« アルプスの画家・セガンティーニ展 -光と山ー | トップページ | 晩秋の京都(2) »

2011年12月 3日 (土)

晩秋の京都(1)

友人たちのお陰で予約した仙洞御所と修学院離宮見学の許可が下りました。
東京あたりは今年は紅葉があまりきれいでないですが、京都では今年もまた素晴らしい紅葉に出会えました。

<1日目の午後>
今年は、法然上人800回忌、その弟子の親鸞聖人750回忌で「法然と親鸞・ゆかりの名宝」展も4日までとなりました。
●1日目の午後、最初に向かったのが、法然が開基(ここに亡くなるまで住んでいた)の知恩院(浄土宗総本山)へ。ここにはドラマの「江」の娘・千姫の墓もあるそうです。

                                        ↓日本で1番大きい山門

Photo

●すぐ隣の青蓮院は天台宗の京都にある5つの門跡の一つ。ここで親鸞が9歳のときに、『愚管抄』を著した慈円のもとに得度(僧侶となるための出家)した。

↓青蓮院のクスの大木 700年以上もたっている京都市の天然記念物で、5本もあります。

Photo_2

                                                      ↓お庭

Photo_3

                                                   ↓室内から

Photo_4

                      ↓一文字手水鉢 巨大な一文字の自然石の手水鉢

                     Photo_5

↓皇族や貴族が住職を務める特定の寺院である門跡の塀には白い横筋が入っている
 この筋は「定規筋」とgakiさんに教えていただきました。ありがとうございました。                                                        ↓竹林

Photo_6 Photo_7

                                          ↓高台寺への途中

Photo

高台寺(臨済宗建仁寺派) 秀吉夫人ねねが夫の菩提を弔うために開創した寺。秀吉とねねの木像が安置されている。

Photo_9

Photo_10

↓高台寺のマニ車 筒の中に般若心経の写教が入っており、右に回すと身体、言葉、思考を清め、災いを取り除くと書いてありました。いくつか回してみました。

Photo_11

<2日目の午前>
●宿泊した妙心寺(臨済宗妙心寺派) 禅宗として子院塔頭が40もあり全国随一で一区画を占めているので人々が通り抜けている。勅使門から北門にかけて7つの伽藍が一直線に甍を並べている日本最大の禅寺。

Photo_12 Photo_13

                                        ↓塔頭の1つ退蔵院の庭 

Photo_14

Photo_15

               ↓見たことのない実が生っていました(orangepekoさんとポージィさんにロウヤガキと教えていただきました。ありがとうございました)

Photo_16

仙洞御所・大宮御所 京都御苑の南東の一角にある御所
仙洞御所は皇位を退かれた天皇の御所で、その北に東福門院(秀忠・江の娘で千姫の妹、後水尾上皇の皇后)女院御所も建てられたそうだが、今はすべて焼失して、2つの茶室と庭園が残っている。
大宮御所は皇太后の御所で御常御殿のみ残る。

                ↓大宮御所御車寄       ↓御常御殿

Photo_17 Photo_18

↓仙洞御所の庭 ガイドさんによるとこの日の紅葉が一番美しいとのこと。八ツ橋には藤棚がかかっていて咲く頃は見事でしょう。

Photo_20

Photo_21

Photo_22 Photo_23 Photo_24 Photo_26

Photo_27 Photo_28 Photo_31 Photo_30   

|

« アルプスの画家・セガンティーニ展 -光と山ー | トップページ | 晩秋の京都(2) »

コメント

こんにちは(^-^)
この時期の京都、夜は冷え込むのでしょうね…だから紅葉がきれいなのでしょう~♪
こちらは何処に行ってもきれいな紅葉に出会えません…まだ暖かい(・・?)

お寺のお庭はどこも見応えがありますね~♪
見られて幸せな気分になります…有り難うございます…

お元気で活動的なtonaさんのブログは拝見するだけで元気が出ますヽ('-'*)~♪
いつも読み逃げで失礼していますがゆっくりと拝見させていただいていますm(_ _)m

>見たことのない実が生っていました…
「ロウヤガキ」ではないでしょうか…

投稿: orangepeko | 2011年12月 3日 (土) 13:01

いい時期に京都にいらっしゃいましたね。
今年の近畿地方は11月の気温が高く紅葉が遅れていて、つい最近になって一挙に色づきました。

近くにいても花の季節や紅葉の季節に京都へと足が向かないのです。
混雑が怖くて。

お相伴して楽しませていただきます。

投稿: もみじ | 2011年12月 3日 (土) 14:43

こんにちは。お帰りなさい♪

うわぁ おぉ~ 綺麗だなぁ… うーん見応えある これ良いなぁ etc.
これじゃ感想とはいえませんが、でもそんな言葉を呟きながら
拝見しました。素適な京都の旅をしていらしたんですね。
江の時代に重なる縁あるところにも行かれて、私も見てましたし
信長・秀吉・家康の時代がいちばん関心深くもあるので、
想像逞しくして感情移入しながら見せていただきました。

