« 伊勢・南紀めぐり(2) | トップページ | 古庄弘枝著『沢田マンション物語』ー2人で作った夢の城 »

2012年5月 5日 (土)

伊勢・南紀めぐり(3)

熊野川沿いの山々には山藤が咲き始め、芽吹いた新緑の木々の中に黄色い花を咲かせた木が多い。スダジイの雄花なのでしょうか?関東だったらコナラの独特の緑が際立つところなのですが。

Photo
↓ 熊野川は美しい色だ。山の所々に台風で木が倒され流されてしまったあとが見られる。
Photo_2
白浜

バスは熊野道・中辺路に平行した道を白浜へ向かって大きな田辺湾に出た。沖縄のように美しい海の色がなかなかの感動もの。

Photo_3
↓ 化石漣痕が連なっている。漣の痕跡で波の化石。ここ白浜の化石漣痕は国の天然記念物になっている。
Photo_4
円月島 島の中央に月の形をした穴(海蝕洞)がある。まだ夕日が沈むのに間があり、逆光で島が真っ黒。
Photo_5
行幸芝(みゆきしば)の碑  宿泊したホテルの敷地隣りにある。飛鳥時代の斉明天皇が湯治のために滞在された行宮跡。斉明天皇が甥の有馬皇子が白浜のこの温泉で病が癒えた話に心ひかれ、中大兄皇子と2ヶ月滞在した。
Photo_6
          三段壁 千畳敷の海岸にそそり立つ高さ50mの断崖
Photo_7
Photo_8
↓36m下がった地下の三段壁洞窟は熊野水軍の舟隠し場であった。平家方だった弁慶のお父さんが弁慶の頼みで、神意を占ったら源氏にと出たので、源氏に味方したら勝利したという。
Photo_9
Photo_10
        ↓潮吹き岩 下方に穴があいているため海水が吹き上がる
Photo_11
                        ↓模型
Photo_12                     

                         ↓アロエ
Photo_13
                       ↓分からない花
Photo_14
Photo_15
高野山真言宗総本山・金剛峯寺 世界遺産
山奥深く海抜900m の大盆地に到着しました。嵯峨天皇より賜ったこの地に弘法大師が816年に開創した。117の寺と20万基以上の墓が並んで、にぎやかな町の様相で驚く。
豊臣秀吉が建てたそうで、襖が立派で、豊臣秀次自刃の間が痛々しくうつる。
Photo_16
Photo_17

                ↓蟠龍庭は日本最大の石庭だそうだ。
Photo_18
                      ↓大きなかまど
Photo_19
                  ↓桜が丁度見ごろだった
Photo_20
                 ↓精進料理のナスが絶品だった
Photo_21

図らずもこの地の世界遺産を大体見ることが出来ました。原始の森を背後に聖域は神聖で、海側は奇岩や白砂や島が多く、あくまで明るく輝く和歌山でした。
新大阪に出たので、関空への橋や淡路島、PL教団の白い塔、通天閣や道頓堀、梅田駅界隈などバスから見ることが出来、いつかここでたこ焼きなども食べてみたいと思いました。



|

« 伊勢・南紀めぐり(2) | トップページ | 古庄弘枝著『沢田マンション物語』ー2人で作った夢の城 »

コメント

伊勢・南紀の紀行文をありがとうございました。
お天気も素晴らしかったみたいでよかったですね。
蟠龍庭は日本最大の石庭ということですが
どのくらいの広さなのでしょう?
京都竜安寺の石庭はあまりにも有名ですが
実際に行くと小さいのでびっくりしますものね。

投稿: zooey | 2012年5月 6日 (日) 00:32

★zooeyさま、おはようございます。

こちらこそ、いつも気が付かないことを問うていただいたりでありがとうございます。
蟠龍庭は2340㎡、例えば竜安寺は220㎡で10倍もあります。そんなに広いように見えなかったのですが、曲がった向こうにも続いているようです。
石の数も少し多いのでしょう。お大師様生誕の地の四国の花崗岩が使われているそうです。

