« 欄間 | トップページ | 大野更紗著『困ってる人』 »

2012年5月21日 (月)

軍艦のような荒船山

昨日からの天気予報であきらめていた金環日食を、今朝7時半を回ってから見ることが出来て感激です。手に入らないメガネを思いがけずお隣の奥様にお借りしてでした。
次の時は命がないので本当に良かった!小学校入学時?だったか下敷きのようなもので見て以来です。あのときはもっと暗くなったような気がしましたが実際はどうだったのでしょう。木に蛇がぶら下がっていたのが印象的でした。

                    荒船山(チラシより)
Photo
昨年、ごつごつした妙義山に登りましたが、同じ妙義荒船佐久国定公園の名峰で特異な恰好の気になっていた山・荒船山(1423m)に登ってきました。
高崎や前橋方面から見ると山頂が平らで荒海に浮かぶ軍艦のように見えることから荒船山と名前が付いたそうで、急行を停車させようとした荒船清十郎と関係あるのかと思っていたのは間違いでした。
この山は「クレヨンしんちゃん」の作者・臼井儀人が2009年9月に落ちて亡くなったことでも知られる。

                   バスから見えた荒船山
Photo_2
荒船山というのは↓のような構造になっている。平らな部分「艫岩(ともいわ)」が1.5km も続いていてその先に経塚山(1423m)があり、合わせて荒船山という。山の1番下は火山噴出物で次の層が湖の地層でその上に荒船岩石が乗っているというのが垂直方向の構造だ。
Photo_3大岩壁・艫岩は高さ200mもあって下を覗くと垂直だからかなり怖い。臼井氏は覗きこんで夢中になって写真を撮っていて、誤って滑落したらしい。
                       艫岩から
Photo_4
                        覗きこむと
Photo_5
                   さらに高い岸壁が横にある

Photo_6
艫岩の上は岩が剥き出しに見え、岩の上を1.5km歩くのかと思っていたが、実際はこんな樹林帯である。まだ芽生えたばかりの木々の緑が目に優しく続く。チラシの写真をよく見るとうっすらと木が見えるではありませんか。長い年月の間に土が堆積して木がはえたのであろうか。
つくづく地球の活動に感じ入った次第です。
Photo_7
                       経塚山頂上
Photo_14 Photo_15

この山には驚くほどのフモトスミレが群生していた。
                      エンレイソウ
Photo_8
                         リンドウ
Photo_9
                        ネコノメソウ
Photo_10
        ミヤマキケマンが着生ランのように古木から垂れ下がっていた
Photo_11
              麓近くの荒船不動尊 無事の登山を感謝した
Photo_12
                 振り返って見えた経塚山(左)
Photo_16
お土産に買った「焼きネギ味噌」が絶品。試食した数々のコンニャクも忘れられない味でした。
Photo_17

|

« 欄間 | トップページ | 大野更紗著『困ってる人』 »

コメント

金還日食は家の周りの人達が殆ど外に出て鑑賞していました。
随分と暗くなりましたね。

お隣の方(86歳)に「わたしはこれで死んでもいいです」と云ったら「何言ってるんですか、あなたはもう一回見れますよ」と云ってくれたました。何とも爽やかで嬉しい言葉でした。tona様ももう一回は見れますからね。

荒船山は雄大ですね。しかし気をつけなければなりませんね。
美しい緑の山々、登山する姿は勇ましいですね。周りに蘇生する木々は本当に美しい限りです。

投稿: macchanny | 2012年5月21日 (月) 09:19

tona様
ご無沙汰しております。日蝕が見られて良かったですね。小生は日蝕眼鏡が買えなかったので作りました。横須賀は雨が降って大変な空模様でしたが、何とか冥土の土産ができました。

投稿: evergrn | 2012年5月21日 (月) 10:56

tonaさんもご覧になれて良かったですね。
雨が降っているのを知ったときは完全に諦めムードでしたが、
神様がちょっと雲に息を吹きかけて薄くしてくれたかのような
見え方で見ることができました。
それまで厚い雲が垂れ込めて暗かったので、金環日食が垣間見えた瞬間は
かえって辺りが明るくなりました。

