« 女人禁制 | トップページ | 山を駆け上がり下る人たち »

2012年2月11日 (土)

二宮の吾妻山・菜の花と徳富蘇峰記念館

東海道線二宮駅の目の前にある標高136.2mの吾妻山山頂は菜の花がちょうど満開です。富士山の方に向かって咲いているのですが、昨日は富士山だけが見えませんでした。
公園はきれいに手入れがされ、散歩道には水仙がいたるところに植えられ、桜、ツツジ、紫陽花、コスモスの頃も、360°の展望とともに楽しめる。暖かくて真っ黄色な菜の花の春を味わってきました。

Photo

Photo_2 Photo_3

Photo_4 Photo_5

Photo_6

                   ↓頂上展望台の手前

Photo_7

Photo_8 Photo_9

Photo_10

Photo_12

                    ↓北方の大山・丹沢

Photo_13

                ↓金時山の右に富士山があるはず

Photo_14

                  ↓西の箱根、伊豆半島方面

Photo_15

        ↓南側の二宮の海が、珍しくも美しい水浅葱色をたたえている

Photo_16

                  ↓すぐ上の空にはトンビが

Photo_18

↓ファラオ・ハウンドとイタリアングレイハウンドもお花見に。ファラオハウンドはエジプトのファラオ(王)の称号をもつ古代アフリカン・ハウンドの子孫で5000年前のエジプトの王の墓の中にファラオ・ハウンドと似た体形の犬が描かれている。しかしDNA鑑定によりマルタの国犬となったこの犬は過去数百年の歴史しかないと出たそうで、古代エジプトを思い描いた愛犬家をがっかりさせたそうである。それにしてもイヌビス神に似ているなあ。目は琥珀色である。

1 Photo_19

          吾妻山の東12分のところに「徳富蘇峰記念館」がある。

Photo_17

ここに住んでもいなかった蘇峰の記念館が何故こんな場所に?それは蘇峰に子どもが大勢いたので分けると資料が散逸してしまうため、ここに屋敷があった秘書の塩崎彦市に遺品を託したからである。
美術品・揮毫・原稿・著書・蔵書・遺品の他に約4万7千通の書簡が収蔵されているが、特別展として書簡の中から東北出身の方々の書簡が展示されている。原敬、土井晩翠、新渡戸稲造、蘇峰から漢詩の添削を受けた後藤新平などたくさん展示されている。

Photo_20

Photo_21

蘇峰の書 棟方志功の絵手紙  江藤新平 星一(星薬科大学創始者)の手紙 

Photo_24 Photo_26 Photo_27 Photo_28

徳富蘇峰といえば、弟の蘆花が有名ですが、民友社を設立し、『国民の友』創刊して時事問題だけでなく、樋口一葉など大勢の文学作品掲載に力を入れた。『国民新聞』を発刊し、平民主義を掲げ藩閥政治を批判するなど活躍後、政治家、そして政界断絶後『近世日本国民史』を著わすなどして、95歳で逝く。

蘇峰の父一敬は横井小楠の高弟。蘇峰の妻久子の姉は学校創立者、妹は横井小楠の妻、末の妹・楫子は女子学院の初代院長、蘇峰の姉湯浅初子も禁酒・廃娼運動家だったという。
博学な学芸員にいろいろなことを教えていただき楽しく拝館出来る、神奈川県で17番目の博物館です。

|

« 女人禁制 | トップページ | 山を駆け上がり下る人たち »

コメント

こんばんわ!今日は随分と暖かくなってきました。
そして見事な菜の花や水仙を拝見して一気に春を味わっています。そして満喫しました。菜の花は神がかっていますね。本当に綺麗です。吾妻山ですか。

トンビも凄い写真です。
徳富蘇峰館もいいですね。味わいのある写真です。

そう言えば気付いていなかったのですが我家にも母親が家の周りにいっぱい植えてくれた「水仙」と一株の「寒咲アヤメ」が咲き始めました。それをあちこちに花瓶に生けています。

さっき家内が母親に電話で話していたところです。
この時期になると必ず咲いてくれて春の訪れを知らせてくれます。
自然はある時は怖いけど、それでいて本当に優しさはこの上ないものです。

