« 買わなくてよかった! | トップページ | 伊勢・南紀めぐり(2) »

2012年4月30日 (月)

伊勢・南紀めぐり(1)

名古屋から伊勢、熊野、串本、白浜、高野山とまわって新大阪に出ました。連休前でどこもすきすきで人影がまばらな所もあったくらいです。

名古屋駅の2棟のJRセントラルタワーズ 53階(245m)と51階のツインタワーは駅ビルとしては世界1でギネスブックに登録されているそうだ。
Photo
伊勢神宮参拝は47年ぶりで、覚えていたのは五十鈴川だけでした。
Photo_2
神宮境内は伊勢市の面積の1/3を占めるという。
来年が20年に1度の式年遷宮でもう造営が進められています。持統天皇の御代の1300年前から始まり来年で62回目。式年遷宮は社殿だけでなく、御装束神宝なども全部一新する。
以前どうして20年に1度建て替えてもったいないことをするのかと疑問に思っていたのが解明しました。
①木造なので傷みが激しい。
②宮大工の技能を連綿と伝える(この位の間隔でないと技能が伝え継がれない)
③神さまの住まいがいつも清々しい
四重の垣で囲まれた御正殿は拝見が出来ない。外宮で開館したばかりの「せんぐう館」内での模型によれば、唯一神明造りで派手な装飾も木組もなく、簡素を極めた社殿。

内宮(皇大神宮)皇室のご祖神の天照大神が御祭神
                                              ↓大鳥居と宇治橋 

Photo_4
                                         ↓階段を上った所でお参り
Photo_5
下宮(豊受大神宮)神々に奉る食物を司っておられる豊受大御神をお祭りしてる
↓19年たった外宮の屋根もかなり傷んでいる
Photo_6
↓せんぐう館とまがたま池 「神宮」「式年遷宮」「神道」などが分かりやすく展示されている
Photo_7
                                  ↓遷宮儀式の一つ(パンフレットより)Photo_8↓おかげ横丁とおはらい町
おかげ横丁は江戸時代のお蔭参りの頃の風情をあの「赤福」が再現した横丁で、神宮横のおはらい町にある。おはらい町の赤福本店でいただいた赤福餅とお茶が美味しかった。
Photo_10
Photo_11
花の窟(はなのいわや)神社:世界遺産 日本書紀に「日本最古の神社」と記されている古来の聖地で社殿はなく、45mの石巌壁が御神体である。
Photo_12
神々の母であるイザナミノミコトがカグツチノミコトを産み、灼かれて亡くなった後に葬られた御陵。カグツチノミコトは父親のイザナギノミコトに殺され、母親とともにここに祀られている。
Photo_14
年2回、神々に舞を奉納し、日本一長いともいわれている約170メートルの大綱を岩窟上45メートル程の高さの御神体から境内南隅の松の御神木にわたす「御綱掛け神事」が行われる。その綱に花を括りつけることから神社の名前が付いた。
Photo_15
Photo_16
Photo_17
というわけで、伊勢神宮と花の巖神社にお参りして神々しくも厳かな気分に浸れました。

瀞八丁(どろはっちょう)和歌山県新宮市から奈良県吉野郡十津川村にまたがる峡谷。峡谷の両岸に高さ50mにおよぶ断崖、巨石、奇岩、洞窟が1km以上続いていて、国の特別名勝、および天然記念物に指定されている。
この日だけは残念ながら雨で船の窓が曇ってよく見えなかった。

Photo_18
Photo_19
Photo_20
↓葉が米粒のようなコメツツジやこの北山村原産のじゃばら蜜柑(花粉症によい)のジャムなどが売られていた
Photo_21

|

« 買わなくてよかった! | トップページ | 伊勢・南紀めぐり(2) »

コメント

名古屋には数年前、大阪は今年一度行きました
数十年前、両方共に赴任経験がありましたが、新大阪で迷ってしまいました

なまじっか、分かっていても浦島太郎さんでは、まるでお上りさん状態でしたcoldsweats02

投稿: OB神戸家 | 2012年5月 1日 (火) 11:11

名古屋からはバス旅だったんですね。
懐かしい場所,知らない場所を楽しませていただきます。

投稿: gaki | 2012年5月 1日 (火) 11:43

お帰りなさい。
こちらに来ておられたのですね。
名古屋駅がギネスブックに出ているとは
知りませんでした。

伊勢神宮は何度も行きましたのに、
花の窟神社のこと全然知らなかったです。
お恥ずかしいことに・・・

瀞八丁は父を連れて行きましたのでもう
40年も前です。小さい孫との旅を
楽しんでくれました。
水がかなり少なくて船が川底すれすれ
でしたが、今はたっぷあるようですね。

