« おめでとうございます | トップページ | ゲーテの『イタリア紀行』 »

2012年1月 5日 (木)

ダイヤモンド富士     カゴノキ(鹿子の木)

今年の立川からのダイヤモンド富士です。 軽~い鼻風邪を引いたので、夫に行って撮ってきてもらいました。

Photo

Photo_2

暮れに日之宮山(150m)を経て、平塚鷹取山(219m)に登りました。
湘南電車に乗り藤沢を通り過ぎると北側がだんだん開けて茅ヶ崎を過ぎると大山や丹沢の山が見え、東京まで続く平野が見渡せる。平塚から大磯に入ると高麗山から始まって線路際に低い山々が連なって二宮の方に続く。二宮から乗った帰りの電車から二宮と大磯の間に鷹取山が見えました。
平塚と名が付きながら大磯にある平塚鷹取山です。

平塚で下りてバスに乗り、終点の岩松寺から登りはじめる。
                       ↓大山

Photo_5 

                       ↓江の島

Photo_6

                       ↓富士山

Photo_7

                ↓150mの日之宮山の日之宮神社

Photo_10

↓219mの鷹取山山頂の鷹取神社。徳川家康が逃げ出した鷹狩の鷹を捕えたことからその名が付いた。源頼朝もそうだったけれど、将軍たちは随分鷹狩に遠出したようです。

Photo_9

鬱蒼とした神社自然林はタブ、カゴノキ、スダジイ、ヤブニッケイ、ヤブツバキなど常緑広葉樹に覆われ、神奈川県の指定天然記念物となっています。
↓カゴノキの樹肌が目を引きました。
カゴノキ(鹿子の木 クスノキ科)・・・生長すると(直径20cmになると)木肌が鹿の子模様に剥がれる。器具や楽器をつくる。

Photo_11

             ↓似ている樹肌がプラタナス(スズカケノキ)です 

Photo_12

                  ↓小田原の海と伊豆方面  

Photo_13

         ↓久しぶりに見た案山子です。顔を作るのが難しそうです。

Photo_14
     

|

« おめでとうございます | トップページ | ゲーテの『イタリア紀行』 »

コメント

お早うございます。体調は如何ですか。
ダイヤモンド富士撮影は完璧・素晴らしいです。

本当にダイヤモンドですね。自然はそれ以上です。
案山子は日本全国にあるのですね。
味のある表情です。
和歌山に行き運良く落合さんに会いました。

投稿: macchanny | 2012年1月 6日 (金) 08:54

 新年、おめでとうございます。
 年のはじめに、すばらしい富士山の写真を拝ませていただきました。
 風邪をひかれたとのことですが、お体を大切にして、今年もまたいろいろなめずらしいことを教えてくださいますよう、よろしくお願いいたします。

投稿: Nora | 2012年1月 6日 (金) 10:07

立川からお正月に見事な「ダイヤモンド冨士」が見えるのですね。
ご主人さまの写した画像も素晴らしいです・・・

我が家からは春と秋のお彼岸前で、冨士山が見える確率の少ない時期で難しいです。
やはり見えると嬉しい日本一のお山ですね。

平塚にも「鷹取山」が・・・?
三浦半島の鷹取山には一昨年の冬に登りました。
今度地図で調べて見ましょう。

お風邪の具合は如何ですか?
年末年始の疲れがドット出る時期ですね。
新年2日・5日のブログの更新と軽い風邪・・・
今年の私は tonaさんとバイオリズムが似てるかしら?
山登りも負けないように頑張りたいと思います。

投稿: naoママ | 2012年1月 6日 (金) 10:43

旦那さんいい腕前です!
暮れまで山登りでしたか、お大事に。

投稿: 佐平次 | 2012年1月 6日 (金) 10:43

★macchannyさま

毎年お正月にこの辺ではダイヤモンド富士が見られるのです。
寒い河原に夕方出かけるのは良くないかなあと控えましたので、もうすっかり良くなりました。ありがとうございました。

昔見た案山子は足の部分はなくて棒でした。この頃はいい服を着せてもらって、鳥の方はどう感じるのでしょうね。
和歌山の記念館で落合元監督に会われたのですね。

投稿: tona | 2012年1月 6日 (金) 15:28

★Noraさま

明けましておめでとうございます。
あちこちに出没されるNoraさんの行動力には、さすがに私はついていかれません。
丁寧に説明していただくとかなり満足いたします。
今年もまたあちこち連れて行ってください。
よろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2012年1月 6日 (金) 15:32

★naoママさま

そうなのです。立川からモノレールで隣の柴崎体育館で降りますと多摩川があります。
ここの河原から丁度お正月に見られるのです。そちらと大分日にちが違いますね。
冬はいつも富士山を気にしています。
今日は国内の「~富士」を午前中ずっと観ていました。

そうそう、三浦半島に鷹取山がありますね。そうですか。最近登られたのですね。

寒い河原に立たなかったので、もうすっかり治りました。ご心配ありがとうございました。
奥沼津アルプスに挑戦したかったですが、某社のは中級Bだったのでやめました。附いていけなかったら困りまから。

投稿: tona | 2012年1月 6日 (金) 15:44

★佐平次さま

ありがとうございます。本人喜んで有頂天になってしまうのでは。
今年はよほど気を付けないとダウンしそうです。年を考えて慎重に行動をと、やっと今年の目標とすることにしました。

投稿: tona | 2012年1月 6日 (金) 15:47

ダイヤモンド富士が静岡に行かなくても見られるのですね。素晴らしい・・・
ご主人様の腕前も大したものです。我が家は夫には
カメラを触らせません。どんな結果になるのか恐怖です。

お風邪が軽くてよかったです。
今日配達されました。あれは井の頭公園の
弁財天ですか。
20年前に見たきりですので忘れました。

投稿: matsubara | 2012年1月 6日 (金) 16:31

★matsubaraさま

ダイヤモンド富士は神奈川だけでなく東京や埼玉県でも見られます。
ダイヤモンド富士とは違いますが、スカイツリーから富士山がどのように見えるか楽しみなのですが、数年は混んでいて上れないようです。

そうです。井の頭公園の弁財天ですよ。記憶が正しくて驚きます。
賀状は随分日にち(6日目)がかかるのだということがわかりました。民営化されてからのことがよくわかりませんでした。でも2日も配達するようになりましたし、午前中配達になりましたね。

ご主人様はカメラに触らないのですね!(笑)

投稿: tona | 2012年1月 6日 (金) 21:17

tonaさん 風邪の具合はいかがですか。

ダイヤモンド富士のきれいな事ったら。
本当に神々しいです。
磐梯山も美しいと思ってますが
富士山の美しさは別格ですね。
さすが日本を代表する山だと思います。

投稿: pochiko | 2012年1月 6日 (金) 23:07

★pochikoさま

ご心配いただいてありがとうございます。
お陰さまで、大したことなくて今回は鼻水が出なくなって、喉にこなかったのでもう外に出られます。

昨日、~富士シリーズで会津富士・磐梯山をたっぷり見ました。
猪苗代湖側から見ると富士山の形で、裏磐梯からだと真中が陥没している、それもそれほど昔でない時の爆発とか。その下の空から見た五色沼の美しいこと、富士五湖より点々としているのですね。いつか登ってみたいなあと希望を抱いているのですが。
ゴミゴミした東京ですが、富士山が見えるのが救われます。

投稿: tona | 2012年1月 7日 (土) 08:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/53664101

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤモンド富士     カゴノキ(鹿子の木):

« おめでとうございます | トップページ | ゲーテの『イタリア紀行』 »