« 國井修著『国家救急医』 | トップページ | 柴田トヨ著『百歳』 »

2012年4月13日 (金)

狭山丘陵の春の妖精

数年前のこの時期に行った狭山丘陵の同じコースには、今年もまたスミレ、カントウミヤマカタバミなどの紫や白の世界が煌めいていました。
毎年頭に入ったはずのいろいろなスミレの名前も、次の早春には全部、ただスミレという名前になってしまっています。
今年も1から出直し、先生に教えていただきました。

↓最初に出会ったコスミレ
花が小さいわけでなく、草丈が低いところからその名が付いたようだ。
葉がこのように長三角形で、花がびっしりつくことが特徴。

Photo
Photo_2 
             ↓マルバスミレ 丸みのある葉と白い花が特徴
Photo_3
    ↓タチツボスミレ 最も馴染みの深いスミレで、やや空色を帯びた淡紫色
Photo_4
↓オトメタチツボスミレ 東京都奥多摩産の個体だそうで、純白色で距の部分に色が残っている。
Photo_5
↓フモトスミレ 比較的小さな白い花の下側の唇弁に濃い紫色の筋があって、他のスミレの仲間と少し違う。
Photo_6
           ↓タカオスミレ 葉の表面が赤褐色なのですぐわかる
Photo_7

↓アオイスミレ スミレの仲間ででは1番早く咲くが今年は寒かったためこの時期満開であった。
葉がフタバアオイに似て丸く、花は白色に近い淡紫色で形が縮れた感じでこれも特徴がある。

1
Photo_8
↓カントウミヤマカタバミ(oxalis var.kantoensis) 高山の途中にあるミヤマカタバミの変種。日が陰ると閉じてしまう。
Photo_9
Photo_10

↓セントウソウ(セリ科セントウソウ属)この時期たくさん見かけ、花が小さい。

Photo_11
Photo_12
               ↓ヤブタビラコ(キク科ヤブタビラコ属)

Photo_13

                     ↓シュンラン

Photo_16

↓ヒメカンスゲ(カヤツリグサ科)茶摘唄に「茜たすきに菅の笠」のスゲ(菅)は笠や菅細工に使われたが現在はもう使われない。
冬でも常緑でカンスゲより小さいのでヒメカンスゲの名が付いた。先端の花が雄花で、茎の途中のが雌花だそうだ。

Photo_14

|

« 國井修著『国家救急医』 | トップページ | 柴田トヨ著『百歳』 »

コメント

春本番を向かえ、あちこちに可愛いスミレの姿が見られますが・・・
さっぱり名前が覚えられません。
tonaさんの今回のスミレの名前の紹介を印刷して持って歩きたいです。

たくさんのスミレが見られる春の高尾山が大好きですが、まだ「タカオスミレ」を見たことがありません。
狭山丘陵でも見られるのですね。

サクラを追いかけている間に春の山野草も咲き出して、何かと心急きますが・・・
でも無理がきかなくなり、連続のお出かけがきつくなりました。
tonaさんに刺激を戴いていますよ。

投稿: naoママ | 2012年4月13日 (金) 14:51

見落としてしまいそうな花たち
よ~く観察、勉強されていますね~
いつも感心していますhappy01

投稿: OB神戸家 | 2012年4月13日 (金) 16:44

★naoママさま

スミレは毎年見ていてもなかなか覚えられませんね。
葉の形や花色など微妙に違っていたりするのですが。
今回は6種類でしたが、たくさんあるスミレでも20数種類代表的なのがあって、ほんの4分の1にしか過ぎません。
タカオスミレですが、高尾山のよりここ狭山丘陵の方が立派なのだそうです。

naoママさんでもそうなのですか。
確かに連日出歩くと辛くなりましたね。
昨年あたりから無理が利かなくなって、カレンダーを連日埋めないように心がけるようになりました。
毎日のように数種類の花が咲き出すこの半月です。

投稿: tona | 2012年4月13日 (金) 16:50

★OB神戸家さま

実は5年前から観察会で先生に教えていただいています。
試験されると答えられないという劣等生なんですよ。
春の丘陵や林の中は小さな花があって、なかなか楽しいものです。

投稿: tona | 2012年4月13日 (金) 16:53

スミレの同定はとても難しいのに
すごくお詳しいですね。
タチツボスミレくらいしか分かりません。
エイザンスミレのように栽培したことの
あるものは別ですが・・・
でもすぐ枯らしてしまいました。

個体のものも多いのですね。
見たこともないスミレもあります。

スゲのことも知りませんでした。

投稿: matsubara | 2012年4月13日 (金) 21:55

スミレにも、こんな二種類があるとは思いませんでしたよ。
色合いも姿もかわいいですね~
見た事があるスミレ、初めて見たスミレ。
まさに春の妖精です。
つい見逃してしまいがちなスミレですが
良く見ればスミレの種類の違いが分るのかもしれませんね。

