« 対馬・壱岐・五島(福江島)めぐり(2)壱岐・長崎 | トップページ | あいづっこ宣言、仙厓「老人六歌仙」 »

2012年6月28日 (木)

対馬・壱岐・五島(福江島)めぐり(3)福江島

長崎港を後にし、ジェットフォイルで1時間25分、90km離れた5つの主な島からなる五島列島の最も南西の島・福江島に着いた。人口約4万人で11番目の島。、
美しい海の色とビーチ、点在する教会、山海の幸、椿が象徴的と言えるでしょうか。また亜熱帯性の気候だそうでソテツやヤシ、シュロなどが生えている。

1つの地域が全員同じ宗教という面白い福江島だ。夕方到着して見学したのが堂崎天主堂
1873年(明治6年)に260年にわたる禁教弾圧が終わり、フレノ神父、マルタン神父が潜伏キリシタンの発見と指導に努め、島の各地に木造天主堂を建築、孤児・貧児収容所、独身女性の施設などを設けた。1888年ペルー神父が初めて洋風建造物として完成したのが堂崎天主堂だ。
パンフレットによれば、この天主堂は、長く厳しい弾圧を耐えぬいた五島キリシタン受難と勝利のシンボルであり、外国宣教師の愛と情熱、島における福祉事業と修道院の創立、さらに島民と西洋文化交流の歴史を語る重要な記念碑である。
島のカトリック信者は島によって異なるが8~25%とのことだ。
Photo
Photo_2
           ↓聖ヨハネ五島                 ↓マリアさま
Photo_3 Photo_4

                                  ナツズイセンに似ているが花びらが違う
Photo_5

Photo_6ここにしかない玉之浦椿(パンフレットより)縁が白くて美しい椿だ。
福江島は椿が439万本あり、伊豆大島をも凌ぐという。
日本三大うどんの1つの(あと2つは稲庭うどん、水沢うどん又は讃岐うどん)五島うどんはこのツバキ油を使っているのでのどごしがなめらかだった。

椿製品を作っている椿茶屋は海水から手作りの塩を作っている
この茶屋で五島牛と海鮮の囲炉裏炭火焼を頂いた。壱岐牛と同じく五島牛のやわらかく何と美味しいことか。

Photo_7
Photo_8

早朝、城址と武家屋敷通りを散歩した。
石田城(福江城)跡の中には県立五島高校が入っている。女生徒はひざ下10cmのスカート!国立大学をめざす生徒も多いそうだ。
島のある中学校は3年連続、全国ロボットコンクールで優勝しているとのことで、なかなか教育熱心な島だ。

Photo_9
Photo_10 Photo_11

武家屋敷が残っている通りで、塀の上の小石が重ねてあるのは、襲われた時に石をすぐ投げられるようにということだそうで「こぼれ石」と呼ばれる。

Photo_12
Photo_14
Photo_15

島の西部の玉之浦は深く入り組んでいて、暴風時には中国、台湾、韓国の船が避難する。

Photo_16

              大瀬崎断崖 高さ100~150mの断崖が15kmにわたって連なる

Photo_17
Photo_18

大瀬崎灯台は「日本の灯台50選」に選定され、日本の西端を航行する船舶の安全を見守っている。
この地にはロシアのバルチック艦隊発見「敵艦隊見ユ」を受信した旧海軍の望楼が設置されている。

Photo_19

断崖のそばの井持浦教会にはフランスを模したルルドの洞窟があって日本最初の霊泉地。
Photo_20 Photo_21

Photo_22

高浜ビーチ 日本一美しいと言われる。日本の渚100選・快水浴場100選(快い水浴場)。~100選っていろいろあるものだ。

Photo_23
Photo_24

福江島は遣隋使・遣唐使の日本における最後の寄港地だった。遣唐使ふるさと館には関連する展示がある。
Photo_25

|

« 対馬・壱岐・五島(福江島)めぐり(2)壱岐・長崎 | トップページ | あいづっこ宣言、仙厓「老人六歌仙」 »

コメント

五島の福江島という島があったのですか。沢山島が入り組んでいるという実感はあるのですが初めて知る島です。
それに特有の文化遺産があるのですね。玉の浦や高浜ビーチを見るとそこに住んでみたいという気にもなります。
魚を釣って畑を耕してブログをやってと結構人生楽しめますね。(ふとそう感じて)
椿は珍しい種類ですね。椿油しか頭にありませんがうどんの使われるとは・・。
色々と使い勝手が良いということですか。

