« 西洋美術史講座:ティツィアーノ | トップページ | プロメテウス、荻須高徳展 »

2012年1月14日 (土)

『なぜ、「あれ」が思い出せなくなるのか』ダニエル・L・シャクター著

今年は暖冬の気配がなく、毎日寒いですが、近所の大きな夏蜜柑類は艶々と元気がよいです。

Photo

◎人の名前が思い出せない
◎大切な約束を忘れてしまう
◎メガネなどがよく行方不明になる
◎最近の出来事を覚えていない
◎その話を誰から聞いたか。思い出せない
特に人の名前や単語が思い出せないのが毎日何回もおきます。この本が上記のような人に効用があるというのですが・・・

今まで聞いていたことはどうやら年取ると海馬やら前頭葉など記憶に関係する所が細胞が減って頭がスカスカになるというもの。
夫がかなり前MRIで頭を撮ったところ、周りが減って体積がかなり小さくなっていたとか。
この本ではどうして年取ると記憶力が悪くなるかを、また、名前などが思い出せなくなるかを(私には)はっきりした形で書かれていなかったというのが結論です。

しかし物忘れを防ぐテクニックは
 ○視覚イメージ記憶 2千年以上も前、ギリシャ人によって編み出された。
 ○精緻化 覚えたい情報をすでに知っている情報に関連づける。
こういったことはあきらめないで毎日繰り返しテクニックをおこなうことであると説く。

大切な約束は私的にはカレンダーを必ず見、食卓に大きく書いたメモを置き、最重要項は手にマジックで書くしかない。

物の行方不明は年取ると注意力が低下し、無意識の作業が物忘れを生むのでこの辺りを注意したい。他のことが入りこんでも慌てない。

さて、いろいろな名前がブロックされてしまった場合、あっさりあきらめない方がよいらしい。最初の文字をあいうえお順にいって頭文字を思い出し、その人の名前を呼んだ時のことを思い浮かべるとか。
普段から名前にも意味を持たせることがいいと書いてある。

記憶は現在のために過去を書き換え、現在の経験を将来必要になったときのために貯え、そして望むときに過去を再体験させてくれるのだ。ときに記憶は問題を起こすものの、それは欠点であると同時に長所でもある。記憶は私たちの心と世界の間を時間を超えて橋渡ししてくれるのである。
本からは殆ど何も得られなかったけれども、少々思い出せなくても落胆することなくいくしかありません。

|

« 西洋美術史講座:ティツィアーノ | トップページ | プロメテウス、荻須高徳展 »

コメント

そういわれれば、最近 あれだとかこれだとかで話をする事が多くなりましたよ。
息子にあれだのこれだのって言われても分んないよって言われますが
不思議と夫とは通じてしまってます(笑)

あとは頭の中では思い描かれるのに、口に出て来ないんですよね~
特に人名などがそうです。
そういう時頑張って思いだそうとすると良いのだと言われるんですけど
なかなか出て来なくて、忘れた頃にヒョッコリと思い出しちゃったりするんです。
少しずつ脳の衰退が始まってるのでしょうね~
嫌だけど仕方ないかなぁ~と思います。

投稿: pochiko | 2012年1月14日 (土) 23:04

★pochikoさま、おはようございます。

代名詞の会話ってじれったいけれども、どうしても仕方なくやってしまいますね。
そうそう、夫の間では不思議と同じものを頭に描いてずっと出ないままやっていますね。

人名が1番思い出せないのだそうですね。具体的な人名にまつわるものが何もないからだそうで、人名までいろいろ関連づけて覚えませんものね。私はこの頃往年の俳優の名前が出てきません。イングリッド・バーグマンとかショーン・コネリーまで出てこなくて歯痒い思いをしています。
pochikoさんの場合はまだ時々でしょうけれども、私は1日に数度あって、まことにじれったくなります。頭に穴が開いた気分です。
悲劇の認知症にならないようにしたいです。

投稿: tona | 2012年1月15日 (日) 08:26

お早うございます。
記憶力は確実に衰えています。しかしそれを認めたくないのですが仕方ないことです。
更に年を取ると毎日の薬を飲んだ飲まないで分からなくなって大変です。
人に必ず死があるように衰えは避けられないことですね。

それで元気なうちは必要なことはメモすること。
かって会議で云った(指示した)云わないで混乱したことがありました。その時にその上司はノートを取り出し「何も書いていない」と告げました。大事なことはノートに書くようにしているのですね。

年を取ると惰性になり、どうしても新しいことを敬遠しがちになります。外国語単語を覚えるとか記憶の訓練も役立つかもしれません。

もの忘れは仕方ないとして、物事を深く追求し理解していくようにすることで切り抜けるようにするしかないですね。

考える良い切っ掛けになりました。

投稿: macchanny | 2012年1月15日 (日) 08:56

あまりにも自分に該当する部分がありまして
愕然としています。
zooeyさんから「記憶」という本を勧められ
読んだのですが、なお悲劇的になりました。
それは忘れることを想定してあらゆることを
メモする主人公の話です。
無論それで解決する訳ではありません。
そこが難しいところです。