「見たことのない実」orangepekoさんも仰ってますが、
「ロウヤガキ」だと思います。tonaさんがごらんになったのは
大きそうですが、盆栽の小さなものを見た事があって、同じではないかと…

投稿: ポージィ | 2011年12月 3日 (土) 14:55

記事をお待ちしておりました。
全体に写真もとてもよろしいですね。
期待通りです。

知恩院にも行かれたのですね。
妹の嫁ぎ先はここの末寺です。
妹婿は銀行退職後ここで修業しました。
私は門の中には入ったことはありません。
門前を通過するだけでした。
こちらで拝見できてよかったです。

仙洞御所は今年くじに外れてしまいました。
無論桂離宮も修学院離宮もはずれました。
私は行きましたが夫がまだです。
ラッキーでよかったですね。

高台寺に昔行きましたがマニ車のことは
忘れています。

投稿: matsubara | 2011年12月 3日 (土) 16:13

行きたかったなあ,青蓮院。
一文字手水鉢は秀吉の寄進とのことです。先日テレビでここのモミジとともにを紹介していました。
それで,「行こう」と思いながら,時間がとれなくて残念です。

塀の白い横筋は「定規筋」といいます。門跡に限らず,1番格式の高い寺院の築地塀は5本線です。東西の本願寺も5本です。

投稿: gaki | 2011年12月 3日 (土) 17:42

京都の旅は雄大で煌びやかでこの世の事とは思えないような気持ちで見てしまいました。

紅葉と共に歴史の舞台が広がって何とも心が洗われました。いにしえの奈良にいてブログを拝見しながら認識も新たにしています。
京都に海外からも沢山の観光客が訪問すると言うのが良く分かります。
この時期、更に西の文化が花開いていますね。

日本歴史・文化・仏教の世界を再認識いたしました。写真がまたこの上なく素晴らしいですね。有難うございます。

私も明日は京都にデリー時代の友人を訪ね永観堂など左京区周辺に紅葉を見に行きます。

投稿: macchanny | 2011年12月 3日 (土) 18:29

★orangepekoさま

いつも見ていただいてありがとうございます。
またロウヤガキを教えていただきありがとうございました。

そちらも紅葉が今年はきれいでないのですね。こちらもきれいでないです。気候が変でしたから。
京都はどうかなあと心配しながら新幹線に乗りましたが、どこもみんな同じように見応えがありました。
ことに仙洞御所は1番でした。
京都や奈良は紅葉が多いですね。

投稿: tona | 2011年12月 3日 (土) 19:36

★もみじさま

京都の紅葉が遅れているという情報がありましたので、ちょっと残念に思いながら行きましたら、今が1番きれいということで、本当にラッキーでした。

仰るように人がどこもいっぱいでした。外国人もちらほら見えていました。

そうそう、曼殊院 → 詩仙堂から一乗寺駅までまっすぐで簡単にわかりました。
その節は教えていただきありがとうございました。

投稿: tona | 2011年12月 3日 (土) 19:44

★ポージィさま

紅葉に感動していただき嬉しいです。ありがとうございました。
江の娘、2人に関係ある場所と親しかったねね(江は秀吉夫妻の養女にもなったのでしたね)が眠るお寺にも行きましたので、ドラマのいろいろな場面を思い出したりしていました。

ロウヤガキを教えていただきありがとうございました。サイトで見ましたら盆栽仕立てが多いのですね。
このお寺のは地植えで私の身長より高かったと思います。

投稿: tona | 2011年12月 3日 (土) 19:53

★matsubaraさま

早速に見ていただきありがとうございました。
まあ!妹さんのお寺はここの末寺だったのですね。そのご主人様がここで修業されたなんて。知っていたらもっと丁寧に見ましたのに。
知恩院のお庭を見そこなってしまったのです。今修理中で見る順番も間違えたようです。
2年間でこれに京都御所を加えて4つ全部見ることが出来たのはラッキーでした。くじ運が悪い私が予約したら多分だめだったでしょう。

マニ車ってチベット仏教だけと思い込んでいましたので、私にはとても珍しかったです。

投稿: tona | 2011年12月 3日 (土) 20:02

★gakiさま

青蓮院にとても行きたかったので、知恩院が目的だったのですが、すぐ隣でしたので行かれて満足しました。
お庭がとても良かったです。
一文字手水鉢は普通のからすると大きく形が違って、とても印象的でした。
秀吉寄進の「御輿形燈籠」があるということですが、見逃しました。
「定規筋」を教えていただきありがとうございました。見ると5本ありますね。
東西の本願寺もそうなのですか。
今回これらのことも大変勉強になりました。
何も知らないでお寺に行っていましたので。

