« 荒崎海岸と京急のアルファベット駅名 | トップページ | 「龍子の歩んだ四国遍路」展と[アトリエ・旧居] »

2012年2月27日 (月)

吉村昭著『落日の宴 勘定奉行川路年聖謨』

幕末、中国などのように諸外国の植民地になりかねない時に、外交官として第一線に立ち、ロシア使節プチャーチンとの間で日露和親条約を締結した人を描いた。
開国を迫るロシア使節に一歩もひるむこともなく、駆け引きも巧妙に、その誠実さと聡明さで激動の幕末日本を救った。
これ以後の開国以降の欧米列国との至難な外交交渉、国内の目まぐるしい幕末の混乱を経て日本を明治維新に漕ぎつけることが出来たのも、川路ら外交官の尽力に負うところが大きいのである。
巻末解説で山内昌之氏は外交官の資質を問うている。以下ハロルド・ニコルソンの挙げた外交官の資質である。
誠実、道義的な正確さ、平静や平常心を保つ能力、
よい機嫌をおだやかに保ちながら、時には相手を怒らせたり平常心を失わせ、その油断や間隙につけ込む。
忍耐、謙虚、祖国や政府に対する忠誠。
これらをすべて兼ね備えていた川路は、軍事・経済・外交とロシアに劣っていた日本に、全面屈服でもなく、完全勝利でもなく、ぎりぎりのところで開国の条件づくりをした。
理をとおした見事な弁説、毅然とした一歩も引かぬ態度、誠実さがロシアを動かした。
又川路は開国によって日本から富が流出する危険を察知していた。外国からの借款導入を考えずに健全財政で幕末の危機乗り越えた。

現在の政治は内政外交とも複雑になりそれとともに混迷を深め、政治不信に国民が陥っている。
大変さはある意味では、どちらが上とも下ともつけられ面もある。
しかし、いいや(殆どの人の中でも鳩山氏に特に感じる)という無責任さ、自分の資産増大にのみ邁進する(小沢氏?)。全然約束したことを実行しない与党。ただ反対するだけで、国を良くしていこうとうという気の全くない野党。言い出したら気分が悪くなるこの頃です。
少しでも、1人でも川路聖謨のような方がいないのでしょうか。

安政の当時、ロシア船が下田にいたときも大地震があって、九州あたりから関東までかなりの被害があったようです。そしてまたそんなに時を経ないで大地震に、それに伴う江戸の火事で災害が凄かった。伊豆半島でも自分たちが家を失っているような悲惨な状態でも、船が沈没してしまったロシア人に救いの手を差し伸べています。幕府も尽力してロシアの艦長など、感謝の念を祖国に報告すると述べていました。
兎に角、日本史では地震が見えてきませんが、古来日本は地震にずっと悩まされてきているのです。

Photo Photo_2

Photo_3

ウィリアム・モリス(英国)のデザインしたエプロンを貰ったので使い始めました。
近代デザインの創始者であり、アート・アンド・クラフツ運動を起こした19世紀のイギリスで最も傑出した芸術家。日本の柳宗悦が起こした民芸運動にもあい通ずるものがある。
草花や樹木をモチーフとしたファブリックスや壁紙がことに有名で、色合いや花を見ていると気持ちが明るく楽しくなるエプロンです。今まで様々なデザインに親しんできた私たちであるが、古に帰ることも多くなり、歴史の中で何回も繰り返されるのではないか。

|

« 荒崎海岸と京急のアルファベット駅名 | トップページ | 「龍子の歩んだ四国遍路」展と[アトリエ・旧居] »

コメント

ウイリアム・モリスのエプロン、素敵ですね。
ただ下に着る服を選ばないと
ごちゃごちゃしてしまいそうですが…
ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館に
モリスがデザインしたというカフェがあります。
緑色の壁紙が素敵でした。

投稿: zooey | 2012年2月27日 (月) 23:24

★zooeyさま、おはようございます。

本当にこのエプロンは下にはすっきりした模様のない服が合いますね。
ヴィクトリア&アルバート博物館には自由時間にかなりいましたが、そのカフェに気が付かなかったです。凄く残念です。
その代り、見学後にハロッズでお茶を愉しみましたが、ドキドキものでした。

投稿: tona | 2012年2月28日 (火) 08:12

 
政治もそうですが、社会全般大らかさがどんどん失われギスギスと
常に誰かを責めようとしているように感じられます。
常に欠点を探し責めていては、何かを為す間も育つ間もなくやがて倒壊の
繰り返しのように思うのですけれど。急がば回れも大切ではないでしょうかね。

外交官の仕事は、社会情勢や各国の文化やものの考え方等はもちろん、
人間についても知り尽くしていないと真に素晴らしい仕事はできない
ものかもしれませんね。それと自身の人間性ももちろん胆力も備わっていないと。
難しい仕事ですが資質ある人にとってはやりがいのある仕事でしょうね。

ウイリアム・モリスのデザインの柄、素適ですよね。温かみを感じます。

投稿: ポージィ | 2012年2月28日 (火) 09:30

川路など吉村昭が描く江戸の人たちは素敵ですね。
おととい石牟礼道子をテレビでみてふっと彼らに通じるものを感じました。

投稿: 佐平次 | 2012年2月28日 (火) 10:56

★ポージィさま

本当に常に人に責任を押し付けるだけ、何でも人のせいにする、自分でやったら出来るのかと思うと何もできない、これは私自身のことでもあります。
以前はニュースを見ていてもここまで腹を立てず、大らかだったのですが、私自身がおかしくなってしまったのかと思うほどです。考えてみますとすべては昨年の災害以来のような感じさえあります。もう1つは日本がこんなでは沈没するのではないかと危機がよぎるほど、私が小心者でもあるからです。
外交官と言えば試験が難しいのですよね。友人(男の方ですが)が合格してスイスなどに赴任していました。苦労話は聞きませんでしたが、この本で知る限り、いろいろなものを持ち合わせていないと務まらない仕事なのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年2月28日 (火) 15:14

