« ルドンとその周辺ー夢見る世紀末展 | トップページ | 『82歳の日記』メイ・サートン著 »

2012年3月10日 (土)

外国人による日本語スピーチ大会

Twitterに登録したしたものの、フォロワーされてもフォローすることも出来ず(子どもに教えてもらってやっと出来た)、ツイナビで使い方の説明と首っ引きの数時間でしたが、結局殆ど使い方も何も分からないまま日が暮れました。それでも鳩山氏や橋下氏のつぶやきなどを目にしました。
同様にFacebookも登録したものの何も使っていません。これではスマートフォンもとても無理そうです。事ほど左様に、このような類の事にはただただ格闘してむなしく引き下がるしかありません。若かったらそんなことはなかったのかなあ。

先日「外国人による日本語スピーチ大会」に行ってきました。隣の隣の武蔵野市の国際交流協会が開催したものです。
来日先は中国、台湾、インドネシア、ベトナム、ミャンマー、ネパール、フィリッピン、カナダ、アメリカの13組です。
動機はいろいろで、交換留学生、外国語学校や日本語学校で勉強している人、レストランの店長、国際結婚した人などで殆どの人は昨年4月から10月に来日した人です。
たどたどしい人からべらべらの人まで様々ですが、みんな日本語での質問を理解出来るから、しゃべるだけでなく聞く能力も相当なものです。
この難しい日本語をこんなに習得して大したものです。
アメリカのご夫婦はご主人は大学の先生で奥さんは食と農業についての記事を書いているそうですが、昨年はアメリカに逃げ帰るどころか、東北にボランティアに行ったそうで、とても力強いその行動力と話に魅了されました。
その他、日本人の親切を語った人、日本の四季に感激する人、ミャンマーの諺を披露、琵琶の弾き語りをする人、そして日本に来て様々な体験を通して飽くことなく学ぼうとしている方たちに感動しました。語学の才能があるだけでなく陰で血のにじむような努力をしているのでしょうね。
さらに司会者の中国人の女性とインド人の男性が流暢な日本語でユーモアある司会をしたことに、国際人として活躍していると感じました。
この方たちには日本の文化などもたくさん触れていただいて、お国に帰って伝えて欲しいです。
地元には日本で勉強する外国人をサポートする人たちがたくさんいて、この大会にも協力していました。
逆に世界各国で勉強する日本人も、現地でたくさんの友情などを頂いているのですね。

三浦半島にたくさん咲いていた、アプテニア(ツルナ科)の白花種です。教えていただいて調べたら赤い花のアプテニアは時々見かけます。南アフリカ原産だそうで、多肉質の葉が密生して垂れ下がっています。三浦半島は暖かいようです。

Photo_3

2

|

« ルドンとその周辺ー夢見る世紀末展 | トップページ | 『82歳の日記』メイ・サートン著 »

コメント

現在、日本の川辺ほとんどに弦の草がはびこっています
海の方もこの弦草が・・・・
外来種は、水陸共に生命力、繁殖力が旺盛で在来種が駆逐されています
この花は・・・・んんんっ心配

投稿: OB神戸家 | 2012年3月10日 (土) 11:30

私もTwitter、FaceBook、Mixiと登録していますが
活用しているのはMixiだけ。
FBはもっぱら情報収集の場として使い、
Twitterにいたっては覗きもしていません。
ブログのように、文章をじっくり書きたい人には向かないと思います。

投稿: zooey | 2012年3月10日 (土) 11:59

あれもこれもとやると大変で集中力が続かないですね。
ブログをするのも大変です。しかしやればやっただけのことはあります。有難い部分があります。

外国人の弁論大会は良いですね。
外国人が日本で日本語を勉強して弁論大会にでて意見を発表するということは凄いです。
一般の意見ではなくてびっくりする様な話を聞いてみたいですね。みんなが笑い転げるような。。
あまりにも日本語の上手な人はそれこそ変な外国人という感じですね。

投稿: macchanny | 2012年3月10日 (土) 16:51

こんばんは。
Twitter に FaceBook どちらも登録されたのですね。
それだけでもすごいと思います。私はどちらもやってみようと気すら無し。
これ以上ネットに割ける時間がないヮ、というのがその理由ですが、
本当は使い方ぐらい知っていたほうがいいのかなという気も
しないではありません。