今日から春満開です。
いつまでも今日のような気持ちでいたいですね。

投稿: macchanny | 2012年2月11日 (土) 21:04

★macchannyさま、こんばんは。

家の中もいい香りに満ちていることでしょう。
お母様が植えてくださった水仙とは、お母様を思い起こす素晴らしい花ですね。
こんなお話を聞くと私も娘の所へとなんて思ってしまいました。

寒さの峠も越えたようですが雪国は本当に大変ですね。
春を一足先に感じる菜の花畑ですが、早咲きの種類なのですね。きれいな金色とでも言いたい色です。
吾妻山は箱根や小田原の手前にあってとても箱根方面の眺めがいいところです。
そして湘南地方なので暖かいのですが、それでも今年は3週間も遅れていて、まだ梅の蕾がかたいままでした。梅の名所の熱海もまだ全然咲いてないそうです。

日射しはもう春ですね。希望の春がやってくれば、もっと元気になれます。
ありがとうございました。


投稿: tona | 2012年2月11日 (土) 21:53

私が二宮の「吾妻山公園」の満開の菜の花を見たのは3年前の1月上旬でした。
多少雲はあったものの富士山も見えていて、とても感激しましたね。

車だったので臨時駐車場に入れてから、頂上まで45分くらい歩き、とても気持ちの良い散策になりました。

今年は今が見頃とは!
流石に寒い寒い冬を実感です。
今月の20日過ぎに、伊豆に河津桜を見に行く予定ですが、咲いていないかもしれませんね~

湘南海岸や三浦半島でもトビの姿が多く、私は何度かオニギリやハンバーガーを持っていかれました。


投稿: naoママ | 2012年2月11日 (土) 22:51

今の会津では考えられない風景です。
青い空と水仙、そして菜の花…見てるだけで
春爛漫って感じですよ。
良いですね~ 暖かいんでしょうね。
特に!あの頂上展望台の手前の写真が気に入りました。
同じ日本なのに景色が違い過ぎですね。

投稿: pochiko | 2012年2月11日 (土) 23:20

イタリアン・グレイハウンドはよく見かけますが
ファラオ・ハウンドは珍しいですね。
琥珀色の目とほっそりした身体、風格があって格好いいです。
近所にボルゾイを飼っているお宅があって
その姿見たさにタロウの散歩でわざわざ遠回りして行くことがあるのですが
室内で飼っているので、中々お目にかかれません。

投稿: zooey | 2012年2月12日 (日) 00:06

菜の花の香りが漂ってくるようです。
大好きな香りです。

投稿: 佐平次 | 2012年2月12日 (日) 11:44

★naoママさま

3年前は1月上旬ですか。1ヶ月遅れですね。
徳富蘇峰記念館の臥竜梅が昨年は3週間前に満開だったそうですが、今年は蕾も膨らんでいませんでした。熱海の梅を観に行った人の話でも全然咲いていなかったそうです。
20日の河津桜咲いているといいですね。あそこは菜の花とのコラボでいいところですね。
今年は本当に寒かったのですが、桜はどうなるでしょう。

まあ!トビにオニギリやハンバーガーをさらわれたとは。怖かったでしょうね。大きいですもの。確かに葉山に泊まった時にはトビが多かったです。
あの鳴き声が唄にもあるように独特でいいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年2月12日 (日) 16:05

★pochikoさま

本当にそう思われるでしょうね。
まだまだ雪景色の中のpochikoさんですね。
今日は2階の室温が19℃まで上がりました。春のようです。
頂上手前の大きな木が印象的でした。私も気に入った景色です。
そちらまで直線距離では近いのに本当に違って、何時もそちらのお便りに驚いたりしています。
この冬の私の猫の話題では、雪の中を歩くという猫ちゃんはかなりのものになっています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年2月12日 (日) 16:13

