« リビングウイル | トップページ | 宇宙メダカ  歌川国芳展 »

2012年1月29日 (日)

生涯現役は溌剌として

以前、薬屋と煙草屋と宅配受付を年中無休で、1人で営んでいる現在92歳のご婦人のことを書きました。
さすがに腰が曲がってきましたが、暑さ寒さにめげずに続けています。お手製のスカートに数々のお手製のセーターやベストを着て、店の前や中の鉢植えの土を変えたりもしています。
もう一人元気なおばあさんが近所にいます。
1人で(土曜日だけ娘さん夫婦が手伝いに来ます)畑を耕し、50種類以上の野菜を育て、収穫し、川で洗って束ねて軒先の無人スタンドに並べて売ります。
午前中は買いに来た友人たちの4、5人と円座を組んで仕事をしながらおしゃべり。友人がかなりいます。
私もここで良く買います。時々おまけしてもらったりします。
85歳くらいなのに、農業をしていても、背中も腰も全然曲がっていません。あんな長くて太い大根を引き抜くのも大変だろうなあとか、この時期の冷たい水で洗うので凍えないだろうかと心配になります。
高齢なのに、どんなに重労働でも休みなく元気に何時までも働いているのはお友達がたくさんいて、皆が美味しい野菜を何時までも作ってとお願いしたり、話友達になったりしているからです。
生涯現役は誰にでもできることではないが、そのご褒美は友人と健康だ。私は家事を生涯現役でやりたいです。友達や知人と接触しながら。

Photo 先日申し込んでいた『おひとりさまでもだいじょうぶノート』が無料で1昨日送られてきました。
2006年朝日新聞「ひと」欄に『遺品整理屋は見た!』を書いた吉田太一さんが載りました。吉田さんが設立した遺品整理会社「キーパーズ」が作って配布してくれたノートです。
吉田さんが、孤独死の人や忙しい遺族の代わりに遺品を整理していると、自分の死に方を心配する前に、人とのつながりを大切に生き、どう生きるかが大切ということを遺品が教えてくれたとか。
内容は[最期まで充実した人生を送るためのお節介九ヵ条] [私の履歴書] [介護や看護についての希望] [自分の死後の希望 葬儀、納骨など] [相続、遺言] [財産] [遺品整理について] で記入式です。

昨日電車の優先席にレジ袋と書き置きがあって、そこに「おもらしをしてしまいました。すみません」と書いてありました。汚れた席に人が座らないようにと、恐らく高齢の女性が書いたのでしょうね。

|

« リビングウイル | トップページ | 宇宙メダカ  歌川国芳展 »

コメント

「生涯現役は溌剌として」この溌剌として、がいいですね。
生涯現役で健康、理想です。理想ですが、私の場合今のままの
ほとんど引きこもりに近い生活を続けていたらかなりまずいことに
なりそうと、最近ちょっと焦りを感じ始めています。

震災で住むところを替わらざるをえなくなったお年寄りのなかには、
それまでできていた自立した生活が急速にできなくなる方も多いと聞きます。
自分のペースで自分のできることは自分でこなしつつ、人や社会との繋がり
コミュニケーションもあるということの大切さを改めて教えられた気がします。

さてさて私は何をどうしていったら良いか、模索を始めねば。

投稿: ポージィ | 2012年1月30日 (月) 09:55

死後の始末のことをあちこちで見ると焦ります。なにもできてないから。ほんとに何も。

投稿: 佐平次 | 2012年1月30日 (月) 10:15

生涯現役が理想ですが、こればかりは自分で決められませんね。
健康が維持されれば曽野綾子さんのように
「若い者を頼るな」と堂々と言えますが、
いつどうなるか分かりません。
友人のご主人が65歳で脳梗塞で倒れ、二度目の
発作も半年後にあったという話を聞いたところ
ですので暗くなりすみません。

「おひとりさまでもだいじょうぶノート」
には関心があります。

投稿: matsubara | 2012年1月30日 (月) 15:25

★ポージィさま

本当に震災よって環境から何もかも一変してしまったお年寄りの様々なレポートでは、いろいろなことを学ぶことができました。
仰るようにいくら健康でも、社会とのコミュニケーションが大切ですね。これがきれてしまった場合、高齢では生きていきませんもの。
私はポージィさんの年齢では、それこそ何も感じず、考えなしでした。今になって体の故障が始まってから深く考えるように、周りを見始めました。
ポージィさんはもう模索されるとのことで、よくご自分を見つめられ、なかなかと感心しています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年1月30日 (月) 16:55

★佐平次さま

このノートの項目について考え、筆を進めれば、もう心配はいらないですよ。
私はあと、介護や看護の希望と遺品整理について考えればいいだけになりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年1月30日 (月) 16:58

★matsubaraさま

曽野綾子さんはかなり達観されていて、小気味良いくらいです。
なかなかマネが出来ません。
全く先のことは全然わからなくて、覚悟だけはしてもどうなるやらですね。
しかしこのノートのようにまとめておけば、かなり気分的に楽になれそうです。

ご友人のご主人さまのこと、気がかりですね。この頃年齢的にあちこちで聞きます。
脳梗塞は3度目が怖いと義母の時に聞きました。本当に3度目の発作で植物人間的になってしまいました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年1月30日 (月) 17:05