★佐平次さま

これで3冊目くらいでしょうか。
江戸、幕末の人々がとても魅力的に描かれていますね。
資料を丹念に調べて書かれているのですね。
あまりにも有名な石牟礼さんのこと私から抜け落ちていました。再放送があるといいのですが。ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年2月28日 (火) 15:21

今の日本にすごい力を持った外交官がいないわけではないと思います。
しかしいくら優秀な人がいても総理等のトップが外交が出来なければどうしょうもありませんね。情けない話です。

日本は、その前に独立国家としての防衛力とそれを支える情報収集力が必要です。
このあたりが日本に決定的に欠けるところでしょう。
あえて日本の人材をあげるとすれば中曽根さんあたりが見識もあって世界的にも尊敬され、一目置かれていたような気がします。
器の大きな胆力のある政治家がでてきて欲しいですね。
これからの日本はリーダー次第です。

投稿: macchanny | 2012年2月28日 (火) 18:57

★macchannyさま、こんばんは。

なるほどトップが外交力不足で日本を囲む国にもお手上げですね。
1年ごとに首相が交代している現実にも、世界があきれています。こんなに頻繁に変わっていては外交も腰を据えて出来ません。
日本に欠ける所、そうなんですね。ありがとうございます。
中曽根さんはロンとヤスですっかり馴染みになった方でした。東京日出町の別荘でレーガン大統領と懇談などしたのでしたね。
今転換期でしょうか。いろいろな失敗、失態から学んで、何とかして指導力のある政治家に建て直して欲しいものです。

投稿: tona | 2012年2月28日 (火) 20:53

我が国にもそんな立派な外交官がいたのですね。
そんな方たちによって今日の日本があるのでしょう。
それにひきかえ、今の政治家を見るのはほんと情けない。
「鳩山氏の八方美人ぶりは万死に値する」という記事がありました。
まさにその通りです。他にも金の亡者のような政治家もいますし、
選挙のことしか考えない政治屋さんもいるし、ほんと情けないです。

投稿: 茂彦 | 2012年2月28日 (火) 21:33

★茂彦さま

全く仰る通りで、ニュースを見るのが辛いこの頃です。
北朝鮮のように、あるいはやっと最近独立した国々のようにならなかったのは幕末、明治維新の人々の賜物です。
鳩山氏の「万死に値する」は手厳しいですが、でもまいた罪は大きいですよね。
すべて選挙に当選するためにやることは、私たちを考えての事ではありませんね。
情けない政治を見る毎日です。
こちらにもコメントをありがとうございました。

投稿: tona | 2012年2月29日 (水) 08:42

よく本を読まれていますね。感心しきりです。
本好きだったのに、時間も出来たのに・・・
情けない限りではあります。

情けないといえば今の中央政治、見るのも嫌な気分です。
我々が曲がりなりにも民意で選んだ政治家なのが、なお一層救いようのない気分にさせられます。

1人1人の人間はそんなにひどいわけではないのに、集合体としては体をなしていないのをどうすれば変えられるのでしょう。

ぐずぐずやっている時ではないのに。

またまた素敵なプレゼント!!
tonaさんはこれまでに沢山の種を撒いてこられて、あちらでもこちらでもすくすくと育っているようですね。

投稿: もみじ | 2012年2月29日 (水) 09:57

★もみじさま

本と言えば、勤めていた時の方が冊数は多かったのが不思議です。
今は毎日お休みなのにね、時間の使い方も上手くないです。トホホ状態です。

本当に中央政治のニュースになると消したくなるほどです。
こんな内輪もめみたいのをやっている場合ではないですよね。
もっと国を民を考えないと大変なことになります。

このエプロンは娘からです。どこで見つけてくるのか。買い物べたの私は見当もつきません。
コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2012年2月29日 (水) 10:11

まず読み方がわからなくて・・・
かわじとしあきらって読むのですね。
調べて見ました。
幕末の奉行で何度もプチャーチンと会話を
したということは今の外務大臣ということですね。
今より情報がないときにどう折衝したのか
よほど深い見識がないと出来ないですね。
今の派閥闘争の政治家とは次元が違いますから
比較は出来ませんね。

娘さんからいつも素敵なプレゼントが届いて
よろしいですね。
わが娘はくれません。エプロンは買ったことは
なくて息子の嫁から届きますが、平凡な
ハナエモリとかです。
このブランドのように簡単にはウイリアムモリスは
買えませんね。

投稿: matsubara | 2012年3月 1日 (木) 09:52

★matsubaraさま

仰るように今は派閥闘争に明け暮れる政治ですね。呆れるばかりです。
ちゃんとお調べになられて川路聖謨の外交をきちんと掴まれ、さすがmatsubaraさまです。
しかし、どの時代においても何でも大変なんだったと認識を新たにすることが多いです。
幕末の江戸庶民も自分が地震の災害にあって何もなくなっているのに、幕府の力なしに自力で復興しなくてはならないのに、新たなるロシア船の沈没で遭難した人々を助けたのです。今の何処かの国の、ない人ほど人に分け与える精神と同じだったのですね。

エプロンは大事にすると死ぬまで買わなくてもよさそうです。
コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2012年3月 1日 (木) 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/54089870

この記事へのトラックバック一覧です: 吉村昭著『落日の宴 勘定奉行川路年聖謨』:

« 荒崎海岸と京急のアルファベット駅名 | トップページ | 「龍子の歩んだ四国遍路」展と[アトリエ・旧居] »