★zooeyさま、ありがとうございます。

私もファラオ・ハウンドに初めて出会いました。名前を聞いて、エジプトの王を思い出し、やはり関係がありました。
猟犬だったようですね。
私もボルゾイは上品で人間なら昔の貴族のように感じます。
井の頭公園のそばに住んでいた時、公園は犬の品評会を開けるほどにいろいろな犬を見ましたが、そのボルゾイ親子にも毎朝お目にかかっていました。室内で飼っているのですね。

投稿: tona | 2012年2月12日 (日) 16:24

★佐平次さま

水仙もそして菜の花も、とても香っていました。
菜の花の濃い香りにはハチが寄ってくるものですが、まだ虫は眠っているようですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年2月12日 (日) 16:27

 
こんにちは。
吾妻山公園へ行かれたんですね! 先日TVニュースで満開の菜の花の
様子を見ましたが、tonaさんのお写真でもう一度楽しませていただけました。
パァッと明るくて菜の花と周りの景色とのコラボも素適♪
いつか行ってみたいという気持ちが強くなります。
水仙など他のお花もたくさん植えられて、いいですね。
これは人気がどんどん高まるわけだなーと、改めて思いました。

おやおや、ここにもトビが。訪れた皆さんが食べるお弁当が目当てでしょうか。
よく知っていますね。
ファラオハウンドという犬種は見るも知るも初めてでした。精悍ですね。
ほんと、イヌビス神のイメージですね。きっと本当のモデルになった犬も
似たような姿をしていたのでしょう。
 

投稿: ポージィ | 2012年2月13日 (月) 10:23

蘆花公園と蘆花記念館には参りましたが
蘇峰の記念館が神奈川県にあるとは知りません
でした。立派な弟子を持つときちんと保存が
出来るのですね。
つきあいの巾の広さが手紙で残りますね。

寒さにめげずお出かけで、アクティブな生活
ですね。

イヌビス神そっくりの犬がいるのですね。

投稿: matsubara | 2012年2月13日 (月) 12:41

★ポージィさま

TVで見てちょうど満開ということで、お天気の良い暖かなこの日を選んで行きました。
実際に行って、菜の花がどんな風に咲いているか分かったのは西側に細長いということでした。整備されたなかなか良い公園です。
駅からも近いし、300段の階段はあるものの、景色が良いのでお勧めです。片道2時間半かかりましたが、適度な運動になりました。

トビは餌を狙っていたのですね。カラスと同じで本当は怖いです。
ファラオ・ハウンド珍しいですよね。私も初めてでかなり熱心に眺めていました。おとなしく利口そうでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年2月13日 (月) 15:39

★matsubaraさま

徳富兄弟では弟蘆花の方が有名ですね。京王線沿線にある蘆花公園駅のところにあるのですね。詳しくは忘れてしまいましたが、私も行ったことがあります。
大勢の子どもに相続すると散逸するという考えがあったことにとても頭がいい人だと思いました。この頃子孫は公の機関に寄付という形が多いですが、この秘書の塩崎さんは不動産を売ってこの資料館を造って維持したそうです。
手紙は4万7千通で、差出人は1万2千通だそうで、その人数の多さに唸りました。

エジプトで黒いイヌビス神の置物を買ってきましたが、安定が悪くて捨てました。その捨てた犬にそっくりです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2012年2月13日 (月) 15:50

おはようございます
その辺りは、多少暖かいからもう水仙、菜の花と綺麗ですね~

富士山は、晴れれば霞が、勿論曇りや雨ならまったく見えませんね

動かないけれど中々、完璧な富士山に会うのは難しいですねhappy01

投稿: OB神戸家 | 2012年2月14日 (火) 09:24

★OB神戸家さま、ありがとうございます。

おはようございます。
湘南にあるこの二宮辺りは暖かいようですね。ちなみに私も中学から湘南で育ちました。
菜の花が目が覚めるようにきれいでした。
この日もちょっと登っただけで汗をかくほどでした。
富士山って晴れてても見えないことも多いし、早朝でないとダメなことがありますね。

投稿: tona | 2012年2月14日 (火) 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/53955798

この記事へのトラックバック一覧です: 二宮の吾妻山・菜の花と徳富蘇峰記念館:

« 女人禁制 | トップページ | 山を駆け上がり下る人たち »