こぼれ石には笑ってしまいます。その時代はそれが一番の防衛だったのでしょうか。
魚や肉が美味しい島ですね。
知合いに五島出身がいましたがそれはそれは酒が強かったですね。
漁師をやっていて幼稚園の時から漁の手伝いをして飲んでいたと云っていましたよ。
それでも年にはかなわないようで少し弱くなっているようです。楽しい旅で有難うございました。その内機会があれば、、と思っています。

投稿: macchanny | 2012年6月28日 (木) 14:53

★macchannyさま

早速に感想のコメントいただきまして有り難うございます。

五島列島は長崎からこんな遠くとは思っていませんでした。そしてたくさんの島が入り組んでいるのですね。断崖が多いのも頷けます。
仰るように寒くもない土地柄で美しい山や海、美味しい食べ物で住んで見たい気持ちにかられます。macchannyさまの場合は栽培もお出来になるし、釣りの趣味がおありなら中国の陶淵明のような世界に浸れることでしょう。夢を持つのも大切なことですから。

この椿油は皮膚にもよいそうで紀子さまも買われたそうです。

五島牛の美味しいことといったらたまりません。こんなやわらかいのは外国にはないでしょう。その牛を島では見かけませんでしたが。
私には島出身の方は小豆島の人しかいません。遠い五島からのご友人は豪放磊落でいらっしゃいますね。
機会がありましたら、是非五島の島にいらしてください。お奨めです。


投稿: tona | 2012年6月28日 (木) 19:11

3島巡りの旅行記、懐かしく拝見しました。
福江島は友人の奥さんが富江出身だったので行ったことがあります。昭和30年代?
船で随分時間がかかった記憶があります。
今みたいにジェットフォイルなんて無い時代ですから。

海はきれいし、海産物ははおいしい。
そんな記憶が残っています。

堂崎天主堂ですか、変わっていませんね。
名前は忘れていましたが、建物の色を見て思い出しました。
とにかく、長崎の離れ島はキリシタン弾圧の隠れ信者の逃れたところ。いたるところに名残があります。奥さんも信者でした。
日曜になると、白いレースみたいなスカーフをかぶり、協会に礼拝に出かけていました。
勤務先の友人もキりシタンでした。
彼の葬儀のとき、初めてキリスト教の葬儀に参列しました。賛美歌の流れる中、厳かに神父の司会で営まれていました。

佐渡島にしろ、日本海側の島はなぜか宗教的な神社、お寺が多いですね。
平戸も教会が多いところです。

西海岸の大瀬崎断崖は圧巻ですね。昔と変わりません。
武家屋敷の通りは昔は土の固い道でした。観光客のために石畳になったのですね。
屋敷の門を見ると、実家を思い出します。

投稿: 夢閑人 | 2012年6月28日 (木) 19:29

★夢閑人さま

旅行記をご覧いただき早速に有り難うございました。

ジェットフォイルは船旅には快適な船ですね。ただちょっと波が高いと欠航することを隠岐の島で知りました。
フェリーの2倍以上の速さですよね。
夢閑人さんは既にお出でになっていらっしゃるですか!
御友人の奥様はキリスト教信者の町(村)出身なのですね。
私はまだ1度もキリスト教の葬儀に出たことがなくて知りません。
長崎、五島、平戸の教会は歴史を感じます。
教会と天主堂の違いは勉強していません。

海の色は沖縄の海のような感じです。
こんなにたくさんの島が複雑にあると、断崖絶壁が多いのも当然ですね。
大瀬崎は絶景です。

五島牛、そしてアオリイカ(水イカ)はとてもやわらかくて、感動の美味しさでした。

武家屋敷通りの門、閉まっているのもありましたが、立派ですね。ご実家の門は随分立派ですね。
お堀や武家屋敷の塀を見ても、島には石がたくさん採掘されるのでしょう。
石畳になったとは、歩くのに有難いです。