投稿: matsubara | 2012年5月 1日 (火) 12:06

遠路お疲れさまでした。
伊勢には何回か行きましたがあまり特別な想いを持つこともなかったわけですがこうしてブログを拝見しながら新しい発見があり、色んな思いに浸りました。
伊勢名物、赤福は申し分ないですね。石岸壁だけの神社もあったのですね。

新宮から十津川にまたがるどろ八丁の峡谷も写真で見ると凄く迫力があります。

交通の便も悪くこの辺りは日本のまさに秘境です。
この近くに龍神温泉があって車で行くのもそれはそれは大変な所です。

投稿: macchanny | 2012年5月 1日 (火) 14:11

名古屋駅も変わりましたね。
とにかく、駅を見るのは終戦以来です。

 昭和20年1月から約一ヶ月間、中学の学徒動員で名古屋にいました。
2/11,の夜、富山の方に移ることになり、それまで時間があるので、三人で伊勢参りを思いつき出かけました。
帰り、名古屋駅に着いたら、空襲の真っ最中。市電も動かず、周りは火の海、駅に缶詰。出発の時間は迫るし、仕方なくまだ空襲の中を歩き出しました。途中で皆を乗せたトラックに会ったからよかったものの、今思うとゾッとします。

それから伊勢に行ったのは、ちょうど20年前の遷宮の前の年、平成4年の初詣でした。
五十鈴川の清らかな流れ、あたりは変わってませんね。

赤福は大勢の人で混み合い、味わうどころではありませんでした。

瀞八丁は開けた高千穂峡といった感じですね。素晴らしい景色ですね。

投稿: 夢閑人 | 2012年5月 1日 (火) 14:46

お帰りなさ~い。
桜の生藤山から陣馬山まで歩いたことがあるので、コメントを入れようとしたら、ご旅行とかで閉じられていましたね。
無事のお帰り何よりです。

私も20歳の学生の頃に、友人と3人でユースホステルに泊まりながら、国鉄の均一周遊券(5000円だったような?)紀伊半島一周の旅をしましたよ。
その時も最初は伊勢神宮でした。今から45年以上も前のお話しです。
あれ以来行っていません。懐かしい!
花の窟神社の事は知りませんでした。
何やらとても神聖なところのようですね。

泥八丁は当時プロペラ船で延々と行きました。
賢島や勝浦、白浜と海辺を行き、那智大社にもお参りし、御坊、和歌の浦、そして最後は大阪でしたが、あの時の旅を思い出しながら機会があったら熊野古道を歩きたいですね。
フットワーク良くあちこちに行かれるtonaさんを見習わなければと思っています。

ところで私ハンドルネームを「nao♪」と変更いたしました。
今後とも、今まで同様宜しくお願い致します。

投稿: naoママ | 2012年5月 1日 (火) 16:20

★OB神戸家さま

名古屋、大阪赴任をされていらっしゃったとは、気質などよくご存知なのですね。
大阪駅と新大阪駅とは離れているということをバスでぐるっと回って知りました。
何時か行きたいのですが、迷うでしょう。日本語が通じるとはいえ地下鉄など乗りこなせるでしょうか。

投稿: tona | 2012年5月 1日 (火) 16:37

★gakiさま

紀伊半島の地形など何も頭に入れて行かなかったのですが、伊勢、志摩、鳥羽辺りが出っ張っているのですね。そして三重県が熊野川まで下がって細長いのを全然知りませんでした。今回は奈良県だけ足を踏むことが出来ず、瀞八丁であちら側が奈良県だと言われました。

投稿: tona | 2012年5月 1日 (火) 16:48

★matsubaraさま

この間の名古屋新幹線のホームを降りて紀伊半島の旅が始まりました。
駅ビルはとても高いですね。バスのガイドさんが教えてくれました。

花の窟神社は世界遺産になってから熊野三山に加えて四山としてこれから脚光を浴びるでしょうと説明されました。イザナミノミコトの御陵がこんなところにあるとは思いがけないことでした。

