塩漬けを酢の物にした一品。

Photo_3 Photo_4

|

« 「ヴェネツィア展」於江戸東京博物館 | トップページ | アルプスの画家・セガンティーニ展 -光と山ー »

コメント

あはは たくさん色々と!食欲の秋ですね~(^^)
でも、減ってしまわれた体重が少し戻られたとのこと、よかったです。

トッポギは、名前は聞いたことがあってもどんな料理か知らずにいました。
棒状のお餅をいろいろにアレンジした料理なんですね。うるち米なのに
もちもちしているとのことで、五平餅やお団子を思い出しました。
つい餡を乗せたい気分になりますが、そちら系を考えてはだめですね。
でもおいしそうです。

ほうとうは地元のお店で食べたことと、麺だけいただいて家で作ったことが
ありますが、家で作ったのは美味しくできませんでした(^^;)
麺をゆでる鍋が小さすぎたのと、野菜(カボチャです!)が煮崩れたのが
いけなかったのだと思います。久し振りに食べてみたくなりました。
最後の酢の物は色んなものが入っていますね。
口の中でハーモニーが広がりそう。柿は私は大好き、夫はイマイチと
珍しく意見が分かれる果物です。でもたまには食べてもらいますけれど。
そのまま食べる以外にリンゴ、バナナとキュウリとあわせて
マヨネーズ和えにしたサラダが好きです♪

投稿: ポージィ | 2011年11月24日 (木) 09:02

度々韓国に行きましたが私もトッポギを頂いていません。
有名ですのに・・・
トクは餅のことですが、日本と搗き方が違うようですね。
あまり伸びないようです。

ホウトウは麺類の太いものらしいですが、
いろいろな食べ方があるものですね。

赤カブを料理に使われるとは・・・
これも試してみたいです。

では楽しみにお待ちしています。

投稿: matsubara | 2011年11月24日 (木) 09:55

「うまいもんだよ、カボチャのほうとう」ってなにかことわざのように笑いながら亡母がいいました。
山梨の俚言なんかなあ。

投稿: 佐平次 | 2011年11月24日 (木) 14:08

ちょっと検索したらありましたよ!
http://uncletell.cool.ne.jp/infoseek/kyo040415.htm

投稿: 佐平次 | 2011年11月24日 (木) 14:10

★ポージィさま

腹八分目を実行していたら胃が小さくなってしまいました。
寒くなってからのこの頃、食べ物が美味しくて、毎日思いつくまま美味しいと思うものを食べています。
トッポギはまさしく、五平餅、お団子と同じ材料ですね。もっとかたくした舌触りです。
そう、あんこをまぶしてもいいかしら。お団子と同じになりますね、きっと。

ほうとうはかぼちゃが北海道産のほくほくしたものでしたのでより一層美味しかったかと思います。少し後に入れないと溶けてしまいますね。

柿や桃は一時期しか出回らないのでよけいむきになって食べているような。ビタミンC源として風邪引かないようにとも頂く柿です。
またまた食欲が出てきて、リンゴ、バナナときゅうりのマヨネーズ和えサラダを早速作ります。ずっと作ってなくて、教えていただきありがとうございました。

投稿: tona | 2011年11月24日 (木) 19:24

★matsubaraさま

トッポギのお料理をやはり韓国では見かけなかったのですね。
日本では韓流ドラマの影響は大きいですね。
トックはお団子よりずっと密で搗き方がかなり違うとわかります。

ほうとうは名古屋のきしめんよりは細いですね。
赤かぶはそのままで美味しくて大好きですが、料理にいろいろ入れてみるのもあきがこなくて楽しいです。
こちらこそどうぞよろしくお願いたします。