外国人による日本語スピーチ大会は、かってNHKで放送されていましたよね。
今でもあるのかどうか? 以前毎年のようにNHKで放送されるのを
見ていたことがありました。海外から来た方たちならではの
視点や感想なども興味深く楽しいですね。それに彼らの努力には
頭が下がります。

投稿: ポージィ | 2012年3月10日 (土) 17:59

★OB神戸家さま、ありがとうございます。

ツルナ科のツルクサってとても丈夫な植物ということですね。
海辺のツルナも黄色の花をいっぱい咲かせていますが、、繁殖力旺盛ですか。
帰化植物だらけになる日本ですね。
日本古来のが絶滅する日が近づいているので、外国のようにしないといけないですが、もう遅いのでしょうか。

投稿: tona | 2012年3月10日 (土) 20:23

★zooeyさま、ありがとうございます。

私もこれらプラスMixiですが、Mixiは情報交換など毎日使っています。
これはこれで楽しくいろいろ意見交換も出来ていいです。
そうなんですね。ブログに慣れていてこれが1番ですね。
でもブログから入る情報で頭がパンク状態の日もあります。暇よりずっとよろしいです。

投稿: tona | 2012年3月10日 (土) 20:29

★macchannyさま、ありがとうございます。

そうです。ブログのお蔭で今までどんなにかたくさんことを教えていただき学んだことか。学校の勉強よりも多岐に及んで楽しいことも事実です。

日本に来るような外国人は優秀な人なのですね。そう、びっくりするような話聞きたいです。
今回は「新米お父さんの初体験」と題して奥さんから4カ月の愛児を抱きとって、父親の喜びや辛い体験などを話したのですが、こんなに愛される子どもは幸せと感じました。
そういえば89歳で日本国籍を取得されたドナルド・キーンさんは割合とたどたどしい日本語です。日本を愛することといい、日本人になってくださったことなど嬉しいお話です。

投稿: tona | 2012年3月10日 (土) 20:43

★ポージィさま、ありがとうございます。

せっかく登録してもやらないのは、せっかく買ったのに着ない洋服のようなものです。
こうしたことは今までの人生にたくさんあって、半分は無駄なことをしてきた感がありますが、それが私なんですね。

NHKに出ていた外国人は超エリートと感じたことがあります。
視点が日本人と違っていて面白かったですね。
それにしても外国人のお相撲さんは日本人よりきれいな話し方をするものといつも感心しています。語尾をのばしたり、強調したり、上げたりして聞き苦しい話し方の日本人が増えたと思いますので。

投稿: tona | 2012年3月10日 (土) 20:53

TwitterやFacebookにもチャレンジされましたか?
私も、Twitterやってみようかと思ったことがあって登録だけはしたのですが、結局やらずじまい。やはりブログの方が自分には
合っている、そんな風に思っています。
日本語のスピーチコンテストですか?あきれるほど
流暢な日本語をあやつる外国人もいますね。
さぞかし長い時間をかけて勉強したのかと
思えば、さにあらず。びっくりすることがあります。
一方で、長い間日本に住んでも、さっぱり上達しない人もいますね。
外国語の上手下手は、発音の良しあしだけでは
決められない、とは思うものの、発音も大事ですよね。
但し、発音が如何によくても内容が伴わなければ、
上手だとはいえないし。
日本語のスピーチコンテストは、発音だけでなく
内容についても評価するのでしょうね。

投稿: 茂彦 | 2012年3月10日 (土) 22:13

TwitterやMixiに登録してましたが
今はほとんど使っていない状態です。
なかなか読む暇もなく、けっこう利用している人多いようですが
どうなんでしょうね~どうも着いて行けないアナログ人間のようです。

投稿: pochiko | 2012年3月10日 (土) 23:25

★茂彦さま、ありがとうございます。

映画『ソーシャル・ネットワーク』を観て、どうしてFacebookがあんな勢いで広がったかが、映画だけでは分かりませんでした。これが世界中に広がっているなんて信じられない想いです。
Twitterも著名人も大勢つぶやいているけれども、ブログの感覚とは全然違っています。
ブログが1番かしら。