瀞八丁での船はウォータージェット船だそうで浅くても走れるそうですが、この日は雨で水が多かったです。
お父様との思い出の地だったのですね。
悠久としていて、吸い込まれそうな水の色で素晴らしかったです。

投稿: tona | 2012年5月 1日 (火) 17:00

★macchannyさま

伊勢神宮のことは少し勉強した方がよさそうです。今までただ頭を下げてお参りしていただけというお粗末な私でした。
あんな事件を起こした赤福ですが、これは何時食べても美味しいです。

瀞八丁はお水がとてもきれいな色で感動です。岩も50mもあって迫力満点です。

白浜から高野山に行く途中で龍神温泉の所を通りました。
本当に秘境ですね。

投稿: tona | 2012年5月 1日 (火) 18:58

★夢閑人さま

名古屋の駅を降りたのは初めてでして、外から駅を眺めることができました。
夢閑人さんは名古屋と伊勢には凄い思い出があるのですね。
想像しても大変なことでした。

20年前ですか!交互に変わっているそうですから、私がお参りした所に造営していたのですね。
手水舎でなく五十鈴川で清めました。きれいな水ですね。
この日、25日はすいていて、赤福は行列もありませんでした。普通は橋の方まで並ぶとか。人気ですね。

高千穂峡は九州にいた時に行きそびれて残念に思っています。有り難うございました。

投稿: tona | 2012年5月 1日 (火) 19:13

★nao♪さま、こんばんは。

以前高尾山から陣馬山まで行きましたが、いまよりずっと若い頃なのにきつかった覚えがあります。陣馬から降り口がバス道にありました。地図で見ますと本当に神奈川県の一番北のとがった部分にある山ですね。桜が残念な思いです。

紀伊の周遊券は5000円でしたか。私の時北海道が2万円、九州が1万2千円でした。全部ユースホステル使って安かったですね。
当然ながら、随分丁寧に廻られたのですね。

瀞八丁は昔から水深が浅かったのでしょうか。
プロペラ船だったのですね。
今は浅い所でも大丈夫なウォータージェット船でした。速度も速いです。
熊野古道はいろいろあるようですね。登山並みのような所が多いらしいです。歩けたらいいですね。

投稿: tona | 2012年5月 1日 (火) 19:34

伊勢、ずいぶん以前になりますが
…30年くらい前でしょうか、友人夫婦と伊勢参りに行きましたよ。
会津から福島空港、そこから大阪まで行って、長い道のりでしたよ。
でもあの時に行かなかったら、行かずじまいになってしまったかもしれません。
みんな正装をしてお祓いをしてもらったのが思い出でした。
そこから真珠で有名なとこへ行ったり、帰りには奈良の方を回って帰ってきましたが
今度いつか行くよううな事があったら、瀞八丁の景色を見に行きたいと思いました。

投稿: pochiko | 2012年5月 1日 (火) 23:28

★pochikoさま

会津からお伊勢参りは遠いですね。今は新幹線で東京からは名古屋まで簡単に行けますが、私もpochikoさんと同じく飛行機で新婚旅行で羽田から大阪に向かい、そこから伊勢にでした。
正装してお祓いされたのですか。日本の頂点の神宮でされて、江戸時代の人々のようだと思いました。
そうですね。峡谷美は素晴らしいです。そちらにもたくさんあるとは思いますが、趣がちょっと違うかもしれませんね。

投稿: tona | 2012年5月 2日 (水) 06:54

お伊勢参り、若いころはさほどにも思わなかったのですが、最近しきりに行きたくなっています。
思い切っていかないとなあ。

投稿: 佐平次 | 2012年5月 2日 (水) 10:44

★佐平次さま、こんにちは。

伊勢神宮のような場所が何故か琴線に触れるような年齢になりました。
来年は賑わうのでしょうね。
江戸時代の人々が江戸からは往復1カ月以上かけて往復したでしょうに、今は半日もあれば到着しますね。

投稿: tona | 2012年5月 2日 (水) 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/54597391

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢・南紀めぐり(1):

« 買わなくてよかった! | トップページ | 伊勢・南紀めぐり(2) »