投稿: tona | 2012年6月28日 (木) 20:19

 
おはようございます。
福江島 名前に聞き覚えがありますが、五島の一つだったのですね。
こちらも歴史を感じられる島ですね。歴史と自然と異国情緒と。
キリスト教と信徒の弾圧という苦難の後の、信仰の開放と神父による
福祉の推進。この歴史はクリスチャンである無しに関わらず人々の
精神世界の礎になっている部分がありそうなきがしました。
どこかとてもしっかりと信念を持っている人が多そうな。
記事の文とお写真を拝見した以外は知らないのにそう感じてしまうのが
不思議なんですけれど。
 

投稿: ポージィ | 2012年6月29日 (金) 09:03

素晴らしいところですね。
亡妻がどんなに喜んだことだろうと思うと、とても一人ではいくきになれません。

投稿: 佐平次 | 2012年6月29日 (金) 11:18

★ポージィさま

こんばんは。
ここは天草四郎の島原の乱以来のキリシタン弾圧から逃れた人々が、信仰一筋に隠れて生活した島でした。長崎だけでなく、平戸や天草と同様だったのです。この島は1番遠い所ですのに、幕府のお咎めがあったのですね。
島の所々に緑の中に教会が見えて素敵です。
島の生徒がしっかり勉強している様子に、こんな歴史と環境が影響しているような感じがしました。
他の島と一風変わったなかんか素敵な島でした。感じとっていただいた通りです!

投稿: tona | 2012年6月29日 (金) 19:29

★佐平次さま

本当に残念なことでした。
そのお気持よくわかります。
天国から見ていただけたらと、、奥様に申し訳ないような気持ちです。

投稿: tona | 2012年6月29日 (金) 19:34

まだ行った事がない対馬・壱岐・五島列島の島々・・・
tonaさんの説明とお写真で想像をしながら、その風景を巡らしています。

対馬などは日本よりもずっと韓国に近い島
その位置からしても、昔から中国・朝鮮からの影響が大きい所なのでしょうね。

でも、壱岐には150もの神社が・・・
そしてこちら「福江島」は隠れキリシタンの逃れた所?
いずれにしても歴史的にはとても興味がわく島々ですね。

昔、娘の頃に勤めた美術館で「宗像大社展」を開催したことがあります。
宗像大社の沖津宮がある洋上60kmの「沖ノ島」は海の正倉院と呼ばれている島です。
私が勤めていた頃、丁度発掘調査が行われ、私たちも、福岡の宗像まで行きました。
神域の島は女人禁止で入れませんでしたが、国宝級の品々がザクザクでした。

今は若い人が住めなくなった島々も、古来から大陸の文化が伝わる通り道だったと思います。
魏志倭人伝に登場する壱岐などは、邪馬台国のロマンまでも感じてしまう島なのですね。
いつか行って見たいです。

投稿: nao♪ | 2012年6月29日 (金) 22:25

★nao♪さま、おはようございます。

当たり前ですが、それぞれの島は雰囲気がまるで違って、同時期に巡るのも楽しめました。
おっしゃるように歴史的にそれぞれ、日本の最果てにあって、隣国との関係からも興味がある島です。

沖ノ島を地図で見てみました。壱岐が近いですね。壱岐から博多への船で左に見えていた島かもしれません。北九州市に住んでいた時に宗像神社には数回参りましたが、大島・中津宮も沖ノ島・沖津宮のことも知りませんでした。沖ノ島が宗像市とは!これらの島から国宝級の品々が発掘されたのですね。
機会があって見ることが出来たらなあと思ったことでした。教えていただき有り難うございました。
簡単に行けますのでいつか是非いらしてください。

投稿: tona | 2012年6月30日 (土) 09:08

県立五島高校の、今時ひざ下10センチのスカートというのに驚きました。
私が卒業した岐阜の県立高校も
ブレザーにひざ下スカートと非常にださい制服でしたが
今は女子高生たち、勝手に短くしているようです。
都内で見かけるほどの極端な短さではありませんが…
五島では、反抗的な生徒はいないのでしょうか?