投稿: pochiko | 2012年4月13日 (金) 23:40

★matsubaraさま

詳しくはなくて、先生に教えていただいて、本やサイトで確かめている状態です。
残念なのは来年になるとまた忘れて出直しだということです。本当に頭が悪いです。
家にもエイザンスミレに似たヒゴスミレがありますが、今年は出てきません。栽培はだめですね。
岐阜公園やそこからの金崋山にはスミレやヒメカンスゲがありそうな気がしますが、こちらと植物分布などが違うでしょうかね。
伊吹山にはお花がいっぱいですから、近いので同じような花の種類は岐阜地方にあるのでしょうね。

投稿: tona | 2012年4月14日 (土) 08:38

★pochikoさま

スミレは自生しているのだけでも約60種で変種など含めると300種類だそうです。
先生は自生の殆どをご存知です。
実はオトメタチツボスミレ以外は過去に見ているのですが、その微妙な違いなどすっかり忘れていました。
しかし良く見ると今回のは微妙でもなく、区別が歴然としていますね。
そちらの里山や林の中にきっとこれらの妖精が待っているでしょうね。

投稿: tona | 2012年4月14日 (土) 08:45

こんにちは。
可愛らしい春の妖精たちに、たくさん会っていらっしゃいましたね。
スミレたちもこんなに色々。いいなぁ~ この春は、唯一近所で見かける
タチツボスミレにすらまだお目にかかっていません。
スミレの仲間も種類がいっぱいなんですよね。私もtonaさんに
ご紹介いただいたそのときには分かったような気になっても、
すぐに忘れてしまいます。
スミレ以外の小さなお花たちも、みな本当に可愛いですね。
春の散歩は家の近くですら歩みがうんと遅くなります。

投稿: ポージィ | 2012年4月14日 (土) 11:50

★ポージィさま

タチツボスミレともう1種(野路スミレ?)が家にあります。前者は何処かから飛んできました。後者は以前買ったことがあります。
それなのによそで見るとタチツボスミレさえもあやしくなります。
というのも外来種のパピリオナケアと間違えたりします。大きさが違うにのにね。

数年前に同じスミレの写真を載せているのですよね。来年まで覚えていたら奇跡です!
私たち一行をお花に興味がない人が見たら、あんなに地面を這いずり回って何しているのかと訝しく思われそうです。
本当にお買い物に行く途中でもあちこち引っかかって歩みが遅くなりますね。
有り難うございました。

投稿: tona | 2012年4月14日 (土) 16:28

スミレ、大好きです。

でも、いつまでたっても学名はおぼえられません。

色と葉の形で違いを認識するのみです。

狭山丘陵は広いのでしょうが、一箇所でこんなに多くのスミレに出会えるなんて幸せですね。

投稿: もみじ | 2012年4月15日 (日) 09:52

★もみじさま

ありがとうございます。春が一挙にやってきましたね。
丘陵では薄紫や白っぽい花が清楚に咲いていました。今スミレなんですね。
スミレを見ると春到来です。名前はわからなくても見るとますます好きになります。
狭山丘陵はトトロの森がある所でかなり広いですよ。四季を通していろいろな植物が野や林に自生しています。ここには早稲田大学の体育や環境学科があります。

投稿: tona | 2012年4月15日 (日) 16:39

こうして拝見するとスミレは紫がかっているんですね。独特の清廉な美しさがあります。これが本来のスミレなんですね。

私はスミレが好きでいつも家に植えるようにしています。三色スミレから最近はいろとりどりの大きな花弁が何とも良いですね。花のない冬を楽しくさせてくれます。それで長い間ずっと楽しめます。
こんな有難い花はありません。

これからはサフィーニア、ペチュニアを植えています。花が咲くのが楽しみです。

投稿: macchanny | 2012年4月15日 (日) 19:30

★macchannyさま、おはようございます。

自生のスミレは華やかさはないですが、木の下や野原にひっそりと咲いているのが何ともいえず奥ゆかしいです。
庭も花がなかったら寂しいですね。
三色菫は鮮やかでそして長く楽しめます。
家ではビオラが同じように次から次へ6月頃まで咲きます。これは毎年買わないでこぼれ種で出てきます。
サントリー開発のサフィーニア、ペチュニアは同じように長く咲いてくれていいですね。

投稿: tona | 2012年4月16日 (月) 08:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/54460268

この記事へのトラックバック一覧です: 狭山丘陵の春の妖精:

« 國井修著『国家救急医』 | トップページ | 柴田トヨ著『百歳』 »