投稿: tona | 2011年11月24日 (木) 19:43

★佐平次さま

山梨っていえば、お母様がおっしゃったように「うまいもんだよ、かぼちゃのほうとう」ですね。
現地でまだ頂いたことがないので機会があったら食べに行きたい!ほうとうです。
お母様がおっしゃった通りの言い回し、あるのですね。
サイトご紹介ありがとうございました。
長野県佐久地方と甲州が同じで、松本が餡子やきな粉、ごまをまぶすそうで、どんなでしょうか、食べてみたいです。まだ1度もうどん(ほうとう)に餡子は経験してないですから。

投稿: tona | 2011年11月24日 (木) 19:58

さすが、お料理の色合いがいいですね!
家庭科のプロでらっしゃいましたものね。
tonaさんのレシピシリーズ、もっと拝見したいです。
無花果やグレープフルーツ、洋梨も、スモークサーモンや生ハムと合わせると美味でしょうね。

赤蕪漬をこんなふうに使う例をはじめて見た気がします。そんなに一度にたくさん食べて大丈夫なものだったのですね?(焦

わあ、トッポギ召し上がったんですね。
東京では今はスーパーで売ってますね。
冬のソウルで一度、屋台で見かけましたよ。
唐辛子で辛そう~にあえてあって、
一口かじっただけですがかたくて、
苦手ですが^^;

キムチも家で食べつけなかったので大人になってから。そんなに辛いものなど上流では食べなかった時代もあるそうで、父もダメでした。牡蠣や栗や棗入りのポッサムキムチが好きです。

我が家では東京ですがお雑煮にトックを用いました。鶏肉をいれた薄いおだしの。
関東の他の在日コリアンの子の家ではおつゆが濃かったりして、和風化にも地域差があり可笑しいようなせつないような思い出があります。大阪や九州ともなればいまだに別世界別文化、新大久保界隈となるとニューカマーの世界、なのでしょうか、通りかかったことしかありませんが。

韓流ドラマ好きとおっしゃる日本人多いですね。おしんがアジアの人の心をとらえたり、ブータン王室に敬服する日本人、そういうのなんとなくいいものですね。

私はそもそもテレビ見ませんが、音楽、料理、ドラマ、なんであれ、よき交流の契機となる質のよいものはいいですね。

トッポギ、ほんとに、餡子と合うかもしれませんね。グッドアイデアかも。
日本ではカレーライスはじめいろんな外来和風食品?がすぐ生まれますから、そのうちスイーツ部門で売り出されたりして。
イタリアのフェットチーネときしめんとほうとうとラーメンと冷麺と、、麺類でみんな仲良くできたら、なんだか楽しいです。

投稿: pino | 2011年11月25日 (金) 07:38

ソウルの屋台でトッポッギを食べたことがあります。見た目ほど私には辛くはありませんでした。

トックの雑煮は好きです。牛肉入りでした。雑煮用のトックは直径が2〜3センチのものを5ミリくらいにやや斜め切りにしてありました。

投稿: gaki | 2011年11月25日 (金) 12:01

秋真っ盛りです
山から街にも少しづつ紅葉が降りてきました

作物の旨い季節でもあります

海外も良いけれど、この不況下です
日本は奥深い国、綺麗なところや旨いものが沢山あります
国内でどんどん消費して下さ~いhappy01

投稿: OB神戸家 | 2011年11月25日 (金) 13:48

★gakiさま

やっとトッポギを韓国で召し上がった方が現れました。やはり屋台にあったのですね。
トックのお雑煮も召し上がったのですか!
トックに直径が2~3cmのがあるなんて。
牛肉入りで美味しそうですね。
素敵な情報をありがとうございました。

投稿: tona | 2011年11月25日 (金) 16:03

★OB神戸家さま

そうですね。首を長くして待っていた紅葉が少し始まりました。
新米やら里芋、白菜、大根の美味しい季節になりました。寒くなるとますます食欲が出てきます。
来週に京都の紅葉を見に行ってまいります。
まだまだ行ってないところが多く、TVで歴史街道とか原風景などを見て奥深い日本を味わっております。ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年11月25日 (金) 16:09

tonaさん、ここに書き込むとオフィスで電話が鳴るので今日対策をとりました。
われわれたまたま法曹・官憲が親類に大勢いて安心ですね。でもお気をつけて。
我が家は海外もごくたまあにですがtonaさんは違うのですから。