投稿: matsubara | 2012年1月15日 (日) 08:59

忘れるのはしょうがない、問題は大きなミス、人に迷惑をかけないようにすることです。
今日は何日だったかをしょっちゅうわからなくなっています。
でもあれだけ世の中にカレンダーが氾濫しているのは世の中の人もわすれっぽいのかな^^。

投稿: 佐平次 | 2012年1月15日 (日) 09:27

↑「明日の記憶」のことでしょうか?
だとしたら、若年性アルツハイマーになった人の話ですが…

私もかつては、映画や本の作品名、作者名、登場人物の名前など覚えていたものですが
最近ではとんと出なくなりました。
それにしても、期待してお読みになったでしょうに
>本からは殆ど何も得られなかった
では頭に来ちゃいますよね…

投稿: zooey | 2012年1月15日 (日) 09:52

↑その通りです。
「明日の記憶」。今回の話題の通り
もう怪しくなってきました。
5年前くらいでしたか。

投稿: matsubara | 2012年1月15日 (日) 12:19

★macchannyさま

薬と言えば、私は1日3回2種類の目薬を点すのですが、食事の時と決めています。それなのに点したか点さなかったのかを忘れ、今日も今になってお昼どうだったかが記憶になく、点したところです。毎日のようです。とても情けないです。
メモが大切ですね。しかしそのメモも詳しく書いておかないとはて、何のことだったっけになります。
確かにおっしゃるように新しいことは敬遠がちです。外国語単語などよさそうですが継続しないとだめでしょうね。
兎に角何らかの方法で頭を働かせていなくてはとつくづく思うこの頃です。
>物事を深く追求し理解していくようにする
本当にそうですね。理解できないとすぐ放置するので反省しきりです。仰っていただいて感謝します。

投稿: tona | 2012年1月15日 (日) 16:30

★matsubaraさま

毎日頭をくるくる働かせていらっしゃるmatsubaraさまがそうなのですか。ちょっと信じられません。
どうしても忘れてはいけない重要な事だけはメモをあちこちにですね。でもこれが習慣になり過ぎると失敗しそうです。
ともあれ、あきらめ半分で、この事実を受け入れて大きな失敗をしないようにしていかなくてはなりませんね。
語学も勉強されていらっしゃるので絶対にこれ以上は記憶困難は起こらないですよ。
友人が50歳でアルツハイマーになって本人だけでなく、家族が悲劇でした。

投稿: tona | 2012年1月15日 (日) 16:42

★佐平次さま

本当に人に迷惑をかけることが1番怖いです。そのためのメモは私としては涙ぐましいほどです。
私も曜日は分かるのですが、日にちが分かっていません。そして昨年12月に入っているのに、1ヶ月前の11月にしていろいろメモったりして人に注意されました。
月がずれるようになってショックです。
集まると年取っての話題は病気のことと、忘れたことなどでしょうか。違う話題を心がけるようにしましょう。

投稿: tona | 2012年1月15日 (日) 16:48

★zooeyさま

zooeyさまでさえ、出てこなくなったのですか。
この頃つくづく思うのは、62歳定年で良かったということです。65歳くらいからそろそろ怪しくなってきたわけですが、こんなに忘れて出てこなくなると、仕事に支障をきたします。体力だけでなく、こんなことで定年がほぼ決められているのだと気が付きました。
大体ハウツー本は期待の割には得るものが少ないのが定番と心得ているつもりでした。でも題名に惹かれて少しでも改良されたらなあという想いは叶えられませんでした。

投稿: tona | 2012年1月15日 (日) 16:55

おはようございます。
うわぁぁぁ 物忘れ、だんだん多くなってきているのを感じています。
私は子供のころから記憶力が欠乏していて(あまりに暗記が苦手で
勉強嫌いになったのでそうとしか思えませんでした ^^;)、
最近は人や植物の中前が知っているはずなのに出てこないことが
増えました~ 夫もよーく探し物してます(笑)

今tonaさんの記事を拝見していたまさにその時間に、つけっぱなしに
していたTVで物忘れについてやっていたようです。前頭前野の血流を
増やすといいとスロージョギングを紹介していたようですが、
パソコンに意識を集中していたので情報のほんの一部しか知り得ませんでした~
ちゃんと見ていればよかった(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2012年1月16日 (月) 09:08

★ポージィさま、ありがとうございます。

人の名前だけは本当に困ります。
そしてせっかく覚えて喜んだ植物の名前がどうしても出てこないときにはがっかりです。
同い年なのにそんなことが全然ない人がいるので、余計自分の頭を叩きたくなります。
ポージィさんもそうなのですか。

頭に中の前頭前野部分の血がよく流れないとだめなのですね。スロージョギングですか。これは無理ですね。
今歯医者さんから帰ってきたところですが、目覚まし時計にも行く時間を知らせて貰った次第です。
あ~あ、毎日こんなことにかなり時間を使ってもったいないし、疲れます。
ポージィさんは今から鍛えてくださいね。

投稿: tona | 2012年1月16日 (月) 16:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/53734216

この記事へのトラックバック一覧です: 『なぜ、「あれ」が思い出せなくなるのか』ダニエル・L・シャクター著:

« 西洋美術史講座:ティツィアーノ | トップページ | プロメテウス、荻須高徳展 »