« 奥山貴宏著『ガン漂流』3部作とガンについて | トップページ | 秘境の日本人妻 »

2012年6月 3日 (日)

隅田川クルーズ~スカイツリー・ソラマチ

隅田川の桜を見た時に、今度はたくさんの橋をくぐって東京湾に出るクルーズをと思っていたのが、スカイツリー開業で賑わう頃となって実現しました。
浅草からまだ行ったことのないお台場まで直行にしようと乗った船が「ヒミコ」です。

Photo
                 ↑ははっきりしないのでHPから
Photo_2
漫画やアニメ界の巨匠・松本霊士がデザインした宇宙船のような「ヒミコ」の船内は同氏の「銀河鉄道999」のキャラクター・星野鉄郎、メーテル、車掌を船内放送に起用しています。
Photo_3

わぁー、素敵と思う間もなく出発したのですが、お台場まで14の橋を楽しみに見ようという目論見が崩れてがっかりでした。というのも天井で覆われ、前方には運転席があって橋が振り返りざま、一部しか見られなかったからです。
船内から撮った画像は白っぽく、又青っぽくてきれいではなくてがっかりです。

Photo_4
                築地市場は川に隣接していたのでした
Photo_5
Photo_6
Photo_7
4
Photo_8
お台場海浜公園の自由の女神像 平成10年「日本におけるフランス年」を記念してフランスから1年間やってきたものが、好評につきレプリカで常設されています。
Photo_9
再び浅草に戻り、浅草から1駅のスカイツリー駅で降りた。以前200mに満たない高さの時に撮影した橋から見上げてみる。
Photo_10
                  真下に行って見上げる
Photo_11
開店したソラマチはたくさんの店や水族館やプラネタリウムで、当然ながらもの凄い人出でした。何でも揃う人気スポットです。その一角にツリーの一番下の部分が見学できるコーナーが設置されていた。
Photo_12
          スカイツリーへの循環バス「すみだ百景 すみまるくん」
Photo_14     

バスからスカイツリーが見えるように天井はガラス張り。お天気だと暑いけれど。
Photo_15

午後7時半ごろのライトアップ。この日は紫色でした。青と交互だそうだ。
Photo_13

|

« 奥山貴宏著『ガン漂流』3部作とガンについて | トップページ | 秘境の日本人妻 »

コメント

tona様
小生は東京の新名所を東京湾越しに眺めていますがまだ接近できていません。川巡りのクルーズは家内から提案があり検討中です。tona様の情報は参考になります。

投稿: evergrn | 2012年6月 3日 (日) 21:02

こんなふうに隅田川を船で行けるなんて
浅草からお台場までの川からの景色は
普段通らないので、同じ風景でも新鮮に感じるでしょうね。
しかも漫画家松本霊士氏がデザインの「ヒミコ」
中には、銀河鉄道999とは至れり尽くせりじゃないですか。
デザインの関係で橋が見れなかったのは残念でしたね。

投稿: pochiko | 2012年6月 3日 (日) 22:45

お早うございます。川から見る風景は新鮮でしょうね、良いですね。
橋下市長が道頓堀川が泳げるようにしたいと冗談交じり(?)に言っていましたが綺麗な川は生活に密着していてこれからのテーマだと思いました。世界中の川がこうなればと。。。

日本のシンボルともいえる東京スカイツリーには圧倒されますが誰が考えたのでしょうか。
凄い発想だと感心しています。

すみまる君を見ているとなぜか楽しくなってきます。日本が観光都市としてやっていくに相応しい東京です。ナンバー2では駄目。

あとは政治が機能すること、ゆでガエル状態から脱出しなければなりません。頑張っているのは野田さんだけです。
後は自分のことしか考えていない。国民不在。

投稿: macchanny | 2012年6月 4日 (月) 07:33

★evergrnさま

そちらから東京スカイツリーが見えるのでしたね。
昨年12月に三浦アルプスを縦断したときに、横須賀側から遠くかすかに見ることが出来ました。
クルーズは直行ではなく途中で乗り継ぎがいいかもしれません。他社のクルーズ船もありますしね。
お天気の良い日に是非いらしてください。

投稿: tona | 2012年6月 4日 (月) 08:24

★pochikoさま

本当に川からの景色は陸上の移動と全然違って素晴らしいものですね。
思いがけずヒミコに乗ることになって、宇宙船のような船内が面白かったです。
外から見ても恰好がいいです。
子どもさんたちにはもっと興味深いことでしょうね。
近いからまたの機会に今度は空を仰げる船に乗ります。
お台場ではフジテレビが目立っていました。

投稿: tona | 2012年6月 4日 (月) 08:30

★macchannyさま

隅田川も往年の汚さから解放され、悪臭もなく遊覧が楽しめる川になりました。
道頓堀川はこの間一瞬見ましたが、市長の冗談が本当になったら素晴らしいですね。

634mを下から見上げると、やはりかなり高くてよほど天気が良くないとガスってしまいます。遠目に細長く見えても、基礎の部分のほんの一部でさえこんな大きな柱で巨大です。風や地震に耐える力など奈良時代などの塔の造りに見習っているそうで驚きました。

静の東京タワーに対して、動の東京スカイツリーとなりました。東京地図もちょっと変わってしまいました。
政治も救世主が現れてくれることを願います。

投稿: tona | 2012年6月 4日 (月) 08:41

おはようございます。
「ヒミコ」初めて見ました。松本零士氏がデザインしたのですか。
ほんと、宇宙船のような姿ですね。その名前が片仮名ヒミコというのも
面白いですね。SF気分を味わえそうですが、ご覧になりたかった
橋を見るのには向いていないのですね。
スカイツリーはご覧になって、前回とはやはり印象が違いましたか?
ソラマチも夜景も楽しまれたのですね。ライティングは雅と粋でしたっけ。
紫は雅の方でしたね、確か。
武蔵に因んだ634メートルといい、雅・粋といい、お江戸を意識した
あれこれがいいなと思っています。
押し寄せる観光客のマナーが問題になっているようですが、
せっかくですから観光客も「粋」に決めてほしいものですね。
 