投稿: zooey | 2012年6月30日 (土) 15:18

★zooeyさま

ひざ下スカートの女子高生を見かけましたが、全然ださく感じませんでした。都内のあの短くしている女子高生より自然で感じがよかったのは、島だからでしょうか。
携帯を所持して覗いている子も見かけませんでした。でも見かけたのは一部でしたので断定は出来ませんね。
少なくとも不良高校生がたむろするような渋谷などのような町がないです。
でも何処にもほんの少しの反抗的な生徒がいるのでしょうね。
城の中の高校は環境抜群です。
高校を卒業するまで殆どの子どもたちは1回も島から出ることがないのですって。

投稿: tona | 2012年6月30日 (土) 16:05

出かけておりまして、コメントが遅れました。
リンクしているブロガーが、堂崎天主堂の
写真をupしていました。
でも後の記述はtonaさまがお詳しいので
よく理解できました。
よく見聞されていていつも感心しています。

稲庭うどんは本場でたくさん買い込んで
来ましたが、こちらの椿油が使ってあることは
知りませんでした。独特ののどごしの感触が
ありますものね。ナゾが解けました。

フランスのルルドの泉にちなんだ水が日本にも
あったのですね。

投稿: matsubara | 2012年7月 1日 (日) 07:53

★matsubaraさま

お帰り早々、お忙しいのに、コメントいただき有り難うございました。
26聖人殉教の中の1人が聖ヨハネ五島だそうですが、どのような結果、経路を経て殉教に至ったかは聖人殉教の事を勉強しないとわかりません。
書き方が悪くて済みませんでしたが、五島うどんにツバキ油が使われているとのことです。稲庭うどんは機械を使わず十分熟成し、小麦粉のうまみを引き出しているから美味しいとサイトにありました。
私の感じでは稲庭うどん方が美味しく感じます。水沢うどんも美味しいですが。

日本のルルドの聖水を飲んでまいりました。全国から信者が巡礼にやってくるそうです。

投稿: tona | 2012年7月 1日 (日) 08:35

tonaさんのブログを拝見して、あらためて対馬、壱岐などに
ついて調べてみました。地理、歴史などについて弱いもので、
今回初めていろいろ勉強が出来ました。
ユーラシア大陸と日本列島の文化的、経済的交流について知ることが出来、大変勉強になりました。
ウニ割り体験を読んで、昔(少年時代)のことを懐かしく
思い出しました。夏休みには、ウニを採って、
海岸で割って食べていましたから。

投稿: 茂彦 | 2012年7月 5日 (木) 09:29

★茂彦さま

まあ、ウニを割って食べていらっしゃったとは。たった1つですが、道具で簡単に割ることが出来、塩味のウニを美味しく頂きました。いつも醤油を付けてですから新体験です。

壱岐・対馬は大陸に近かったので歴史がなかなか複雑で住民も大変だったようです。
私も全く知らなかったこの島のことが勉強出来て、旅が完成と思い至りました。
コメント有り難うございました。

投稿: tona | 2012年7月 5日 (木) 19:02

 おはようございます。
 五島はまだ行ったことありませんが、いつか行ってみたいと思っていました。
 教会や武家屋敷などの歴史的建築はやはりすばらしいですが、海がこんなに美しいとは!思わず泳ぎたくなってきます。
 南国風椿や、うどんや囲炉裏焼きなどの食べ物も魅力的で、ますます行ってみたくなりました。

 ロボコンは高専や大学のは好きでよく見ますが、中学の部もあるのは知りませんでした。このような島の学校が全国で優勝とはすごいですね。

 武家屋敷の「こぼれ石」、現在もこのようにきれいに積んであるとは、おもしろいですね。
 でも、これ、外から攻撃するときも、使えるのでは。(笑) 
 
 
 

投稿: Nora | 2012年7月 6日 (金) 11:26

★Noraさま

こんにちは。
本当に美しい海でした。色が東京近辺の色と全然違います。Noraさんなら気持ちよく泳げますよ。

ロボコンのことも中学生がとは驚きました。まず先生が優秀なのでしょうね。余計なつまらない誘惑もない島で勉強すれば、優秀な生徒も育つはずです。ずっとロボコンで優勝して欲しいと思ったほどです。

こぼれ石のこと、確かにその通りですね。
どちらが先に塀を我がものにし占領するか、そのスピードが物言うような気がします。
それにしてもここのお宅のはきれいに積み上げられています。その他石垣も見事ですね。自分が積むとしたら、どのようにやるのかから考えなければなりません。
私は大凡何も出来ない現代人です。

投稿: tona | 2012年7月 6日 (金) 15:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/55070827

この記事へのトラックバック一覧です: 対馬・壱岐・五島(福江島)めぐり(3)福江島:

« 対馬・壱岐・五島(福江島)めぐり(2)壱岐・長崎 | トップページ | あいづっこ宣言、仙厓「老人六歌仙」 »