投稿: tona | 2012年5月 6日 (日) 08:13

お早うございます。
バスの旅はこの地では便利が良くて堪能されたことでしょう。
地元みたいなもので訪問した場所が多かったのですが歴史背景等色々と勉強させて頂きました。
熊野川の水は緑だったことを思い出します。山崩れの後は痛ましく難じました。
串本の海岸のそそり立った岩はどこにもないもので忘れ難いところです

白浜は温泉地、何回か行きました。那智勝浦への通過点でよく立ち寄りました。
「とれとれ市場」は凄い規模の日本一の魚市場で白浜から10キロ程離れたところです。
日本各地からの魚も扱っています。

高野山は良くいきます。西国33所が終われば最後に高野山です。
真夏でも高野山は涼しく良いですね。
大阪のたこ焼きを是非食べて欲しいですね。
最近は益々美味しくなりました。私もよく食べます。年齢と共に食べやすいのですかね。

通天閣も通過されたのですね。
私も楽し旅をできたようで有難うございました。

投稿: macchanny | 2012年5月 6日 (日) 08:47

どこに行かれても丁寧にごらんになるのですね。
私も熊野那智、あのあたり行ってるのですが、ひたすら車(レンタカー)を飛ばしていましたよ^^。

投稿: 佐平次 | 2012年5月 6日 (日) 09:30

和歌山には何度も行ったのですが、
子どもが幼かったり、両親を連れていたり
団体であったりして、あまり見ていないことに
気づきました。こちらで植物まで詳しく
拝見出来てよかったです。
当時は世界遺産なども決められていなくて・・・
円月島と金剛峯寺は覚えているのですが・・・

精進料理も美味しそうですね。
父が私立大学の学部長で私立共済組合の
旅館や、夫が現役でしたので会社の施設を
使い、
こういう料理は味わえませんでした。

PL教団は目立ちますね。
息子の運転で堺と葛井寺に行った時に
見たような気がします。あるいは別の
時かもしれませんが度々通りました。

投稿: matsubara | 2012年5月 6日 (日) 09:47

★macchannyさま

和歌山県や三重県も歴史上に重要な地だったのですね。明治以前まで朝廷があったところの隣接地ですからさもありなんです。
今回やっと見ることが出来て本当によかったと思っています。
こちらこそ一緒に旅していただき有り難うございます。
熊野川や白浜の海の色が日本でないような色で、今回本州にもこんな美しい色があるのだと感心しました。
海辺のホテルはお魚がおても美味しいですね。さんまといえば東北や北海道とばかり思っていましたが、和歌山県でも灰干しが有名で時々こちらでも売られます。

西国33ヵ所といえばその1番に行くことが出来ました。青岸渡寺もとてもよかったです。
憧れの通天閣もやっとです。百聞は一見に如かずです。
たこ焼き、絶対に食べに行きたいです。

投稿: tona | 2012年5月 6日 (日) 18:50

★佐平次さま

レンタカーで行く旅憧れます。
というのは行きたい所に行かれますから。
ツアーではそういうわけに行きません、
でも運転者はお疲れですね。

投稿: tona | 2012年5月 6日 (日) 18:53

★matsubaraさま

まだ和歌山県には行ってない所が多いことがわかりました。
ツアーですと決まりきった所しか行きませんので、これ以上和歌山県を回ることは出来ないようです。
京都や奈良ですとツアーでなくて自分で行きたい所に行けますのに。
あまり見られない植物に少し出会えました。
精進料理は金剛峯寺御用達のお店です。タンパク質は高野豆腐と味噌くらいです。
私も私学共済の宿で頂いたことがありますが、結構美味しかったです。自分で作らないで頂くのは何でも美味しいのですが、でも精進料理は普段頂く機会がありませんね。

奈良の天理の建物にもびっくりしましたが、PLの塔はエッフェル塔の超ミニ版かしたと思って見ていました。全然違うようですね。バスの座席が2階席のように高かったのでとても景色がよく見えたのです。