投稿: ポージィ | 2012年6月 4日 (月) 09:19

素早いですね。
夜の大川くだりもいいですよ。

投稿: 佐平次 | 2012年6月 4日 (月) 11:38

★ポージィさま、こんにちは。

今晩は部分月食だそうですね。今日は暑くなりましたが、毎週月曜日、これから早稲田大学に出かけます。

ヒミコと宇宙船と銀河鉄道で面白い船内での50分でしたが、外を見るのはガラス越しでない方がいいですね。

スカイツリーは造っている段階もそれなりに面白かったですが、あの時の3倍はかなり高いという印象です。建造物としては今まででは1番高いですものね。
雅と粋をよく覚えていらっしゃいましたね。
青の方が見栄えがいいそうです。紫はあまり目立ちませんで肉眼よりカメラの方に少し色が映りました。
マナーが問題になっているなんて情けないですね。

投稿: tona | 2012年6月 4日 (月) 13:16

★佐平次さま

以前に羽田からタクシーで帰ってきたことがありますが。レインボーブリッジや東京タワーはとても夜目に美しく映りました。
夜の大川下りは、美味しい御馳走を食べながら、さぞや気持ちよく美しい都会の輝きを楽しめるでしょうね。
実現したいものです。

投稿: tona | 2012年6月 4日 (月) 13:21

たまに上京しますが、とてもクルーズまで
体験する時間はありません。
余りにも見るべきところが東京は多すぎる
のです。
優先順位から行くとなりますとなかなか
むつかしいです。
もっとゆとりのある生活をしなければ
いけませんね。

投稿: matsubara | 2012年6月 5日 (火) 08:34

こんにちは。
 先日、ちょうどわたしもスカイツリーに行って、墨堤に降りてきた時にヒミコの写真も撮りました。
 tonaさんが乗ってらっしゃてたかもしれませんね。(笑)
 スカイツリーに負けないくらい、すごい行列ができていました。
 スカイツリーとヒミコをいっっしょに撮ったら、ほんとの未来都市みたいで、ヒミコが今にも空に飛びあがりそうに見えました。
 一方、スカイツリーのデザインには、日本古来の柔らかな曲線も取り入れられているので、屋形船なども妙に似合うところがすごいですね。

 ヒミコはデザイン的におもしろいですが、特に気候の良い今の季節に、川面の風に吹かれることができなかったのは残念でしたね。

投稿: Nora | 2012年6月 5日 (火) 15:21

★matsubaraさま

東京を離れられてから年数がたつと、それなりに行きたい所も出てくるでしょうね。
こちらにいては、いつでもすぐ行けるというのがかえってなかなか実現しないことになるのです。matsubaraさまとは比べ物にならないくらい暇なので、思い切って行きたいです。
意外な収穫もあってああ良かったと思います。

投稿: tona | 2012年6月 5日 (火) 15:31

★Noraさま、こんにちは。

そうだったのですか!
クルーズも凄い行列ですね。
墨堤で写真を撮られていらっしゃったがもしかしてNoraさんだったなんて。結構どこかですれ違っていますね。
国芳さんが今ここに立ったら、そんな思いでしょう。
未来へもっと踏み込んでみたり、あるいはヒミコとスカイツリーのコラボに興奮してさらなる素晴らしい絵を描くのではと想像したりするのが楽しいです。
本当にガラス越しでなく、空と一体になった建造物も見たかったし、川風に身を置きたかったです。

投稿: tona | 2012年6月 5日 (火) 15:42

次はツリ―に昇って下さい
9日に展望台への予約をとっていますが、生憎と雨予報
せめて、下界が見える程度にと・・・願うばかりです

この高さでは、雲上とはいかないのでweep

投稿: OB神戸家 | 2012年6月 7日 (木) 14:01

★OB神戸家さま

9日にいよいよ展望台の上ですね。
おぉ、天気予報を今見ましたら・・残念な予報が出ています。金環日食のときのように予報が外れますように祈っております。
エレベーターとかいろいろな内部が江戸下町伝統工芸で溢れ、色彩も素晴らしいとか。御報告を愉しみにしています。

投稿: tona | 2012年6月 7日 (木) 16:31

お台場まで直行の船「ヒミコ」。まるで宇宙船のようで
中々いいですね。私も近いうちにぜひ乗ってみたいと思います。
しかし、遊覧船のように、廻りの景色をゆっくり楽しむ、
ということが出来ないようで、その点は一寸残念ですね。
乗船している時間はどれほどなのでしょう?

投稿: 茂彦 | 2012年6月 9日 (土) 09:01

★茂彦さま

コメントありがとうございます。
宇宙船の中にいるような、新型の船(といってももう8年くらい前でしょうか)で丸いテーブルとイスがあって落ち着いた雰囲気です。
難点はその通りなんです。
50分と書いてありましたが、もの凄く短く感じまして、あっという間にお台場に到着してしまいました。
川下りは気持ちいいです。

投稿: tona | 2012年6月 9日 (土) 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/54868057

この記事へのトラックバック一覧です: 隅田川クルーズ~スカイツリー・ソラマチ:

« 奥山貴宏著『ガン漂流』3部作とガンについて | トップページ | 秘境の日本人妻 »