お早うございます。
殊更に寒い日が続きます。
ご主人のことで色々と気遣いの日々かと思います。

生涯現役として紹介された方達の話は周りにも見て知っています。自分なりの健康で楽しい生き方を実践されているのですね。

生涯現役の御褒美は友人と健康という話はすべて凝縮してと思います。
ご主人の御健康回復を祈っています。

考えてみれば人間最後はみんな死んでしまうのですね。それだけに生きている今を毎日感謝することが一番でしょうか。

投稿: macchanny | 2012年1月31日 (火) 07:23

★macchannyさま

本当に最期は死ぬのですね!そしていくら物などにしがみついていても、持っていけないのですもの。毎日を充実して生きることですが、それはそれで毎日順調にはすべてがいくことはありません。紆余曲折、辛いこともあるわけで、自分の終末を思えば、その中で良き人生を送っていくことが大切かと。
大変な中に楽しことが満載と言った彼女たちの人生でしょうか。

ご心配いただいて本当にありがとうございます。思ったより長引いていますが、食欲がありますので安心です。今週末には我が家へと期待している所です。

投稿: tona | 2012年1月31日 (火) 08:42

『おひとりさまでもだいじょうぶノート』早速ネットで申し込みました。
受付した旨の返信も頂戴しました。
存じませんでしたので、貴重な情報に感謝です。有難うございました。

今を大事にとは、簡単に言えますが、実施するのは私にとっては至難のことです。
身体の老化もさることながら、どうも頭の方が危ない気がします。

お手本になる先達は沢山おられますが、なかなか自分のものにはなりそうにありません。

10年上の姉の夫(更に5年上)が先日お風呂で倒れていて、二人で暮らしている姉は部屋まで連れ出すのに苦労したそうです。

幸い事なきを得たのですが、老いは身内にも確実に襲いかかってきています。
ほんの数年前には感じなかったことです。

ご主人様は退院も間近とか、早くお元気になられますよう。

投稿: もみじ | 2012年1月31日 (火) 09:51

今回のお話しは日頃私が思っていること、実感している事が記されていて、ウンウンと頷きながら拝見いたしました。

友人が殆んど居なくて趣味もなし、家にノンビリ居るの大好きだった母親は早くに車椅子になってしまいました。
父は70歳でサラリーマンの第一線を退いたとたんに認知症の症状が・・・
そんな両親を見ていますから、仕事叉は社会参加、そして同じ趣味の友人が如何に大事かと実感です。
「死ぬまで頭と身体を使い、日々人とのコミュニケーションと会話が大事」なのですね。

主人は脱サラして生涯現役の仕事に就き、エンディングノートも書きつつあります。
私も見習わなくてはと思っていますよ。

投稿: naoママ | 2012年1月31日 (火) 13:17

★もみじさま、こんにちは。

ネットでノートが申し込めたのですね。良かったです。少しは役に立つのではないかと思います。
そう、おっしゃるように頭のこと、実は私も心配です。それなのに気分まで鬱になってしまったら大変ですから、あの手この手で頑張っていかねばなりません。
近所で見かける先達はどの方も立派に強くあるいは厳しく生きています。へなへなとならないようにと思うのですが、この寒さでさえ萎えている始末で、自分の弱さを実感します。
お姉さまの所も大変でした。親がいなくなったら、もう自分たちになってしまったのですね。
お陰さまで今週末にはもしかして退院できるかもしれません。ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年1月31日 (火) 16:44

★naoママさま、こんにちは。

寒いですね。
明治の女性もしっかりしていて強かったですが、大正、昭和初期の方たちも凄いです。まわりにいくらでもこんな強い方たちがいますね。
naoママさんは、ご両親さまがいらっしゃっていいですね。でも介護などで、ご心配が増えて気が気でないと思います。しっかりケアされていらっしゃるので、私のように後悔はなさらないと思います。
私たちはリタイアしてしまいましたが、頭と体を使うことだけでなく、たくさんの友達を持ってコミュニケーションを図らなくてはですね。
そばにそんな人生の達人のご主人様がいらっしゃって、理想的な生活を送っていらっしゃいます。なんて素晴らしいご主人さまでしょう。万人に1人もいないと思います。でもnaoママさんあってのご主人さまなのですね。naoママさんのような存在になりたく今からでも努力します。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年1月31日 (火) 16:57

最近元気な高齢者が増えたように思われます。
それとも、元気な高齢者の話を聞くことが多くなったからでしょうか?
「おひとりさまでもだいじょうぶノート」なるものがあるのですね。
私、先ほどネットで調べて、申込みしました。
教えていただいて有難うございました。

投稿: 茂彦 | 2012年1月31日 (火) 21:14

★茂彦さま

茂彦さんもとてもお元気な方ですが、わが身に刺激を与えてくださるお年寄りがいっぱいです。
それぞれ趣が違ってたくさんいろいろな方面から刺激が頂けます。
まあ、もうネットで申し込みされたのですね。さすがです。
少しでもお役にたてるといいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年2月 1日 (水) 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/53855136

この記事へのトラックバック一覧です: 生涯現役は溌剌として:

« リビングウイル | トップページ | 宇宙メダカ  歌川国芳展 »