荒船山…こんな岩山があるのですね。本当に軍艦のように見えます。
もしくは聳え立つ要塞? オーストラリアのエアーズロックにも。
頂上部は1.5キロも平らな岩が続いているのかと思いきや木が生えて
いるのですね。確かに上2枚のお写真を拝見しなおしたら、
輪郭が柔らかでした。
こんな岩山がどのようにして作られたのか、そして岩山をも緑の山に
変えていく植物たちのことを考えると、地球の自然の莫大な
エネルギーを感じます。

投稿: ポージィ | 2012年5月21日 (月) 11:15

そうかあ、あの山に登っちゃう人もいるんですね。あたりまえかもしれないけれど私にはちょっと意表を突かれた思い。
見る一方の山だと思い込んでいた^^。

投稿: 佐平次 | 2012年5月21日 (月) 12:52

★macchannyさま

そちらも見られたそうで良かったですね。
こちらではお隣以外は観察している人がいませんでした。どうしてかしら??
それにしても86歳の方はお元気で前向きですね。そのポゾティブ思考でより若い人を励ます力を持っていらっいますね。
私もそんな人になりたいです。

山の頂上には柵というものはありませんから全部自己責任ですね。
岩が造り出す山の景観もなかなかです。とても満足できました。

投稿: tona | 2012年5月21日 (月) 12:56

お互いに金環日食が見られてよかったですね。
かなり前からめがねは買い求めていました。
前回買わなかったことを悔やんでいるからです。
前回は部分日食でしたが曇っていて肉眼でも
写真が撮れてブログにupしました。
このめがねで次の6/6の太陽面金星通過も
見たいものですが、小さすぎて見えないかも
しれません。
それより梅雨に近く天候が心配です。
前回見落としていますので次は100年以上
後ですし・・・8年と100年以上の間隔が
交替であるらしいです。

山の名前が少しも分からず日本100名山も
知らないようではお粗末ですね。
ケマンの黄色い花は初めて見ました。
ムラサキケマンしか知りません。

投稿: matsubara | 2012年5月21日 (月) 12:57

★evergrnさま

まあ、そちらは朝は雨だったのですか。
同じ関東地方で近くなのに、お天気が随分違うものですね。
私の方は日の出から晴れていました。
お互いに何とか見られて本当に良かったです。

投稿: tona | 2012年5月21日 (月) 13:06

★ポージィさま

あらら、そちらもあまりお天気が良くなかったのですね。それなのにこの数分だけ見えたわけですね。本当に良かったです。

荒船山、そういえば何処かで見たようなと思ったらエアーズロックでした。
あそこは登らなかったのがとても残念でした。木が生えていませんよね。
似ているこちらはかなり高く木が生えていて、びっくりしました。
世界各国の自然遺産もびっくりしますが、このような山の成り立ちを考えながら歩いてみると、本当に地球は凄いですね。

投稿: tona | 2012年5月21日 (月) 13:12

★佐平次さま

見る一方の山ね!なるほどです。
よくまあこんな軍艦みたいな山が出来たものと感心します。
こんなに上が絶壁の山ですから、最後は急登でよじ登るほどではないですが、結構息が切れました。

投稿: tona | 2012年5月21日 (月) 13:17

★matsubaraさま

メガネの購入はかなり前だそうでさすがです。なんでも直前になっての行動を反省しました。
部分日食の撮影成功されたのですね。凄いです。
今晩の金環日食スペシャルをもう1度じっくり見ようと思っています。
6月6日の事知りませんでした。
8年と100年の間隔が交代とは。
かなりお詳しいのですね。

この荒船山は関東100名山です。恰好がなかなかユニークですものね。
白いケマンもあって、シロヤブケマン、ユヤブケマンというそうです。
ミヤマケマンは純粋の黄色できれいですよ。

投稿: tona | 2012年5月21日 (月) 13:25

何時もながらの健脚ですね~

我が家も今日は朝から、駐車場で日食観察でした
駐車場で隣のご一家も巻き込んで、「冥土の土産に」と・・・・

もうワイワイガヤガヤと
雲の真に間に何とか観ることができ感激でした

投稿: OB神戸家 | 2012年5月21日 (月) 14:35

★OB神戸家さま

おぉ!そちらも勿論ばっちりでしたね。
東京、大阪、名古屋など広い地域で同時に見られたのは平安時代以来だそうですね。
部分日食を含め日本中が感動しました。
本当にきれいでしたね!