どなたかがおっしゃったとおりで、トック、もちろん牛肉も合いますよ~笑
具はいろいろで、野菜も入れ。
でも鶏肉の薄味のが母の味だったので、私はそれが思い出、ただそれだけの話です。

日本人なら日本の味のなかに誇らしく懐かしく一番と呼ぶものがおありでしょう、習慣なのですから当然ですね。

でも辛党の人は本場の人より強かったり、実は何人というのはあまり関係ありません。

不況時こそ良好な国際関係が自国を助けることにつながる、そう考えられればいいのですが、それも考えられないほど我が家も働きづめです。時代が悪いですね。

トック、斜め薄切りスライスでも、丸い断面にしても、かまいません。
家で切りました、我が家では。棒状のを。
先ごろ垣間見た市販品は斜め切りでした。

トッポギも煮込みすぎなければ私が食べたものほどかたくなることもないでしょうが、屋台ですからね。当りはずれがあったかな。

次は京都ですか!私も行こうかな。日本大好きです、生まれて育った国がわが国ですね♪

投稿: pino | 2011年11月26日 (土) 00:01

そうですね。
伝統的なものを保守する素晴らしさとともに
革新的な創造をくわえてゆく素晴らしさ、両方を味わいたいです。

tonaさんNHKよくご覧になるとのことでしたね、来日30年以上のお料理のプロの先生が教えてくださっているそうです。
http://kimyumikoreantaste.seesaa.net/article/229756565.html
こうしたサイトで詳しくお勉強できますよ。

私は在日コリアンとは違う文化に育ち、継承もしていませんが、基層に異文化をもてたことは恵まれた体験なのでしょう。そのうえ留学も体験でき、本当に恵まれていました。両親と主人の御蔭です。

贅沢な舌、そうですね。
日本(都会はとくに)にいれば、避けようとしても贅沢な食があふれています。
それが汚染されたというショックが大きいです。

私はあえてラマダンデーつくったり、へんなことばかりしてやせっぽちの青春でした笑
多少早いうちに見聞を広め衝撃をおぼえたので自省し、ストイックに生きようとしてみた時期があったのです。家族をもってそうもいかなくなりました。食も大事です。

年齢関係なく京都奈良は人気ですね。
紅葉の季節は毎年足をのばしています。

投稿: pino | 2011年12月 2日 (金) 17:47

tonaさんこんばんは。
京都からお帰りなさい♪

数年前の京都行ではエジプト人とスコットランド人をちょっと助けて、いまだに交流がつづいています。
tonaさんはマレーシアの方とふれあいが?それはまたよかったですね!
マレーシアもお調べになると面白いですよ。

衣食住の中で一番食が大事、
ああ、やはりそうなんですね。
若さゆえの純粋さか極端なことをしたものですが、今も時々は世界の中ではどれほど日本が恵まれているか、無駄は無いか、反省しながら、です。
どこかで割り切らねば生きていけませんが。

tonaさんを見習ってもっと頑健になりたいです!
お料理は自分だけでなく周りを喜ばせ健康にできますね。食べるよりつくることが好きです。指も頭もつかいますし心もつかいます。色や形、芸術作品創造にも匹敵し、楽しくもあります。

よいものを食べ舌が肥えることもよいことなのでしょうね、五感が研ぎ澄まされますし。


私は血族内劣等生ですよ~笑
でもまあよし、としています。

ご存知なかったことをお知らせできてよかったです!

投稿: pino | 2011年12月 2日 (金) 20:28

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書の書き方 | 2013年10月 4日 (金) 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/53316988

この記事へのトラックバック一覧です: トッポギ:

« 「ヴェネツィア展」於江戸東京博物館 | トップページ | アルプスの画家・セガンティーニ展 -光と山ー »