外国語をマスターすることは書けて、聞けて、話すこと出来ることですが、仰るように話す内容が伴わないと何にもなりませんね。
通訳はその上を行く勉強がなされていないといけませんし、ただ語学が出来るだけで人間性に欠けているとせっかくの語学力は役に立ちません。
語学の才能が豊かな人はいいですね。私はこの頃横文字を観ると顔をそむけるほどになるくらい、何も頭に入って来ません。
ですからこうした日本語を勉強して話す外国人は偉いなあと感心しています。

投稿: tona | 2012年3月11日 (日) 08:37

★pochikoさま、ありがとうございます。

本当にアナログ人間のお言葉に同感です。
ブログがやっとこで、もういろいろなものについていけないです。
アナログといえば、デジタルの時計もだめです。前後の時間の感覚がないからです。
あと何分なんて、時計の針の辺りを眺めて納得ですから。
スマートフォンは魅力があるのですが、その便利さを使いこなせそうです。
まあPCが少し触れるだけでありがたいことと感謝です。

投稿: tona | 2012年3月11日 (日) 08:42

私達のボランティアでも外国人弁論大会を
10年も続けています。感動させられることが
多いです。
英会話のEranga先生も出場して優勝されました。
その時からのつきあいが今も続いています。
去年は優勝者を東京に案内してあげました。

facebookもされていると聞き思わずそこに
コメントしました。私はそれほど更新は
していないのですが、ある方とは、ブログを
お休みされていてこちらで交流しています。
人それぞれ好みがありますから、自分に
合う場で続けられたらいいかと・・・
mixiの方も更新は遅いながらも何とか・・・
Twitterに至っては登録したままスピードについて行けず、
放ってあります。

投稿: matsubara | 2012年3月11日 (日) 09:34

★matsubaraさま

Facebookの方に早速ありがとうございました。私はまだ全然コメントできなくて、つまりやり方がわかりませんので、暫くお待ちくださいね。
mixiはメッセージ交換とそこに日記を書かれていらっしゃる方と友だちになりました。
それぞれ特徴があるのと好き好きがありますからね。いろいろな交流があっていいものではあります。

スピーチ大会もmatsubaraさまはボランティアをされていらっしゃるのですね。お世話は大変のようです。
でも外国の方から学ぶことも多いでしょうね。兎に角勉強熱心で、遥か学生時代を思い出したほどです。卒業してから全然してないに等しいです。

投稿: tona | 2012年3月11日 (日) 17:01

日本語を話せる在日外国人には感心させれます。
外国に行って聞いて見ても、誰もが日本語は
難しいと言っています。

特に敬語に謙遜語。どうゆう場合にに使うのかその判断が難しいと…
英語では、かなりの場合、「あなた」は
「You」ですむ。
せいぜい、敬語的に言うときは「Sir]
とか、その人の身分とか、職業を名前の前に付けるぐらい。

要するに日本語は、同じ意味でも、状況に応じて沢山の言い表し方があることだろうと思います。
日本人はやたら「お」をつけるのも良くわからないと言っていました。
日本語を流暢に話すには、長く日本に住み、
日本の文化も理解しなければいけないと思います。

この頃、日本語をしっかり話せない若い人たちもいることだし、若い人たちだけの通用語が生まれる時代ですから、外人に対して恥かしくもあります。

「られる」を「れる」と言うのも古い私には
違和感があります。

投稿: 夢閑人 | 2012年3月12日 (月) 18:11

★夢閑人さま、ありがとうございます。

やはり外国の方は日本語は難しいと言っているのですね。
事実私が外人だったらと思って日本語に接すると、いろいろな箇所で難しいと感じます。
敬語とか謙譲語とか難しいだけでなく、漢字、ひらがな、カタカナ、そしてローマ字とこんなにたくさん混ぜて使うのは珍しいですね。
同じ音訓でもいろいろな意味がある言葉があり、トイレでもそうですが、同じ意味でもたくさんの言い方があって、よくこんなに私たちは知ったものと感心することもあります。

私も語尾の問題だけでなく、食べれるとか寝れるとか「れる」というのが気になることがあります。外国人のお相撲さんの方がよっぽどきれいな日本語を使っています。

投稿: tona | 2012年3月12日 (月) 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/54184838

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人による日本語スピーチ大会:

« ルドンとその周辺ー夢見る世紀末展 | トップページ | 『82歳の日記』メイ・サートン著 »