投稿: tona | 2011年12月 3日 (土) 20:12

★macchannyさま

奈良にも惹かれまして、古の都のあとを訪ねて歩いたこともありました。
緑濃く、ビルなどが林立してない印象です。
京都はまた少し趣が違っていますね。それぞれに好きで、引っ越したいくらいです。
東京では味わえない奥深さにとても惹かれますから。
心が洗われますね!そして日本の歴史の大半の中心地でしたから、どうしてもそちらに目が行きます。

永観堂に行かれるのですか!
駅の待合室で永観堂が素晴らしかったという人がいましたよ。愉しんできてくださいね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年12月 3日 (土) 20:24

妙心寺って泊れるのですか?
そういった施設が作ってあるのでしょうか?
それにしても綺麗な紅葉ですね。
どの写真も人の姿が見当たらなくて驚きです。
今時分、観光客であふれているかと思いましたのに。

投稿: zooey | 2011年12月 3日 (土) 22:28

★zooeyさま、おはようございます。

昨年までは仁和寺に泊まりましたが、今年は半年前に予約してももうすでにだめでした。
仁和寺のすぐ南にある妙心寺は宿坊と会館と2つの施設があって泊まれます。
宿坊はアメニティー(ここでは浴衣と歯磨き、タオル)がありませんでした。会館の方はあるようです。宿坊は京都にしてはとても安いです。

そう言われて眺めると人々が数珠つなぎではありませんね。祇園の辺りにはいっぱいいたと思っていましたが、そうでもないですね。

投稿: tona | 2011年12月 4日 (日) 08:58

古刹に紅葉。
緑の庭面に枯山水。
池に映る紅葉。
 静寂の中の紅葉散策、京の秋の趣はまた格別ですね。
 しばし、浮世の雑念も払拭できる。
舞妓はんに、托鉢でしょうかお坊さんの姿が見られるのも京ならではの風景。
 丁度いい時期に、めったに見られないところに行かれて、よかったですね。

 春、桜の季節の華やかさももいいが、やっぱり私は秋が好き。
何度訪れても変わらないですね。
四季それぞれの風情をかもし出す京都。
冬景色はまだ見てない。

投稿: 夢閑人 | 2011年12月 4日 (日) 10:28

★夢閑人さま

夢閑人さんが古都京都の秋を素晴らしい言葉で形容してくださいました。
日本に京都や奈良があって本当に良かったです。
戦争時、空爆を避けたと聞きました。

妙心寺の若いお坊さんが托鉢から帰ってきたところです。今もやっているのですね。

離宮や御所は特別なお庭ですから、それなりに素晴らしいです。2年間で見られたのが嬉しかったです。
仰るように春の桜の頃もいいですが、断然秋ですね。
冬は雪をイメージしますが、灯籠や木々に綿帽子をつけていたら素敵ですね。
でも寒そうで苦手です。そういえば、白川郷の雪を被った屋根を見てみたいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2011年12月 4日 (日) 16:24

見事な京都の紅葉を堪能なさいましたね。
画像から人の混雑は感じられませんが如何でしたか?

京都は何度か行っていますが、高台寺や仙洞御所・大宮御所などはまだ知りません。
どこに行ってもお馴染みのいにしえ人の歴史があり、感動しますね。

「妙心寺」に泊まられたのですか?
私は通り抜けただけです。

投稿: naoママ | 2011年12月 5日 (月) 07:57

★naoママさま、おはようございます。

人はたくさんいたはずなのですが、激混みではなかったのだと気が付きました。東京よりはずっと密度は低いですね。土、日ではなかったからでしょうか。

本当にどのお寺にもまつわる歴史があって有名な歴史上の人物が関係しています。
仏教と関連して仏像などとともに歴史を勉強していけば、ますます楽しくなる奈良京都です。まだ何度も行きたいです。
妙心寺は一区画を占めている有数の大きなお寺で、通り抜けが出来るのですよね。
40の塔頭の1つ大心院へ泊まりました。

投稿: tona | 2011年12月 5日 (月) 08:33

どこを見たことがあってどこが未見なのか、忘却の京都です。
どこも素晴らしい!

投稿: 佐平次 | 2011年12月 6日 (火) 10:42

★佐平次さま

高台寺だけは2度目ですが、すっかり忘れて。
まだまだ行きたいお寺がいっぱいあって、また来年のことを考えています。

投稿: tona | 2011年12月 6日 (火) 11:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/53392052

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の京都(1):

« アルプスの画家・セガンティーニ展 -光と山ー | トップページ | 晩秋の京都(2) »