投稿: tona | 2012年5月21日 (月) 19:10

tonaさん、オハヨ~です。また素敵な所に行かれましたね~
沢山歩けない私には羨ましい限りです。でも、ずっと以前に階段の登り降り…tonaさん、ちゃんと鍛えてましたものね。
私も頑張って鍛えなきゃ。まづゎ腰治したいです。
金環日食、見れて良かったですね。
私もメガネ買えず、ガッカリでしたが、こちらは雲がガッツリの朝ゆえに、裸眼で雲の隙間から金環日食見れました。でも、なんだか月食を見てるみたいでしたよ~

母は在宅介護から、施設にお願いしたので、大分楽になりました。
父はまだまだ大変~ですが、このくらいは仕方ないかな~と。
で、私、別ブログを作りました。
介護関係はゼロ。
介護をしていない場所です。まだ誰にも内緒です。
tonaさんにはこちらに来て欲しくてアドレス載せました。良かったら見に来てくださいね。

投稿: 久美子 | 2012年5月22日 (火) 10:08

★久美子さま、こんにちは。

腰が痛いのも辛いですね。
私も以前腰を骨折したので、毎日腰痛体操をし、遠赤外線の電気を当てています。
ちょっとかがむと未だに痛くなって、かがむ仕事は一瞬しかやりません。
1度痛めると厄介者の腰痛ですね。
おまけにこの頃加齢で膝が痛くなってきて、登山も2回前から膏薬を貼っています。あと3回で膏薬がなくなるので医者に行かねばなりませんが、それが問題で困っています。
昨日はこちらの方がお天気が良かったみたいで、お蔭さまで見られました。

お父様のお食事が大変になってしまわれましたね。くれぐれもご自身もお大事になさってくださいね。
早速訪問させていただきました!

投稿: tona | 2012年5月22日 (火) 15:34

 こんな崖の際まで行けて、しかも柵がないんですか!びっくりしました。tonaさんもよく写真を撮れましたね。
 よくぞ御無事で。
 巨大な岩石ということですが、写真を見ると、周囲はほとんどなだらかな山で、他にはこんな岩石は無いようですね。
 

投稿: Nora | 2012年5月22日 (火) 16:56

★Noraさま、こんばんは。

山頂には柵が殆どありません。
武甲山の石灰岩を削った絶壁の所には柵がありました。
山には細い稜線の上を歩く時に滑落する人がいます。危険と隣り合わせですね。そして何でも自己責任です。
荒船山は臼井氏のことを聞かなければ怖いと思わない山です。そんなに縁まで行かないで景色を楽しめます。臼井氏は絶壁の真下を撮影したかったのでしょうね。

そうなんですね。周囲はなだらかですね。あの妙義山は山また山の向こう側にありますので、見えませんでした。

投稿: tona | 2012年5月22日 (火) 19:52

金環日食、見事でしたね。
天気になってくれてよかったです。
普段あまり出てこないような人まで出ていました。生まれて初めてでした。
次まではとてもこの世にはいないでしょう。
ほんとの冥土の土産ですね。

ところで荒船山は上の方はそんな山だったのですね。
以前、下仁田から上田、松本を抜けて安曇野に行った時、道の左側に見えました。
上の平たい山だなあと眺めていました。
岩場だらけの山と思っていました。
林があるとは意外でした。
長年かかって、林ができたのでしょう。
自然は偉大です。
妙義山も変わった形ですが、この辺の地質によるものなのでしょうね。

投稿: 夢閑人 | 2012年5月25日 (金) 11:45

★夢閑人さま、ありがとうございます。

金環食、ご覧になられましたね。
冥土の土産、まことにその通りです。
生涯最初にして最後ですから感激でした。

荒船山は私も車の中から昔何度も見た記憶があります。
その時の感じが平らな部分が全部岩むき出しかと見ていました。
ところがこんな林の中を歩くのでした。空があまり見えないくらいにです。
この近くにある妙義山は軽井沢に行く電車から良く眺めました。横川の釜めしと対になっています。
昨年その妙義山を歩いて、ごつごつぶりを近くで観ました。地形があの辺りは凄いのですね。

投稿: tona | 2012年5月25日 (金) 17:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/54762559

この記事へのトラックバック一覧です: 軍艦のような荒船山:

« 欄間 | トップページ | 大野更紗著『困ってる人』 »