投稿: tona | 2012年5月 6日 (日) 19:09

●いつか行きたい
紀伊半島一周、お疲れ様でした。
一挙に伊勢・熊野・高野山に参られたのですから、「あと30年は安泰」間違いなし!(笑)

お伊勢さんは10年足らず前に内宮のみ、高野山と伊勢外宮は50年ほど前かなぁ。
ずいぶん長いこと行ってません。
那智・熊野はもちろん、白浜・伊勢(賢島)以南はいつか行きたいと思いつつ、
未だ果たせていません。

瀞八丁はオヤジが昔プロペラ船に乗ったと言ってましたが、現在は廃止されたようですね。
水深が浅い(水中の岩のため)ところがあるので船底をこすらないようにするため
普通のスクリュー推進でない方式が採用されたらしいです。

5月21日の金環食、白浜あたりが一番なのですが天気が悪いと無駄足になるし、
高松からはいくら私でも「ものすごく遠い!」ので諦めました(笑)

投稿: 讃岐の団塊オヤジ | 2012年5月 6日 (日) 22:59

★讃岐の団塊オヤジさま

あと30年はきんさん、ぎんさんでなくては。せいぜいもうあと10年となりましたよ。
金環食といえば晴れなかったらだめですね。
この間の悪食島みたいだととても残念ですものね。
白浜がいいのですか。高松からは遠すぎですね。朝早いから。

熊野川は水深が浅いらしいですね。ウォータージェット船は浮くように走るので、この船に乗りました。
オヤジさんの所からは車で来られるので、そのうちが近々実現するかもしれませんね。
それにしても山だらけで、鉄道は紀勢本線がぐるっと走っているだけの和歌山県南側ですね。4日間で1度だけ電車を見かけました。

投稿: tona | 2012年5月 7日 (月) 06:42

こんにちは。ご無沙汰いたしました。
ボチボチ平常モードに戻っていこうと思います。

旅のご様子(1)~(3)、興味深く拝見しました。
伊勢神宮はかなり前に行ったことがありますが、でも知らないことも多く、
次に行く機会があったら、もっとちゃんと心込めて拝見し参拝もしたいと感じます。
赤福餅は、子供のころはよく食べましたが、もう随分長いこと食べていなくて、
久し振りに食べてみたくなりました。
熊野古道は、なぜか引かれるものを感じる場所です。
古からの信仰の場であることと何か関係があるのかわかりませんが。
でも、まだまだ台風の爪痕が痛々しいですね。
南紀白浜は私でも地名を知っているほどに有名ですが、やはり美しいですね。
こちらも機会あれば行ってみたいところの一つです。
国内でいらしたことのない地が宮城県だけとなられましたか。わぁ♪
若い頃は海外旅行にばかり憧れましたが、このごろは国内にも素適なところが
たくさんあると思うようになりました。こうした旅の記事であちこち拝見できる
おかげです。
でも、国内外とも行ってみたい所だらけになってしまって、どうしましょ(笑)

投稿: ポージィ | 2012年5月 8日 (火) 11:43

★ポージィさま

ゆったりした休暇を過ごされてよかったですね。
いつものように長ったらしくなってしまった紀行文を丁寧に読んでいただき有り難うございます。
私も伊勢神宮は2度目ですが、前回は一体どこを見ていて、果たしてちゃんとお参りしたかも忘れています。
これなら数年ごとに行っても初めてのようだと思います。
赤福はやっぱり餡子が上等だと思いました。1週間に1度は食べたいです。
十津川村や熊野の辺りはかなり台風がひどかったことが今回よくわかりました。まだまだ全然復旧していませんから、今後数年はかかるのでしょうね。
白浜の砂は本当に白かったです。海の色によく似合っていました。岩の芸術もたくさん見られていいところですね。

本当に行きたい所だらけでどうしましょですね。残された10年のうちに選別していかなくては。

投稿: tona | 2012年5月 8日 (火) 13:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/54639777

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢・南紀めぐり(3):

« 伊勢・南紀めぐり(2) | トップページ | 古庄弘枝著『沢田マンション物語』ー2人で作った夢の城 »